親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

海つりのときタイコリールを使っているのですが
気づいたときにはいつもバックラッシュしてます
かんたんに直せる事は直せるのですが
すぐにバックラッシュしてしまうのでイライラしてしまいます
どうにか防ぐ方法はないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#2の補足です


関西限定の釣法かもしれませんが 筏の紀州釣りなどでは最初は通常通り着底させ床をとります 当たりが無い場合 リールを巻かずにラインを手で引き寄せて 自然体で輪を描くように手元に集め(巻き取り)ます 少しコツが要りますが慣れれば 絡まずに糸は勝手に出て行くようにやれます ただし 風の強い時は出来ません こちらでは専用のゴムマットも釣具屋にあります 水を撒いたゴムマットの上でやるのが良いです
団子(エサ)をつけて 2度目以降はそれを放り込みます
最後に微調整で糸を張り リールはフリー位置で親指をドラムの上に乗せて当たりを待ちます その方が”食わせ”に対応しやすいです
”合わせ”も親指をドラムの上に置いたままでやるようクセをつけて下さい
これでバックラシュは軽減します
    • good
    • 0

そのタイコリールって、落とし込みに使うリールじゃないですか?


竿がUガイドなら間違いなくそうでしょうが、
もしそうならという前提で一言・・・・
必要なラインを引き出したら、それ以上は出さないことが必要です。
掛けた魚とのやりとりで出る分には仕方がありませんが・・・
見当違い?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
お礼が遅れて申し訳ありませんでした
それでずばりその通りです
落とし込みのリールです
土曜日に釣りに行く予定なので
試してみます

お礼日時:2002/07/05 21:02

私が思うところ海釣りといっても船の上から釣る場合がありますがそれでもしなるのなら毎回おもりにあわせて太鼓リールがおもりに引かれて勝手に回るのを防ぐ機能を利用することをお勧めいたします


 太鼓リールにはどこかに回転を抑制するねじ(回転式のキャップやハンドルなど)があるはずです(太鼓リールの機種名がわかれば詳しく説明できますが)
 ほかの人が書いているように親指で落ちるのを人為的に遅くさせる方法がどの太鼓リールにも使えますが、太鼓リール自体にそのようにする機能があるとすればそれを使わないと手はないと思います
 もしあるのならそれを締め付けながらおもりが下に落ちる速度を調整してください(なるべく海に沈めながらがいいですが)調整の具合は太鼓リールの回転をフリーにしたとき(ロックをはずした時)1mを1秒もしくは2秒の間に調整をしたときがいいと思います。 
 陸で行うときはさらに遅く落ちるようにしてください
たえずリールに巻いてあるラインがたるまないようにするようにして調整するのが一番の得策だと思います

この回答への補足

回答ありがとうございます
タイコリールは友人から譲り受けたものなので
機種名は分かりません
安物なのでそのような機能も付いていないと思います
やはり慎重にですね
分かりました

補足日時:2002/06/30 19:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

↑はお礼です
これまた間違えてしまいました

お礼日時:2002/06/30 20:01

ドラッグ調整をする (軸のどちらかのリングで簡単に出来ます)


適正な錘に変える
投入時に親指でドラムを軽く抑えるクセをつける

いずれにしても太鼓リールは遠投には向かないです
遠くに投げたい時はスピニングリールをお奨めします

この回答への補足

回答ありがとうございます
前打ちのときにちょっと投げすぎているのかもしれません
控えるようにしたいですね

補足日時:2002/06/30 19:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

↑はお礼です
間違えました

お礼日時:2002/06/30 20:00

サミングはやってますか?



飛距離は当然落ちるけど、バックラッシュ回避の為ならやむを得ないかな、という気がします。フリーの状態でも軸の回転を制御するダイヤルがついている機種もあるけど、どうなんでしょうか。
投げて糸が出ていく時に軽く親指をリールの糸に当ててやると常に糸が張られた状態で飛んでいきますので、かなり防止できるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
サミングはしてないです
あとは親指で調節ですね
こんど試してみます

お礼日時:2002/06/30 19:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイコリールについて

 チヌの落とし込みなどに使われるタイコリールについての質問です。

 たいへん初歩的なことで申し訳ありません。通常リールはスピニングなども含めて、(1)ふつうに巻き取る状態、(2)スプールフリーの糸が出放題な状態、(3)引っ張れば糸が出る状態、の3つの状態にスイッチを切り替えたりベイルを外すことによってできますが、タイコリールの場合はどうなのでしょうか?

 タイコリールは落とし込んでいる最中にもテンションをかけやすいのが最大の利点と言われますが、その間に食ってきた場合はなにかスイッチを切り替えて巻き取るモードにするわけではないのでしょうか、ハンドルを巻かないとどんどん糸をもっていかれてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に言いますと、ドラグ機能付きであれば(3)の状態です。
ドラグ無しであればフリーの状態ですので糸は出放題です。

落とし込みリールのドラグ機能はスイッチで切り替えたり
巻いたらONになる様な物ではありません。
ダイヤルでドラグの効き具合を調整しますが
スピニングの様に強くは効きませんので
あくまで指を離した時に糸が出ない様にする程度の
補助的なものだと思って下さい。

種類としてはヘチ用であればドラグは付いてませんし
落とし込み、前打ち用であればドラグ付きが多いです。

>タイコリールは落とし込んでいる最中にもテンションをかけやすいのが
最大の利点と言われますが、その間に食ってきた場合はなにかスイッチを切り替えて
巻き取るモードにするわけではないのでしょうか

アタリがあったらサミングした状態で合わせます。

>ハンドルを巻かないとどんどん糸をもっていかれてしまうのでしょうか?

ハンドルを巻かなくても指を緩めなければ糸は出ませんし、出したい時は緩めます。
基本的には出す時と巻く時以外はサミングしたままです。

Q太鼓リールの糸の巻き方向?

チヌ(クロダイ)の落とし込み(=ヘチ釣り)用として、初めて太鼓型リールを購入しました。
いざ、糸を巻く時に思ったのですが、
竿にリールを装着して、リールを下にした時(=回転ハンドルは右側)、
他のタイプのリールと同じように、巻き上げるときは時計回りにするのが基本でしょうか?
太鼓型リールは、その経が大きいので、そういう巻き方をすると、
道糸が最初に通るガイドまで、竿と道糸が平行になりません。
これは、スムーズな糸出しの抵抗になるのでは?と思ったのです。
又は、他のリールとは逆に(=巻き上げが反時計回り)するものなのでしょうか?
そうすると竿と道糸が平行になり、ガイドに負担がかかりにくいと思うのですが、
皆さんはどうされていますか?

あと、購入した太鼓型リールに、回転ロックの機構がないのですが、釣っているときは指でずっと押さえているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。 いつもの私です。w

リールの巻きもロッドへの取り付けもそれでOKですよ。

取り付けたときにラインがリールの下部からガイドへ、角度がついて
出ているので不安に思われたのでしょうが、それで良いんですよ。

落し込みでは基本、仕掛け部分は竿先から垂らしたまま釣り歩き
ますので、頻繁に巻き取りはしない釣りですので簡素化された
リールが多いのです。

回転ロック、ドラグなどが装備されていない物は、御想像通り
人差し指でスプールを抑えながら釣りをします。
大物が掛かった時のやり取りでは素早くラインをフリーに出来る
ので、こういうのを「指ドラグ」なんて言ったりもします。

また何かありましたらどうぞ。 では!

Qヘチ釣り用タイコリールの糸巻き方向は正転、逆転(竿に対してラインが平行)どちらが使いやすいでしょう?

ヘチ釣り用タイコリールの糸巻き方向は正転、逆転(竿に対してラインが平行)どちらが使いやすいでしょう?

Aベストアンサー

正転のほうが使いやすいと思います。

スピニングも両軸も、大抵のリールが正転
(ハンドルを回した時、上にある時は向こう側にいき、下にある時は手前側にくるように回す)
であるのは、
体の構造上、回しやすく、且つ力を入れやすいからでしょう。

タイコリールも理屈は同じだと、私は考えます。

QUガイドの竿から道糸が出にくい場合

はじめまして。

チヌの落とし込み用の竿を購入しました。
Uガイドタイプのものです。
ガイドが穂先方向にかなり倒れています。
倒れている関係で、道糸が出にくく感じるのですが、
竿に垂直に立て直したりして使うものなのでしょうか。

Uガイドは初めてなのです。教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

落とし込みのUガイドはそのまま使います。
細い穂先にかなりの数付いているのは風の影響など受けやすい沖提や
岸壁などで穂先へのラインの絡みを防ぐもので、ほんの僅かなアタリに
電光石火でアワセを入れないといけない落とし込みで穂先にラインが
絡んでいたら一発で穂先を折ってしまいます。

それに落とし込みはウキ釣りのようなキャストはしませんから
釣場の海面からの高さによって目印プラスアルファーを最初にラインを
持って引き出し、あとはエサから目印一杯ちょっとまでの落とし込みを
移動しながら繰り返すだけですから、チヌが掛かるまでもうラインを
出すこともほとんどないので、ラインの出にくさよりもまずはトラブル
回避が一番の目的なんですね。

ラインの出にくさはラインの太さにもかなり影響しますから太くても
2号(実際は1.5号か1.75号で十分)までにした方がいいですね。

Qクロダイの落とし込み(ヘチ釣り)の夜釣りは非効率的?

朝夕のまずめ時はもちろん、日中は釣り場が混雑するので、夜釣りをメインにねらいたいのですが、
いろいろ調べてみても、クロダイ(チヌ)の夜釣りはウキ釣り(餌は虫類)が定番のようです。
夜釣りでヘチ(落とし込み)釣りは、日中より効率が悪くなるのでしょうか?
また、夜釣りで虫以外の餌(イガイやカニなど)はクロダイから見えないのでしょうか?
やはり、夜釣りの落とし込み(ヘチ釣り)は、日中より効率が悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

 夜でも釣れます。マズメが一番でしょうが、日によっては日中よりよく釣れることもあります。

 ただ、効率というか、道糸が夜は見えませんので向こうあわせとか聞き合わせになります。日中より難しい面があると思います。

 ある程度月とか街灯の明かりがあった方がよろしいかもしれませんが、真っ暗でもけっこう食ってきます。見えているのかそれ以外の感覚でエサを喰うのかよくわかりません。

Qフライリールとタイコリールの違い

見た目を同じですが、淡水用・海水用以外に違いはあるのですか?
また、ラインを巻きかえれば、フライリールをヘチ釣りに使えますか?

Aベストアンサー

形や構造は基本的に同じリールだと思ってOKです。

最大の違いは、フライとチヌでは基本的に使用する糸の太さが全く違う為に、スプール軸の径が大きく違います。
フライのバッキングライン(道糸)はスパゲティーくらいの太さのラインを使用するので、それを数十メートル巻く為にフライリールのスプール軸は非常に細くなっています。

チヌ用タイコリールは見た目こそフライリールと同じ物が多いですが、せいぜい3号程度のラインを巻くだけなのでスプール軸が大幅に嵩上げしてあり、フライリールとは全く違うと言えるほどスプール軸は太くなっています。

違いと言えば基本的にはこれだけの事です。

Qイガイの値段と必要量

イガイについてです。
自分で採取するのはむずかしそうなので購入しようと思います。

餌屋ならどこでも売っていますか?
それとエビなら1パイとかで注文しますがイガイはどういう感じで注文するんでしょうか?

4時間ほど落し込みをする場合、どれくらいの量が必要ですか?

Aベストアンサー

イガイを売っているエサ屋さんはそんなに多いとは思いませんが、エサの種類を多く取り扱っているところなら置いている可能性があると思います。ただし「季節商品」なのでいつでも置いている訳ではないでしょう。また、沖の防波堤などで落とし込み釣りをする場合、シーズンになれば渡船店でも置いている場合があります。
いずれにせよ、購入するなら直前に問い合わせて確認するといいでしょう。

価格は販売しているところにも依りますが、ひとかたまりの単位で300円程度からです。かたまりの大きさは野球のボールぐらいだったと記憶していますが、もう少し小さかったかも? 。そのあたりもまちまちな感がします。4時間程度ならひとかたまりで充分ではないでしょうか。売っているイガイならサイズが揃っていることも多い様です。

あと蛇足ですが、イガイを自分で採取するのはイガイ採り器があれば簡単です。玉網の柄の先端に取り付け、イガイの着いているところを引っ掻いてやればいいだけです。玉網でも採取できないことはありませんが、玉網のフレームが壊れることがあるのでおススメできません。イガイ採り器は釣具屋さんやエサ屋さんでも売っていますので、ひとつ買っておくといいのではないでしょうか? なぜならすぐにイガイを採取できるのが利点だし、ミドリイガイ(秋頃)やいわゆるダンゴで使う小粒のイガイ(5月から6月頃)は殆ど売られておらず、またイガイのかたまりの中にいるヘラヘラなども自分で採取するしかないからです。これは個人的な考えかもしれませんが、チヌの釣り場に無尽蔵にいるイガイをお金を出して買うのはもったいないと思っています。

一応、ご参考までに。

イガイを売っているエサ屋さんはそんなに多いとは思いませんが、エサの種類を多く取り扱っているところなら置いている可能性があると思います。ただし「季節商品」なのでいつでも置いている訳ではないでしょう。また、沖の防波堤などで落とし込み釣りをする場合、シーズンになれば渡船店でも置いている場合があります。
いずれにせよ、購入するなら直前に問い合わせて確認するといいでしょう。

価格は販売しているところにも依りますが、ひとかたまりの単位で300円程度からです。かたまりの大きさは野球のボー...続きを読む

Qチヌの落とし込み釣りのロッドとリール

チヌの落し込み釣りをしようと思います。

リールですが、落し込み用のベイトリールや太鼓リールがありますが、どれが使いやすいでしょうか?

それとロッドはやはり専用のものがよいのでしょうか?できるだけ汎用性のあるものが良いのですが教えてください。シーバスで使うスピニングロッドにベイトリールをつけたりしてもよいでしょうか?

Aベストアンサー

落とし込みの竿というのは3.6m~4.5m位までのとても軽い竿です。
長い目印やラインでアタリを取ったりするためにはこれぐらいの長さが無くてはいけません。

シーバスのスピニングにベイトというのはガイドがそれぞれの用途に全く合ってなくて、およそ考えられない組み合わせでこれでは何釣りもできません。

本気で落とし込みをするのなら安くても専用の竿かそれぐらいの長さの
波止用の軽い竿にリールはやはり専用のものが一番使いやすいです。
初心者はもしチヌが掛かったときにリールをサミングしながら引きに対応するなど
おそらく出来ませんからダイワのスーパークロダイなどのドラッグが
かかるものの方がリール操作が難しくなく無難でしょう。

http://fishing.daiwa21.com/index.asp?ItemID=141

簡単に汎用させて簡単に釣れるような簡単な釣りではないと思った方がいいですよ。
落とし込みのアタリは非常に小さいものが多く偏光グラスなどでラインを
凝視していてほんの一瞬のイガイを噛んだ瞬間のツッと僅かに動く瞬間や
吸い込んだ一瞬のラインの落下の止まりなど慣れないとまず分からないでしょう。

落とし込みの竿というのは3.6m~4.5m位までのとても軽い竿です。
長い目印やラインでアタリを取ったりするためにはこれぐらいの長さが無くてはいけません。

シーバスのスピニングにベイトというのはガイドがそれぞれの用途に全く合ってなくて、およそ考えられない組み合わせでこれでは何釣りもできません。

本気で落とし込みをするのなら安くても専用の竿かそれぐらいの長さの
波止用の軽い竿にリールはやはり専用のものが一番使いやすいです。
初心者はもしチヌが掛かったときにリールをサミング...続きを読む

Qヘチ釣りと落とし込み釣りについて

内房の堤防でヘチ釣りをしてみたいと思っています。(堤防際に落して釣るやりかたの釣りです)

タックルを調べてるんですがヘチ釣りと落とし込み釣りの違いがよくわかりません。(呼び方が違うだけだと思っていました)

今の理解は、ヘチ釣りは短い竿で足元を、落とし込みは長い竿で足元やテトラ(前打ちと同じ?)を狙うものなのかな、と考えています。

黒鯛工房などを見るとロッドもリールもヘチと落とし込みでわかれていますが、どのように使いわけるのでしょうか?

20000~30000円くらいで竿とリールを揃えようと思うのですがお勧めタックル・こだわったほうがいい点などあれば教えていただけますでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

名古屋で落とし込みをやっています。
知り合いのHPアドレスを貼っておきますので
よかったら見て見て下さい。
落とし込み、ヘチの釣法について解説しています。

名古屋では落とし込みに目印を使用します。
ヘチと落とし込みではポイントに若干違いがありますが、
大抵同じような場所でやっています。
それぞれ違った面白さがありますので、一概にはどちらが
良いかは判りませんが、自分はまだ落とし込みを完璧に
マスターしていないので落としこみに専念しています。

ちなみに、竿とリールは黒工です。リールは良いですよ!
竿は好みがありますので、お店で色々伸ばしてみると良いです。
がまかつの竿は非常に良い出来です。シマノの竿はしなやかで
よく曲がります。黒工の竿は細身でよく曲がりますがパワーも
兼ね備えていますのでやりとりは楽です。

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~rinyukai/

Qタモ網の使いやすい長さは?

タモ網の柄の長さもいろいろですが、磯や波止でのフカセに使いやすいサイズはどれくらいですか?
長ければいいというものでもないですよね?ただ、以前1000円程度で買ったのは虫取り網のようなもので、短く小さくて伸び縮みもしないので使い物になりませんでした。

とはいえ、タモを必要とするような大きな魚を釣ったこともありません。
なので今購入するかどうかも迷っています。

でも、まぐれで40cm以上のグレ、チヌ、アイゴなどが釣れてしまったら(期待はしてますが)・・・と思うと悩ましい。
それともそんな事は取り越し苦労で、ビギナーがまぐれで大物が掛かることはないですか?

そもそもシマノのホリデーの1.5号やボーダレスBBなどではどれくらいの大きさまで抜きあげられるのでしょうか。折れることはありませんか?

Aベストアンサー

フカセ歴30年以上になりますが、グレは30 cmちょっと位までは抜きますが、それ以上になったら
必ず玉網を使います。

玉網はどんなそこいら辺の波止でもフカセをするなら絶対に必要なものですよ。

グレはその場所によってある程度上限が決まっていますが(私の地域は波止でも50cmオーバーが釣れるところが何カ所もある)日頃30cm程度のグレしか釣れないようなそのへんの波止や地磯でも
チヌは普通に40cmオーバーや50cm近い物までごく普通にいます。

底付近を釣っていてこんなチヌが食い付く可能性はビギナー、ベテラン関係なく自分の
ツケエ付近をチヌが回遊してくればいつツケエに食い付くか分かりません。

玉網というのは自分が行く場所はいろんな場所があるわけですから、その場所に合わせてなどということは
不可能ですからベテランフカセ釣りのアングラーの大半は5mの玉網の柄を使っています。
私の地域は九州でも一番グレ釣りの盛んな地域で全国大会も数多くありますが
ほとんどのアングラーは5mの玉網の柄を使っていますね。

もし購入するなら釣具店に売っているような全部がセットになっていて1万円以下などの
ものは絶対に購入しないようにしてください。

第一にカーボン自体が高弾性でないので伸ばすとたわんでむちゃくちゃ重くなり
伸ばすのもスムーズに伸びなくて思い切り振っても80%程度というような精度の
悪い商品が山ほどありますから、これからもずっとフカセ釣りをしていって、大型の
グレやチヌを釣りたいなら最低限シマノかダイワなどのメーカー品を買うことです。

その中でも安くてシャキッとしているのがシマノのホリデーISOの玉網の柄の5.0mです。
実売15000円前後でこれを友人がグレ釣りに使っていますが、低価格にしては軽量で
伸ばしてもシャキッとしていて、この価格帯ならこれが一番ですね。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%8E-SHIMANO-%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%83%87%E3%83%BCISO-%E7%8E%89%E3%81%AE%E6%9F%84-224927/dp/B001LN45TW

玉網自体は最近はどの釣具屋さんでもブルーや赤の軽量アルミの太軸(中は中空)と網や
ケースもセットで2000円台ぐらいで色々売っていますから、そのあたりの玉網で良いでしょう。

玉網の口径は45cmがベストです。40cmでは小さすぎ50cmでは大きすぎます。

フカセ歴30年以上になりますが、グレは30 cmちょっと位までは抜きますが、それ以上になったら
必ず玉網を使います。

玉網はどんなそこいら辺の波止でもフカセをするなら絶対に必要なものですよ。

グレはその場所によってある程度上限が決まっていますが(私の地域は波止でも50cmオーバーが釣れるところが何カ所もある)日頃30cm程度のグレしか釣れないようなそのへんの波止や地磯でも
チヌは普通に40cmオーバーや50cm近い物までごく普通にいます。

底付近を釣っていてこんなチヌが食い付く可能性は...続きを読む


人気Q&Aランキング