『七つの海』と、テレビなどで聞きますが、どこの海のことを言うのですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

関係ないけど...倉橋由美子「聖少女」を思い出しました。



黄海、東シナ海、南シナ海、ボルネオ海、アラビア海、紅海、地中海、エーゲ海、イオニア海、アドリア海、チレニア海、北海、バルト海、オホーツク海、ベーリング海、バンダ海、アラフラ海、珊瑚海、タスマン海、カリブ海。

そういうせりふがありましてね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このたびは、質問に、お答えいただきまして、有難うございます。

お礼日時:2001/01/22 00:02

osapi124さん、ご指摘ありがとうございました。


地理学上の「七海洋」は確かにその通りですが、歴史上で出てくる「七つの海」(大航海時代に七つの海を支配したとか)に使われるのは地中海のほうだと思ったんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このたびは、質問にお答えいただきまして、有難うございます。

お礼日時:2001/01/22 00:04

北極海・南極海、別名としては北氷洋、南氷洋です。

地中海は残念ながら
入ってないです。
詳しくは下記URLをご覧下さい。

osapi124でした。

http://lib1.nippon-foundation.or.jp/1998/0827/co …

参考URL:http://lib1.nippon-foundation.or.jp/1997/0430/co …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このたびは、質問にお答え頂きまして、有難うございます。

お礼日時:2001/01/22 00:05

osapi124さん、南極海っていうのがあるんですか?


たしか「北太平洋」「南太平洋」「北大西洋」「南大西洋」「インド洋」「北極海」「地中海」の7つです。ヨーロッパ文明の中では地中海が非常に重要な存在であり、外海と並び称されたのでしょう。
    • good
    • 0

ついでに「太平洋」はなぜ「太い」を使い、「大西洋」は「大きい」なのかも


書いときますね。

太平洋は英語で「Pacific Ocean」ですが、「Pacific」は、「平和・穏やか」
という意味があります。(太平洋を「Pacific Ocean」と名づけたのは、かの
マゼラン)

マゼランは荒れ狂う難海の大西洋と違い、太平洋は非常に「穏やかな」海だった
ため「Pacific」とつけました。

英語の「Pacific」を日本語へ訳すときも、同じ意味になる「泰平」を用いて
「太平洋」となりました。「泰平」も「太平」も全く同じ意味で、「太」は「泰」
の略字だからです。

さて大西洋は英語で「Atlantic Ocean」です。これがどうして、日本語では
「大西洋」となったかという理由には2説あって、

 昔、中国ではヨーロッパのことを(陸ですが)大西洋と呼んでいたので、
文字が「太平洋」と似ているし、海の意味である「洋」もつくので、使われ
始めたという説と、ただ単に西にある大洋という意味でつけたられたとする説
があるようです。

osapi124でした。
    • good
    • 0

「北太平洋」「南太平洋」「北大西洋」「南大西洋」「インド洋」


「南極海」「北極海」の7つです。

osapi124でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海での、太陽・潮力・風力などの発電について教えて

日本が、自然エネルギーの道へ進もうと思うのであれば、当然、広い排他的経済水域を利用しようという考えが浮かぶと思います。海での発電について有力なものなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

 いろいろあると思いますが、まずは「潮汐発電」。潮の満干を利用して、満ち潮のときに海水をためて、引き潮のときに水位差を利用して一種の水力発電を行う方法。鳴門海峡の「うず潮」などのように、狭い海峡があれば利用できると思います。

 次に「海流発電」。黒潮、親潮といった大きな海流、その海岸ごとに存在する局所的な沿岸流などを利用する方法。狭い範囲にエネルギーを集中させるのが難しそう。(これが簡単にできるくらいなら、ダムを造らなくとも「河川発電」ができる)

 さらに「波力発電」。波のパワーを利用するもの。これもエネルギーが分散化されているので、効率よくエネルギーを取り出すのが難しそう。

 多分、「潮汐発電」の実現可能性が高そうですが、設備の規模が大きいのと環境への影響があること、台風や津波を考えた時の設備の安全性、発電した電気の送電方法など、課題はまだ多いと思います。
 最終的には、設備費・保守費用・耐用年数といった投資と得られる電力のコスト、安定的に発電できるか、といった観点で評価することになるのだと思います。

Q鳩ポッポが、「いいように金をむしられる『だけ』の世間知らずの『金持ちの

鳩ポッポが、「いいように金をむしられる『だけ』の世間知らずの『金持ちの家に生まれた馬鹿ガキ』のカモネギ」とか、DQNの不良に金を「差し上げて」、「よしよし、オマエはいいやつだな。これからもその調子で頼むぞ」とか「褒めてもらった」のを、
「ああ、この人たちは実はいい人なんだ」等と思って「人生は素晴しい」とか有頂天になってる馬鹿(別の言い方をすれば、バカ)とか、
おとぎ話にでてくる悪徳商人のお世辞を真に受けて税金をホイホイ渡す、「愚か者でしかない王様」とか、そーゆーのにしか思えません、鳩ポッポ本人には「自覚」があるんでしょうか?

もういい加減(いや、遅すぎでしょうが)鳩ポッポは一族郎党全員をはりつけ・打ち首・獄門・ギロチン
火炙りにされて当然のような気がするのですが・・・
カテゴリの最後を自然環境問題にしてますが、「鳩ポッポの『頭の中』が「総天然色」のお花畑に思えてならない」のでそうしてます

Aベストアンサー

こんちゃ!

いいように金をむしられるだけのカモネギだったらまだよかったんだけど
気前よく出してるその財布、ぽっぽのじゃないよ!
あたしのだよ!いや、あんたのもだよ!!!!

案外したたかなんじゃ?あふぉのふりしても
自分のお金ダケはちゃっかり脱税してるじゃん・・・;;
だから国の借金増え続けてるのね~。
お金持ちのわりにせこいのね・・・ままん♪
自然環境問題なのは「ナイス」です^^

Q地球温暖化について調べてみると 海の酸性化 というものを見つけました。 私はこれを初めて聞いて驚きま

地球温暖化について調べてみると
海の酸性化 というものを見つけました。
私はこれを初めて聞いて驚きました。
皆さんは知っていましたか?
できるだけ多くの意見を聞きたいと
思っています。
回答お待ちしておりますm(_ _)m

Aベストアンサー

二酸化炭素が増えることによる地球温暖化に異を唱えるつもりはありませんが、太古から地球の二酸化炭素濃度は現在より桁違いに高かったことは知っておいてください。

なので私は、地球温暖化に付随して起こるあれこれに関しては、やや注意して対応することにしています。

Q「地球のためにできること」という言葉を聞いて即座に思ったこと

今日何気なく聞こえたラジオで「地球のためにできること」という言葉があって、「そりゃ、各人が子孫を残さず死ぬことだ」と即座に思ったのですが、間違っているでしょうか?

Aベストアンサー

この問題は、「私はなぜ生きているか」、「なんのためにいきているか」という問題と裏表一体だと思います。
この解答のヒントは、石油文明に浮かれる前の持続可能な時代の中で伝えられて来た世界の宗教の中にあると思います。伝統的仏教の教えで言えば、宇宙の大きないのちを自覚することが人に生まれた目的であり、喜びであると。そして私を取り巻く1つ1つのいのち、一本の草木までかけがえのないいのちとして、大切にしようと。
 地球破滅の原因が人間自身にあるからといって、自分の存在を認めなくなったら、それこそ、ここまで人間に育て上げてきた宇宙のいのちの悲しみではないでしょうか。 
かっての多くの日本人は、おかゆをすすり、ぼろを着ても、大きないのちの中にいることを感じて安心し満足して、素晴らしい文化を残してくれました。「おかげさま」や「もったいない」はこのような中から生まれました。
このような生き方に学ぶことが、温暖化時代を明るく生きる知恵ではないでしょうか。

Q森林の伐採やダム建設などにより海が汚染された事例が分かりたいです。

海は川から流れ、川は森林を伝って出来たものなので、森林の伐採やダム建設で海が汚染されていると聞きました。日本国内でそのような事例を詳しく分かりたいです。

あまりそのような事例がないのでしたら、国外の事例も分かりたいです。

また、メカニズムも分かったらなお喜ばしいです。

厚かましいですが、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

森林伐採やダム建設により、直接的に海洋汚染となったと言うことはできないでしょう。

なぜなら山林と海には川がありますから・・・

森林伐採やダム建設の影響は、まず河川に現れます。
河川にも人の手が入っているので、海に影響が出るまでには複合的になってしまい、森林伐採やダム建設だけの影響とは言えなくなります。

ただ、例外的とも言える事例は黒部川出し平ダムが排砂を行った際、ダムに長期間に渡って堆積していた土砂が一気に河川から海に出てしまい、一時的に海が汚れた事例はあります。
http://www.kurobe.go.jp/body/mag/n_gohaisha.html

また、明確な関係はわかっていませんが「魚付き林」なんてものもあります。

海外の事例と言うことでしたが、多分海外の方が事例は少ないと思いますよ。
なぜなら、日本の河川に対して大陸の河川は大変長く、また、勾配も緩いので影響が伝播する速度が遅いので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報