私は、千代田生命に付き合いで入っていました。一番悪いパターンだとは、知っていましたが、1~2年して良い商品にやりかえるつもりが、破綻してしまいました。

(26歳、会社員、年収400万、独身)
・怪我をしたときの傷害保険と死亡保険があれば良いと思っています。

どこの会社のどの保険が良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は全労済をおすすめします。


ある程度の死亡保障もあり掛け金が安いです。
今の時代、民間はどこも不安があります。
それに掛け金が、たくさんいるセールスレディさんのお給料になっているのかと思えばばかばかしいです。
1800円で死亡(最高1200万)も障害も付いてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もっともな意見です。ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/23 00:17

怪我のときの補償のみであれば生保よりむしろ損保の


普通障害保険がいいと思いますよ
生保の商品と比べて保険料も安いし入通院時のフォローも
しっかりしています
    • good
    • 0

保険種類にもよりますが、加入後間もない場合であれば解約して損傷はないと思います。

千代田生命の前に破綻した東邦生命の場合はGEエジソン生命が昨年12月から転換を始めて何とか長期契約者にも救いの手が差し伸べられました。

 どこの保険会社が良いかと言う質問ですが、つぶれない会社が良いに決まっていますが、「それはどこ?」といわれるとはっきりは言えません。但し、近々に絶対につぶれない生命保険会社はあります。固有名詞を表現するのは少し問題があると思いますのでメールにてお問い合わせください。
 つぶれる予定の生保会社も業界ではすでにささやかれています。私の周りでその会社に加入している契約者には注意を畝がしていますが、なんと言ってもつぶれた会社の尻拭いをするのは回りまわって健全な契約であることを忘れてはならないと思います。つぶれていない生保各社が最大9600億円という資金をつぶれた生保会社へ注入しそのしっぺ返しが健全な契約者の配当金削減につながっています。

どこの会社に加入しても良いですがしっかりとご自分に見合った保障を得ることが必要であり大切なことでしょう。

無難なところで傷害保障や小額の死亡保障であれば共済(県民共済・生協)などの利用も悪くありませんし、保険料も小額ですので案外良いですよ。

 大げさに言うと独身のうちは大きな保障は意味がないと思いますので死亡保障で1000万円・傷害保障も大切ですが、入院保障も少し視野に入れて入院給付金を日額5000円程度のものに加入されていても不釣合いではありませんよ。概ね支払保険料の目安は多くて手取額の10%以内と考えてください。
    • good
    • 0

私自身、プルデンシャル生命の契約者です。

非常に満足のいく契約ができています。世界的にも有数の保険会社であり、日本でも最近はそこそこ知られていますので安心できます。保険のスペシャリストの担当者の方が私のライフプランに合わせた保険を自分の納得のいくように相談しながらつくってくれました。生命保険のしくみなど、分からなかったことを詳しく教えてもらえただけでも得をしたと思います。質問等ありましたら、以下のアドレスで受け付けてくれるはずです。
prudential@newsguy.com

参考URL:http://www.prudential.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高齢者の生保

1. 68歳以上で加入して、死亡受取金2000万円以上の生保がありますか?
 掛け金はどれくらいですか?
2. 高齢者は生保より、医療保険に入るのが望ましいと思うのですが如何ですか?
医療保険よりメリットのある生保ってありますか?

バクゼンとした質問ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご回答させていただきます。

1.に関しましては、「あります」。
 単純に死亡保障だけを求めるのであれば、基本的に「定期保険(保険期間が5年や10年といった決まった期間だけのもの)」と「終身保険(死ぬまで保険期間)」というものがあります。
 定期保険の場合、68歳加入で10年の保障期間とすると大体月に5~6万が相場と言えそうです。しかし10年の間に死亡しなければお金はかけすてとなります。そしてその後また死亡保障が欲しい、といっても年齢のため加入はさすがに難しいでしょう。
 終身保険の場合、必ずいつかは死ぬわけですからかけ続けていれば死亡保険金はもらえます。ただし死亡保障2000万で68歳という年齢を考えると、75歳までに一生分の保障を払い終える(払い済み)として月に25万弱かかりそうです。

2.の生保、とは死亡保険のことでしょうか。高齢になると死亡する確率が急激に高くなるので、死亡保険の保険料というのは上記のように高くなります。ただ近年は医療の進歩等により長寿化しており、死ぬということより入院や介護への保障の方が実際生きていく上で重要視されているということから、高齢者の場合、死亡保障は葬式代程度かけて、自分が入院したときに役立つように医療保険を重視するニーズが高まっていると言えるでしょう。下記商品は死亡と医療がうまく合わさった商品のようです。
http://www.mitsui-seimei.co.jp/products/skaiteki.htm

もちろん相続等の問題がある場合もありますので一概には高齢者=医療とは言えません。優先順位(死亡時?入院時?)と保険料の支払(一生涯?一定期間?)をお考えになり、ご自身のニーズにあった保険商品を、参考ホームページで見つけるほか、保険セールスの方に伺ってみるといいかもしれませんね。

参考にして頂ければ幸いです。

参考URL:http://www.hokende.com/index.html

ご回答させていただきます。

1.に関しましては、「あります」。
 単純に死亡保障だけを求めるのであれば、基本的に「定期保険(保険期間が5年や10年といった決まった期間だけのもの)」と「終身保険(死ぬまで保険期間)」というものがあります。
 定期保険の場合、68歳加入で10年の保障期間とすると大体月に5~6万が相場と言えそうです。しかし10年の間に死亡しなければお金はかけすてとなります。そしてその後また死亡保障が欲しい、といっても年齢のため加入はさすがに難しいでしょう。
 終身保険...続きを読む

Q損害保険(傷害保険)と生命保険の通院保険金の日数

損害保険(傷害保険)と生命保険の通院保険金の日数計算の違いについて

保険の見直しをしています。

約款を読んだり、ネットで調べたりしながら、
自分が入っている保険の内容を学んでいるのですが、
ひとつわからないことがあります。

損害保険の傷害保険普通約款では下記のように記載されています。

「被保険者が通院しない場合においても、
骨折等の傷害を被った部位を固定するために
被保険者以外の医師の指示によりギプス等を常時装着した結果、
平常の業務に従事することまたは平常の生活に著しい支障が生じたときは、
その日数について、通院をしたものとみなします。」

足指はダメとか、シーネ程度じゃダメとか、
細かい話はとりあえず今は無しにして、
とにかく傷害保険では、通院していなくても、
自力で外せないような石膏のギプス固定をガッチリしていたら通院日数とみな
されるようです。

が、生命保険の約款にはこの記載が見当たりません(介護保障特約に似た内容
がありますが、今はあくまで通院保険金の日数計算の話です)。
生保にはこういった考え方はないのでしょうか?
どこでもそうなのでしょうか?
通院日数の数え方に大きな違いがあるように感じます。
それとも、本当は書いてあるのに私が見落としているのでしょうか?

損害保険(傷害保険)と生命保険の通院保険金の日数計算の違いについて

保険の見直しをしています。

約款を読んだり、ネットで調べたりしながら、
自分が入っている保険の内容を学んでいるのですが、
ひとつわからないことがあります。

損害保険の傷害保険普通約款では下記のように記載されています。

「被保険者が通院しない場合においても、
骨折等の傷害を被った部位を固定するために
被保険者以外の医師の指示によりギプス等を常時装着した結果、
平常の業務に従事することまたは平常の生活に著しい支...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様の解釈が正しいです。

損害保険では、ギプスをはめている期間が通院期間ですが、
生命保険(一般的な医療保険)では、通院したその日だけの
保障となります。

では、どうして、このような違いが生じるのでしょうか?

それは、考え方の基本的な違いがあるからです。
損害保険は、「補償」と言います。
生命保険は、「保障」と言います。
おなじ「ほしょう」でも、意味は違います。

侵害保険は、失った利益の補填が目的です。
なので、ギプスをはめていれば、仕事もできないだろうから、
その間の仕事(収入)の補償をしよう……
というのが基本であって、医療費の「補償」ではないのです。

生命保険は、かかった医療費を保障しようという考えなので、
通院した日、つまり、医療費を支払った日だけの保障になるのです。

どちらが良い、悪いとか、優れている、劣っている
という問題ではなく、基本的な考え方が違うのです。

Q高齢者対象アパート経営の実状について

高齢者対象アパート経営の実状について調べております。
20部屋位(8畳。水回り、ガス。風呂井同)ある企業の研修棟を買い取って、なるべく改造費を掛けずに経営したいと考えています。
そもそも、高齢者対象(別に高齢者にこだわらない)アパートの需要はあるのでしょうか?
一応、案として、同一建物内に、ヘルパーステーション、居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)、自立高齢者デイサービスセンター、介護保険対象者用デイサービスセンターの設置も考えております。
入所者にとっては、介護が必要になってから安心で、一つのウリだとは思うのですが。
あまり改修をしようとは考えていない為、月、家賃2万円、食事代3万円と考えています。
このような(形態はこれに限らず、類似でも構いません)アパートの経営状況についてご存知の方、また、ネット上での情報等ありましたら、ぜひお教え頂きたいです。起案しようかどうかとかなり迷っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「高齢者対象アパートの需要」は、これから20年ぐらいはかなり高まると考えられます。
なぜ20年ぐらいかと申しますと、現在の生活環境・食生活等々を考えた場合、現在の平均寿命がかなり短くなると考えられるからです。(今の平均寿命は、70年以上前に生まれ、生活してきた人のものですから・・・。)

では、話を戻します。
現状から言うと、高齢者に対して、アパートを貸す事業者はほとんどいません。ですから、これからもっと増えるだろう高齢者に対してのアパート経営はかなり需要が高まると考えられます。

しかしながら、
>案として、同一建物内に、ヘルパーステーション、居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)、
>自立高齢者デイサービスセンター、介護保険対象者用デイサービスセンターの設置も
>考えております。
といいますがそれで
>月、家賃2万円、食事代3万円と考えています。
というのは現実的ではありません。
公的援助があったとしても「月、家賃2万円、食事代3万円」では、経営が成り立たなくなることは目に見えています。

そして、「デイケアー」「デイサービス」等がしっかりなされるならば「寝たきり状態」になったとしてもある程度のことはできると思いますが、それを「アパート経営としてなさりたい」というのには、かなり難しいと思われます。(皆さんが病気などせずいつも元気でいられるならまだしも高齢者なのですから様々な病気にかかる・引き起こす確率が高まります。)

さらに、「高齢者アパート」であることから、そのアパートでお亡くなりになる方が将来的に多く出てくると言うことになります。そんなことが起きた場合の対処方法も考えておかなければならないでしょう。

通常のアパート経営の何十倍の問題点を抱えている「高齢者アパート経営」をなさりたいと思われるのは、かなりの冒険と私は思います。

私の気持ちとしては、高齢者のためのアパート経営は是非行ってほしいと思います。みなさんのためにも!
しかし、それによって(通常のアパート経営ではほとんど起こらない)大きな問題が出てくることを覚悟しておく必要があると思います。

以上、乱文で申し訳ありませんでしたが、ご参考にしていただければ幸いかと思います。

「高齢者対象アパートの需要」は、これから20年ぐらいはかなり高まると考えられます。
なぜ20年ぐらいかと申しますと、現在の生活環境・食生活等々を考えた場合、現在の平均寿命がかなり短くなると考えられるからです。(今の平均寿命は、70年以上前に生まれ、生活してきた人のものですから・・・。)

では、話を戻します。
現状から言うと、高齢者に対して、アパートを貸す事業者はほとんどいません。ですから、これからもっと増えるだろう高齢者に対してのアパート経営はかなり需要が高まると考えら...続きを読む

Q千代田生命破綻後

ウチの父が千代田生命の年金に入っていましたが、破綻の噂があり、
破綻前にさんざん迷った末に解約しました。
(90%は戻って来たようですが…)

その後、千代田はAIGスター生命に吸収されましたが、
もしあの時に解約していなかったらどうなっていたのかが物凄く
気になっているようです。
実際、もし解約せずにそのまま続けていたらどうなっていたのか
おわかりの方がいましたら教えて下さい。

結果的にはタラレバというのはわかっているし、どうにもなりませんが
今後の参考にもなるし、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も千代田の年金保険に入っていました。
AIG生命に移行する時に、掛け続けても年金のコースは
なくなるとの説明を受けて、解約しました。
私の契約していたのは、満期時に一括受け取りか、
年金として毎年受け取るかのどちらかのコースを
選択するものでした。
普通の生命保険は他にもはいっていたので、
年金(おこずかい)の楽しみがなくなるのなら、
その時に計算すると、少し損になりましたが、
解約しました。
子供の学資用に子供保険も入っていました。
こちらのほうも、3年に一度ぐらい、
いくらかのお金がおりるようになっており、
解約しなくて、それまでと同じお金を掛け続けても
契約時の約束の90%しかおりないとの
説明をうけましたが、
こちらは、今も掛けています。
(他にこども保険入ってなかったせいもあるのですが)
子供保険のほうは今でも掛け金も変わっていませんし、
3年ごとの入金額も破綻時に説明を受けた金額そのまま
(契約時の約束の90%)です。
ですから、そのまま(年金コースはなくなりましたが)
普通の生命保険として今までかけていても、
破綻時に説明を受けた契約条件のままで、
大きくはかわっていないと思います。
あの時の破綻はびっくりしましたが、
外資の保険会社は今では普通のものになっていますし、
あの時解約して、損だったかどうかは、
私にはわかりません。
なんとなく外資の保険会社が信用しにくかったのは
確かです。 
ある程度会社の中を知っておられたセールスの
おばチャンも解約したって言っておられましたから。

私も千代田の年金保険に入っていました。
AIG生命に移行する時に、掛け続けても年金のコースは
なくなるとの説明を受けて、解約しました。
私の契約していたのは、満期時に一括受け取りか、
年金として毎年受け取るかのどちらかのコースを
選択するものでした。
普通の生命保険は他にもはいっていたので、
年金(おこずかい)の楽しみがなくなるのなら、
その時に計算すると、少し損になりましたが、
解約しました。
子供の学資用に子供保険も入っていました。
こちらのほうも、3年に一度ぐらい、
い...続きを読む

Q高齢の一人暮らし者がアパートを借りる場合

高齢の一人暮らし者がアパートを借りる場合

当方中部圏の雪深い寒冷地に在住。温暖な地域で老後を暮らしたいとの思いで中国地方(岡山県)に居住を望んでいます。
希望する地方に親戚、知人等は一切おりません。
年齢71歳、男、一人暮らし、収入は年金(月々25万円程度)、預貯金は1500万円程度。親族は兄弟二人(二人とも年金暮らし)。
1LDKアパートを望んでいます。制約・条件等かなり厳しくなりますか。保証人などは保証会社対応になれば、ありがたいのですが。

Aベストアンサー

賃貸入居は難しい事は理解して頂けたと思います。
しかし賃貸住宅は住人十色、さまざまなオーナさんがいます。
10件行って10件断られるわけではないと思います。

最近ではセコムなどで本人が長時間行動していないとセンサーが作動する賃貸もあります。
またわたしの住んでいる地域などはあんしん入居事業という保証会社があって高齢者の措置が施され提携している不動産は高齢者の審査が通る確立が高いです。

岡山県にもあんしん入居事業のような保証会社と提携している不動産屋があればいいのですが。
物件を探す時に聞いてみるのもいいのではないでしょうか。
それが面倒であれば単純に高齢者住宅に住むという方法もあります。

Q生命保険+傷害保険+スキー保険で重複して支払ってもらえる?

2、3日いろいろ検索してみましたが、納得できるような答えが得られなかったので質問させてください。

昨年末にスキーで骨折し60日程入院しました。
生命保険には加入していましたが、傷害保険やスキー保険には入っていませんでした。

仮に、傷害保険やスキー保険に加入していた場合は、生命保険と合わせた3つの保険金の合計金額がもらえたのでしょうか?

今となっては「後の祭り」なのですが、加入していれば良かったのか、それとも無駄だったのかが、長い入院中そればかり気にしていました。

いわゆる「保険太り」をさせないような仕組みになっているそうですが、これらの保険の注意書き等には他の保険との重複についての記載がないため、重複で支払ってもらえるような気がします。

Aベストアンサー

はい、もし加入していればそれぞれの保険から支払われました。
生命保険の場合ですと同業他社に加入していることがわかれば
加入出来ない場合も稀にありますが、
よほど常識を逸した入り方(全部で10社に加入とか)でなければ
A社で5000円、B社で5000円というような複数加入は可能です。
加入済であれば生命保険、傷害保険、スキー保険について
それぞれの保険の保険料を支払っているのですから
請求権はありますし、重複が問題になることはありません。

Q国が補償する高齢者の医療費助成と生保について

現在生保の見直しをしていますが、今加入の保険は65歳払込で80歳までの保険期間です。(5日目からで1日8000円、死亡時は500万、解約返戻金平均4割)こちらの担当者は80を越えたら高齢者医療で賄えるし短期入院なら負担も少ないはずという考えでとりあえず80歳まで保証があればいいと言います。もう1つ検討しているのが60歳払込で終身の保険期間です。(1日目からで1日10000円、死亡時400万、解約返戻金無)こちらは最近FPと話して決めた内容ですが、1日目からの保証は絶対必要との見解です。どちらもメリットデメリットはあるでしょうが迷ってしまいました。また高齢者(80歳~)の医療費助成の内容が無知ですので併せてご助言を頂きたくお願いします。足りない点は補足しますのでおっしゃってください。

Aベストアンサー

普通は医療費自己負担が3割ですが、老人医療の対象になる方は自己負担が1割になります。
(所得によって2割負担の場合もあります)

対象になる方は
○75歳以上の方
○65歳~74歳で一定の障害の状態にある方
となります。

以前は70歳以上無料だった時代もありましたので、負担は増えていますが、それでも対象にならない方よりも負担は相当軽いです。

保険の担当者や担当FPの考えによって、1日目からの保障が必要か不要か、終身医療保険が必要か不要か意見が分かれます。

個人的には、コスト対リターンで考えれば見合わないと思われること、公的保障(高額療養費制度、傷病手当金、老人医療等)と若干の医療目的の預貯金があれば間に合うと思っていますのでどちらも不要と思っていますが。
(っていうか、医療保険自体が不要かと)

参考URL:http://www.city.saga.saga.jp/doc/229412deedb6cc9e49256880001edeac.html

Q父死亡で死亡保険金での相続税

父が不慮の事故で死亡し生命保険の死亡保険金2000万円下りる予定です。
契約者=父、被保険者=父、死亡保険金受取人=母(10割)
4人家族で父と母の間に2人の子供(成人で質問者です)がいます。
この場合は相続税が発生するのでしょうか?

生命保険金の控除は 500万円×法定相続人
とありますが、生命保険金を受取をするのは母のみですが
2人分の子供も法定相続人として控除が1500万になるのでしょうか?
あと、土地や建物・株・現金の資産はございません。

また、死亡保険金を分割で受取したほうが税金が安くなるのでしょうか?
基礎控除(5000万円+1000万円×法定相続人)
と生命保険の控除のかねあいがわかりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
>基礎控除(5000万円+1000万円×法定相続人)
まで把握なさってるのなら、死亡保険金2000万円では相続税は発生しません。

死亡保険金の受取人が、「法定相続人」ならお母様と2人の子供が受取人になりますが、受取人がお母様に指定されているので、お母様一人について考えればいい訳です。

>生命保険金の控除は 500万円×法定相続人
とありますが、これは控除ではなく「非課税対象額」です。

控除は先の基礎控除になります。

と言う事で、お母様お一人について
500万円の非課税対象額を引いた1500万円が課税対象額になります。

しかし、基礎控除(5000万円+1000万円)の6000万円がありますから、2000万円の死亡保険金では相続税は掛からないと言う結論になります。

Q70歳の高齢者でも職安通いは生保受給の場合の義務か

職安に毎週通っても年齢が邪魔して職が見つからずに
生保を申請するしか無くなった場合でも
受給したら義務として毎週通わねばなりませんか。

Aベストアンサー

稼働能力を求められるのは、原則65歳未満までです。

また、職安の職業紹介も65歳未満です。

Q死亡保険金受取人が死亡の場合

義母(78歳)の養老保険が来年満期になり500万円下りる予定です。

契約者は義母で、満期受取人も義母なので、これは問題がないのですが・・・。
もし、この1年以内に義母が亡くなった場合の死亡保険の受取人が、すでに亡くなっている義父のままなのです。

このような場合、保険金を受け取れるのは、一人息子の主人で間違いないでしょうか?

今のうちに受取人変更の手続きをすればよいのでしょうが、後一年になって、[お母さんが死んだ場合・・・」等の話を持ち出す勇気がありません。

提出書類が1枚か2枚増える程度で、特に問題がないのであれば、このままにしておきたいと思っています。
(何事もなければそれに越した事はないので・・・)

どうか、ご存知の方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>提出書類が1枚か2枚増える程度で、特に問題がないのであれば、このままにしておきたいと思っています。
お書きの通りです。
一人息子、なんですよね。ご主人に兄弟姉妹はいないとの前提です。
死亡保険金の受取人が死亡している場合
受取人は法定相続人に切り替えられます。
この法定相続人は例えば、両親死亡、子供3人の場合
子供3人を指すことになりますので、
死亡保険金をどのように受け取りかの3人の意思を確認できる
書類が必要となります。
けれども、ご相談のケースの場合、一人息子、ということですので
義父が死亡していることを証明できる書類
通常、戸籍謄本、の提出が必要、で
あとの手続きは変わらないでしょう。

本来は、義父がお亡くなりになった時点で変更しておかなければならないことですので
建前的には、ちゃんと受取人変更の届をしてください、というのが
正しい答えです。が、
一人息子さんということなので、そんなに問題はないかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報