出産前後の痔にはご注意!

はじめまして、起業して1年が経ちました。
前年の確定申告は税務署の方に丁寧に教えていただき、迅速に済ませることができました。
今年になって、新しいクライアントができたのですが、その企業は私からの毎月の請求時に源泉徴収をしていません。
企業の規模によっては、個人事業主から源泉徴収をしなくてもいい場合もあるのでしょうか?それともどの企業も源泉徴収は必須で、その企業が忘れているだけでしょうか?
おそらくその企業は個人に支払ったことがないのかもしれません。私が自分で納税する分には構わないのですが、ちょっと仕組みが知りたいです。年度末になって、その企業から「源泉し忘れていたので、その分を振り込んでください!!」といわれるのも面倒ですので・・・。
どなたか個人事業主に対する企業の源泉徴収の仕組みについて教えていただければと思います。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

取引先が企業となっていますが法人ですか?


よく会社=法人や企業と考えている人がいて、個人事業で屋号を法人と勘違いしている場合もあります。社名に組織名、株式会社とかついているか確認してください。

他の回答にあるように個人企業であれば条件によっては正しくなります。
しかし、法人になったばかりの会社であれば間違えている可能性もあります。また、源泉徴収が面倒と言うことで故意てきにやっている可能性もあります。今後も大事にしたいクライアントであれば、今までのものはそのままで、次回請求分から源泉してもらうようにすべきです。
あなたに税理士が顧問としてついているかは関係なしに、税理士または税務署に取引先に源泉徴収させなさいと伝えるよう言われたとか言って、源泉してもらいましょう。いいづらい場合は次回請求書の明細に源泉徴収欄をつけましょう。
    • good
    • 1

>企業の規模によっては、個人事業主から源泉徴収をしなくてもいい場合もあるのでしょうか?


あります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2502.htm
ただし、支払者が法人なら、取らなくてはなりません。

>ちょっと仕組みが知りたいです。
源泉徴収は、国が税金の取り漏れ、先取りをするため、1ヶ月若しくは1回の支払に対し大体こんなもんだろう、と言う感じで、税金を取って行きます。

その後、給与なら年末調整・報酬その他(賞金等)は確定申告を持って年税額(その年取られるべき正しい税額)に比べ、源泉所得税が多ければ還付、少なければ追加納付と言う手順を踏みます。

それで、デザイナーの場合ですが、
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5151/ …
第5 報酬・料金等の源泉徴収事務 デザインの報酬 に該当すれば、
報酬・料金の額×10%(ただし、一定の場合は20%)を源泉徴収義務者は取らなくてはならないことになっています。

>「源泉し忘れていたので、その分を振り込んでください!!」といわれるのも面倒ですので
めんどくさいですね。

そんなときは、次回から源泉徴収してもらうことにして、法定調書合計表に及び支払調書に実際に支払行った、金額を書いて提出してもらいましょう。

法定調書合計表に及び支払調書とは、一年間にその企業が源泉徴収の対象となった支払及び行った源泉徴収額を報告するもので、法令調書合計額はその企業の合計額を、支払調書はその企業の行った個人別の物を税務署に出します。

税務署はこれで確定申告書と照らし合わせ、支払側(企業の出した支払調書)と、受取側(事業者の出した確定申告書)を照らし合わせ、互いに間違いが無いか調べます。

そんな感じで、お互い悪さが出来ないようになっています。


しかし、源泉徴収は本来義務ですから、払い過ぎ受取過ぎをきちんと清算する方が正しやり方ではあります。
    • good
    • 2

#2です。


追補につきお答えします。
先の回答のとおりです。
    • good
    • 0

個人事業主の貴方は、士業(武士)に関係する仕事をしているのですか。


源泉徴収の法律によれば、毎月貴方が相手先に請求すれば、相手先は貴方に変わって請求額の10%(請求額が100万円以上は20%)を納める事になっています。
相手先は、この事について理解していない可能性があります。
税務署に行くと「源泉徴収の仕方」というパンフレットがありますので、貰いに行って下さい。
また相手先にもこの事を伝える様にして下さい。
貴方が相手先に請求書を出す時には、源泉徴収分を明確に分かる請求書を送らなくてはなりません。
請求書の書き方の例
○○月分デザイン料  一式  300,000
今月請求額          300,000

仮払源泉徴収税   10%   30,000
今月銀行振込額        270,000
   計           300,000

今回の未払分については、確定申告の時に確定後の不足分を支払う事になります。
確定申告書の源泉徴収税計算欄に相手先の業者名と年間所得及び実際に仮払いした源泉税額を記入します。
ご参考まで

この回答への補足

デザインの仕事をしておりますが、その場合どうでしょうか?

補足日時:2007/05/27 11:33
    • good
    • 1

>企業の規模によっては、個人事業主から源泉徴収をしなくてもいい場合も…



根本的な考え方が違います。
源泉徴収されるかされないかは、個人事業者側の職種によります。
具体的には、弁護士や作家など、国税庁から一覧表に掲げられている職種の場合だけ、源泉徴収されることになります。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4135/ …
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2792.htm

たとえば、こう考えればすぐわかるはずです。
法人企業が、個人経営の八百屋さんからお中元用のメロンを買ったとき、来客があって個人経営の喫茶店からコーヒーの出前を取ったときなど、税金分を引き算して支払いますか。

この制度を正しく理解しておらず、個人だと何でもかんでも源泉徴収しなければならないと、誤解している企業・団体も多々あるのは事実のようです。

質問者さんがどんな職種か存じませんが、昨年のお客さんは、間違いと知らずに源泉徴収されていた可能性があります。
そもそも所得税は、1年間の所得額が確定してからの後払いです。
源泉徴収は、あくまでも分割前払いに過ぎず、確定申告で決済されるとはいえ、前払いさせられては資金繰りが悪くなるだけです。

いずれにしても、質問者さんの職業が一覧表に載っているかどうかを確かめ、なければ、最初のお客さんにも今後は源泉徴収しないよう申し入れてください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

この回答への補足

デザインの仕事をしておりますが、一覧表にあてはまります。やはり源泉徴収されなければならないようですね。。。

補足日時:2007/05/27 11:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告の記入の仕方 ケータリングの報酬

フードスタイリストしてお仕事しています。今年、白色で確定申告をしようと思うのですが、昨年友人から個人的に料理を納品するケータリングのお仕事を頼まれました。その時の報酬が20万円でした。雑所得になると思うのですが源泉徴収はされなかったので、この様なケースのお仕事は申告書にどのように書けばよいのかが解りません。確定申告表の第二表のどの場所にどのように書いたら良いでしょうか?解る方教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>フードスタイリストしてお仕事しています…

白色申告うんぬんとのことですから、サラリーマンではなく個人事業主なのですね。

>雑所得になると思うのですが…

カタカナ語がよく分からないのですが、それはあなたの本業なのでしょう。
雑所得などでなく立派な事業所得ですよ。

>申告書にどのように書けばよいのかが解りません…

申告書の前に、『収支内訳書』です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdf
2ページの「売上 (収入) 金額の明細」欄に本業とともに記載して 1ページに戻り、○1 「売上 (収入) 金額」欄です。

Q年末調整の書類について

個人事業主です。先日年末調整の書類が届きました。
そこで質問します。

源泉徴収票の支払者の欄、氏名または名称、
給与支払報告書(総括表)の給与支払者の名称または氏名、
法定調書合計表の氏名または名称
などは屋号を記入するのでしょうか?それとも代表者の名前を記入するのでしょうか?

書類が届いたときには私の名前が差出人となっていますし、
同封されている源泉税の納付書にも個人名が印字されていますので、
たぶん代表者の名前を書くのでは?とも思いますが、自信がないので・・・

また、源泉徴収票の欄に個人名を記入するのであれば、年末調整をするのは
旦那(専従者です)なんですが、諸手続きの際に旦那の源泉徴収票を提出することも多々あるのですが、
そのときに支払者の欄が妻である私の名前が記載されていると変に思われたり、
自分で勝手に記入したのでは?と思われたりするんでないかな?とも思っています。

実際に記入するのは屋号でしょうか?それとも個人名でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人事業主なら「代表者」というのはありません。ご自分の氏名を記載してください。「名称」と「代表者」は法人の場合の法人名と代表者(代表取締役や代表理事)のことです。
「屋号」の欄があれば、そこに屋号を書きますが、それとは別に氏名は必ず書くことになります。氏名を書かずに屋号を書くのは間違いです。

Q五万円以下の報酬に対する源泉徴収

私はSOHOでインターネット関係の仕事をしています。それで、今回1回5万円の仕事をもらいました。
一括で月末に支払われるのですが、相手が「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきました。
私はわからないので、そういうと相手側のほうから「こちらで源泉徴収しときますから」といって差し引いて47500円の支払いという事になりました。これはどういうことですか。金額によってする・しないがあるものなんでしょうか。もしくは相手ではなく、とりあえず5万もらって、私のほうから源泉徴収するというのはできないですか。この方がお得のような気がするのですが・・・どうでしょうか?

Aベストアンサー

司法書士さんなどの場合には1万円、プロボクサーなら5万、保険外交員やホステスの場合などは一定の算式で計算した金額以下の場合には源泉徴収の必要がありません。しかし、SOHOでインターネット関係の仕事という事ですから「デザイン料」に関する源泉徴収でしょうか?。「デザイン料」の場合には金額によって源泉徴収をするしないという事はありません。

「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきたというのは、相手側の方の勘違いで、年間取引金額が5万円以下の場合には毎年1月末日に税務署に提出する「法定調書合計表」に「支払調書」を添付する必要がないというだけの事で、報酬を受取る側には関係のない事です。

で、47,500円というのは5万円+消費税-5千円で47,500円ですね。ですから、支払者側の計算は間違っていません。正しい取引です。

源泉徴収をしてもらわずに自分で納めるという事はできません。あくまでも源泉徴収義務は支払者側にあるのです。
 でも、実際には全額を貰ってしまうケースもあるでしょう。この様な場合には源泉徴収分を支払者側に返却するか、或いは自分でその会社の名義で翌月10日までにその会社の所轄税務署宛で納付をする(もちろん、その会社に説明・了承を得て、尚且つ領収書を会社に返却する事は勿論です。)必要があります。税務署にこちらから代わりに納付するというのは納期限が間近とか既に過ぎてしまっている場合で、最後の手段ですね。
 もし、源泉徴収が行われていない場合に税務署の調査などでひっかかってしまった場合には、税務署は「支払額」を基準に考えるケースがあります。支払額(例えば銀行振込額)が52,500円だとすると0.9で除して総額を58,333円と割り出して5,333円の源泉所得税の未納があると判断されるケースもあるので注意が必要です。

司法書士さんなどの場合には1万円、プロボクサーなら5万、保険外交員やホステスの場合などは一定の算式で計算した金額以下の場合には源泉徴収の必要がありません。しかし、SOHOでインターネット関係の仕事という事ですから「デザイン料」に関する源泉徴収でしょうか?。「デザイン料」の場合には金額によって源泉徴収をするしないという事はありません。

「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきたというのは、相手側の方の勘違いで、年間取引金額が5万円以下の場合には毎年1...続きを読む

Q支払調書の名称について

クライアントさんから支払調書をもらいましたが、名称が屋号ではなく、自分の本名になっています。
それというのも、独立前(会社員時代)から仕事を請け負っているからだと思います。

つまり、

1年の中で、個人名で仕事を請け負っている期間と屋号で仕事を請け負っている期間があるのですが、

このようなときは、通しで個人名の支払調書でもよいのでしょうか。
教えていただけますとうれしいです。
どうぞよろしくお願いたします。

Aベストアンサー

そもそも報酬等の支払調書は、給与所得の源泉徴収票と違って、支払った相手先への発行義務はなく、確定申告書にも添付は義務付けられていませんので、必ずしも添付しなくても問題ない事となります。

支払った側は、税務署へは提出義務(一定範囲内のものは除く)がありますので、支払った先へ発行される場合は、税務署にこれと同じものを提出しましたよ、という控えのようなものもらったものと考えられたら良いと思います。

本題に入りますが、支払調書は、そもそもは個人名で作成されるべきものとは思いますが、屋号で作成される所もあったりします。
いずれにしても添付が義務付けられている訳ではありませんが、添付される場合にも、個人名・屋号名のいずれであっても、申告する方のものであることがわかれば良い訳ですから、そこまで気にされる必要もありませんし、再発行までしてもらわなくても良いと思います。
(ある意味、親切で発行してもらっているようなものですから)

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む


人気Q&Aランキング