あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

今日のニュースで、クラスター爆弾に日本政府は賛成してるとありました。
地雷を埋めるのに賛成するような非道さです。
アメリカに配慮しすぎではないでしょうか??
あと、国内でクラスター爆弾反対の集会や組織やデモがあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 ええっとですね、質問者さんのご意見もある程度納得できますし、その通りだと思います。

理想としては、ですが。

>地雷を埋めるのに賛成するような非道さ
 その通りです。不発も多いですから。

>アメリカに配慮しすぎ
 すでに回答にあるようにこれはアメリカに配慮したものではありません。日本が独自の判断で保有している兵器です。

>クラスター爆弾反対の集会や組織
 検索してみました。他にもあるかもしれませんが、詳しく調べて見ないことには何とも。
http://peaceact.jca.apc.org/resources/yamazaki.h …
http://www.peaceboat.org/info/news/2003/030517.h …

>国内で炸裂させるなんて誰がそんなことを信じるんですか?
 そうではないと判断される理由をお聞かせください。アメリカの圧力と仰っていますが、それはつまり、空自が海外に展開してクラスターを落とす、ということですよね?
 空母すら保有していない日本が航空兵力を海外で展開するのはきわめて困難といえます。航空戦力というのは、戦闘機だけ持っていけば良いというわけではなく、そのための施設・人員・装備をそろえなければならない上、ある程度まとまって送りこまなければなりません。しかし、実際問題として国土の広さと国力から考えれば空自の戦力は本当に最低限度です。海外に展開したくとも、展開する余力が無い実情をご承知ください。

>先進国同士の戦争は空中戦と情報戦が主じゃないですか?
 何故空中戦が起こるのかを考えていただきたいです。
 実際問題として、制空権を握る最大の理由は、地上兵力をすり減らさずに制圧を可能とするためです。もし、空中戦が主だとして、地上兵力が必要ないなら、陸自に16万の定員は必要ありません。
 あくまで侵攻する側・される側にとって、目的を果たすためにもっとも有効な手段が、空から爆弾を落とす、ということでしかないのです。

>地雷なんて城に火を放って自害でもする気ですか?戦争になっても輸入しなきゃ生きられない国なのに、そんなもので守れるわけがない。
 回答者さんは「長すぎて守りきれない海岸線を守るため」と仰っただけであって、別段港にも落とす、と言われた訳ではないと思います。というより、港に地雷を設置したり、爆弾を落とすなど愚の骨頂です。要所要所はきちんと守るのが作戦の基本です。そして、要所ではなくとも足がかりとなる場所が日本には沢山ある、だからクラスターを持つほかない、というのがこの方の意見だと思いますが。


 日本のクラスター爆弾保有の最大の理由は、抑止力であると思います。長い海岸線を持つ日本はどこからでも攻められる。攻められるが、その時は装甲をも貫く爆弾が落とされて妨害され、下手をすれば全兵力を失う危険性を伴う、という危機感を与えるための存在だと思います。
 基本的に日本の防衛の基本は海上での撃破と水際作戦です。もし上陸を開始されても上陸時3倍の法則、という風に、上陸作戦というものは圧倒的多数の兵力が無ければ実効できるものではありません。そして、上陸する敵に対し壊滅的ダメージを与えることができる、という事実が多少なりとも抑止力として働いているのです。

 なので、一応僕としては、政府は抑止力として保有していると思います。ただ、本当に使うような場面がもし出てきた場合に使うのは、それもやむなし、かと。日本という国があって、国民がいて、生活している以上、やはり国家はそれらを守る義務を持つ。それが「社会契約」ですからねぇ。
 ま、廃止されるならそれに越したことはないが、それに変わる兵器が作り出されるだけでしょうし、結局はイタチゴッコになりそうな観があります。
    • good
    • 0

>30年前の意見だと思います。

戦闘機が発達した今は。先進国同士の戦争は空中戦と情報戦が主じゃないですか?

理論的にはそうなりますが、第二次大戦以来先進国同士が戦争になったことはありません。中ソ戦争がありますが、当時の中国を先進国と呼ぶことは無理だと思います。
むしろベトナム戦争以来大規模な大軍同士が戦う「正規戦争」はほとんどありません。湾岸戦争くらいじゃないでしょうか。
むしろ21世紀の戦争はLIC(低強度紛争)と呼ばれるゲリラ的な戦争の時代です。現在のイラク戦争、あるいはソマリア紛争やレバノン紛争なんかがそうですね。戦闘機はむしろ「無用の長物」と化しつつあり、アメリカでさえF-14の後継機を開発しないくらいです。

>国内で炸裂させるなんて誰がそんなことを信じるんですか??落とすわけないでしょう。

⇒30年前の意見だと思います。今、「自衛隊(あるいは政府)が海外侵攻を目論んでいるから軍隊反対」などという意見は「北朝鮮が攻めてきたらどうする」の前に太刀打ちできません。実際に北朝鮮は「人の国に特殊部隊を送り込んで人さらいする」という前科があるので、これからの国内世論が自衛隊の強化に賛成することはあっても「いま、そこにある危機」がある以上反対意見は少数派になるでしょう。

クラスター爆弾については基本的に私は質問者さんと同意見です。そもそもクラスター爆弾の是非が問題になったのがなぜなのか、それを質問者さんも回答者さんも問題視していないことが私には理解不能です。

クラスター爆弾が使われたアフガニスタンなどで、クラスター爆弾の不発弾の子爆弾でいったいどれだけの子供が犠牲になっているのかなぜ誰も問題視しないのでしょう?クラスター爆弾の小型のものは、手の平サイズなので子供が爆弾だと思わずに拾ってしまいそれで犠牲になってしまうのです。
まして、砂漠地帯であるアフガニスタンやイラクでも不発弾の犠牲になる人が絶えないのに、湿潤で緑が多い日本で派手に使うとどこに物があるかわからず不発弾の回収もし切れず(完全な不発弾回収は不可能です)戦争が終って何年もたってから「犬の散歩で犬が触ってしまい犠牲に」なんてことが起きます。「その場で戦闘に勝てるなら、何年後になっても子供や市民が犠牲になることも受け入れます」ってんなら話は別ですけど。

クラスター爆弾は、かつて使われたダムダム弾などと同じような非人道兵器です。劣化ウラン弾と共に速やかに禁止すべきだと思います。日本で使うとか使わないとかやってる間に世界中の子供達が危険にさらされているという現実に目を向けるべきです。
    • good
    • 0

>理論上はそうですが、国内で炸裂させるなんて誰がそんなことを信じるんですか??落とすわけないでしょう。



えーと、国内で使わないんだったらどこで、どうやって使うんですか?海外への侵攻なんて能力的にできない(今でもですが)、自国の領土領海の防衛で手一杯な状態(20年位前)でも自衛隊はクラスター爆弾を保有していましたが。

>先進国同士の戦争は空中戦と情報戦が主じゃないですか?

いいえ。30年前だろうが現代だろうが、戦争で最終的な勝敗を決めるのは陸上戦です。
地上兵力を軽視しても構わないのなら、なぜイラクに多くの米陸軍がいるのでしょうか?なぜ38度線を抱える韓国軍は航空、海上兵力で北朝鮮を圧倒しているのに、未だに徴兵制を行って陸軍の人員を50万人も保持しているのでしょうか?
空中戦も情報戦も「勝つためには絶対に必要だが、それだけでは勝つことはできない」という性格のものです。
    • good
    • 0

質問者様の意見がよく分かりませんが、簡単に言うと、クラスター爆弾の不発弾率が下がれば済む話なのですかね?



地雷の場合は「誰かが踏む(あるいは処理される)までは確実に残る」のであって、クラスター爆弾とは少し次元が違うと思います。

因みに不発弾は今でも太平洋戦争中のものが国内で見つかってニュースにもなりますね。不発弾が残るからいけない、という論理であればほとんど全ての兵器は使用できない、という風に考えなければいけないように思いますが、いかがなものでしょうか。

> アメリカに配慮しすぎではないでしょうか??

地雷は、日本が音頭をとって多くの国が規制を行っていますが、アメリカは今でも規制を批准していません。この一事をとってもアメリカに配慮して云々は違うと思います。


クラスター爆弾自体は、子弾の不発弾率が比較的高く、また不発弾化した子弾が地雷化しやすいことで、現在も規制が議論されています。特に非戦闘員に被害が及びやすいというのが議論の的として扱われる原因の一つのようです。

日本は、基本的には「水際作戦」の必要上から、ある程度広範囲に打撃を与えられる兵器が求められ、クラスター爆弾が選択されてきた経緯があります。
たとえば現在であれば、小型の船(漁船など)を大量に集めて日本に侵攻しようとすればクラスター爆弾の餌食ですが、クラスター爆弾がないと一隻ずつ撃破する必要があるので、上陸を許してしまう可能性が少なくないです。
このようなリスクを受け入れるというのであれば、クラスター爆弾を廃絶すると主張するのも可でしょう。こんなことも知らずにということであれば不可です。


実は今でも
> 日本の長い長い海岸線を防備するには、地雷の敷設が一番有効
なのですよ。まぁ、地雷と機雷を使い分ける必要があったり、ある地域では機雷の方が良かったりするのは事実なので、海上の地雷である機雷を含めなければならないのですけどね。
    • good
    • 0

というか、日本の防衛を考えたら、本来は対人地雷の全廃だって本当はしない方がよかったのですが。



理由はNo.2の方も少し触れていますが、日本の長い長い海岸線を防備するには、地雷の敷設が一番有効なんですよ。
海岸線に敵が上陸できないようにと考えたら、徴兵制を敷いてとりあえず頭数をそろえないといけないですしね。
徴兵と地雷を比較したら、地雷のほうがまだマシかと思いませんか?

まあ、対人地雷は禁止となってしまったので、次善の策としてクラスター爆弾は有りかと思います。
もし、悪意ある国の軍隊が日本に侵攻しても、海岸線にクラスター爆弾を投下すれば、そこで敵軍の上陸を阻止することができます。

質問者の方だって、自衛権の必要性ぐらいは認識しているでしょう。
日本を守るにあたって、数の不足を徴兵で補うというのは、保守的な考えの私でもあまり賛成できない内容です。
数の不足を兵器の質で高めた方が、より建設的な内容かと思います。

この回答への補足

防備するには、地雷の敷設が一番有効
⇒30年前の意見だと思います。戦闘機が発達した今は。先進国同士の戦争は空中戦と情報戦が主じゃないですか?自国の入り口に地雷なんて城に火を放って自害でもする気ですか?戦争になっても輸入しなきゃ生きられない国なのに、そんなもので守れるわけがない。アメリカに気をつかってるとしか思えません。

補足日時:2007/05/26 18:32
    • good
    • 0

クラスター爆弾は不発弾が多く、終戦後も戦地に危険が残るために反対されていますが、


そもそも自衛隊は海外で兵器を使うことがありません。
クラスター爆弾を使うとすれば、外国ではなく日本国内です。
広い範囲を攻撃できるクラスター爆弾が禁止されたら、長い国土を守るにはそれだけの人員が必要とされ徴兵制になったりしたら、それでもクラスター爆弾に反対できますか?

アメリカのために賛成なのではなく、自国防衛のために必要との判断です。

自衛隊は、海外で兵器を使うことがありません。
最近は非戦闘行為での派遣もしているので、もしかしたら自衛のために小銃などを使うときも来るかもしれませんが、外国領地の武力制圧のために兵器を使うことはありません。

この回答への補足

クラスター爆弾を使うとすれば、外国ではなく日本国内です。
⇒理論上はそうですが、国内で炸裂させるなんて誰がそんなことを信じるんですか??落とすわけないでしょう。アメリカの圧力があるのは目に見えてるじゃないですか。憲法改正して日米同盟で自衛隊が動くのも時間の問題じゃないですか?

補足日時:2007/05/26 18:29
    • good
    • 0

>地雷を埋めるのに賛成するような非道さです。



地雷は非道なので、比較すれば非道度合いが極めて低いクラスター爆弾のほうを支持しているのでしょう。

反対のデモ等は、日本侵略を画策している団体や、地雷賛成団体などがやっていると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング