ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

目が見えなかった人が手術によって目が見えるようになったと聞いたことがあるんですけど、ある実験でサインペンを見てもらって分かるかどうか聞いてみたところ判断ができなかったそうですけど、触ってみて初めてサインペンと判断できたそうです。(眼鏡には、ボールペンがうつっていたそうですが本人は、見えなかったそうです。)もともと目が見えている人は眼球にボールペンがうつっていてボールペンだと判断できるのにどうしてその人は、眼球にボールペンがうつっていても判断できなかったんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

素人なので、あまり専門的なことはわかりませんが、


視覚障害でも、生まれた頃からの障害の方と中途の
障害の方がいます。中途障害の方ならそういうことも
ないかもしれないです。

人は、目だけでモノを見ている訳ではありません。
正確には、目が受けた刺激を脳で処理して、初めて
「見る」という行為になります。

ところが、生来に視覚不自由な方は、視覚の刺激を
処理する脳の働きが形成されていません。ですので、
「目で見えるもの」の刺激を脳が上手く処理できず、
見えているものが何かわからないということになり
ます。

例えば、満月の大きさって、1円玉くらいに感じ
ないでしょうか?実際にはパチンコ玉くらいの
大きさでしかないです。これも脳が大きさを補正
しているからだとか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。すごく参考になりました。

お礼日時:2002/07/20 03:29

専門外ですが少し授業で聞いた覚えのあるお話なので回答させていただきます。

大雑把な説明で申し訳ないです。

手術によって医学的に「見える」状態になったとしても、先天的に視覚障害を負っていた人は網膜に映った(医学的に「見える」)ものを即座に「認識」できるわけではありません。
なぜならその人は、サインペンの感触は知っているけれども、見た目がどんなものかを知らないというのがまず1点。
さらに、健常者が一瞬ですばやく行なっている判断は、実は訓練が必要な過程のようです(視覚障害が無ければ赤ちゃんの時に自然に行なわれていることですが)。

私が授業で聞いたのは三角形の認識なのですが、手術により見えるようになった人はやはりまず始めに三角形のものを見ても何だかわからず、触ってみてわかったそうです。
この人に、目で判断できるよう訓練していくと、最初は角が3つあるというのをゆっくりと目で追って確認し、三角形だと分かるようになったそうです。そのうちこの目で行なわれる確認が素早くなっていったそうです。
つまり健常者も同じように角が3コあるのを確認してから三角だと認識しているのです。

なのでサインペンの場合も今までに知っているこの感触のものはこういう見た目である、というのを確認すること。そして長さが15cmくらいで直径が1cmくらいでフタがついていて…というサインペンの特徴を1コずつ目で確認するという訓練が必要かと思われます。

他の方が言われるように、これはあくまで先天的な視覚障害の方に限られ、中途障害の方であればこのような現象は起こらないのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。すごく参考になりました。

お礼日時:2002/07/20 03:30

単純に「目が見えない」という記載では、具体的にどういったことが原因で見えていないのか、また見え方というものがどの程度のものなのか、全くこれだけの記載では何とも答えられないではないでしょうか?



質問の内容では、光覚があるのかないのか、ちょっとよく分かりませんね。光覚があるのとないのはかなり大きな違いがありますし、サインペンの提示もどの距離で提示しているのかというのは重要なポイントです。弱視の人なんかは「こんな近くまで物を近づけて見えるものなの!?」というくらいの距離で見えたりします。この見えるポイントがあるかないかは、さらに大きなポイントです。

また、先天的な要因で見えないのかどうかも分かりません。生まれた時から見えてないのと、少しでも見えていた時期があるのとでは、雲泥の差です。
さらに、いったいどの様な手術を受けたのか、もう少し具体的な情報がないと分かりません。

「見えない」という表現は一見単純明快なようですが、どの程度見えないのか(どの程度見えるのか)は、大きな開きがあります。距離がかなり接近していてピントが合うポイントがあるか?、ぼやけていても眼前に示された指の本数が分かるか?または手の動きが分かるか?、明暗の違いが分かるか?そして、全くそういったことが分からないのか?…、これらはそれぞれ大きく違います。さらに言えば、見え方も問題です。ゆがんで見えるとか、一部分しか見えないとか。

「見えない」原因が何なのか?が一番の重要なポイントですが、その人はどういった疾患、あるいは事故で見えなくなったんでしょうか?また見えなくなった年齢はいつ頃なんでしょうか?行われた手術の内容は?実験の詳細な設定条件は?その実験を行った施設は?また具体的な論文発表は?

…以上のような点を、もう少し詳細に提示して頂ければ、アドバイスは得られるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。生まれつき目が見えない人が手術後、目が見えるようになったときに行った実験です。施設や論文や手術の内容については、よくわかりません。

お礼日時:2002/07/20 03:28

いまいち 意味が把握できてないので、憶測な答えかも知れないので、


お許し下さい。

生まれつき 目が見えない人は、サインペンの形が判らないのでは??
見たことが無いモノは、目では認識出来ないと思います。

自分の親の顔も、声を聞かないと判らないと思うのですが??

的はずれの答えかもしれませんね???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

お礼日時:2002/07/20 03:20

生まれつき眼の見えない人の場合、物の形などは触って覚えるのだと思います。


だから突然見えるようになっても、たとえばボールペンを見ても、自分が見ているものがボールペンなんだと言うことを誰かに教えてもらわなければ解からない訳です。
でも触ってみてボールペンだとわかるのは、自分で覚えているボールペンと同じ触感が感じられるからでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。その人は、生まれつき目が見えなくて感触で何であるのか覚えていたそうです。ボールペンとかでもどのような感覚であったのか覚えているからボールペンと判断できて、突然目が見えるようになってボールペンが眼球にうつっていてもそれが何であるのかtiitanの言われる通り判断できなかったのはたぶん教えられていなかったから判断ができなかったのではないかと思いました。

お礼日時:2002/06/30 01:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもうすぐ失明します

40代の主婦です。夫と小学生の子供2人の4人家族。
既に95%の視野を失っています。
家族円満ですし、視力を失っても死ぬわけではないのだから、特別不幸だと悲観しているわけではないです。
でも、失明まで多分残り少ない時間で、今のうちに何をしておこうかと考え迷っています。結局は自分自身の問題で、誰かに決めてもらうことではないのですが・・・
皆さんだったら、どうしますか??参考までに、教えていただけたら有難いです。

Aベストアンサー

叔母が45歳のときに病気で失明しました。

視力がある間に、従兄弟がまだ小さかった頃に行った旅行先に
もう一度行ったりしていました。

それから、旅行先でも、日常生活でも、
よくビデオを回していたそうです。
撮っている状況を覚えていれば、音を聞くだけでも、
そのときのことを思い出すことができるからだそうです。
写真だとそうはいかないので・・・

従兄弟が言うには、失明するとわかってから「よく頭や手を触られるようになった」だそうです。
失明してからの叔母は、見えない分、
手先で子供の成長などを見ているようです。
私も遊びに行くと手を取って「三十路になってからお肌が乾燥してきてるんじゃない?(笑)」なんて言われます(苦笑)
成長を見るためにも、今からお子さんとたくさん触れ合っておくといいと思います。

あとは、携帯の短縮ダイヤルの整理や、
「食器棚はコンロから振返って右手。お皿は左側から大きい順」
「クローゼットの中は右からコート、上着、シャツ、スカート、パンツ」
・・・という感じで、自分にわかりやすいように並べ替えていました。
細かいところですと、冷蔵庫の中身もそうです。
ポケットの手前から、水、お茶、野菜ジュースなど。
(もちろん、従兄弟たちも家事には協力しています)

元々オシャレな叔母らしいなと思ったことは、
スカートやカットソーなど、色味がわかるように、
タグなどに糸で「赤系=R」「青系=B」という感じで、
目印を縫い付けていました。
(けっこうたくさんあったので、私も手伝いに行きました)
これなら人の手を借りなくても、自分で判断できるんだそうです。
ちなみに、黒い服は一番多かったので、無印だそうです。
視力がなくなってから購入したものは従兄弟が縫っていました。

自分というよりも家族のためという意味では、
どこに何があるという一覧を作っていました。
たとえば・・・
夏物:2階左の部屋・押入れ上段(衣替えのときはここから入れ替える)
扇風機:階段下納戸右側。
・・・という感じで、家族が探しやすくするためです。

あとは・・・いろんなところにラジオを置いていました。
リビング、キッチン、自分の部屋、和室・・・
同じニュースであっても、テレビよりラジオの方が映像に頼る伝え方はしないので、
よく聞いているそうです。
(家の中で持ち歩くと、ふと置いた場合、見つからなくなってしまうので、
 使いそうな場所にはすべて置いています)


「家族や誰かに迷惑をかけるのを気にしてるというよりも、
 事前にこうしておいた方が私がラクチンだから準備してるの」と、
叔母は笑って言っていました。

長々と失礼しました。
最初はとまどうこともたくさんあるかと思いますが、
無理しないようにがんばってください。

叔母が45歳のときに病気で失明しました。

視力がある間に、従兄弟がまだ小さかった頃に行った旅行先に
もう一度行ったりしていました。

それから、旅行先でも、日常生活でも、
よくビデオを回していたそうです。
撮っている状況を覚えていれば、音を聞くだけでも、
そのときのことを思い出すことができるからだそうです。
写真だとそうはいかないので・・・

従兄弟が言うには、失明するとわかってから「よく頭や手を触られるようになった」だそうです。
失明してからの叔母は、見えない分、
手...続きを読む

Q全盲(弱視?)の方が頭をゆらすのはなぜですか?

全盲(弱視?)の方が頭をゆらすのはなぜですか?

実家の近くに盲学校があり、幼いころから全盲や弱視の人が身近にいました。
小さいころは全盲の子と遊んだりしたのですが、普通にしていても頭がゆらゆらしたり
話しているときに頭をピッピッと振るのをよく見ました。

全盲のピアニスト辻井さんも同じよう揺らすのを見て、懐かしいなと思い質問しました。


(1)あの動きは何かの機能をフォローする意味があるのでしょうか?(平衡感覚など)  

(2)あと、見えない場合でも眼球が激しく動いているのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

No.1、2の方々の言うとおりですが、さらに補足を。

目の見える方であっても、例えば薄暗い空間での警戒や緊張の場(お化け屋敷などがいい例かも?)では、私らは正面だけでなく周囲のどこから何が飛び出してくるかもと目を縦横無尽に動かし視線を配りますよね?

目が見えないひとの場合は目配りで周囲を確認出来ないわけですので、音や皮膚感覚に頼るときに一方に固定せず、あらゆる周囲の気配を感じ取ろうと(音を拾おうと)する自然な反射かと思います。

眼球が動くのも、身体が揺れるのも、実はその方がむしろ自然な動きであって、私たちの身体は実は常に動いている、揺れている生き物としての特性があります。
が、それを目に映る物を固定した視野で捉えようと「意識して」止めているのです。

目を閉じて片足立ちになろうとすると、どうしても身体が揺れて立っていられないのは身体が固形物として固まっていられず常に動いている証で、それを目を開けた場合には目で捉える景色から静止していようと瞬時に微調整しているから直立していられるのです。

Q眠るように死ぬ方法ってあるでしょうか?

あくまで健康な人が眠るように死ぬ方法、または眠ったまま二度と起きないという風に死ぬ方法ってあるでしょうか?
これは自殺志願のための投稿ではなくて、自分もいつか死ぬわけですからこんな死に方ができたらいいなと思っています。
医療の現場で行われる安楽死・尊厳死ってこういう方法なのでしょうか?またはこれに近いでしょか?

Aベストアンサー

「突然死」という言葉を聞いたことがありますか?
昨日まで元気だった方が、朝になっても起きてこないので、見に行ったら死んでいた。
こういう事例はよくあるそうです。
10年以上前になりますが、兵庫医大の法医学の教授の講演を聞きました。
テーマは「突然死」
突然死のおよそ80%は、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)だそうです。
その中で、就眠中に亡くなるのは、およそ65%くらいだそうです。
急性心筋梗塞でも「眠るように」とはいかず、ある程度は苦しんだ末に亡くなるのでしょう。
私も、眠るように死ねればと思っております。
回答になってなければ、ごめんなさい。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q障害持ちの子供が生まれる理由

障害持ちの子供が生まれる理由

何故、障害持ちの子供が生まれるのでしょうか。
運ですか?それとも親に原因があるのですか?それとも両方ですか?

例えば、どちらかが病気持ち、医薬品を飲んでいる、喫煙者だと出来やすいとか母親の体が弱いと出来やすいとか・・・。

私の彼女は体が弱くうつ病なのですが、(症状はだいぶ良くなって見た感じはうつ病には見えないぐらい元気です)可能性はあがりますか?

今、生まれる前に検査できるとかも聞いたのですが、それも出来ますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「障害」とは何かの定義が全然出来ていないようですね。

まず染色体異常等の「生まれてすぐわかる奇形」(該当者の方には申し訳ない表現ですが)を避けることはむずかしいと思われます。
遺伝子を複写する段階である一定の確率でミスコピーが起きるため、運が悪ければ両親とも健常者でも子どもに障害が出る場合があります。
お子様が先天的な知的障害を持って生まれた家の場合、何かのせいにしたくて「アレが悪かった」「コレが悪かった」という原因探しが始まって家族全体が疲弊することがあります。
気持ちは分かりますが、世の中には「原因はわかっていても、原因を防止することができない」ことが存在するということを認めるしかないと思います。


次に鬱病ですが、うつ病の「原因」ですが、脳内のある物質が少ないとうつ病になると言われています。
反対に多すぎると妄想が見えたりするそうです。
この分泌物の量は遺伝します。
しかし、遺伝的要因だけでうつ病になるのではありません。
多くの精神疾患は遺伝的要因+外的ストレスによって発動しますから、お子様が発動しない可能性もあります。

最後に、生まれる前の検査で分かる障害ですが、前者がわかるのではないですか?
貴方の彼女も、うつ病になる前は健常者として生活してきたはずです。
さらに追い討ちをかけますけど、障害の検査をして、障害が発覚したらどうするのですか?
中絶ですか?

不安なのは分かります。
しかしこの質問の隠れた本音として、「うつ病の彼女と結婚したいか、したくないか」「うつ病の彼女と子どもを作りたいのか作りたくないのか」というあなた自身の、彼女に対する愛情の多寡の問題を、遺伝や出産に責任転嫁しているように見えます。

「障害」とは何かの定義が全然出来ていないようですね。

まず染色体異常等の「生まれてすぐわかる奇形」(該当者の方には申し訳ない表現ですが)を避けることはむずかしいと思われます。
遺伝子を複写する段階である一定の確率でミスコピーが起きるため、運が悪ければ両親とも健常者でも子どもに障害が出る場合があります。
お子様が先天的な知的障害を持って生まれた家の場合、何かのせいにしたくて「アレが悪かった」「コレが悪かった」という原因探しが始まって家族全体が疲弊することがあります。
気持ちは分...続きを読む

Q私には 1歳半になる息子がいますが 息子は生まれつき片目が白く見えませ

私には 1歳半になる息子がいますが 息子は生まれつき片目が白く見えません 眼が白い以外はなにも普通の子と変わらないのですが 外出時などどうも人目を気にしてしまいます 実際 じっーと見てくる人もいます またこれから将来 いじめにられるのではないかとおもうととても心配です

Aベストアンサー

子供さんが小さい間は親の方が将来の事心配したり、
色々思い悩むものですよね・・・

うちの息子は生まれながらにして障害をもっています、
脳性麻痺で知的障害もあり一応重度障害で養護学校へ通って
おります。
が 学校ではまだうちの子は軽度な方なんです、世の中には
もっと命にかかわる病気の子供さんもいます。
障害や病気の程度関係なく親の心配は尽きないと思いますが、
あまりに心配が過ぎると親にも子供にも良くありませんよ♪
うちの子は0歳から保育所へ普通の子供さんと同じように
通いましたし(車椅子でしたが)学校へあがってからは
地域の小学校へ月1の割合で交流にも行っています。
他の子供さんは息子にとても親切に接してくれるし、車椅子を
押してくれたり抱っこしてくれたりetc。
親が心配するより子供は思考が柔軟だと思います、ただ疑問に
思ったことは率直にぶつけてくる(聞いてくる)ので子供にも
わかるように説明する事が難しく感じましたね~。

子供にも色んな子供がいるので小学校とかの頃よりは年齢が大きく
なる時の方が人間関係に障害(壁?)が出てくるかもしれません。
でも それは今から親が「どんな困難にも耐えられるように」
育てることで乗り越えられる問題だと思います。
うちも外へ出ればまじまじと(頭の先からつま先まで)見られたり
「かわいそう」と言われたりいっぱいありますよ。
ハンデがある生活は不便もあり確かに楽ではありませんが、
それは 歩ける人が意識しないで普通に歩いてるのと同じで
息子にしてみれば普通の事なんです。
日常生活は不便かもしれませんがハンデがあるってのはかわいそう
な事ではありません。 むしろハンデがあるのに努力して頑張り屋
ってことだと思いますよ、障害や病気によっては病院通いしたり
手術したりリハビリしたりって経験が普通よりも多いんですから。

他の方も書かれてるように子供同士のいじめより、大人の視線や
偏見の方が問題だと思います。大人って変なところで遠慮があるのか
子供のように直で聞かない場合が多いんですよね~(汗)
子供同士はストレートなので質問者様が思うよりも単純なので
大丈夫ですよ!
人間だから悩むことも多々あると思いますが同じような境遇の人は
たくさんいます、質問者様ひとりきりではないのでお互いに子供の
為に強く頑張りましょう♪

子供さんが小さい間は親の方が将来の事心配したり、
色々思い悩むものですよね・・・

うちの息子は生まれながらにして障害をもっています、
脳性麻痺で知的障害もあり一応重度障害で養護学校へ通って
おります。
が 学校ではまだうちの子は軽度な方なんです、世の中には
もっと命にかかわる病気の子供さんもいます。
障害や病気の程度関係なく親の心配は尽きないと思いますが、
あまりに心配が過ぎると親にも子供にも良くありませんよ♪
うちの子は0歳から保育所へ普通の子供さんと同じように
通いましたし(車...続きを読む


人気Q&Aランキング