「ブロック機能」のリニューアルについて

「プリズン・ブレイク」のマイケル・スコフィールドの潜在抑制の機能障害とは、実際にはどのような障害ですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

マイケルの潜在意識の機能障害とは字幕の書き手の見解の相違で正確には


対人関係における軽度アスペルガー症候群、及びサヴァン症候群という名前の脳と考えられます。
アスペルガー症候群とは日本名”高機能自閉症”といわれるもので先天的な脳の特殊分類(障害とは言わない)で
常人とはかけ離れた感性、能力の持ち主と解釈したほうがいいでしょう
アスペルガー症候群とは対人折衝能力、コミニケーション能力の欠如を指しており低機能と高機能に別れる
低機能は言語、知的障害を伴うが、高機能は常人よりも知能指数が高く、
マイケルはコミニュケーション能力にはそれほど障害はないことから軽度と思われる
(でもニカ、マイケルの父なんかには冷たいね)
反面、自分の愛するリンクやサラ、ウエストモアランド、スクレなんかには常人には理解できないくらい、自分をも犠牲にしてでも固執する部分が見えます
これはサヴァン症候群の一例が見られ、過去の被害者やtweener、T-bagに対して、忘れられない、自分を許すことが出来ない部分が劇中見られます。

簡単に説明すると、マイケルの脳は覚える機能は高いが忘れる機能が低い、好きと嫌いがはっきりしてる天才
脳が常人とはもともとの造りが違う為に、普通の人では出来ないような計画が出来ちゃってるサスペンスなんです。
参考までに

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B4% …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
かなり詳しい回答で助かります。

お礼日時:2007/05/31 10:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング