痔になりやすい生活習慣とは?

初めて質問させていただきます。

民間会社に正社員(事務)として勤務しており、現在で6年目になります。
昨年結婚し、現在妊娠中です。

今の会社には当然、産休や育児休暇の制度がありますが、実際上は、事務職員で育児休暇後も仕事に復帰できる環境(雰囲気)ではありません。
これまでから妊娠と同時に退職をと考えていたのですが、いざ妊娠すると、現在の生活費や将来の育児にかかる費用等々、正直、少しでもお金が必要です。

そこでどなたか教えていただきたいのですが、”退職”と”産休・育休後に退職”では、どちらが良いのでしょうか。

産休・育休でギリギリまで会社に籍を残し、育児休業基本給付金で(勤めている会社は育休中は無給です)生活する方が良いのかなぁと思う一方、退職し退職金と失業保険(出るのでしょうか?)で生活する方が良いのかなぁという思いもあり、現在、大変迷っています・・・。

どなたか教えていただけませんでしょうか。
そもそもどんな給付があるかや、保健制度についてもよく分かっていないのが現状です。もしかしたら、全く的はずれなことを言っているかもしれません・・。その辺りもご指摘いただけたら幸いです。
また経験談でも結構です。
なにとぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

出産未経験なので、参考にはならないと思いますが、これは社会保険手続に携わる私の計画です。



>産休・育休でギリギリまで会社に籍を残し、育児休業基本給付金で(勤めている会社は育休中は無給です)生活
したいです。育休明けにやめるのが前提の人は受給できないという決まりがありますので、あくまで建前上は復帰が前提です。(辞めたくなったら、育児してみて両立は無理だと分かったので辞めますって感じで。)
私は復帰希望です。子供がいると新しく就職先を探すのが非常に困難であるという話を聞いていますので・・・。

現在の制度では1年半後には復帰金がもらえます。これは働いていなくても在籍していればいいので、2年くらい育児休業を申請します。もしかすると10月に少し制度改正があるかもしれません。
簡単に言えば育児休業給付は毎月今のお給料の30%(手続は2ヶ月に1回まとめて)、復帰金は10%×育児休業給付を受給した月数
育児休業中(産後56日までは産休ですので社会保険料は免除されません)は社会保険料が免除されるので(最高子供が3歳まで可能)、保険料を払わず厚生年金の期間が増えます。(将来の老齢年金もそうですが事故や病気で障害が残った場合など、国民年金より厚生年金のほうが手厚いので、できるだけ入っておきたいです)また、健康保険も今までどおり使えます。(もちろん会社側も免除です。)

復帰する予定がない人の管理をするのは会社的に面倒で嫌がられるかもしれませんが、もらえるものはもらいたい、私の計画です。

>退職し退職金と失業保険(出るのでしょうか?)で生活
失業保険はお腹の大きいうちは「延長」でしょうね。ちゃんと延長の手続をしないと、ほうっておくと1年で受給権はなくなってしまいます。
すぐに就業に応じられない人は失業保険もらえませんよ。
また出産といえど自己都合退職なので、最初に職安に行ってから3ヶ月は出ません。出ても現在のお給料の半分から6割くらいだと思っておいたほうがいいです。
また勤続6年でしたら受給できるのは90日分ですね。
一応、もらってる間はご主人の扶養に入れないこともあります。(奥さんの離職票を取り上げる会社もあるようですので)
退職→ご主人の扶養に入り出産→働けるようになって失業保険を受ける間は金額によりご主人の扶養を抜けて国民健康保険&国民年金→就職がきまらないまま受給終了したらまたご主人の扶養に
って感じでしょうか。

また、辞めても住民税の支払いは前年の所得に応じて来ます。こればかりは仕方ないです。

と、思いつくままに書いてしまいましたが、結局は会社とのやりとりだと思います。
6年も勤めたんだし、いろいろ良くしてくれるといいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
blueleefさんに社会保険手続のこと教えて頂くまでは(全く)知らなかったので、とても参考になりました。
失業保険でしばらくの間、生活を繋げられると・・そんな事は甘い考えでした。住民税等の支払いもしないといけませんよね@
自分たちにどれくらいのお金が必要なのかを相談しあい、これからの事を話しあっていきます。

お礼日時:2007/05/31 00:06

参考URLをご紹介します。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2992865.html(妊娠・出産と保険給付等)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2680086.html(妊娠・出産と保険給付等)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2901873.html(妊娠・出産と退職時期)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3011784.html(産休・育休等)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3025376.html(分娩費用)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku0 …(働きながらおかあさんになるあなたへ)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku0 …(女性労働者の母性健康管理のために)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku0 …(母性健康管理指導事項連絡カード)
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/josei/hourei …(母性健康管理指導事項連絡カード)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku0 …(女性労働者の母性健康管理関係)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei20.html(女性労働者の母性健康管理)
http://www.hyougo-roudoukyoku.go.jp/seido/ikuj_k …(育児・介護休業法)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei24.html(育児・介護休業法関係)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/woman/ …(労働局雇用均等室)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/roudouky …(労働局雇用均等室)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku0 …(労働局雇用均等室 事例)
(かなり参考URLが重複しています。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

origo10さん、回答ありがとうございます。
これから一項目ずつ、しっかり読ませて頂きます@

お礼日時:2007/05/31 00:08

他のご回答者様同様、辞めない方がいいと思います。


私も昨年10年勤めた会社を出産に備えて妊娠8ヶ月の時に辞めました。といいますか、育休制度がある(実績なし)といいつつも「妊娠・出産=退職」という古い体質の会社だったもので、辞めざるを得ませんでした。
育休が取れたのなた取りたかったです。

子供がいて再就職するのは子供がいるというのがネックのようで結構厳しいですし、長年勤めた会社ならちょっとブランクがあっても産休明けにやっていけるからです。
今、子供はハイハイするくらいの月齢になって私の生活にも余裕が出てきて暇がある時はネットで求人を眺めています。

金銭的には産休の方が全然良いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の会社も古い体質の会社です。mie-tanさんのお辞めになる時の雰囲気が分かるような気がしました。
育休制度があるのなら、使った方がいいのではないかと、前向きなれました。

お礼日時:2007/05/30 23:54

辞めない方が良いと思います。


なぜなら私自身が後悔しているからです。
私が勤めていた会社には育児休暇が有りませんでした。
田舎なので乳児を預かってくれる保育所が無く退職を決めましたが、産休を取り貰える手当てはすべて貰って、そのまま退職しましたが。。。とても後悔しています。
退職金はすぐ貰えても、失業保険は自分から会社を辞めたので3ヶ月後からしか出ませんでした。何度も職安へ行ったり、乳児を連れてかなり大変でしたが。。。思ったほど貰えませんでした。(失業保険は勤めていた年数で変わるので、私の場合は、、、とお考え下さい。)
現在子供は小学校へ行っていますが、再就職先が見つからない状況です。
少しでも働きたいと言う希望が有るのでしたら、頑張ってでも家庭と仕事を両立させる事を、お勧めします。
ご主人様の協力が必要だと思いますが、頑張って欲しいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
失業保険はすぐに貰えるものだと安易に思ってました@
退職を考えた場合、私もumi2001さんのように、乳児を連れて職安へ行くことになります。大変だろうな(でらっしゃったんだな)と思います。主人の協力を得て、家庭と仕事を両立させる事・・考えてみます。

お礼日時:2007/05/30 23:46

私の会社は○兆円の企業ですが、育児休暇(1年)をとって、復帰するのが通常です。


育児休暇中は、もちろん無給ですが、籍がある以上、復帰ができます。
今の世の中、同じ待遇(給料)の再就職など皆無です。

あなたが、今の会社に不満がなく、育児休暇の制度があるのでしたら、
ぜったい辞めてはいけません。
そしてもし、新卒で今の会社に入っておられたら、同じような条件の会社には、入れないと思ってください。

ただし、育児休暇は、1年ぐらいで、そんなに長くないと思いますから、
お子様を、1才ぐらいの小さいうちから、預けてまで、復帰したいかどうかにもよります。

金銭だけで考えるなら、辞めないことをお勧めします。
今の職場が、復帰できる環境(雰囲気)でないのなら、あなたが、その雰囲気を変えてください。
きっと、次の人があらわれます。

頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は(現実的)にこれからの事を考えてなかった気がします・・。すぐに再就職できると思っておました。
rika2005さんのおっしゃる通り、今の会社と同じような条件の会社に入ることは奇跡的な事かなと思います。
しっかりとしたビジョンをもって、もう一度考えてみます。

お礼日時:2007/05/30 23:30

私は、保険制度については良くわかりませんが、二人の子を出産し未だに勤め続けているものです。


絶対、退職しないほうがいいと思います。
入社6年目では退職金なんて当てにならないと思いますよ!
育児は一時です。
私は、二人の子を小学校にあげるまでに、二重保育(保育園と知り合いに預かってもらっていました)していたので、多いときには月10万円も掛かっていましたが、今は辞めないで良かった~と思っています。
会社側は、「辞めろ」とは言えない筈です。
まして、この少子化の世の中に、今から子どもを産もうとしている女性を辞めさせたら、社会問題になり、会社事態の信用にも繋がるのでは…?
あなたの会社では、誰かが先駆者にならなければならないのです。
是非あなたが先駆者になってください。
がんばって!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
質問させてもらう以前は、(産休育休を申し出るのを)考えただけでも勇気がなく、項垂れていました@
ikikimamaさんのおっしゃる通り、これから先に、「辞めないでよかった」と思う日が来るのでは、そうか、私が先駆者になればいいんじゃないかな!?と前向きになれました。

お礼日時:2007/05/30 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q育児休暇はとれないといわれました。

現在、妊娠6ヶ月で2月いっぱいで1年勤めた会社を、
退職することになりそうなのですが・・・。
退職の仕方に悩んでます。

今まで正社員で勤めており、雇用も払ってます。
会社に社会保険の制度がないため、自分で国民保険に加入していました。
私は育児休暇後の子供1歳時に職場に復帰したいので
意思を伝えたところ、経営が困難なのとすぐに新しい
人を正社員として雇いたいので1年の休みはあげれない。
出産3ヵ月後の復帰でなければ2月で退職してもらいたいと
言われました。

私は3ヵ月後の復帰は無理です。なので退職しようと思ってますが、
出産1年後に子供を保育園に預けるのに
産休中、育休中じゃないと預けられない(優先されない)と聞き、
どうしたらいいか悩んでます。

できれば、会社には退職するという方向で
構わないので(会社側が私の退職を望んでるので。)
とりあえず育休中扱いにしてもらい、保育園に入りやすい状態
でいたいのですが会社側にはこんなことを伝えるのは
迷惑のかかることなのでしょうか?

会社側も出産後で復帰したいというのがはじめてのケースの為、
どうしていいのかわからないようです。

ご相談、よろしくお願いいたします。

現在、妊娠6ヶ月で2月いっぱいで1年勤めた会社を、
退職することになりそうなのですが・・・。
退職の仕方に悩んでます。

今まで正社員で勤めており、雇用も払ってます。
会社に社会保険の制度がないため、自分で国民保険に加入していました。
私は育児休暇後の子供1歳時に職場に復帰したいので
意思を伝えたところ、経営が困難なのとすぐに新しい
人を正社員として雇いたいので1年の休みはあげれない。
出産3ヵ月後の復帰でなければ2月で退職してもらいたいと
言われました。

私は3ヵ月後...続きを読む

Aベストアンサー

 正社員などの期間の定めのない雇用契約の方の、育児休業基本給付金の支給要件は、次のとおりです。
(1)満1歳未満の子を養育するために育児休業を取得する一般被保険者。
(2)育児休業開始日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヶ月以上ある方。

 「1年間はこの会社で正社員で働いていたのですがその前の1年間はアルバイト半年+正社員半年として違う会社で働いていた」とのことですが、現在の会社で、育休の前の産休取得前までに(2)「賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヶ月以上」を満たせれば、受給要件は満たせるのではないかと思います。
 ただ、「雇用継続給付」という位置付けのものですので、「育児休業を開始する時点で、育児休業終了後に離職することが予定されている方は、給付の対象となりません。」(鹿児島労働局)との注意書きもあります。
 法的には産前産後の休業期間及びのその後30日解雇は労働基準法第19条違反ですし、産後1年以内の女性労働者への解雇も男女雇用機会均等法第9条第4項違反で、原則として無効、育児休業申出があった場合における事業主の義務として、育児休業の申出を拒むことができない(育児・介護休業法第6条)、等となっているのですが・・・。
 雇用保険法での「育児休業終了後に離職することが予定されている方」というのは自発的な退職者を想定していると思いますが、退職を余儀なくされることが多いという現実もあるのですが・・・。
 会社が解雇できない、質問者さんも退職届を出さないということであれば、雇用契約は継続されると法的には考えられます。
 現時点で「退職」という結論を出さず、「出産3ヵ月後の復帰」に向けて育児環境や体調を整えるよう努力する、ということで会社の了解を得られればいいのですが、いかがでしょうか。(「出産3ヵ月後の復帰」という育休取得に条件を付けること自体に問題がある(法的根拠がない)のですが、結果として、職場復帰できない場合もその間の育児休業基本給付金の返還は生じないようです。)
 育児休業制度で認められる期間について「出産3ヵ月後の復帰」という条件を付けている会社に、法的に問題があるのだと思います。
 ただ、法的にどうこう言っても、解決しないことも多いのが現実だと思います。
 「会社には退職するという方向で構わないので(会社側が私の退職を望んでるので。)とりあえず育休中扱いにしてもらう」というのは、育休取得を拒否する会社との退職条件の交渉の1つの落としどころだと思います。
 
 また、労働局雇用均等室に相談して、育休取得について会社に助言等行ってもらうのも1つの方法かもしれません。
(その場で結論を求められても、「私にとっても退職のことは大きなことですので、家族(や制度等について労働局等)にも相談して、結論を出したい。」と先延ばしにできればいいのですが・・・。)

【参考?URL】
http://www.chiba-roudoukyoku.go.jp/seido/antei/antei07.html(育児休業基本給付金の概要 1 支給対象者:千葉労働局)
(1)満1歳未満の子を養育するために育児休業を取得する一般被保険者。
(2)育児休業開始日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月(過去に基本手当の受給資格の決定を受けたことがある方については、基本手当の受給資格決定を受けた後のものに限る。)が12ヶ月以上ある方。
http://www.osaka-rodo.go.jp/hoken/koyo/keizoku/ikuji.html(3(1)受給資格:大阪労働局)
・満1歳未満の子を養育するために育児休業を取得した、雇用保険の一般被保険者であること。
・育児休業を開始した日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヶ月以上あること。
(ただし、過去に基本手当の受給資格の決定を受けたことがある方については、基本手当の受給資格決定を受けた後のものに限ります。)
http://www2.aichi-rodo.go.jp/headlines/roudouhoken/pdf/siori2008-10-4.pdf(2(1)支給対象者:愛知労働局)
(http://www2.aichi-rodo.go.jp/headlines03.html(労働保険(労災保険・雇用保険)■雇用保険のしおり●介護休業給付(PDF)))
 満1歳(保育所における保育の実施が行われない等の場合は1歳6か月)に満たない子を養育するために育児休業を取得する一般被保険者の方で、育児休業開始前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上ある月(過去に失業給付に係る基本手当の受給資格の決定を受けたことがある方については、それ以後の被保険者期間に限ります。)が12か月以上あることが必要になります。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%d9%97%70%95%db%8c%af%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S49HO116&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(雇用保険法第61条の4)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/qa/nenkin/20081010mk21.htm(参考:育児休業期間終了の直前に退職と給付金等の返還)
http://www.hellowork.go.jp/html/ikuji_kyufu.pdf(育児休業給付の内容及び支給申請手続きについて:ハローワーク)
http://www.kagoshima.plb.go.jp/etc/seido/khoken/khoken10.html(育児休業基本給付金 対象者:鹿児島労働局)
 1歳未満の子を養育するために育児休業を取得する一般被保険者の方で、育児休業開始前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヶ月以上ある方(育児休業を開始する時点で、育児休業終了後に離職することが予定されている方は、給付の対象となりません。)
http://www.kana-rou.go.jp/users/antei/hoken2_2.htm#q3(Q&A3:神奈川労働局)
・ 1歳(支給対象期間の延長に該当する場合は1歳6ヵ月)未満の子を養育している一般被保険者が、育児休業を開始した日前2年間に、賃金支払い基礎日数が11日以上ある月が12カ月以上あること。
・ 育児休業開始時点で、育児休業終了後に離職することが予定されていないこと。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%98%4a%93%ad%8a%ee%8f%80%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S22HO049&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(労働基準法第19条)
 使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が第65条の規定によつて休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%92%6a%8f%97%8c%d9%97%70%8b%40%89%ef%8b%cf%93%99%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S47HO113&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(男女雇用機会均等法第9条)
 妊娠中の女性労働者及び出産後1年を経過しない女性労働者に対してなされた解雇は、無効とする。ただし、事業主が当該解雇が前項に規定する事由を理由とする解雇でないことを証明したときは、この限りでない。
http://www.wakayama.plb.go.jp/kintou/kikai/kikai09.html(妊娠中・産後1年以内の解雇:和歌山労働局)

http://www.i-kosodate.net/policy/waiting2008/start.asp(待機児童)
(http://www.i-kosodate.net/search/(i-子育てネット))
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/roudoukyoku/index.html(労働局雇用均等室)
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kintou/roudousya/trouble.html(労働局雇用均等室)
http://www.chiba-roudoukyoku.go.jp/kintou/kintou1/index.html(労働局雇用均等室)
http://www.kana-rou.go.jp/press/190601_02.pdf(パンフレット)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/woman/dl/data01.pdf(パンフレット)
http://osaka-rodo.go.jp/faq/kaiketu.html(ケース4)

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2810247.html(参考?産休等取得困難)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3547921.html(参考?産休中の退職勧奨)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3365106.html(参考?育休後解雇)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3350383.html(参考?育休後解雇)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4249061.html(参考?産休・育休の制度)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1435/C1435.html(育児休業の申し出拒否)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu8-1.html(育児休業の申し出拒否)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A143.pdf(育児休業の申し出拒否)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa03/qa03_19.html(産休・育休取得困難)

 正社員などの期間の定めのない雇用契約の方の、育児休業基本給付金の支給要件は、次のとおりです。
(1)満1歳未満の子を養育するために育児休業を取得する一般被保険者。
(2)育児休業開始日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヶ月以上ある方。

 「1年間はこの会社で正社員で働いていたのですがその前の1年間はアルバイト半年+正社員半年として違う会社で働いていた」とのことですが、現在の会社で、育休の前の産休取得前までに(2)「賃金支払基礎日数が11日以上ある月が1...続きを読む

Q会社に籍だけがある時のデメリット

今年の初めに8年勤めた建設会社を辞めたのですが、私の資格や実績を利用したいらしく、籍を残して欲しいと言われました。
幸い次に働く会社は自営なので、別の会社に籍があっても問題はありませんでした。
因みに前の会社が保険や年金を払ってくれます。
そこで皆様に質問をさせて貰いたいのですが、前の会社に籍だけを置いておく事に何かデメリットはあるのでしょうか?
例えば、支払う厚生年金の金額が減って、後々貰う年金の金額が減ったりするのでしょうか?
それとも保険や年金を払ってくれるからメリットの方があるのでしょうか?

Aベストアンサー

天引きの場合、ご自身の給与から引かれているのは年金と保険の半額のみで、
残りの半額は会社が負担していますよね。
今回のケースの場合、その全額を会社が見てくれるということでしょうか。
そりゃあうらやましいな。
自営となると反対に天引きされていた分の倍(単純に言うと、ですが)を払わないといけないので結構きついですよね。

デメリットは、違法行為を薦めるわけではありませんが、失業保険の不正給付が受けられない(笑)。

ところで会社の側は税務署から架空雇用による空経費を疑われて困ったりしないんでしょうかね?

答えになってなくて申し訳ありません。

Q妊娠後期になってから膣が刺さるような痛み

32週の初産婦です。
30週くらいから、膣が刺さるような痛みが出ました。
体勢を変えたりすると長く続く痛みではないのですが、そうゆう方はいましたか?
もうすぐ検診なので、その時にも聞いてみますが
胎動がある時に、膣の痛みを感じるようです。
こうゆう症状がある時は、早産になったりするのでしょうか?
出産日の事も含めて、教えて下さい。

Aベストアンサー

現在、予定日を目前に控えた妊婦です。
たぶん、ほとんど同じ痛みを私も体験しています。
まさに膣が刺さるような痛み。膣とか、子宮口とかの方向に向けて、太めの針でズーンと刺されるような、結構な痛みが、9ヶ月くらいからたまに感じるようになり、臨月になってからはしょっちゅうです。
そして予定日1週間をきってからは毎晩、ものすごく「その痛み」があるんです。妊婦友達が複数いますが、少なくない人が同じ痛みを体験しているので、「きっと赤ちゃんの頭突きだろうね」と笑っています。

先日、かなり頻繁にその痛みがあり、その直後に検診に行ったら、赤ちゃんが随分下がっており、子宮頸管も短くなり、子宮口も開き気味。まさにお産に向けての準備として、赤ちゃんがメリメリと下降したんだなぁと思わせられました。

診察では特に異常もなかったし、後期特有の症状かな、と思います。
donpatiさんも検診で特に言われなかったのなら、少なくない妊婦が体験する痛みじゃないかしら?

お互い元気な赤ちゃん産みましょうね。

Q育休明けに退職してくれと言われました。

もう1ヶ月ほどしたら育児休暇(1年)が終了します。
復帰する気で保育園も決めて申請しています。
なのに・・辞めて欲しいといわれました。

私の会社は20人位の小さな会社で組合もありません。
育児休暇を取ったのは私が初めてで取る時も色々言われましたが何とか取れて。。
私が産休に入ってから正社員を採用して私の後を継いでいるようです。
帰るとこはないよっていう意味でしょうか。
とにかく他の事でも社員の事なんか全然考えてくれない会社です。
でも子供がいたら新しい就職先もないし
今の所で頑張って行こうと思っていたんですが。

(1)会社都合で退職に持っていくには私はどうしたらいいのでしょうか。
これだけはしてはいけない事、これはしておいた方がいい、
などがあれば教えて下さい。
汚いやり方で辞めさせられそうで怖いんです。。

(2)保育園の事ですが。。
もし会社都合で辞めた場合、すぐに失業手当てもらえるみたですが
そうなると保育園は入園断られますでしょうか。
1.2歳は入園しやすいみたいで、それ以上になると難しいみたいなんで入らせたいんですが。(お金の面で考え中なんですが。)

(3)就職ですが、、
生活が苦しいので、仕事を探さずに失業手当を貰った方がいいか、すぐにでも次を探して働いた方がいいか。

この3つを教えて下さい。
どれか一つでもいいです。
よろしくお願いします。

もう1ヶ月ほどしたら育児休暇(1年)が終了します。
復帰する気で保育園も決めて申請しています。
なのに・・辞めて欲しいといわれました。

私の会社は20人位の小さな会社で組合もありません。
育児休暇を取ったのは私が初めてで取る時も色々言われましたが何とか取れて。。
私が産休に入ってから正社員を採用して私の後を継いでいるようです。
帰るとこはないよっていう意味でしょうか。
とにかく他の事でも社員の事なんか全然考えてくれない会社です。
でも子供がいたら新しい就職先もないし
今の所...続きを読む

Aベストアンサー

 以前、類似の質問にアドバイスしたことがあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3268193.html(類似質問:育休後解雇)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2574653.html(参考:育休後の仕事復帰)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3334675.html(参考:妊娠を理由とする退職強要)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3011784.html(参考:妊娠を理由とする退職強要)


 (1)については「一身上の都合により」という退職届(願)は出さないことだ大切だと思います。
 類似質問でも説明しましたがが、まずは会社に戻ることを前提とした交渉を行い、復帰がどうしても認められないと会社がいうのであれば、理由を確認し、会社に「出産、育休取得を理由とした退職強要は男女雇用機会均等法9条、育児・介護休業法10条で禁止されています。それでも退職をとおしゃるのですか。」等と会社の対応の説明を求めてみてはいかがでしょうか。
 会社からの説明に質問者さんが復帰困難と判断された場合は「では、その代わりとして、どのようなことをしていただけるのですか。」と会社に代償措置を求め(最初から質問者さんが「○○してほしい。」というとそれがたたき台になってしまいますので、まずは会社に説明させ、その上で質問者さんの考えをお話されるといいと思います。)、納得できない場合や会社が何も提示しない場合は、即答せず、「いろいろ相談して、お答えします」と労働局雇用均等室に解決の援助を求めることも検討されてはいかがでしょうか。(会社との話し合いの前に、労働局雇用均等室に相談してアドバイスをもらうこともできるので、あらかじめ電話等で相談されて、対策を立ててから会社と話し合われることをお勧めします。)
(質問者さんお一人で会社と話し合うのが難しければ、ご主人と一緒に行かれてもいいと思います。労働局雇用均等室に解決の援助を求めた場合は、法的に労働局から会社を指導してもらうことや、場所を労働局として雇用均等室の人に入ってもらって話をすることも考えられると思います。)
 交渉項目としては不本意な退職への「解決金」、逸失利益としての「育児休業者復帰給付金相当額」の会社負担、雇用保険の離職理由(退職勧奨等の会社都合:事前にハローワークに確認されることをお勧めします)、年次有給休暇の取り扱い(買い上げor年次有給休暇残日数分は復帰して取得)、再就職先のあっせん等があると思います。
 交渉がまとまれば文書化するのがトラブル防止には望ましいのですが、難しい場合は、約束が履行されてから退職届(会社からの退職勧奨に応じ、○月○日をもって退職します。等)を出されるといいと思います。
 法的には他の方もアドバイスされていますとおり、会社の対応は違法だと思います。
 しかし、法律や制度が額面どおり遵守されていない現実もあります。会社との交渉等は精神的・時間的負担もあり、どこまで会社に求めるか(法的な主張を行うか)、労働局雇用均等室に解決の援助を求めるか等は、質問者さん次第だと思います。
 ただ、「退職理由」についても、「会社都合になりますね」と質問者さんが会社に確認し、自己都合ではないという意思表示を行わなければ、「汚いやり方で辞めさせられそうで怖いんです。」と心配されているとおり、会社のいいようにされて(自己都合)終わってしまう可能性が高いと思います。

 以下は参考URL等です。(男女雇用機会均等法、育児・介護休業法それぞれに「解雇」「退職強要」等の不利益な取り扱いについての禁止規定があります。(内容が重複しているURLが多く、上記類似質問等でも引用しています。)

【育児・介護休業法関係】
http://www.e-roudou.go.jp/shokai/k_kinto/21004/2100406/index.htm(Q5:育児休業と不利益な取り扱いの禁止(愛媛労働局))
Q5 育児休業をしたいと申し出たら、会社から「戻る場所はない」と言われました。
A5 休業の申出をし、又は休業をしたことを理由とする解雇、その他不利益な取扱いは禁止されています。
「その他不利益な取扱い」の典型例としては、
(1)退職・パート等への変更の強要、
(2)自宅待機命令、
(3)降格、
(4)休業期間相当分を超える減給・ボーナスカット、
(5)不利益な配置転換、
(6)就業環境を害すること、
などがあげられます。
 また、事業主に対して、育児休業後においては原職又は原職相当職に復帰させることが多く行われているものであることについて配慮することが指針で求められています。
 このような問題でお困りの場合は、雇用均等室までご相談ください。

http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei17.html#q7(Q7:育児休業と不利益な取り扱いの禁止(静岡労働局))
【Q7】 休業後は原職に復帰できますか。
【A7】 育児休業や介護休業後に、原職または原職相当職に復帰させることを、事業主は配慮することとされています。なお、休業を理由とする不利益な配置の変更(例えば、通常の人事異動のルールからは十分に説明できない職務又は就業の場所の変更を行うことにより、その労働者に相当程度経済的又は精神的な不利益を生じさせること)は禁止されています。

http://www.hyougo-roudoukyoku.go.jp/seido/ikuj_kaigo/q_and_a/q_and_a.htm(Q17:育児休業と不利益な取り扱いの禁止(兵庫労働局))
Q17 育児・介護休業を申出したことによる不利益取扱いとは、どんなものですか?
A17 育児・介護休業の申出をしたこと又は育児・介護休業をしたことを理由として行う解雇、その他の不利益取扱いの意思表示は無効とされます。
 事業主に対して禁止される解雇その他の不利益な取扱いは、労働者が育児休業や介護休業の申出をしたこと又は育児休業や介護休業をしたこととの間に因果関係がある行為です。
 解雇その他不利益取扱いの典型例として次に掲げる取扱いがあげられます。
(1) 解雇すること。
(2) 退職又は正社員をパートタイム労働者等の非正規社員とするような労働契約内容の変更の強要を行うこと。
(3) 自宅待機を命じること。
(4) 降格させること。
(5) 減給をし、または賞与等において不利益な算出を行うこと。
(6) 不利益な配置の変更を行うこと。
(7) 就業環境を害すること。

http://www.hiroroudoukyoku.go.jp/03/contens/qa.html#Q1-3(Q3:育児休業と不利益な取り扱いの禁止(広島労働局))
Q3 育児休業を取りたいと申し出たら、仕事を辞めるように言われました。
A3 育児・介護休業法では、育児休業の申し出をしたことや、休業したことを理由とする解雇等の不利益取扱いを禁止しています。
 解雇以外では、
(1)期間雇用者の契約更新をしないこと
(2)退職や、正社員からパートタイマーへの身分変更を強要すること
(3)休業終了日を越えて自宅待機を命じること
(4)減給したり、ボーナスで不利益な算定を行うこと
(5)通常の人事異動の範囲を超える仕事内容の変更や勤務地の変更を行うこと等 が例として考えられます。
 このような状況がありましたら、雇用均等室にご相談下さい。

http://www.pref.kyoto.jp/rosei2/taisetu/contents/ikukyu/kaiko.html(育児休業と不利益な取り扱いの禁止(京都府))
●不利益取扱いの禁止(育児・介護休業法10条、16条の4)
* 事業主は、育児休業、子の看護休暇の申出をしたことまたは取得したことを理由に労働者を解雇したり、その他不利益な取扱いをしてはいけません。
○解雇その他不利益な取扱いの典型例として次のような取扱いがあげられます。(指針)
・解雇すること
・期間を定めて雇用される者について、契約の更新をしないこと。
・あらかじめ契約の更新回数の上限が明示されている場合に、当該回数を引き下げること。
・退職又は正社員を非正規社員とするような労働契約内容の変更の強要を行うこと。
・自宅待機を命ずること。
・降格をさせること。
・減給をしたり、賞与等において不利益な算定をおこなうこと。
・不利益な配置の変更を行うこと。
・就業環境を害すること。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/ryouritu/pamph/dl/02_0026.pdf(「育児・介護休業法のあらまし」パンフレット(平成19年6月版)31ページ:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/ryouritu/pamph/index.html)
(4) 退職又は正社員をパートタイム労働者等の非正規社員とするような労働契約内容の変更の強要を行うこと。
☆ 勧奨退職や正社員をパートタイム労働者等の非正規社員とするような労働契約内容の変更は、労働者の表面上同意を得ていたとしても、これが労働者の真意に基づくものではないと認められる場合には、これに該当します。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%88%e7%8e%99%81%45%89%ee%8c%ec%8b%78%8b%c6%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H03HO076&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(育児・介護休業法)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/ryouritu/houritu/6.html(指針:第二 三 (2)ニ 退職強要)
三  育児・介護休業法第10条、第16条及び第16条の4の規定による育児休業、介護休業又は子の看護休暇の申出又は取得を理由とする解雇その他不利益な取扱いの禁止に適切に対処するに当たっての事項
 育児休業、介護休業又は子の看護休暇の申出又は取得をした労働者の雇用管理に当たっては、次の事項に留意すること。
(一)  育児・介護休業法第10条、第16条及び第16条の4の規定により禁止される解雇その他不利益な取扱いは、労働者が育児休業、介護休業又は子の看護休暇の申出又は取得をしたこととの間に因果関係がある行為であること。
(二)  解雇その他不利益な取扱いとなる行為には、例えば、次に掲げるものが該当すること。
イ 解雇すること。
ロ 期間を定めて雇用される者について、契約の更新をしないこと。
ハ あらかじめ契約の更新回数の上限が明示されている場合に、当該回数を引き下げること。
ニ 『退職』又は正社員をパートタイム労働者等の非正規社員とするような労働契約内容の変更の『強要を行うこと。』

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/siryo/panfu/panfu15/index.html(2007年版 働く女性と労働法 ■IV部 育児・介護に関する法 138ページ)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/siryo/panfu/panfu38-18/index.html(雇用平等ガイドブック
男女雇用機会均等法のポイント:育児・介護休業法の概要 39・40ページ)


【男女雇用機会均等法関係】
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa03/qa03_18.html(参考(東京都 産業労働局 労働相談情報センター))
(1) 結婚したことや妊娠したことを理由に退職を勧奨したり、解雇することはできない。
(2) 妊娠・出産するのは、女性のみであり、そのことを理由にして不利益に取り扱うことは典型的な女性差別と言える。

http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kintou/kintou02.html(参考:(5)退職勧奨・定年・解雇・労働契約の更新(男女雇用機会均等法6条関係):東京労働局)
 ロ 退職の勧奨・解雇・労働契約の更新に当たっての条件を男女で異なるものとすること。
(例; 女性労働者に対してのみ、子を有していることを理由として、退職の勧奨をすること。経営の合理化に際して、既婚の女性労働者に対してのみ、退職の勧奨をすること。)

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/181027-b01.pdf(3~4ページ、8ページ、10~12ページ:解雇・出産等の定義厚生労働省雇用均等・児童家庭局長通知)
 「法第5条から第7条まで及び第9条の規定の趣旨は、性別にかかわらず、労働者が雇用の分野における均等な機会を得、その意欲と能力に応じて均等な待遇を受けられるようにすること、すなわち、企業の制度や方針において、労働者が性別を理由として差別を受けること、性別以外の事由を理由とするものであっても実質的に性別を理由とする差別となるおそれがある措置を合理的な理由のない場合に講ずること、妊娠・出産等を理由とする解雇その他不利益な取扱いをすること等をなくしていくことにあること。」
 「(9) 解雇(法第6条第4号)形式的には勧奨退職であっても、事業主の有形無形の圧力により、労働者がやむを得ず応ずることとなり、労働者の真意に基づくものでないと認められる場合は、「解雇」に含まれるものであること。」

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/danjokintou/dl/20000401-30-1.pdf(25ページ(2)ニ:労働者に対する性別を理由とする差別の禁止等に関する規定に定める事項に関し、事業主が適切に対処するための指針(平成18年厚生労働省告示第614号))
(http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/danjokintou/ 指針)

(2) 男女雇用機会均等法第9条第3項により禁止される「解雇その他不利益な取扱い」とは、例えば、次に掲げるものが該当する。
 イ 解雇すること。
 ロ 期間を定めて雇用される者について、契約の更新をしないこと。
 ハ あらかじめ契約の更新回数の上限が明示されている場合に、当該回数を引き下げること。
 ニ 『退職』又は正社員をパートタイム労働者等の非正規社員とするような労働契約内容の変更の『強要を行うこと。』

http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kintou/kintou04.html(4 婚姻・妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止:東京労働局)
(http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kintou/index.html)
禁止されている具体的内容
(1)解雇すること。
(2)期間雇用者について契約の更新をしないこと。
(3)あらかじめ契約更新回数の上限が明示されている場合に、更新回数を引き下げること。
(4)『退職を強要すること』、正社員をパートタイム労働者等の非正規社員とするような労働契約内容の変更を強要すること。
☆ 労働者の表面上の同意を得ていても、労働者の真意に基づくものでないと認められる場合、これに該当します。

http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kintou/index.html(男女雇用機会均等法関係)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%92%6a%8f%97%8c%d9%97%70%8b%40%89%ef%8b%cf%93%99%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S47HO113&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(男女雇用機会均等法)

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/siryo/panfu/panfu02/index.html(78ページ:使用者のための労働法:東京都 産業労働局 労働相談情報センター)
 「均等法が禁止する男女差別禁止規定は強行規定と考えられることから、均等法違反の行為は、私法上は(労使間の法律関係では)違法あるいは無効とされ、労働者は不法行為による損害賠償(慰謝料を含め)請求が可能となります(民法第709 条)。」(東京都 産業労働局 労働相談情報センター)
http://www.renjyu.net/okirodo/11QA/Q42.html(解雇と補償)
http://www.chiba-ben.or.jp/index/book.html(参考)


【労働局雇用均等室関係】
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/woman/dl/data.pdf(労働局雇用均等室)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/roudoukyoku/index.html(労働局雇用均等室)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku03/01.html(解決事例)
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kintou/roudousya/trouble.html(労働局雇用均等室)
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kintou/kintou07.html(労働局雇用均等室)
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kintou/soudan.html(解決事例)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2657224.html(雇用保険関係)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken05/qa.html(問13)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken05/pdf/02.pdf(雇用保険受給資格要件の変更)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken05/index.html

(長文、参考URL過多になってしまい、読みにくくなってしまいました。すみません。)

 以前、類似の質問にアドバイスしたことがあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3268193.html(類似質問:育休後解雇)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2574653.html(参考:育休後の仕事復帰)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3334675.html(参考:妊娠を理由とする退職強要)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3011784.html(参考:妊娠を理由とする退職強要)


 (1)については「一身上の都合により」という退職届(願)は出さないことだ大切だと思います。
 類似質問でも説明しましたがが、まずは会社に...続きを読む

Qつわりが消えた!?

妊娠7週に入ったところなのですが、
2週間ほどまえからあったつわり(吐き気)が昨日の午後から
ピタッとなくなってしまいました。
つわりがなくなるのが、流産のしるしのような気がして、
とても不安です・・・。
明日、病院へ行く予定なのですが、
不安で不安で仕方ありません・・・。

どなたか、早い週数でつわりが終わってしまっても
流産されなかった方、いらっしゃいませんか??
よろしければ、体験談をお聞かせください・・・!!

Aベストアンサー

つわりのなくなる時期は人によってさまざまです。
確かに流産したときにつわりがなくなると言いますが、流産でなくてもつわりが感じられなくなることはありますよ。

かくいう私も急に悪阻が感じられなくなったときに、ものすごく心配して医師に尋ねました。
私の場合は出血もあり切迫流産で入院中だったので余計に心配だったのですが、医師に「つわりのことは関係ないですよ」と言われました。
(ちなみに無事、元気な子を出産しました)

心配やストレスはお腹にさわりますから、あまり気にしない方がいいと思います。
子供の生命力を信じてゆったりとした気持ちで過ごすのが一番です。

安産でありますように。

Q妊娠5ヶ月 お腹のふくらみって小さくなったりする??

 現在18週にはいりました初めての妊婦です。5ヶ月目にはいったころから普通の洋服もはいらなくなってきて徐々にお腹が大きくなってきたなと思って喜んでました。それと体重もこの2週間で1.4キロの増加(これはやばいと焦ってました)。
 しかし、2,3日前からおなかのふくらみが小さくなった気がします。主人や会社の人にも言われました。パツパツになってたズボンがまたはけるようにもなったので、確かに小さくなったのだと思います。でもこんなことってあるんでしょうか?すごく心配です。ちなみに、体重も、この2日で1.2キロ急にへりました。単に痩せたの??とも思いましたが、食生活は最近思い切り甘いものをたべまくり心配してたぐらいです。
 あと一つ思い当たるのは、妊娠してから3日に一度ぐらいの排便が、ここ3日は毎日あっておなかはすっきりなこと。でも、3日の便秘が毎日快便になったぐらいで、こんなに体重やお腹の大きさも変わるものでしょうか?
 体調は、いたって元気です。おりものが変ということもないし、出血ももちろんなく、いたって普通で、逆に体調が良すぎて赤ちゃんがほんとに元気なのか心配になったりするぐらいです。これで、胎動が感じれば安心感も出るのだと思いますが、まだ胎動を感じることもないので・・・・。人によると思うのですが、18週ぐらいってそもそもまだそんなにお腹がでてないのでしょうか?(ちなみに私は165センチ、妊娠前体重53キロ、現在54.2キロです)お腹が小さくなったと感じることってあるものなんでしょうか?
 変な質問ですみません。アドバイスをお願いいたします。

 現在18週にはいりました初めての妊婦です。5ヶ月目にはいったころから普通の洋服もはいらなくなってきて徐々にお腹が大きくなってきたなと思って喜んでました。それと体重もこの2週間で1.4キロの増加(これはやばいと焦ってました)。
 しかし、2,3日前からおなかのふくらみが小さくなった気がします。主人や会社の人にも言われました。パツパツになってたズボンがまたはけるようにもなったので、確かに小さくなったのだと思います。でもこんなことってあるんでしょうか?すごく心配です。ちなみに、体重も、...続きを読む

Aベストアンサー

予定日を1週間後に控えた妊婦です。
私も妊娠中にお腹の大きさ縮んだことありますよ。
私の場合は羊水が少し多くそれが原因でお腹が大きかったのですが、羊水が通常量になった時点で2センチ程お腹が小さくなってましたが、
先生には特に何も言われませんでした。
赤ちゃんが平均内のペースでちゃんと成長していれば大丈夫かと思いますよ。
ちなみに私は5月からまったく体重が増えていません。
むしろ1キロ程減ってる位ですが、赤ちゃんは
ちゃんと大きく育ってくれてます。

ついでに言うと私も妊娠前は便秘で3日に1回程度だったのですが、
今は多い時には1日3回と非常に快便です(笑)
お腹にたまっていると下腹部ぷっくりしますしそういう影響もあるんじゃないでしょうか?

Q産休が取れず退職します。会社を訴えられます?

産休が取れず退職します。会社を訴えられます?

中小企業に勤めています。
入社してまだ二年ですが、妊娠しました。

まだ働きたかったのですが、『前例がない』『体調が心配』『結婚して続けてる女性も少ないから産んだらもちろんやめるよね?子供もかわいそうだし。』
等と言われ、退職届を書くことになりました。
また、受理されました。

当時の私は知らなかったのですが、法律で産休の間は解雇してはならないんですね。

もう、受理されてしまったし、取り消しは無理かと思いますが、
訴えたりすることって出来ますか?

今、とてもお金が無い状況なので、もし訴えてちょっとでもお金が頂けたらという、
すごい自分勝手な理由なんですが・・・。

それとも、もう、退職届を書いてしまったので、労働監督署(?)とかに言っても注意も入らないのでしょうか?

Aベストアンサー

 NO1です。今回の相談者に関係する法律は労働基準法ではなくて男女機会均等法です。「婚姻・妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止等の規定」に違反しております。
 1事業主は、女性労働者が婚姻し、妊娠し、又は出産したことにを退職理由として予定する定めをしてはなりません 2事業主は女性労働者が婚姻したことを理由として、解雇してはなりません 3事業主は、その雇用する女性労働者が妊娠したこと、出産したこと、労働基準法65条の規定による産前の産後の休業をしたことその他の妊娠又は出産に関する事由であって厚生労働省令で定めるものを理由として、当該女性労働者に対して解雇その他不利益な取り扱いをしてはなりません(妊娠中及び出産後の健康管理に関する措置を求め、又は当該措置を受けたこと、軽易な業務への転換を請求したこと、育児時間の請求をしたこと) 4妊娠中の女性労働者及び出産後1年を経過しない女性労働者に対してなされた解雇は、無効とします 相談者の文面からすると退職勧奨を行ったようですから3に違反している事になりますね。それから性別による差別の禁止にも抵触しております。
 さて、今後の事ですが、男女雇用機会均等法(名称と違って女性労働者保護の要素が強い)では紛争の解決についても規定されております。労働基準監督署長を監督する都道府県労働局長が紛争の解決として調停を行う事になっております。これは裁判ではないのですが公訴時効も申請と同時に停止します
 調停について詳しくご説明したいのですが会社からのアクセツみたいですから、時間があまりないですね。まずはお住まいの都道府県の労働局のHPで「男女雇用機会均等」か「女性労働者の妊娠出産」にかんする相談窓口に電話をして正直に事実を話し調停を受けたい旨を伝えて下さい
 分からない事があれば補足を入れてください。

  

 NO1です。今回の相談者に関係する法律は労働基準法ではなくて男女機会均等法です。「婚姻・妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止等の規定」に違反しております。
 1事業主は、女性労働者が婚姻し、妊娠し、又は出産したことにを退職理由として予定する定めをしてはなりません 2事業主は女性労働者が婚姻したことを理由として、解雇してはなりません 3事業主は、その雇用する女性労働者が妊娠したこと、出産したこと、労働基準法65条の規定による産前の産後の休業をしたことその他の妊娠又は出産...続きを読む

Qつわりが突然なくなりました

今8週に入ったくらいで、検診は9週になったとき(来週)に、という指示を病院で受けています。
妊娠がわかった5週から7週末まで、食欲がなく、吐き気があり、一日の大半を寝てすごす生活でしたが、
先週末からつわりの症状が突然なくなりました。
本来ならいまからつわりがピークになると思うのですが・・・・

つわりってこんなに気まぐれなものでしょうか?
出血はないですが、下腹部痛は断続的に続きます。

他のカテで質問しているのですが、色々悩みの尽きない妊婦ライフなもので、流産しちゃったのかなぁ、と考えてみたり・・・

Aベストアンサー

ちょっと不安にさせてしまうかもしれませんが・・・
ごめんなさい。

以前、私は5週~7週までつわりが酷かったのですが、その後8週中頃からピタッとつわりが治まり「変だなぁ?」と思っていました。
8週初めの検診では順調だったのですが、10週目の検診へ行った時には、赤ちゃんの心拍が停止している事が分かりました。
その時、つわりが治まったあたり位に赤ちゃんの成長が止まっているのが分かりました。
私の場合なので全員が全員つわりが治まったから流産というわけではないので・・・

あなたの場合は、きっと心配ないとは思いますが、不安なようなら先生に確認してもらった方が安心出来ますよ。

Q育休復帰後すぐの退職はダメ?

1年の育児休暇が明け、復職して2ヶ月がたちます。子供を生む前は、せっかくの育休制度を使わないともったいないと思い、気軽な気持ちで取得しました。でも、実際生まれてみると本当にかわいくて、離れたくなくなりました。
1年みんなに迷惑をかけたのだし・・と、大きな葛藤を抱えながらも現在に至ります。運良く倍率の高い保育園にも入園でき、仕事も融通が利く為(お給料はとーっても安いです)これを捨てるのがもったいないというかすかな気持ち。その反面、主人の収入だけでもなんとかやっていける見込みができ、あとやっぱり子供と離れたくない・・というこの2つの感情で揺れています。
現在は辞める方向で気持ちが傾いているのですが、あまりにすぐ辞めるのは職場にも申し訳なく感じます。あと、保育園がとても近所なので感じ悪いかな?とか・・育休復帰後に仕事を辞めるには、どのぐらいの期間が適当でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は復帰して約2年になります。

私も復帰するまでは嫌で嫌で、途中で辞めようかと何度も悩みました。
でも自分で決めたことだから頑張れるだけ頑張ろうと思ったら、あっという間に2年になろうとしてます。

復帰されて2ヶ月ということですが、ちょうど疲れがたまる時期ですよね。私も復帰後の2~3ヶ月は体力的につらくて辞めたいなとは思いました。でも3ヶ月を過ぎた今ではやっぱり復帰して良かったなと思います。先に復帰した友達も2ヶ月過ぎれば慣れてなんとかなるよと言ってましたが、そのとおりでした。あまりすぐ辞めると後産休とる人の迷惑にもなるだろうし。

それにみなさん2歳をすぎると専業主婦の方ってやっぱり息抜き出来なくて大変そうなんで。(私は専業主婦向いてないから復職したんですが)子供も保育園で刺激があるので楽しそうにしてるし。(ママだけでは味わえない)

もしお辞めになるなら半年までは働いて、復職後の給付金を受け取ってからでもいいんじゃないでしょうか?その頃にはまた考えも変わってるかもしれませんし。新入社員と同じで、やはり元に戻るには3ヶ月はかかると思います。それでも辞めて子供といたいと思うなら、やはり春に辞めるのが一番いいのではないでしょうか。

こんにちは。
私は復帰して約2年になります。

私も復帰するまでは嫌で嫌で、途中で辞めようかと何度も悩みました。
でも自分で決めたことだから頑張れるだけ頑張ろうと思ったら、あっという間に2年になろうとしてます。

復帰されて2ヶ月ということですが、ちょうど疲れがたまる時期ですよね。私も復帰後の2~3ヶ月は体力的につらくて辞めたいなとは思いました。でも3ヶ月を過ぎた今ではやっぱり復帰して良かったなと思います。先に復帰した友達も2ヶ月過ぎれば慣れてなんとかなるよと言ってました...続きを読む

Q退職か?育児休暇か?迷ってます。

35歳です。妊娠3ヶ月後半になりました。
そこで、退職か、育児休暇取得するか迷ってます。

理想しては、退職し、子供が1歳位になり短時間勤務パートから、
はじめ、フル勤務で働きたいと思ってます。

しかし、旦那の収入では生活が厳しいので、もらえるものは、もらい
辞めようか考えてました。

育児休暇取得し、復帰してから、辞めようか?
それとも、復帰しても長く続けるつもりもないなら、
きっぱり退職しようか?迷ってます。

今まで、パワハラ、理不尽、モラルが低い会社で、どうにか
働いてきました。

結婚したら、妊娠したら・・やめようと思ってここまできました。
やはり、経済的な問題で、貯金できるだけしようと思っていたから、
ズルズルときてしまいました。


職場は、比較的暇で、ネットも自由にできますが、
何十年も働くと思うと、気がめいり、
30代も半ば過ぎですから、
ここで辞めないと後悔する気持ちもあります。

前回流産し、今回も、切迫流産の疑いで、自宅安静を言い渡されました。
社長は妊娠のことを知ってますが、続ける、辞めるという話はしてません。気持ちが固まってないのと、
辞める意思を伝えると早く辞めさせられそうだからです。

長くなりましたが、ここで辞める辞めない、
ちゃっかり、もらえるものはもらう?・・

皆さんならどうしますか?
厳しい意見、色々な意見を聞きたいので、宜しくお願いします。

35歳です。妊娠3ヶ月後半になりました。
そこで、退職か、育児休暇取得するか迷ってます。

理想しては、退職し、子供が1歳位になり短時間勤務パートから、
はじめ、フル勤務で働きたいと思ってます。

しかし、旦那の収入では生活が厳しいので、もらえるものは、もらい
辞めようか考えてました。

育児休暇取得し、復帰してから、辞めようか?
それとも、復帰しても長く続けるつもりもないなら、
きっぱり退職しようか?迷ってます。

今まで、パワハラ、理不尽、モラルが低い会社で、どうにか
...続きを読む

Aベストアンサー

妊娠おめでとうございます。
労務担当者です。うちの会社では、90%位、育児休暇を取って復職しません。酷い人になると最初から復帰しない宣言をしてきます。最初から復帰をしない宣言をしていても、育児休暇を申請された場合は、何も拒めないと職安・健保で言われましたので、そんな人でも手続きはします。

良いと思います。
今まで頑張って働いてきた分、育児休暇を取得しても。

まぁ、会社によってはあとあと色々言われると思いますが、そういうのを言う人はたいてい独身か男性社員だと思います。
実際産んでみてやっぱり働けないという人も居ました。
逆に1年休んで復帰されても会社として困る・・・って人もいました。

会社もそれなりに考えています。
だからとりあえず質問者様がどうしたいか。これが大事だと思います。

とにかくお腹の子の負担にならないように、穏やかに生活してくださいね。


人気Q&Aランキング