お店に入ると、いらっしゃいませって言われますよねぇ。この語源を知っている方、教えてください。できればいつごろから、どこで使われていたのか、までわかるとありがたいです。

A 回答 (3件)

「来ます」の二つの意を持つ尊敬語の「いらっしゃる」の動詞の連用形に付いて、相手に対して、その動作をするようにという要求を、丁寧の気持ちを含めて言い表す「ませ」を繋げて、


「いらっしゃいませ」と言います。
わかるのはここまでです。
    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか納得させられる回答ですね。
ありがとうございます。
卒論でちょっと困っていたので助かりました。

お礼日時:2001/01/21 11:35

どうなんでしょうね。


「ようこそ、『いらっしゃいまし』て、有り難うございます。」
から来ているような気もしないでもないような。
    • good
    • 0

昔は「いらせられませ」と言ってたみたいですね。


「居る」と受身の「られる」が合体して「いらせられ」で、
そうして欲しいという気持ちが「ませ」に入って
「いらせられませ」で、本来は「来てください」または
「居てください」という意味だったと思います。
「いる」の丁寧語が「いらっしゃる」ですが、そうなると
昔は「いらせられる」だったのかな?

ちょっと怪しい回答です。

osapi124でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運動足袋って、いつごろまで?

運動足袋ってのは、いつごろまで、使われていたのでしょう。
もしかしたら、いまでも?
情報をお寄せください。
よろしくお願いします。
                       以 上

Aベストアンサー

僕は昭和36年生まれですが、かすかに使った記憶があります。
でも、小学校の運動会の写真を見ると運動靴を履いていますので、小学校入学前の事だったんだろうと思います。
昭和28年、29年、32年生まれの兄弟の運動会の写真を見ると足袋を履いてますので、ちょうど僕らあたりが使わなくなり始めた年代なんだと思います。

Q分身の術はいつごろ誰が考え出しのか?

むかしのまんが「サスケ」などで、分身の術がでてきます。
どう考えても不可能な技なのですが、
これを考えだした人はだれなんでしょうか?
江戸時代の忍者話にあったのか、
それとも昭和になって漫画家が考え出したのか。
この術は日本以外では、考えだされてないのでは、と思えるほどユニークです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『西遊記』に出てくる孫悟空は、自分の毛を一つまみ抜いて息を吹きかけると、「ミニ悟空」が何人も登場します。
講談本の「猿飛佐助」は「孫悟空」がモデルとされていますから、その影響はあると思います。
で、それを「忍術・妖術」でなく、少しでも科学的根拠を持つように見せかけると、「分身の術」になるのではないでしょうか。

Q偏差値について(いつごろから使われだしたの?)

大学入試などで大学学部学科の合格可能予測に偏差値を
利用(使用)するようになったのはいつごろからなのでしょうか?

50歳代の人たちが高校生の頃はあまり聞かなかったようなのですが・・・

センター試験が行われだした頃からなのでしょうか?

どなたか教えてもらえませんか?

あなたの時代はどうでしたか?

Aベストアンサー

参考URLのページに
駿台予備学校が昭和41年(1966年),
コンピュータの導入と時を同じくして
予備校としては初めて成績評価を偏差値に切り替えたとの記述があります。
したがって偏差値の利用自体はこれ以前に始まっていたことになります。

昭和30年代にどこかの高校の先生が
受験指導をより的確なものにするために
学力偏差値の利用を思いついたと聞きました。
予備校やテスト業者などの受験産業がこれを採用したことで
教育界全体に影響を及ぼすことになったわけです。

というわけで
昭和40年代以降に受験を経験した世代,
すなわち現在の50代より下の世代は偏差値の洗礼を受けているはずです。
偏差値至上主義の風潮にさらされたのはもう少し下の世代でしょうが。

参考URL:http://www.sundai.ac.jp/ayumi/chp31.htm

Q継続は力なりはいつごろから使われている?

「継続は力なり」と言う言葉は いつごろから
又 どなたが言い出したものでしょうか
お教え下さい

Aベストアンサー

旺文社の赤尾好男氏の言葉だと思います。
昔やっていた旺文社の「ラジオ講座」や刊行されていた各種参考書、豆単などに
好んでこの言葉が用いられていたような気がします。

私が学生時代より前からありましたので、20年以上前のものだったのではないでしょうか?

Q日本人が「地球は丸い」と認識したのはいつごろでしょう?

西洋ではコペルニクスやガリレオらが「地球は丸い」と発見したのは中世の頃と思いますが、日本人が「地球は丸い」と気付いたのはいつ頃でしょう?
 またその他の「世界史の歴史的事柄が日本人に与えたインパクト」という視点から書かれた書籍はないでしょうか?(例えば「ローマ帝国の衰亡と日本人」や「魔女狩りと日本人」「アメリカ大陸発見と日本人」などなど)

Aベストアンサー

ametsuchiさんの回答に対して

 確かに、地球が球体であることはアリストテレスからプトレマイオスに至るギリシャ・ローマ世界では知られていました。
 しかし、その後のローマ帝国の崩壊により、中世のキリスト教絶対の思想の下、地球球体説は否定され、マッパ・ムンディなどの聖書に基づいた世界像が描かれました。(「マッパ・ムンディ」の本来の語義は単にラテン語で「世界地図」)
 そして、15世紀ルネッサンス期に、トスカネリなどが地球球体説を再発見するのです。

 日本においては、織田信長が宣教師と地球が球体であることについて問答し納得したという逸話もあり、知識自体は南蛮貿易により16世紀には伝わっていたと考えられます。

 もっとも、ここでの「発見された時代」は上層知識人に限ったことです。ヨーロッパにおいても地球球体説が庶民の常識となったのはもっと後でしょうし、日本においても然りです。ただ、江戸時代の江戸の庶民は、地球が丸いことを知っていた、という記述を呼んだ憶えがあります。(杉本苑子だったかな)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報