学校のレポートで、能についてだされました。わかるかた、教えてください。

能<隅田川>と、それに関係するほかの文芸作品について、表現の特徴を述べよ。

です。わかる範囲でいいので、おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

能の「隅田川」に特有の表現方法としましては、子供の幽霊と母が抱き合おうとしても、子供を抱こうとして差し出した母の手がむなしく空を切るところでしょうか。


これはほかの曲では見たことがない(勉強不足か ?)演出です。
子供が実際に出てくるときと、子供の声だけが聞こえて私たち見る側が母の動きに合わせて子供の姿を想像するときの 2 種類の演出があります。

隅田川に出てくる母役は、吉田の某というおそらく階級の高い人の妻です。設定されている時代、苗字を持っていること自体が階級の現れです。また、母役が和歌をたしなんでいるなどから高い教養をもっていることもわかり、その夫の社会的地位の高さをうかがわせます。

その、本来なら屋敷の奥に篭って一生を過ごすはずの母役が、京都からはるばる東の国まで子供を訪ねてきたことへの一種の尊敬の念なども、作品からにじみだしています。

狂女(狂い笹という笹を手に持っているのが特徴)とはいいますが、ほんとうに気が触れているのではなく、子供を想うあまりに「狂女」というある種 大道芸人として町を訪ね歩く姿を、能楽では「狂女」と呼びます。

子供を探し歩く母が生きた子供に出会えないというのも、これまた能楽では珍しい設定です。

関連するほかの文芸作品については... わかりません ^^;; ごめんなさい。
    • good
    • 0

 『伊勢物語』の「東下り」の段。



 能の方は「狂い笹」に注目かな…自信ないけど。

 がんばれー。
    • good
    • 0

検索エンジンで、


「能 隅田川」として検索すれば、いくつも出てきますよ。
それくらいの労力は惜しまないほうが良いのでは?

参考URLで検索してみてください。

参考URL:http://www.google.com/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qはじめまして、皆におねがいことがありますが、文学の問題です。 能や狂言を素材にした歌舞伎作品をなんと

はじめまして、皆におねがいことがありますが、文学の問題です。
能や狂言を素材にした歌舞伎作品をなんと呼ぶか?

Aベストアンサー

松羽目物ですかね
www2.ntj.jac.go.jp

Q海外文芸作品、ぜひこの人の翻訳で読んでみたい!

例えば村上春樹さんは、たくさんの英米文学の翻訳書を出版されていて、原作者のファン以外にも、村上春樹さんのファンが、村上春樹さんの魅力に惹かれてその翻訳書を買っているということがあるかと思います。同じような感覚で(1)「この人が訳した英米文学なら読んでみたい!」という気になるような著名人・文化人(作家でなくてもかまいません)、(2)またその作品名を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英米文学なら金原瑞人氏、フランス文学なら野崎歓氏。
このお二人が訳している作品であるというだけで読む価値ありです。

Q文芸春秋3月号 芥川賞作品掲載号の入手法

文芸春秋3月号をどうしても手に入れたいと思っています。
紀伊国屋でも売り切れ、近くの中規模くらいの本屋2件も売り切れでした。。。
もう、東京都のどこの本屋に行っても、売り切れ状態なのでしょうか?

増版するということを聞いたのですが、書店にまた並ぶようになるのはいつ頃だと思われますか?

店頭で見かけたという方があれば教えていただきたいのですが。。。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

書店員です。
増刷は決まっています。
先週の金曜日に注文を出してはいますが、
何日出来なのか、ちょっと聞きそびれました。
どこの書店でも、注文は出しているはずです。
まだ入荷していないのは確か。最低でも1週間以上はかかると思いますが、自信ありません。
明日になれば、いつごろ店頭に並ぶか、ある程度目安がつくかもしれません。
ただ、増刷ができあがるのが何月何日ということまではわかっても、「書店に到着する日」というのは、誰にもはっきりわからないので、「だいたいこのぐらい」ということしかわかりません。

どうしても欲しければ毎日こまめに書店をのぞくか、
信用できる書店(大規模な書店という意味ではなく、個人のニーズに誠実に応えてくれる店、気配りが出来る書店員のいる店)で、
「入ったら取り置きしてもらいたい」ということを頼むといいと思います。
「取り寄せ」とは少し異なりますが、毎日書店をのぞけない場合は、「入ったらキープ」が安全です。

Qヘッセはメタファーが知的進歩を可能にすると、どの作品で述べていますか?

リチャード・ローティ『偶然性・アイロニー・連帯』の第3章に、

「…知的進歩を可能とするのは新しいメタファーであるというヘッセの主張…」(p.109)

とあるのですが、ヘッセ(ヘルマン・ヘッセですか?)のどの作品にこの主張が見られるか、教えていただけますか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヘルマン・ヘッセではなくてイギリスの哲学者Mary Hesseではないでしょうか。

科学研究を対象とした哲学的考察を多く著したケンブリッジ大学教授です。

Models and Analogies in Science (1963)のなかで、科学的方法によって新しい知見を獲得するにはモデルや類推が重要であると説いています。

電波の振舞いを直接観察できないとすれば水面の波や光で観察したり、実物での観測が難しいものを縮小した模型で実験する、といった「モデル」から新たな知識を得る(=知的進歩)ことはメタファーや類推といった知的作用抜きに理解し得ないということです。

参考URL:http://www.bookrags.com/biography/mary-b-hesse/

Q桜を素材にした文芸作品を外国人に紹介したいのですが

欧州人の友人に、日本人の桜観がよく現れた文芸作品(特に小説や伝統芸能の脚本など)を紹介して欲しいと言われました。それで、いくつか桜を題材にした作品を頭の中で並べてみたのですが、これぞ日本人の桜観という感じのものが思い出せません。私のイメージする桜といえば「儚さ」なのですが、思い出せたのは樋口一葉の「闇桜」くらいです。

皆さんなら何を勧めますか? 教えて下さい。

桜が題名の一部だったり、物語の主題じゃなくても結構です(むしろ単に一素材の時の方が効果的に使われてる気もします)。

彼女は脚本家なのですが、写真で見た日本の桜の美しさに心を奪われ、これから桜を題材に作品を作ろうとしているんだそうです。その前に日本文学を通して、日本人の桜へのこだわりなどを知っておきたいのだそうです。

Aベストアンサー

桜が題材の文芸作品と言ったら、なんと言っても坂口安吾の「桜の森の満開の下」をおすすめします。

舞台や人形劇などにもなっています。

神秘的で美しく、しばらくは桜並木の下を歩くのが恐ろしくなりますよ。

私はこの作品を読んでからはいつまでたっても桜の花を楽しむことはできません。
儚さとか寂しさとか鬼気迫る美しさというイメージが強くて。

それほど衝撃的な作品だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報