芸人が音声解説 「オレたちの甲子園」

服を買おう!と思っているんですが、
どうやって揃えたらいいのか
分かりません。

似合うといわれるカラーの配色は
Banana ripublic(バナナリパブリック)の様なイメージで、
よく利用しています。
雑誌はヴァンテーヌを参考にしています。

ファッションの中心にしている色はカーキ(グリーン系)で、
その色を中心に揃えていこうかなぁ。
っと考えています。

今までよく買っていた色は
 ・カーキ
 ・ベージュ
 ・茶色
 ・クリアな水色
 ・白
 ・クリアな青みのグリーン

っといった感じなのですが、赤が大好きで
鞄や小物は赤が多いんです。

で、水色×白というコーディネートを
よくするんですが、その配色に赤の鞄は・・・・
チグハグな感じがして。

もっとシンプルに色を2~3色に揃えたい
と思うんですが、なかなか上手に買い物ができません。

また、アクセサリーもシルバーのほうがスッキリ
するような気がするんですが、カーキを中心と考えると
ゴールドなのかな?と考えたり・・・
(ちなみに今、ゴールドのサンダルを履いているせいかもしれません)

みなさんはどうやって買い物されてますか?
理想としては、アクセサリーはゴールド(もしくはシルバー)、
さし色はXXといった感じで統一感のある服の揃え方を
したいのですが。。。

水色と赤が好き!という事自体が難しいのでしょうか・・・

カラーの揃え方などを教えていただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

非常にわかりやすい質問ですね。

とても答えやすいです。

私はファッションが大好きで、uzumasaさんと同じく赤が好きです。
私が買い物をするときは、好きな雑誌を見て頭の中にいいと思った物をインプットします。それだけでなく、街行く人々を観察して、雑誌で気になったものの中で、自分の体型に合う物をピックアップします。
そしていざ買い物に行きます。
お店では、自分が既に持っているような服(形や色が似ている)にばかり目がいってしまうのですが、なるべくそのようなものは買わないようにして、自分の持っているいくつかの服と合いそうなものを買います。

uzumasaさんは水色と白のコーディネートが多いとのことですが、
その組み合わせに赤の小物は配色の面からすると難しいですよね。
私はカラーコーディネーターでもないし、色彩検定を持っている訳でもないのでその辺は詳しくお答えできませんが、着回しという点に
着目すると、好きな色ばかりを集めるわけにはいかないということです。

私の場合は、赤が好きだからといって小物の色がほとんど
赤というわけではありません。手帳や定期入れは赤ですが、
赤は主張性のある色だと認識しているので、ファッションで赤を
取り入れる場合はメインの色にしたりさし色として使います。
(私の持ち物だとワンピース、Tシャツ、スポーツバッグなど)

アクセサリーはシルバーとゴールド両方必要だと思います。
どちらかが嫌いというのであれば、必然的にファッションも
アクセサリーに合わせた配色になってくると思います。
(もしくは妥協してアクセサリーとの相性は無視する)

カーキ、ベージュ、茶色、クリアな青みのグリーンは
アースカラーなので、それらの色に絞れば統一感のある服を
そろえる事ができると思います。白、黒、グレーは無彩色なので
アースカラーに加えても統一感は守られると思います。

水色は比較的アースカラーに合わせやすい色だと思うので、
水色の服を着るときに使う小物を新たに購入すれば、その他の
物を揃えなければならないということはないと思います。

私はバナナリパブリックと同じ会社、GAPでアルバイトをしていたので
気になって回答させて頂きました。
参考になればうれしいです。
    • good
    • 0

 はじめまして。


 色の組み合わせって難しいですよネ。
文中の「統一感」って言うのが特に難しいと思います。
例えばベージュのスーツに白のブラウス。相当上手く着こさなければ、絵に描くと黒線が無く絞まりの無いぼやけた感じ・・・。
 でも、そこに黒線をいれると境界線ができ、人目に付く着こなしになると思います。
秋・冬物の服に関して言えば(質問者さんの持っているアイテムがリアルに解らないのですが)、具体的に言えば、ベージュのスーツに白のブラウスでは同系色なので、境界線をつくる為に「持っている色」から選ぶと、カーキのベスト等を着るとかして、チョットだけ見える範囲で線を引いてみては如何でしょうか。

 それから、ベージュ系で赤い靴は、靴だけが単独で目立ちますので避けられた方が良いかと。
 意外性を求めるのなら、私事で恐縮ですが、私は営業職で黒・紺スーツが多いのですが、名刺入れは「オレンジ」を使っていますが、名刺の受け渡しの際、服からのイメージと、その服から出た小物のイメージのギャップを楽しみ、なかなか好評です。

 服の色は、面積の比率によって違うと思います。暖色系に正反対の寒色系を入れても、比率の問題でスマートな着こなしが出来るっと思います。
この、比率を遊ぶのがファッションだと思いますので頑張って下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング