『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

 ギター2,3ヶ月の初心者です。
これからバンドを組もうと思いまして、メンバー募集の最中です。バンドは組んだことがありません。

 バンドにはギターが2人いるバンドと1人の場合がありますよね。
2人だとバッキングとリードという風にわかれていると思うのですが、1人だとバッキングとリードを1人でするものなのでしょうか?また、それは可能なのでしょうか。
それと、ギターが二人のバンドとギターが1人のバンドとではどういう風に違ってくるものなのでしょうか。よくわかりません。

 私はバンドでギターを担当したいと思っていますが、募集の際もう1人ギターを入れるかどうか迷っています。ギターが私を含め二人いればわからないことがあれば相方のギターと相談しながらやっていけるので、その方がバンド・ギターともに初心者の私にはやりやすいのかなぁと思います。

そのあたりのアドバイスもよろしければお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再び失礼します。

返信読みました。

ギターが二人必要かどうかについてですが、スコアがある曲に関しては、単純に考えるならギターパートが複数書かれているかどうかと、スコアに書かれているギターパートを一人でまとめて弾いてみた時にまとまりの悪さを感じるかどうかの2点が手掛かりになるでしょう。バンドスコアを見た時に、ギターパートが複数に渡っている場合は、そのスコア通りの演奏にするためには当然そのスコアに書かれているパートの数だけのギターが必要になります。また、その複数に分かれているギターパートについて、それを一人のギターにまとめてしまっても特に大きな違和感がない場合には、ギター一人でもこなせる曲といえますが、そうした場合に物足りなさを感じさせるようなことがあるなら、ギター一人ではまとめきれないと判断するのが妥当です。なお、このあたりについては、主観的な感覚でギターが一本でもいけるか、複数いないと駄目かの判断が分かれる部分もあります(特定の曲に関して、一人で弾けるようにパートをまとめた時に、その演奏でいけていると感じるか、いけていないと感じるかは個人差があります)。

判断をスコアに頼らない方法としては、コピーしたいバンドのメンバーのギタリストの数を指標にするのもわかりやすいでしょう。ギターが二人いるバンドでは、当然ギタリストが二人いる方が再現性は上がります。
また、コピーしてみたい曲の音源を聴いてみて、特にギターの音についてよく聴き取り、それが同時に2本鳴っていて、そのどちらも欠かすことができないと感じるのであれば、それもギタリストが二人いる方がより理想的な方向にまとめられるでしょう。複数のギターが入っている場合、それぞれが音作りの面から差別化していることも多い(歪みギター+クリーンギター、歪みの加減が異なる2本のギター、エレキギター+アコースティックギターというような組み合わせなど)ので、そうした違いによってギターの本数をカウントするのも妥当だと思います。
そうした傾向をまとめてみて、コピーしたい曲に必要なギターの数を検討することで、バンドに必要な人員を判断するのが良いでしょう。なお、コピーする曲によっては人員に過剰あるいは不足が出る場合もあると思いますが、そうした場合はバンドメンバーの構成に合わせて曲の演奏内容を調整する(アレンジを加える)ことで対処するのが一般的です。
なお、私見ですが、ギタリストの必要人数を考える上では、スコアを読んで判断しようとするより、音源やその演奏メンバーの構成を参考にする方が判断しやすいと思います。


前回の回答の補足ですが、ギタリストが一人のバンドでも、そのバンドの曲のスコアに複数のギターパートが記載されることがあります。これは、音源を聴き取った時に、1本のギターだけではなく、複数のギターで演奏されているということです。その手法には、レコーディングの時にサポートあるいはゲストのギタリストに音入れをしてもらう方法と、一人のギタリストがオーバーダブ(多重録音)を利用して一人で複数のギターパートを入れる方法があります。
レコーディングの手法については、メンバー全員が一つのスタジオに集まって、同時に演奏しているのを録音する方法(ライブ録りなどといいます)だけがすべてではありません。むしろ、MTRなどを使い、一つ一つのパートについてトラックごとに順次録音していき、それを後でミックスダウンしてまとめるという手法が一般的です。
この場合、メンバー全員が同時に録音する必要はありません。そのため、一人のメンバーが二つ以上のパートについて音入れを行うことも可能になります。ですので、ギターが一人のバンドで、レコーディングに参加しているギタリストが一人でも、音源に複数のギターパートを入れることもできます(別のパートで言えば、ボーカリストがメインの歌とコーラスパートとの両方を一人で歌うのと同じことです)。また、それを利用してバッキングに厚みを持たせたりすることもごく一般的なやり方と言えます。中には、こうした録音手法を積極的に活用しすぎたあまり、その楽曲をライブで再現することが不可能になってしまった例などもあります。
ライブを行うバンドの場合は、オーバーダブで音に厚みを持たせた楽曲をライブで演奏する必要も出てきます。この時には、ギタリストが一人のバンドの場合、サポートギタリストを入れて対処するのでなければ、そのオーバーダブを利用した複数のギターパートについて、一人のギタリストで演奏できるようにそれらのギターパートをまとめ直して演奏することになります。もし、ギターパートが複数書かれている曲について一人のギタリストで対処しようとするのであれば、こうしたライブでの演奏はギターパートのまとめ方の例として参考になるでしょう。
コピーしたい曲にスタジオ録音だけでなく、ライブバージョンの音源がある場合は、そのライブバージョンについても聴いておくと、ギターパートのまとめ方に限らずバンド全体の演奏のまとめ方の参考にもなるでしょう。また、大幅なアレンジを施したリミックスバージョンなどは当てにならない場合もありますが、バージョン違いの複数の音源がある場合は、それらもあわせて聴いておくと、いろいろと参考になると思います。参考になる音源は、できるだけたくさん集めて聞き込むことをお勧めします。

また長々と失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

まるで音楽の授業を受けているようですっごいよくわかりました!

ギター1人でも機材を使えば2人が演奏しているかのように録音することも出来るのですね。とても勉強になりました。

最初から募集してやっぱり一人でよかったなと感じたら、もう1人のギタリストに悪いですし、とりあえず最初は1人でやってみて音が薄いなと感じたらギターをもう1人募集してみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/30 19:47

もう下の方が全ておっしゃってるので(笑)あまりアドバイスにはなら


ないかもしれませんが、、、、
基本的にはまずギター1人から始めて、どうしても思ってる音にならない
場合にもう1本入れることを考える、という方向で良いと思います。
ギター2本だとどうしてもアンサンブルをキチンと考えなくてはいけない
ので結構面倒です(笑)。

そこでオススメなのが、もし質問者さんのバンドがVo,Gt、Ba、Dsの
4人編成のバンドなら、ヴォーカルの人にアコギを弾きながら歌って
もらいましょう。
アコギのコード感とリズムストロークがあるだけで、バンドサウンドが
10倍簡単にまとまりますよ~(^_^)
ギターソロの時もサウンドが薄くならないし、ヴォーカルの人も暇つ
ぶしができるし(笑)一石二鳥です。
オリジナル曲を作る場合でも、アコギのソロボーカルに必要な音を重ね
ていく、って作り方で、簡単にまとまりのあるバンドサウンドが作れ
ます。
頑張ってくださ~い(^^)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

基本的にはまずギター1人から始めて、どうしても思ってる音にならない場合にもう1本入れることを考える、という方向で良いと思います。

経験者様からのご意見をきいて安心しました。
その方向で行きます。

あーボーカルにギター持たせる手がありましたね!!
歌一直線の歌うこと大好き人間なのですが、ギターくらい弾けたほうがいいってな具合で弾いてもらうことにします。
作曲にも役が立ちそうでいいですね。
ありがとうございます!

お礼日時:2007/05/31 20:16

ギタリストが一人の場合、ギターにリードパートがある曲では、リード以外の部分ではバッキングに回るのが普通です。

ですので、リードを取る曲では一人でバッキングとリードの両方をこなすように対処するのが良いでしょう。パートが重なる部分では、ギター一本に限った場合どちらのパートを弾く方がまとまりが良いかを考えて、まとまりの良い方を区間ごとに適宜選ぶのが妥当です。
このあたりは、ギタリストが一人のバンドのライブの演奏などが参考になると思います。スタジオで録音している音源については、ギタリストが一人でも、オーバーダブを行って音に厚みを作り、そのためにギターパートが複数になっている場合があります。その場合、音源をそのように作っている曲について、それをライブで演奏する時には、サポートのギタリストを入れていなければギター一本にパートをまとめて演奏しますので、その手法を参考にするのが良いでしょう。

また、ギターが二人のバンドについてですが、その場合はその分幅ができるものと捉えるのが良いと思います。役割分担ができる分、できることの幅は確実に広がるでしょう。しかし、二人だからこういう形になると断定することはできません。
例えば、二人のギターが明確に片方がリードギター、他方がサイドギターを明確に役割を分ける場合もありますし、あるいはその役割を持ち回りで流動的に交代する(二人のギタリストが局面によってリードを取ったり、サイドに回ったりとフレキシブルに役割を変更する)場合もあります。あるいは、二人がツインリードで絡むようなスタイルもあるでしょうし、バッキングをギター1本だけではできないような2本のギターの絡み合いで構成するというスタイルもあるでしょう。
ギタリストが複数いる場合、それぞれの役割の分け方やキャラクターの区別などについては、そのバンドの特色になるでしょう。その点については、画一的な考え方で臨むのは少々柔軟性に欠けると思いますし、人材などに合わせて柔軟に考えるのが妥当だとも思います。あまりこうあるべきと型に押し込めて考える必要はないと思いますよ。

ギターの募集についてですが、やりたい音楽に二人のギターが必要と思えるのであれば、ギターも募集するのが良いでしょう。指向する音楽的に一人で十分と思えるのであれば、敢えて他のギタリストを集める意味はありません。そのバンドの指向する音楽の内容に合わせて、どのパートを集めるのかを考えるのが妥当でしょう。
なお、ギター仲間と切磋琢磨していくことについては、それは大いに結構と思いますが、同じバンドをやる仲間として他にギタリストを入れる動機として、バンドがやる音楽にギターが二人必要だからという理由ではなく、自分が初心者だからお互いに相談する相互協力を主目的とするような姿勢はお勧めしません。仮にギターパートにできる人が入ったとした場合、その人にご自身のギターの成長までも含めて頼るような姿勢と取られれば、そのバンドに所属するメンバーとしてのあなた自身の立場が危ういものになるでしょう。個人練習を綿密に行うなど自助努力をたゆまず続けていると理解されればそういうことにはならないと思いますが、もしもう一人のギタリストに頼る姿勢が悪い方向に出て甘えていると取られれば、お荷物とみなされてはじき出されてしまう恐れも考えられます。特に、バンドの音楽の方向性としてギターが2本必要といえる根拠が薄弱な場合はなおさらです。1本のギターでこなせるなら、余分なメンバーは必要ないという判断も合理的といえます。
ですので、ご自身が初心者であることを理由としてもう一人のギタリストを募集するのはお勧めしません。それは、厳しいことを言うようですが、見方を変えれば単なる甘えです。募集パートについては、あくまでもバンドがやる音楽に必要かどうかを軸に考えることを強くお勧めします。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
夜中にすごい長文感謝いたします。

スタジオで録音している音源については、ギタリストが一人でも、オーバーダブを行って音に厚みを作り、そのためにギターパートが複数になっている場合があります。その場合、音源をそのように作っている曲について、それをライブで演奏する時には、サポートのギタリストを入れていなければギター一本にパートをまとめて演奏しますので、その手法を参考にするのが良いでしょう。

という部分以外はよく理解できました。

しかし、自分の指向する音楽が2人ギター必要なのかどうかがよくわかりません。好きなアーティストは

木村カエラ
スーパーカー
中村一義
シンバルズ
ウタダヒカル
move     などなど

で、コピーから始めたいと思っています。
2人いるかどうかってどうやって判断すればいいのでしょう

お礼日時:2007/05/30 03:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリズムギターとリードギターについて。この二つが理解できていません。わか

リズムギターとリードギターについて。この二つが理解できていません。わかりやすい曲とかないですか?

Aベストアンサー

典型的な例は、ベンチャーズです。

エレキギターを中心としてインストバンドで、

メロディを担当するのがリードギター、
コード弾き等で伴奏するのがリズムギター(またはサイドギター)

とはっきり役割が分かれていました。


ただし、最近のバンドでは、ギターが2本ある場合、
ソロを交代で弾くことが多いので、あまり区別されないようです。
単に「ギター」と呼ばれます。

要するに、「リズムギターとリードギター」というのは、
バンド内の役割だけの話ですので、大きな意味は持ちません。

Qギターのパートについて

最近バンドスコアを買ったんですけど
guitarI
guitarII
guitarIII
と、ギターのパートが3つあるか
guitarI
guitarII
と、ギターのパートが2つあるものがあるんですけど
どれがリードパートでどれがバッキングパートなのか分かりません。

どなたかおしえてください。

Aベストアンサー

バンドスコアのギターのパート分けは、曲中に同時に出ているギターの本数を元に、ギターパートが1つだったり2つだったり3つに増えたり、あるいは4つ以上になったりすることがあります。これについては、オーバーダブなどでギターを重ね録りしていたり、ギターパートが二人以上いたり、ゲスト参加のギタリストがいるなどで、複数のギターパートがあるために分けて表記されているものといえます。

また、ギターパートの番号は採譜者の都合で振られることが多く、共通の一般化されたルールによって分けられている訳ではありません。ですので、振られている番号のみを判断材料として、どのギターパートがリードギターと判断することはできません。
スコアによってリードギターがGuitar 1だったり、Guitar 2だったりすることもあります。また、ツインギターでリードパートが途中で入れ替わるケースもありますし、バッキングパートではリードギターもバッキングに加わり、リードらしい演奏はそのリードを取る部分だけに限られるケースもあり得ます。あるいは、曲によってはツインリードで両方がリードパートを含んでいるケースもあり得るでしょう。

どれがリードパートなのかについては、スコアの内容を見て、どのラインがリードパートに当たるのかを読み取って判断するのが妥当です。音源などと対比させて、リードギターと思われるような内容になっている部分を拾ってみて、判断するのが良いでしょう。

参考まで。

バンドスコアのギターのパート分けは、曲中に同時に出ているギターの本数を元に、ギターパートが1つだったり2つだったり3つに増えたり、あるいは4つ以上になったりすることがあります。これについては、オーバーダブなどでギターを重ね録りしていたり、ギターパートが二人以上いたり、ゲスト参加のギタリストがいるなどで、複数のギターパートがあるために分けて表記されているものといえます。

また、ギターパートの番号は採譜者の都合で振られることが多く、共通の一般化されたルールによって分けられている...続きを読む

Qロックでよく使われるコード進行を教えて下さい!!

ロックでよく使われているコード進行を教えてください!!

アドバイスよろしくお願いします。

それと自分はギターを勉強中なのですが、プロ作曲家やプロミュージシャンの中には音楽理論をあまりご存知ない方もいらっしゃいますか?(良い意味で型にはまらないような・・・)

Aベストアンサー

作曲家が理論を知らないのは、ちょっとありえないですね。
一部の大天才は確かに理論が無くても感覚で何でも通せますが、あくまでアドリブやなんとなくでもドレミの概念をわかっているからできることです。
これはたとえるならば料理人ではないし料理のイロハも知ったこっちゃないが、コーヒーに砂糖の変わりに塩を大量にいれたら多分まずいだろうと察しが着くのと同じことです。ちなみに実験はしないほうがいいです。腰を抜かすほどまずいですから・・・。

ギターであればまずは、ADEの三つのコードでAが始まりと終わりに来るのを前提に、Dの感覚、Eの感覚をそれぞれつかんでいくといいでしょう。
また多くの曲でうんざりするほど耳にするパターンくらいなら書いてもいいでしょう。
A E F#m E D C#m Bm E
とか
A B G#m C#m
という進行などがあります。

ですが、これらのコードの意味をそれぞれ説明できるか?
というのが最大のポイントであり、理論というものです。
これから先、あなたは数多くの曲をコピーしたり、譜面を見るなどの形でコードのパターンを見ることでしょう。

このときにこのコードはこういう意味を持っているということが説明できて、解釈し、吸収するというのを効率よく行うためにどうしても理論が必要になります。
それと引き換えに、一時的とはいえ理論によって音楽的な制限を受けてしまいます。その代わり完全に理論を覚えて吸収できたならば、新たに音楽的になんでもありということに気がつきます。

知っていてめちゃくちゃするのと知らないでめちゃくちゃするのとでは何もかもが違います。
最後のいい意味で型にはまらないというのも、「わざと」やれるのです。

それでも無限に広がる音の海を方向もわからないまま泳ぎまわるのも理論を突き放しているうちにしか味わえないものであることは間違いありません。
自由に泳ぎ続けて道に迷い、限界を感じたときに、理論というものを手にとって見るのもいいかもしれません。

ただし、いくら複雑で珍しい響きのコードやスケールを発明したとしても99%は過去に開発されていてご丁寧に名前までついています。
そして、名前がついていないものや説明不能のものを開発したとしても同じく99%の確率で気持ち悪いだけだったりヘンテコなだけという具合です。

説明が遠まわしになってしまったのは、理論で武装するかしないかを今ここで判断できないためです。理論は時に自由を奪う鎖にもなりますし、未知の領域を無限に掘り進んでいくための船にもなるのです。

ただ、長い間、音楽を続けていけば結局は覚える羽目になるということです。

作曲家が理論を知らないのは、ちょっとありえないですね。
一部の大天才は確かに理論が無くても感覚で何でも通せますが、あくまでアドリブやなんとなくでもドレミの概念をわかっているからできることです。
これはたとえるならば料理人ではないし料理のイロハも知ったこっちゃないが、コーヒーに砂糖の変わりに塩を大量にいれたら多分まずいだろうと察しが着くのと同じことです。ちなみに実験はしないほうがいいです。腰を抜かすほどまずいですから・・・。

ギターであればまずは、ADEの三つのコードでA...続きを読む

Q会員チケットをキャンセルしたら次回に影響しますか?

こんにちは。先日、友達に頼まれたコンサートのチケットの先行予約をチケット会社の会員である私が行いました。すごく難しいと聞いていたので、2社申し込みを行い、2社とも予約は取れたのですが、だけど、その友達から「予想外でチケットがたくさん取れたので(私の)チケットはキャンセルしたい。そのままお金を振り込まなければ大丈夫」と言われました。しかし、会員である場合、キャンセルをすると次回のチケット予約や抽選の時に影響が出ると聞いたことがあります・・・自分がチケットを買う時に影響が出たらと思うと、悩んでしまいます・・・。キャンセルすると影響が出る(チケット会社のブラックリストにみたいなものに載ったり・・・)実際にそのようなことは起こるのでしょうか?詳しい方、どうか教えてください。ちなみにキャンセルするのは今回が初めてです。

Aベストアンサー

こんにちは。
とあるサイトでも同様の書き込みを見ました。
おそらく7月の3日間のライブの事かと思いますので、それを前提として書き込みます。
もし違っていたら申し訳ないです・・。

チケット会社(ローソン、ぴあ、e+)に取れたチケットをキャンセルすると今後に響くと私も聞いた事があります。
だけど、一度や二度ぐらいでは影響ないと思います。
実際統計を取った事がないので、自信はありませんが・・
ただ、あまりに多いとブラックリストに載り会員を解約させられる事もあるので、それはご注意下さい

ちなみに私は、以前キャンセルした事がありますが、その後抽選で当選した事はあります。


※追加ですが、ぴあ会員は引き落としがクレジットが殆どです。
それは、キャンセル防止の手段なのかもしれませんね。

Qギターでベースの音を出したいんですが

ギターでベース(くらい低い)音をだすにはどうすればいいでしょうか?

適したエフェクターなどがあれば教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

とりあえずオクターバーがあれば出ますが
腰のない音になるので
できればコンプレッサーとイコライザーをかますと
それっぽい音になります。
できればベースアンプでならすとより一層よくなります。
でも本物のベースの音に比べるとちょっと違いますが・・・。
まあ楽器云々に詳しい人じゃなければだませるぐらいの音にはなります。

QJudy And Mary そばかす ギター

ギターを始めて間もないものです。
教則本で基本を練習すること数日が経ちました。
そろそろ曲のコピーでもするかってことで、
JUDY AND MARYの『そばかす』をコピーすることにしました。

ですが、いきなりイントロの部分から挫折しています。
全体を見てもギターのパートが非常に難しいようにも感じました。
最初のコピーとしてこの選曲はどうだったのでしょうか。

思い入れのある曲なので変える気はありませんが、
なんとか一曲通して弾けるようになるためには
どのぐらいの時間、練習をしなければなりませんか。

他にもこの曲をやるにあたってのアドバイスなど
あればどんな些細なことでもいいのでお願いします。

Aベストアンサー

「そばかす」の演奏に関しては、比較的難しい部類に入ると思います。難しく感じられるのも無理はないでしょう。
現時点での選曲の基準としてどうということに関しては、個人的には言及しません。具体的に何ができるのかは、こうした文面でのやり取りでは把握できませんし、どの曲が適当と断定するのは困難です。また、やってみたい曲がこれであるのなら、思い切りよく挑戦するのが建設的な姿勢だと思いますよ。

どのくらいの時間練習をすればできるようになるのかについては、個人差のある領域になるのでなんともいえません。練習量にしても、その練習の内容や密度によって大きく左右されます。どれくらいの時間練習したからできるようになる、と言うようなデジタルな判断はできないでしょう。
練習量やその成果の度合いについて、練習時間を基準に計ることはあまりお勧めしません。練習量などについては、時間で割って先を見ようとするのではなく、はじめに何ができて何ができないのかを整理しておき、練習を続ける中ではじめにできなかったことが、その時点でどれだけできるようになってきているのかで判断する方が、より現実的な評価になるでしょう。時間のような単純な数値を基準として計れるものではないと思います。
ただ、きちんと曲を一曲演奏できるようになるまでには、それなりに長い期間がかかると思います。月単位、年単位の時間がかかってもおかしくはありません。結果を焦らず、じっくりと腰を据えて取り組むことをお勧めします。

「そばかす」については、シャッフルビートとジャズ風のスウィングビートが混在する曲で、リズムのノリを掴むことが重要なポイントになる曲だと思います。はねたリズムが特徴的なところなので、そのノリをつかむのが大切でしょう。はじめの内は、音源のテンポに無理に付き合おうとせず、テンポを落としてゆっくりと一つ一つの動作を確認しながら、運指とピッキングのタイミングやリズムを把握していくのが良いと思います。
イントロに関しては、隣り合う弦の同フレットを押えるフレーズが続きますが、その部分は1本の指で2本の弦をしっかり押さえてテンポよく鳴らしていくのが良いでしょう。この部分に関しては、ノリさえつかめてしまえば、だいぶ見通しがつくようになると思います。
なお、曲をコピーする時には、スコアばかりに着目せず、CDなど音源をよく聞き込むこともお勧めしておきます。譜面上で不明な点については、音源を聞いてその演奏内容に似るように工夫するのが妥当です。
また、コピーの上では、指先がスコア通りに動いていることで満足せず、きちんと意図通りの音が出ているかどうかにもきちんと耳を傾けるのが良いでしょう。音がきちんと出ていなければ、いくら指先が器用にスコア通りに動いてもできたことにはなりません。

参考まで。練習頑張ってください。

「そばかす」の演奏に関しては、比較的難しい部類に入ると思います。難しく感じられるのも無理はないでしょう。
現時点での選曲の基準としてどうということに関しては、個人的には言及しません。具体的に何ができるのかは、こうした文面でのやり取りでは把握できませんし、どの曲が適当と断定するのは困難です。また、やってみたい曲がこれであるのなら、思い切りよく挑戦するのが建設的な姿勢だと思いますよ。

どのくらいの時間練習をすればできるようになるのかについては、個人差のある領域になるのでなん...続きを読む

Qネックベンド?

っていうのでしょうか?ギターの奏法みたいのあるみたいですが、どのような技なのでしょうか?また効果は?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネックベンドは、ネックに力を加えて音程を変える奏法です。主にアームのないギターで、アーミングのような音程変化を得るために使われます。

具体的には、弦を押えている手でネックを押し込んだり引っ張ったりしてギター表面に対して前後方向に動かし、アーミングのような音程変化を得ます。ネック裏からネックを前に押し込んで(この時はピッキングする側の手を使って、ネックの付け根近くでボディを押えるとやりやすいでしょう)、アームダウンするように音程を変化させることが多いと思います。開放弦でしか使えないということはありませんが、ローポジションでネックを押す方が音程が変わりやすいので、ヘッド付近に手が来るポジションで試されることが多いでしょう。
ネックを押し込んで無理な力を加えるため、ギターに負担の大きい奏法といえます。特に、ボルトオンネックなどではジョイントに過度の負担がかかる恐れがあります。試すのであれば、セットネックなどの方がまだ不安要素は少ないかも知れません。また、アーミングと似た効果になる性格上、トレモロアームがついているギターでは、この奏法を試す意味はあまりないかも知れません。

これについては動画で確認した方がわかりやすいでしょう。Youtubeなど動画投稿サイトで"Neck bend"あるいは"ネックベンド"をキーワードにして検索すると、実際にやっている動画をみることもできると思いますよ。

参考まで。

ネックベンドは、ネックに力を加えて音程を変える奏法です。主にアームのないギターで、アーミングのような音程変化を得るために使われます。

具体的には、弦を押えている手でネックを押し込んだり引っ張ったりしてギター表面に対して前後方向に動かし、アーミングのような音程変化を得ます。ネック裏からネックを前に押し込んで(この時はピッキングする側の手を使って、ネックの付け根近くでボディを押えるとやりやすいでしょう)、アームダウンするように音程を変化させることが多いと思います。開放弦でしか...続きを読む

Q3ピースでのギターの役割

はじめまして。
3ピースバンド・オリジナルのギターボーカルをしています、女です。
半年前ぐらいからバンドを組みました(バンド暦は約2年半年です)

前のバンドでは4ピースのギターボーカルでしたので、ギターを弾いたり弾かなかったり・・・という事だったのですが、今現在3ピースのバンドでどのようにギターをアレンジすればいいのかが全くわかりません。

コードを弾くだけや、ギターソロでの単音などやはりバンド自体の音が薄くなっているように感じてしまいます。
私の経験・練習不足と思い、プロの3ピースのバンドを独学でコピーしようとしてみたものの、最近のCDやバンドスコアでは多重録音が当たり前で、ほとんどの音源には2本以上のギターが入ってますよね。
そんな事を考えるとますます分からなくなってきてしまいした。
他メンバー2人とは、経験・実力共に天と地の差で、少々飽きられ気味です。

今は、カッティングやエフェクターなどで変化はつけられないものか?と考え試行錯誤ながらやっております。

みなさんに聞きたいのが3ピースで音の厚みを出す為にしてきたアレンジ方法や、3ピースギタリストに何を求めるかをお聞きしたいです。
あと、多重録音されていない音源の3ピースバンドの音源を知っていましたらお聞かせ下さい。

※一応、使用機材はエピフォンのセミアコ、BOSSブルースドライバー&DD-6、JC120です。

よろしくお願いします。

はじめまして。
3ピースバンド・オリジナルのギターボーカルをしています、女です。
半年前ぐらいからバンドを組みました(バンド暦は約2年半年です)

前のバンドでは4ピースのギターボーカルでしたので、ギターを弾いたり弾かなかったり・・・という事だったのですが、今現在3ピースのバンドでどのようにギターをアレンジすればいいのかが全くわかりません。

コードを弾くだけや、ギターソロでの単音などやはりバンド自体の音が薄くなっているように感じてしまいます。
私の経験・練習不足と思い、プロ...続きを読む

Aベストアンサー

3ピースバンドとのことなので、ジャンルはパンク/ロックという前提でアドバイスさせていただきますね。

二人のギターのバンドであれば和音を補うバッキングと裏メロ(ヴォーカル以外のメロディー)を担当するリードに役割を分けますが、3ピースの場合ギターはひとりなので、同じようにはいきません。このふたつの役割をバランスよく中間的にこなす必要が出てきます。
早弾きのようなひとつの弦だけを弾くギターソロは音の厚みが損なわれるので、2番サビの後など、おとなしく静寂を強調するようなところ以外ではあまり使わないほうがいいでしょう。
基本はパワーコードや3弦コードを中心に。ヴォーカルが入ってるところでは普通のバッキングギター的役割を。前奏や間奏、エンディングではパワーコードや3弦コードを細かい刻みで弾いてメロディーにしていきます。そうすれば音の厚みの減少を最小限に食い止められるんじゃないかと思います。

QスタジオのPAミキサーにiPodをつなぐ方法

リハーサルスタジオのミキサーにiPodをつなぎたいです。
今まではマイクしかつないだことがありません。
自分でいろいろ調べてみたのですがいまいち分かりませんでした。
一方がステレオのミニプラグで、もう一方が赤と白のピンプラグのケーブルでいいのでしょうか?
よく使うPAシステムは多分YAMAHAのEMX5016CFとEMX 5000だと思います。

ついでに質問ですが、JC120にiPodをつなぐのは邪道でしょうか?
仮につなぐ場合は、ステレオのミニプラグとモノラルの標準プラグのケーブルで合ってますか?
手元にあった両端がステレオミニプラグのケーブルの片方をステレオ標準プラグに変換して自宅のアンプで実験してみたら、左側の音しか鳴りませんでした。

Aベストアンサー

>一方がステレオのミニプラグで、もう一方が赤と白のピンプラグのケーブルでいいのでしょうか?

まぁ、EMXシリーズにiPodだと、個人的にはピン端子の「2TRACK IN」端子に繋ぐよりはフェーダーの付いてるマイク/ラインチャンネルのフォン入力に挿す方が、調整しやすく音質を保ちやすいと思います。

「2TRACK IN」だと入力音量のレベル調整はiPod側でやんなきゃならんが、iPod側は基本的にはヘッドフォン出力だから、他のマイク等の音と良いバランスにするのが難しく、またヘタを打ったら音が割れたりしやすい。
マイク/ラインチャンネルにフォン入力すれば、trim調整とチャンネルフェーダーの2段調整ができる上、EQで音質も調整できるので、他のマイク等とのバランスが取りやすいし、一番良い音質バランスを探せる。

そう考えると、「ステレオミニ→標準フォン×2」というケーブルが最適だけど、手に入りにくかったら「ステレオミニ→ピン×2」のケーブルのピン側に「ピン(メス)-標準フォン」のアダプターを付ければよい。
「ピン(メス)-標準フォン」のアダプターは、家電量販店やホームセンターでも置いている店は多いです。

>ついでに質問ですが、JC120にiPodをつなぐのは邪道でしょうか?

邪道までは言わないけど、あんまり勧めたくないねぇ。
音はあんまり良くないし、下手打ってJC120を痛めるのもどうかなと思うので。
あくまでも「非常用のやむなし手段」ですね。

使うケーブルは、「ステレオミニ-モノラル標準フォン」でいいです。

ステレオミニ-ステレオ標準だったら、先端の左チャンネル分しか鳴らないのは当たり前。

>一方がステレオのミニプラグで、もう一方が赤と白のピンプラグのケーブルでいいのでしょうか?

まぁ、EMXシリーズにiPodだと、個人的にはピン端子の「2TRACK IN」端子に繋ぐよりはフェーダーの付いてるマイク/ラインチャンネルのフォン入力に挿す方が、調整しやすく音質を保ちやすいと思います。

「2TRACK IN」だと入力音量のレベル調整はiPod側でやんなきゃならんが、iPod側は基本的にはヘッドフォン出力だから、他のマイク等の音と良いバランスにするのが難しく、またヘタを打ったら音が割れたりしやす...続きを読む

Qギターを弾いたら左手小指の関節が痛くなる

ギターを弾いたら左手小指の関節が痛くなる

ジャズギターをやっています。
しばらく練習すると左手の小指の第二関節の外側(薬指と反対側の横部分の、関節および周辺の骨)が痛くなります。
ジャズギターは小指を酷使しますし、また小指は、他の指より手のひらの内側に向かってカーブしていますから、どうしても指先の真ん中ではなく、若干指の外側で押さえ気味になりがちです。
ですから必然的に、指の外側の関節に負担が係るのは仕方ないところです。

フォームは、習っている先生に見てもらってもそんなに悪いことは無く、わりと基本的な正しいフォームで弾けているとのことです。
ただ、指が細いので負担が係り続ける状況には弱いのかもしれません。

とはいえ、1時間ぐらい弾いて痛んでくるので、練習らしい練習もできません。
とくに最近オクターブ奏法を練習し始めてから、ひどくなってきました。なのでオクターブ奏法は控えています。
他の方も小指を傷めることはあるのでしょうか?
なんとか小指を傷めないようにする、コツのようなものはないでしょうか。

整骨院にも行きましたが、使い痛みでしょうということで、直すにはギターを弾くのをしばらく休みなさいということでした。
医者が言うことなので、当分はギターはできるだけ控えるつもりですが、近いうちライブもいくつか控えてますし、頼まれている仕事もあるのでまったく触らないわけにもいきません。

けっこう切実な悩みです。アドバイスのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

ギターを弾いたら左手小指の関節が痛くなる

ジャズギターをやっています。
しばらく練習すると左手の小指の第二関節の外側(薬指と反対側の横部分の、関節および周辺の骨)が痛くなります。
ジャズギターは小指を酷使しますし、また小指は、他の指より手のひらの内側に向かってカーブしていますから、どうしても指先の真ん中ではなく、若干指の外側で押さえ気味になりがちです。
ですから必然的に、指の外側の関節に負担が係るのは仕方ないところです。

フォームは、習っている先生に見てもらってもそんなに悪い...続きを読む

Aベストアンサー

病院での診察で問題なしとのことですので、やはり左手が原因という可能性があります。

1. まずフォームですが、腕から手のひら、指をまっすぐに伸ばした状態から、
  手のひらと指を丸めてネックを握ります。

  このとき、手首は動かさないようにします。すると、低フレット側では指がナット側に
  若干倒れる状態になり、高フレットに移るにつれ指が垂直になるると思います。
  バイオリニストのフォームが参考になるかもしれません。

  この状態が最も指に負担が少ないので、フォームを再チェックしてみてください。
  複雑なコードで若干手首が曲がるのはかまいませんが、できるだけ手首をまっすぐに
  伸ばした状態でセーハもオクターブ奏法もできるように練習してみてください。
  低~中フレット側では、小指がほぼ垂直になっているはずです。

2. 強く押さえすぎている可能性があります。

  任意のポジションでクロマッチとスケールを弾いて、すべての指が指板から離れて
  過ぎていないことを確認しましょう。

  大きくはなれる指がある場合、隣の指との独立性が不十分ですので、無駄な力がかかります。
  目標は隣の指が指板から1cm以上はなれないように指を動かすことができるように練習
  しましょう。
  
  すると、エレクトリックギターならすべての指でほとんど力を入れずにフレーズが弾けるように
  なるはずです。

鏡を見ながらフォームをチェックし、上記に該当する個所があれば是非試してみてください。

病院での診察で問題なしとのことですので、やはり左手が原因という可能性があります。

1. まずフォームですが、腕から手のひら、指をまっすぐに伸ばした状態から、
  手のひらと指を丸めてネックを握ります。

  このとき、手首は動かさないようにします。すると、低フレット側では指がナット側に
  若干倒れる状態になり、高フレットに移るにつれ指が垂直になるると思います。
  バイオリニストのフォームが参考になるかもしれません。

  この状態が最も指に負担が少ないので、フォームを再チェック...続きを読む


人気Q&Aランキング