F-14Aの駐機中の写真を見ると、左右でエンジンノズルの開き具合が違うのをよく見かけます。
なぜそのような状態になるのでしょうか?また、駐機中は必ずノズルの開きが違う状態になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

結構前に聞いた話なので、あまり信じない方が良いかもしれません。


その話によれば、燃料を節約する為着陸時、片方だけエンジンをカットしてしまうからだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あぁ、そういうこともあるんですか。
電源や油圧をカットする前に、左右揃えたりできなくて
たまたまその状態で駐機しているのか、
何か決まり事があってああしているのか?
もうすこし調べてみます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/05 07:15

左を絞って右を開けていますよね。

F-16 F-18は駐機中はフルフラップで昇降舵を下げていますが、F-14は翼を閉じてしまうと分からなくなのでそうしているのかもしれません。昔、厚木基地のオープンハウスでF-14日本初飛来を見れたのを思いだします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その後検索をしていたら、エンジンノズルの形が違うF-14Dの駐機中の写真を見つけました。また、飛行甲板上でノズルの形が違って動いているという話題もネット上にありました。そのことから、狭い飛行甲板上では片方のエンジンだけを使って移動しているのだろうか?と考えましたが、地上での運用はまた別の物でしょうし、はっきりとわかりませんでした。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/02 21:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[apache+tomcat]なぜ!?実行したらトムキャットが落ちる!?

こんにちわ♪

アパッチとトムキャットを使ってJavaシステムを構築しています。
昨日まで順調に動いていたユーザ認証のプログラムが、本日リカバリーして
実行しますと、サーブレットの処理がうまくいかず、トムキャットは閉じ、
IEには「Internal Server Error」と表示されてしまいます。
アパッチはSTOPにはなっていないようです。

このような現象はどういうときに発生しますか?
アパッチとトムキャットの連携設定にミスがあるのでしょうか??

Aベストアンサー

 んでぇログのチェックは??

 助けるも何も、情報がないので助けようがありません。

 ちなみに、その認証以外のJSPは動作しているのでしょうか?
 チェック用のURLって、TOMCATのページですよね。それらの、サンプルアプリケーションは動作しますか?
 後、アクセス方法なのですが...
http://hogehoge:8080/tomcat/
でのアクセスなのか
http://homehoge/tomcat/
でのアクセスなのか。前者なら、連携はできていません。後者で、サンプルアプリケーションが動作したら、連携はできています。

 Tomcatが3.xって事ですので、mod_jkが必要ですが、Apacheでこのモジュールは有効になっていますか?

QF-14 は、爆撃能力に優れていたのに、なぜ、F なのですか?

F-14 (トムキャット)は、爆撃能力を非常に進化させた飛行機だったのに、次なる進化のための 途中段階に 位置する 飛行機だったそうですが、なぜ、F(ファイター)なのですか? B(ボンバー)じゃないのですか?

また、次の後継飛行機?のF-22(でしたっけ?)は、F-14 以上に優れたレーダー性能や 同時に6個の目標物を捉えながら、320km以上離れた場所からミサイルや爆弾を敵のレーダーに索敵されないように発射して、操作して目標に命中することが可能なのですか?

それと、F-22(後継機?)は、可変翼なのですか?F-14 よりも飛行性能は優れてるのですか?

Aベストアンサー

>A-10 って、よく顔と牙を描いた、フェアチャイルドとも言う機種だよね?
はい、フェアチャイルドリパブリック社製でニックネームがサンダーボルト*(*はギリシャ数字の2)別名ウォートホッグです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:A10Thunderbolt2_990422-F-7910D-517.jpg
個人的には好きですけどね、後AC-130Eスペクター(ブルドッグ)とか。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/ac130.htm
あんなんで空飛んでいいの?っていうくらい不格好なところがたまらない、です。

質問者様にお褒めいただいて恐縮しております。
私のようなコアな趣味でもお相手頂けるだけで充分です。
なお、このスレの主題である
「トムキャットはなぜBナンバーではないのか?」
については
#6で私の意見を述べさせていただきましたし、
「ラプターは可変翼か?」
はこれを見てもらうことで回答とさせていただきます。
http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/message00/raptor.f22.htm

最後の質問、
「トムキャットよりラプターは優れているか?」ですが
本当の後継機ではないので能力的に一部トムキャットが優れている部分もあるかと思いますが、やはり現用機の能力を上回ることが次期モデルの命題ですので、
「はい」と回答させていただきます。
特筆すべき点とは、
「ステルス性とスーパークルーズ(アフターバーナーを使せず超音速飛行が出来る)」の2点でしょうか。
特に実戦配備された初めてのスーパークルーズ戦闘機という所が凄いと思っております。

それではこれで質問者様の納得が頂ければ、終わりにしたいと思います。
置きみやげとして古い物ですが、推力偏向システムを搭載したフランカーの高機動能力の証であるスーパーコブラ(フックとも言います、旋回中のコブラ動作です)とクルビット(サマーソルトとも言われますね)をご覧下さい。

ttp://www.ne.jp/asahi/eiji/home/main/russia_1.htm
個人様のサイトなのでURL先頭のhは削除してあります。

>A-10 って、よく顔と牙を描いた、フェアチャイルドとも言う機種だよね?
はい、フェアチャイルドリパブリック社製でニックネームがサンダーボルト*(*はギリシャ数字の2)別名ウォートホッグです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:A10Thunderbolt2_990422-F-7910D-517.jpg
個人的には好きですけどね、後AC-130Eスペクター(ブルドッグ)とか。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/ac130.htm
あんなんで空飛んでいいの?っていうくらい不格好なところがたまらない、です。

質...続きを読む

Qトムキャットの曲

トムキャットっていましたよね
「ふられ気分でロックンロール」を歌っていた・・・

これの次って曲をだしたのでしょうか?
曲名など知りたいです。

お願いしまーす。

Aベストアンサー

「ふられ気分でロックンロール」に続くシングルは、「サマータイムグラフィティ」です。因みにトムキャットは4曲がオリコンにチャートインしています。

84.11 ふられ気分でロックンロール_4位/35.9万枚
85.04 サマータイムグラフィティ_13位/13.7万枚
85.08 生まれついてのCRAZY_42位/1.3万枚
87.03 TOUGH BOY_61位/1.4万枚

世間では一発屋と言われていますが、チャートで見る分には二発屋ですかね?

QF-14の気になる画像があるのですが

グーグルのイメージでF-14を検索し、閲覧してたのです
が、一つ前から気になる画像があるのです。

http://images.google.com/imgres?imgurl=www.military.cz/wallpaper/page2/f14.jpg&imgrefurl=http://www.military.cz/wallpaper/page2/page2.htm&h=600&w=809&sz=31&tbnid=ZtPy1TEA-C8J:&tbnh=105&tbnw=141&prev=/images%3Fq%3Df-14%26svnum%3D50%26hl%3Dja%26lr%3D%26ie%3DUTF-8%26oe%3DUTF-8%26sa%3DN

(左上の海上を低空飛行している写真です。)

これはいったいどうゆう状況を撮影したものなのでしょうか?後ろの水しぶきはいったい・・・。
この映像がビデオ等に収録されていう商品はありませんか?

Aベストアンサー

これ、写真ではなく絵じゃないですか?

Qアパッチとトムキャット

アパッチっとトムキャットっていったいなんなんですか?説明をみてもよくわかんなかったので、まいどこちらで質問していますが、ここで聞けば絶対にわかるので教えてください。
宜しくお願いしますσ(^^)

Aベストアンサー

さて、説明が混沌としているようですね。

まず、アパッチ(apache)は”WWWサーバー”です。
WWWサーバーとは、簡単にいうとホームページを置く場所です。
たとえば、あなたはホームページをみますよね。いまも見ていますよね。
それはアパッチ(apache)がホームページの内容を送信したものを、あなたのブラウザーが受け取って、それを見ている。とういことです。まさにここのページ(教えてgoo)はアパッチ(apache)のサーバー内にあるページです。
そのほかにはマイクロソフトのIIS(アイアイエス)などがあります。
まさにマイクロソフトのホームページはIISですね。
アパッチ(apache)は主にUNIX(LINUX)のWWWサーバーです。(Windows用もありますが。)

さて、トムキャットですが、
これはアパッチ用のサーバーサイドスクリプト言語用のインタープリター?ソフト?サーバー?モジュール?(正式になんと呼ぶのか知りません。ある意味すべてです。)です。使用言語はJAVAです。

何をするかというと、
例えばあなたが個人情報なんかを入力する機会がありますよね。
大量のデーターを裁くためにはデーターベースサーバー等が必要になります。
そういった他のサーバーと連携するときなどに、サーバーサイドのスクリプト(サーブレットの場合はJAVA)を使い制御するわけです。
あと、ユーザーの入力によって動的にホームページを表示する場合(掲示板やこのページのような、ユーザーの入力や送信で動的にホームページを生成するページ)などに使用されます。

簡単にいうと
あなたが掲示板や個人情報記入欄に何か記入してサーバーへ送信したとします。
まず、アパッチが受け取り、それをそのままトムキャットへ渡します。
トムキャットはあらかじめ決められた手順で送られてきたデーターを加工して、データーベースへ登録したり、送信された内容を含めた新しいページを作成したりして、アパッチに渡します。そしてアパッチがあなたのブラウザーへデータを渡します。
あなたは以前記入してあった掲示板の内容にあなたの記入したものが足されたページや個人情報の確認ページなどを目にすることができるというわけです。

CGIでも同じようなことが出来ますが、CGI(主にパールなどの言語を使用)は一回のリクエストに対し一回起動ということを繰り返すのでサーバーの負担がおおきく、動作も鈍くなります。

それに対しトムキャットは常駐(常に起動)しているので動作も速くなります。あと、JAVA言語を使用している開発者はその他の言語を習得せずにJAVAでコーディングできる。ということが利点です。

同じようなものに、主にIIS用としてASP(アクティブサーバーページ)言語、アパッチ用としてPHP(パーソナルホームページ)言語などがあります。

いまのアドレスバーをみてみるとhttp://・・・・・.php3・・・となってますよね。ここではPHPを使っていると思われます。

こんな感じですがいかがでしょうか?

さて、説明が混沌としているようですね。

まず、アパッチ(apache)は”WWWサーバー”です。
WWWサーバーとは、簡単にいうとホームページを置く場所です。
たとえば、あなたはホームページをみますよね。いまも見ていますよね。
それはアパッチ(apache)がホームページの内容を送信したものを、あなたのブラウザーが受け取って、それを見ている。とういことです。まさにここのページ(教えてgoo)はアパッチ(apache)のサーバー内にあるページです。
そのほかにはマイクロソフトのIIS(アイアイエス)などがあ...続きを読む

QPIC初心者です。 16F84Aから16F88への移行について

PIC初心者です。

PIC16F84A使って、液晶(SC1602)に文字を表示させる実験をしていました。それがうまくいったので、今度は16F88を使って同様に表示させてみようと思いました(回路の変更なしです)。というのも、将来的にAD変換を使ってみたかったのです。ここでのプログラムの変更点は、コンフィグレーションビットとインクルード文を16F84A用→16F88用に変更しました。これで、16F84Aで液晶に表示していたものと同じように表示されるハズだと思ったのですが、なにも映りません。

自分の考えでは、クロックの設定がまずかったのではないかと思っております。内部クロックを使うのか、外部なのか。OSCCONで設定するのでしょうか?ただ、ネット上で公開されているプログラムを見ると、OSCCONの設定はないものばかりでしたので、それが理由とも考えられません。

どのような点がまずかったのか、いくら考えてもわかりません。経験ある方、どうぞご教授ください。よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

動くと思います
発振回路指定(OSC)ですが、入れて見てはいかがでしょう?
とりあえず、何処かのポートに出力を出して オシロやロジアナで発振を確認するといいでしょうね。
16F84からの環境なので外部クロックだとは思いますが、その入力をオシロで見るのも、いいかも知れません。

Qワープロのコンバートソフトのバージョンアップ

年に数回、ワープロのFDをパソコンに入れて処理を頼まれます。
現況、コンバートスターのVer.12と14を使っており、けっこう古いバージョンで、サポートも終了しましたが、ワープロ自体もう新機種も出ることは無いので、バージョンアップはぜんぜん考えていません。
ところでひょんなことから、もう1つの代表的ソフトのリッチテキストコンバータの最新版が格安で買える話が来たので、迷っています。
格安といってもただ同然と言うわけではなく、他にも動画の編集ソフトも欲しいし、そろそろHDDも怪しいのでお金はかけたくない、しかしこんなチャンスはめったに無い。
この手のソフトも毎年バージョンアップしていきますが、何が変わってきているのでしょうか。
今更ですから、旧バージョンで十分と思いますが、最新版にすると何かよいことがありますか。
先日、東芝ルポの変換で梃子摺り、どうしようか迷っています。
Windowsは95からXPまで、FDDはパナソニックのスーパードライブが一番よかったですが、抑えでトムキャットの3モードを注文しました。(ジャンク品で外れをつかんだので)

年に数回、ワープロのFDをパソコンに入れて処理を頼まれます。
現況、コンバートスターのVer.12と14を使っており、けっこう古いバージョンで、サポートも終了しましたが、ワープロ自体もう新機種も出ることは無いので、バージョンアップはぜんぜん考えていません。
ところでひょんなことから、もう1つの代表的ソフトのリッチテキストコンバータの最新版が格安で買える話が来たので、迷っています。
格安といってもただ同然と言うわけではなく、他にも動画の編集ソフトも欲しいし、そろそろHDDも怪しいのでお金...続きを読む

Aベストアンサー

》この手のソフトも毎年バージョンアップしていきます何が変わってきているのでしょうか。
》今更ですから、旧バージョンで十分と思いますが、最新版にすると何かよいことがありますか。

あまり必要はないと思いますが、考えられることは
・従来の不具合修正もありますが
・新しい変換先への対応でしょうか。
 word でも 2000 → XP → 2003 と微妙に違いがあります。
ですから変換先を word2000 あたりに固定しておけばコンバートソフトのバージョンアップはあまり意味が無いと思います。

Qロケットの姿勢制御には、エンジンノズルを首振りする、ジンバルシステムと

ロケットの姿勢制御には、エンジンノズルを首振りする、ジンバルシステムと、メインエンジンを固定して、周りの小型首振り式、バーニアシステムがありますが、どうして2種類あるのでしょうか、それぞれのメリット、デメリットが知りたいです、写真はツィクロンロケットの1段目のロシア製RD-251エンジンの写真です、エンジンノズルが6基束ねています、バーニア方式です

Aベストアンサー

推力の大きいメインエンジンをジンバルシステムで制御するためには、ジンバルの可動部が推力に耐える強度が必要ですし、機構が大型で複雑になり、高価となります。

ですので、推力の大きいメインエンジンは固定する方が、機構が簡単で強度を高くでき、更に安価に作成できます。姿勢制御のために別なロケットが必要となります。

Q"ふられ気分でロックンロール” by トムキャットの歌詞教えてください。

こんにちは。
昔、17年ぐらい前に、トムキャットってグループがあって、"ふられ気分でロックンロール”っていう歌があったんですが、歌詞、どなたか知りませんか?結構、息継ぎできないテンポの速い歌でした。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ここにありま~~す

http://www8.ocn.ne.jp/~rooty/furare.html

なつかし過ぎますね^^

参考URL:http://www8.ocn.ne.jp/~rooty/furare.html

Q戦闘機のF-15イーグルとF-35ライトニングIIについて

自分でもくだらない質問だと思います。ですが、気になって仕方がないのです。
戦闘機のF-15イーグルとF-35ライトニングIIが闘えば、どちらが勝ちますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

F-15は、1970年代に開発された、制空戦闘機です。当時はF-14やF-16と共に最新鋭であり、最新のアビオニクス、最新の技術で製造されました。開発開始が確か1972年だったはずです。それから既に36年を経過しています。

F-35は実験機から発展し、高額なステルス戦闘機F-22のサポートをする機種として開発されました。F-15が開発された時代にはなかった技術、レーダーに映りにくくするステルス技術が駆使されています。

日本も今、三菱を主体に研究しており、機体長15mの実証実験機「心神」は、レーダーにはトンボほどの大きさにしか映らないと言います。

当然F-35も、同じような状況となるでしょう。F-15のレーダーで捕捉できるかどうか。補足したとしてどの程度の大きさに映るか、疑問な部分も多いですね。

そして電子機器。最近のパソコンの発展を考えてきてください。私が使い始めた頃、1985年当時は複数のCPUを1つのパッケージにしたものなどありませんでした。一般の家庭で使用する機種は8ビットで駆動周波数4MHz程度、ビジネス機が16ビットで駆動周波数は8MHzでした。

いまはペン4であってもHT対応で駆動周波数が3MHz以上合ったり、コアが2つ、4つなんて言うのは当たり前。ビット数も64ビット。この間の期間が23年です。

まして最先端を行く軍事技術です。F-15からF-35のアビオニクスの進展は、パソコンの比ではないでしょう。

F-15のパイロットに相手がF-35であることを隠して空戦をさせたと仮定した場合、普通に考えたら遠距離でF-35がF-15を補足、しかし、近距離まで近づいてもF-15はF-35を補足しないか、補足してもr-だーに映った機影が小さすぎて、パイロットが敵対する航空機と認識しない可能性があります。

仮に敵機と気づいても、レーダーで捕捉しているサイズが小さいことから、ミサイルや機銃を撃つためのロックオンが可能かどうかも疑問です。ロックオン(敵機と見なしてレーダーにその目標を自動追尾させる機能)できなくて、目視で機銃攻撃しかできない可能性があります。

これに対し、先に補足したF-35は、AIM-120Cアムラーム中距離アクティブレーダーホーミングミサイルによる中射程攻撃がまずできます。アムラームは電子妨害にも強いので、そうそう妨害して回避するというのは、難しいでしょう。これを機動でかわされても、近距離まで近づけばAIM-9サイドワインダー赤外線誘導ミサイルの攻撃、そしてレーダー制御でのM61A1バルカン機関砲攻撃と続きます。

最初のミサイルを回避するために高機動を開始しているF-15では、安定して相手の補足ができるかどうか。沈着冷静なパイロットでも、音速の最高で2倍で飛ぶ飛行機同士がミサイルでの空中戦となると、音速の4倍(マッハ4)近い速度で接近する状況です。レ-ダーに上手くとらえられないF-15は、はっきり言ってかなり不利でしょうね。

単純に考えると、F-15が撃墜され、F-35が無傷というシナリオが出てきます。

ちなみに私は、過去に航空業界にいて、軍事産業に勤務していたことのある元航空エンジニアです。

F-15は、1970年代に開発された、制空戦闘機です。当時はF-14やF-16と共に最新鋭であり、最新のアビオニクス、最新の技術で製造されました。開発開始が確か1972年だったはずです。それから既に36年を経過しています。

F-35は実験機から発展し、高額なステルス戦闘機F-22のサポートをする機種として開発されました。F-15が開発された時代にはなかった技術、レーダーに映りにくくするステルス技術が駆使されています。

日本も今、三菱を主体に研究しており、機体長15mの...続きを読む


人気Q&Aランキング