以前、自民党は確か派閥を解消したとしてニュースなどでも『旧○○派』という苦しい言い方をしていたと思うのですが、最近はまた公然と『○○派』を称しているようです。その辺の事情に詳しい方、教えていただけませんでしょうか。

A 回答 (2件)

もともと『~派』というのがマスコミが視聴者に分かりやすく説明


するために用いてきた用語です。

宮沢内閣のとき一部自民党員が派閥による長老政治を批判して
離党し、これがひきがねとなって自民党は野党となったわけです。
そのとき派閥政治に対する国民の批判から逃れるためと、与党復帰を
目指した挙党一致体制のため、自民党は派閥解消宣言をしました。
といっても政策グループが解消したわけではないので、マスコミは
『旧~派』という名称を用いてきました。したがって、宮沢さんが
生きていても『旧宮沢派』という名称でした。

その後、自民党が社会党(社民党)と連立政権が発足し自民党が与党に
復帰し、社民党が閣外協力から野党へと移り、自民党の単独政権になっても
名称は『旧~派』でした。

それが変化したのは前回の参議院選挙のとき自民党が大敗北して橋本政権が
崩壊し、小淵政権になったときでした。総裁選挙で国民の支持があった
小泉さんに対して旧竹下派、つまり派閥の論理の代名詞でもあった経世会
の出身でもある小淵さんが当選し、更には「派閥の人事」を行ったのと、
自民党の新旧交代劇(山崎さんや加藤さんの台頭)があり、それぞれの
グループのリーダーがはっきりしたことで、マスコミは『旧~派』
の名称を止め『~派』に変更しました。

そのときの新聞にも冒頭で「これより『旧~派』から『~派』と名称を
変更します」と述べてありました。ただし、『旧河本派』は首領がすでに
故人であったため、そのまま『旧河本派』でした。また『河野グループ』
も『河野派』ではなく『河野グループ』でした。そういえばなんでグループ
なんでしょうね?これは質問してみましょう。

ということで、『~派』も『旧~派』もマスコミ用語みたいなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実に明快な回答をありがとうございました。
すっきりしました。
それにしても派閥の解消の意味を自民党の人たちはどう考えているのですかね。
ほんと民衆を馬鹿にしているとしか思えません。(ちなみに個人的には自民党を支持しております。)

お礼日時:2001/01/24 00:08

「旧なになに派」という場合は、一般に、


その派閥のトップだった人が死んでしまって後継のトップがあやふやな場合に用いるのだと思います。
たとえば、旧小渕派という言い方は去年ずっと続いていましたが最近、橋本派というようになりました。

いっぱんに○○派というのは、新聞社など用いている俗称で、正式名称ではありません。
正式には、経世会(昔の田中派・小渕派・橋本派)だとか、宏池会(加藤派)だとか、
平成研究会(山崎派)だとか、
そういういい方が正式ないいかたです。

なお、自民党が政権を離れた一時期、派閥解消宣言をしたような記憶もかすかにありますが、ふたしかです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【政治で◯◯派とか派閥があるじゃないですか?】 ああいう派閥ってどれだけあるのかどういう勢力図と相関

【政治で◯◯派とか派閥があるじゃないですか?】


ああいう派閥ってどれだけあるのかどういう勢力図と相関関係になってるのかニュースで説明してくれないですよね?

ドラマの相関図みたいな政治の派閥版を見たいんですけど女子アナの◯◯会の女子アナ派閥相関図とかは見つけれますが政治版の相関図はどこかありませんか?

Aベストアンサー

こんなの?政治家の離合集散は激しいからネ・・・
http://unotama.hatenablog.com/entry/2017/01/09/000000

Q【政治・自民党】自民党の派閥は何個くらいありますか? 自民党内にある現在の派閥名と派閥の代表者を教

【政治・自民党】自民党の派閥は何個くらいありますか?

自民党内にある現在の派閥名と派閥の代表者を教えてください。

Aベストアンサー

①清和政策研究会(せいわせいさくけんきゅうかい)
細田博之 通称「細田派」
※自由党の佐藤栄作の系譜。田中角栄時代に清和会と経世会に分裂。
経世会は、その後羽田孜と共に自民党を離脱。その後出戻ったのが二階と石破。

②平成研究会(へいせいけんきゅうかい)
額賀福志郎 通称「額田派」

③宏池会(こうちかい)
岸田文雄 通称「岸田派」
※旧自由党の池田隼人の系譜。ハト派。

④為公会(いこうかい)
麻生太郎 通称「麻生派」
※旧宏池会会長の加藤紘一への反対組。山東組と合流を目指す。

⑤志帥会(しすいかい)
二階俊博 通称「二階派」
※旧日本民主党の河村一郎の系譜で。春秋会の本流。

⑥水月会(すいげつかい)
石破茂 通称「石破派」
※党内ではベンチャーな立ち位置。いわゆる窓際。

⑦近未来政治研究会(きんみらいせいじけんきゅうかい)
石原伸晃 通称「石原派」
※旧春秋会系では振興、現在は二階派との合流を模索。

⑧番町政策研究所(ばんちょうせいさくけんきゅうじょ)
山東昭子 通称「山東派」
※旧日本民主党の松村謙三の系譜。ハト派。

Q自民の派閥に入る とは?

甘利氏のGrが麻生派に合流、というニュースが流れていますが、、、。

今、派閥に合流する、というのはどのような具体的(精神的以外)のメリットがあるのでしょうか?

昔は派閥の領袖から選挙時に札束が配られた、とか
組閣時に派閥の推薦で入閣したり、枠があったり、、、とか。

まあ、何かの政治的イベント時に、相談できたり、共に行動できる、というのはわかりますが、実際的なメリットはどのような物があるのですか?
今はそのような物はない?

また「派閥に入る」というのは何か契約みたいな書面など作成して入るのでしょうか?
さらに、派閥の会費 みたいな?何かの費用負担(派閥事務所費とか事務員給与他の活動費)もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

実際的なメリットはどのような物があるのですか?
   ↑
派閥の長を通して、大臣になりたい、などの希望を
総理大臣に働きかけることができます。
陣笠なら相手にされませんが、派閥の長だと
相手にしない訳にはいきません。

その他に、党執行部に対しての発言権が
強くなります。
定数不均衡が違憲だという判決が出たから
お前の選挙区はつぶす、なんてときには
派閥がその集団力で抵抗してくれます。

自民党などは派閥ごとに、どうしたら選挙に
勝てるか、などの勉強会を開いています。




今はそのような物はない?
   ↑
中選挙区制の時は、派閥の力が大きかったのですが、
小選挙区制になって、その力が弱くなりました。



また「派閥に入る」というのは何か契約みたいな書面など
作成して入るのでしょうか?
  ↑
名簿に載るぐらいで、特別な手続は無いようです。
歓迎会ぐらいはあるでしょうが。



さらに、派閥の会費 みたいな?何かの費用負担
(派閥事務所費とか事務員給与他の活動費)
もあるのでしょうか?
   ↑
あります。会費という名目が多いです。

Q自民党の派閥の解消では建て直しは出来ない?

  古賀氏の弁ですが  何故派閥の解消では建て直しは出来ないの?

政治とは その議題 議題で賛否のグループが出来る。

この論理は政治には通用しないの~

理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

自民党の敗北の反省を深めることが建て直しできるキーポイントだと思います。
ですから、派閥解消、若返りなど、当たっているかもしれませんが、本当の問題点なのか?ということだと思います。

自民党を支持している全国の自民党員、支持団体などの意見の方が重たい感じがします。 現実、これまで自民党を支持してきた人たちが民主党に鞍替えしていますから、そう簡単には建て直しができないということだと思います。特に地方における自民党離れが、自民党崩壊に繋がっています。
以上の地方の状況が分かっている厳しい選挙をやっと勝てた古賀誠が派閥解消などというレベルの問題ではないことを肌身で感じたから発言されたのだと思います。
東京で比例で上がった代議士には理解できないと言いたかったのではないかと思います。 

ですから、地方の小選挙区で負けた自民党代議士の意見が一番正しいと思いますから、そういう人間の意見を元に建て直すことになるでしょうね。
結論は、来年の参議院選挙も民主党大勝でしょうね。

Q小選挙区制で派閥が解消されるメカニズムは?

小選挙区制になると派閥が解消されるメカニズムを忘れてしまいました。中選挙区だと各選挙区で各党複数立候補できて複数当選できるから、各派閥が立候補者を立てられて~? ?でしたっけ?すみません、どなたかご解説願えませんでしょうか(^_^;)?

Aベストアンサー

小選挙区制と大選挙区制(中選挙区制は、政治学の用語では、大選挙区制に入ります)の違いは、1つの選挙区で、何人の当選者が出るのか、ということです。
小選挙区制は、1つの選挙区で1人。大選挙区制は、1つの選挙区から2人以上が当選します。

1つの選挙区から、1人しか当選者が出ない、ということは、その選挙区に住んでいるその政党の支持者は、全員、その候補者に投票することになります。
しかし、2人以上、当選者が出る、という場合、同じ政党の候補者同士で、その政党の支持者の奪い合いが生じることになります。すると、同じ政党にありながら、支持者を獲得するために異なった主張をすることになります。小選挙区制でも、同じ政党内に意見の違いというのは当然に生じるわけですが、選挙の中で直接、同じ政党の候補者同士が対決することにより、意見の対立(=派閥)が生じやすくなる、と言うことがいえます。

また、1つの選挙区で、同じ政党の候補者同士が争う、というのは、各派閥にとって政党内での立ち位置を変える機会でもあります。
例えば、A党の中で、選挙前はX派が50人、Y派が30人、Z派が10人だったとすると、X派が党内の主流派として、政策等への発言力が強く、Y派、Z派は冷遇される、なんてことが当然にあります。しかし、選挙で、X派55人、Y派40人、Z派20人などに変化すれば、Y派とZ派が組んでX派を傍流に追いやる、なんてこともありえます。
そのため、各派閥は自分の派閥の候補者への支援を積極的に行い、当選するように働きかけますし、また、そのような支援をすることで自分達の派閥の候補者を多く集めようとします。候補者にとって、派閥に入るメリットというのは、派閥から選挙の支援をしてもらえる、というのが大きいです。当然、それは党内での派閥争いの激化などという形につながります。

公職選挙法が改正され、衆院選では中選挙区が廃止され、小選挙区になったものの、未だに自民党の中では各派閥が存在し、争っているように、小選挙区制にしたからと言って直ちに派閥がなくなる、ということはありません。
ただ、選挙の際に、同じ政党同士で争うことがないため、各派閥の争点と言うのが見えづらくなっていく、ということ。そして、選挙戦は派閥単位の支援ではなく、政党単位での支援になる、ということでこちらも対立などがおさえられる形になります。
その結果、政党内での派閥争いというのが沈静化する、というわけです。

小選挙区制だと派閥が解消される、というか、中選挙区制だと派閥争いが激化するメカニズム、のような感じになってしまいましたが、このようなことだと思います。

小選挙区制と大選挙区制(中選挙区制は、政治学の用語では、大選挙区制に入ります)の違いは、1つの選挙区で、何人の当選者が出るのか、ということです。
小選挙区制は、1つの選挙区で1人。大選挙区制は、1つの選挙区から2人以上が当選します。

1つの選挙区から、1人しか当選者が出ない、ということは、その選挙区に住んでいるその政党の支持者は、全員、その候補者に投票することになります。
しかし、2人以上、当選者が出る、という場合、同じ政党の候補者同士で、その政党の支持者の奪い合いが生じる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報