人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今年も5本株立ちヤマモミジ(幹元直径手首程、樹高3m)の根際にスプーン1πほどの木くずを見つけました。ものの本では「テッポウムシ(カミキリ?)が幹に侵入して喰った木を排出している。穴を見つけ刺殺するかズミチオンを注入して薬殺。」と書いていますが、昨夏も数回あり、穴は見つけられず、スミチオン1000倍液を撒いていました。効果はあまりなかったようでした。受精についてはあまり弱くはなりませんでした。本年新たに進入したのでしょうか?

何が原因で、どうすればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

鉄砲虫の可能性が高いです。


ゴまだらカミキリ(体長7cmくらいの大型のカミキリ)の幼虫です。
この虫は地方によっては賞金付きのお尋ね者です。
農協に持っていくと一匹50円の賞金がもらえるのです。
入るときは小さいので穴は目立たず木の中で成長します。
放置すると木がレンコンのようになって枯れてしまいます。
木屑が出てくる穴に殺虫剤を注入する以外に防除法はありません。
    • good
    • 0

樹勢が悪くないということは樹木内部(形成層でない処を食害しているので導管断ち切られていない為です。

スミチオンやマラソンで十分ですが濃度を10~50倍に上げて洗剤ボトルなどで注ぎいれてください。針金でツンツンやっても良いですがうまく入らない場合もあります。カミキリや蛾の幼虫は樹皮の傷んだ処から入り込む場合もあります、皹割れ箇所など。また土中のコガネムシなど甲虫類の幼虫などに液剤、粒剤の散布も良いです。液剤は数百倍で)園芸店、農協にて(TELで在庫の有無を確認)イチジクなどの果樹に使用する塗布剤があります検討してください。虫穴は塞いで下さい。
    • good
    • 0

対処しなければ確実に枯れる穴を見つけ出し屋内用殺虫スプレーでも良いのでノズルの長い物が良い噴霧し穴を塞ぐ事。

下手をすると幹芯部を縦に1メートル前後食害している筈。


薬剤
http://lib.ruralnet.or.jp/nouyaku/NB182/NBH13410 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤマモミジの種

庭に親の代からのヤマモミジ、「赤枝垂れ」と言うモミジが在ります。
 私は植物の知識が皆無なのですが、近所の人は「珍しいから種をちょうだい。」ともらって行きます。
しかし発芽が難しいらしく、また発芽しても葉っぱの大きい物しか出て来ないと言います。
 その人は専門家(植木屋さん)に聞いても、教えてくれないと嘆いていました。
 どなたか良い情報は有りませんか。

Aベストアンサー

こんにちは!
ヤマモミジは、基本的に種からは無理で、同じものが生まれる可能性は低いといわれます。
挿し木や接木(つぎき)でも確実性は?
一番確実なのは「取り木」でしょう。
★方法
春先に芽吹きが始まる頃。
切取りたい幹や枝で、枝の直径の2倍以上幅ぐらいの寸法で皮を、樹心(白っぽい硬い肌)が出るところでぐるりナイフで剥ぎおとす。(深さ:2mmほどでぐるり一周)
そこを、枝太さ10倍ぐらいに水苔(水に浸したもの)を巻いて、ビニールで包んでおく。
この時、口元は雨水が染み込む程度に縛ること。
あまり雨が降らないときは口元から水をやる(乾燥させない)。
秋、根が飛び出してくればOKです。
下を、鋏、のこぎりで切断し植えます。
水苔は出来れば丁寧に剥がします。
そのままでも問題ありません(成長がやや遅れる)。
翌春再度植え替えます。
もし根が出ていなければ、そのままもう一年(~_~;)です。

一番豪快なやり方は、台を作って二つ割りの鉢で挟んで、土を入れておいた人がいます。(2年で立派な盆栽に仕上げてます。)

Qヤマモミジのウドンコ病治療

庭木初心者です。

自宅の庭で、ヤマモミジを地植え(1.5m程度:今年購入)と植木鉢(40cm程度:昨年購入)で育てています。
1週間ほど前から葉っぱに変化が生じておりました。
本やインターネットで調べたところ、どうやらウドンコ病のようです。(昨年は発病せず)

ベニカXスプレー(赤い容器)を購入し、使用しようと思いますが、使用回数が - となっております。
いわゆる適度ということのようですが、薬剤初体験ということで、その適量がわかりません。
毎日噴霧していいものかどうか、何回噴霧して良いものかなど、見当がつきません。どの程度が適量でしょうか?
(購入日には、30cmほど離れた位置から一枝に1度噴霧しました。)

また、ひどく感染した葉は、ちぎり取った方が良いのでしょうか?
秋の紅葉のことより、木の回復を優先したいと考えております
治療にかかるおおよその日数なども解かるとありがたいです

アドバイスのほど、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

毎日噴霧する必要はありません。
今日噴霧したら1週間後にもう一度噴霧してください。計2回です。
そのさい、白くなっている葉や枝だけでなく木全体に予防の意味も込めて散布します。
1週間後にもう一度散布すればおそらく収まるでしょうが、心配ならそのまた1週間後にもう1度散布してください。計3回です。
一度白くなった葉は元には戻りませんが、白い斑点が広がらないか、増えないかをよく観察してください。
これでこれ以上うどんこ病が広まることはないでしょう。

>また、ひどく感染した葉は、ちぎり取った方が良いのでしょうか?

一度白くなった葉は元には戻りませんので、ひどく感染した葉はとってしまったほうが良いでしょう。
取ってしまってもこの季節ならとった葉の付け根から、2週間から1ヵ月ぐらいで新芽を吹き新しい葉がつきます。
上記のように散布すれば新芽や(新しい葉)がうどんこ病で白くなることはないと思います。
新しい葉が白くならなければ菌はすべて死滅して治ったということです。

うちのキュウリのうどんこ病には上記のように2回の散布で対応して今はおさまってます。

毎日噴霧する必要はありません。
今日噴霧したら1週間後にもう一度噴霧してください。計2回です。
そのさい、白くなっている葉や枝だけでなく木全体に予防の意味も込めて散布します。
1週間後にもう一度散布すればおそらく収まるでしょうが、心配ならそのまた1週間後にもう1度散布してください。計3回です。
一度白くなった葉は元には戻りませんが、白い斑点が広がらないか、増えないかをよく観察してください。
これでこれ以上うどんこ病が広まることはないでしょう。

>また、ひどく感染した葉は...続きを読む

Qモミジの葉のいろがみどり色と紅色の二種類あって不思議です

先週、公園に行ったら珍しいモミジを見かけました。一本の幹から何本か枝が伸びているのですが、下のほうから出ている枝にはみどりいろの葉だけが付いていて、それ以外の(上のほうの)枝には紅い葉だけが付いているのです。みどりいろから次第に紅葉していくグラデーションとは明らかに違っていて、まったく別の種類のモミジを接ぎ木したように枝ごとにはっぱの色がちがうのです。こんなモミジ初めて見ましたが、これって普通にあるモミジなのですか。それとも、春ならではの自然現象なのですか。

Aベストアンサー

枝ごとに違うのであれば、単に接木されたものではないかと。
モミジの苗は普通、接木で繁殖させます。
下から出ている枝が緑ということですから、いかにもそれらしいです。
台木は普通のヤマモミジなど、上は品種もののモミジだと思います。


人気Q&Aランキング