会員登録で5000円分が当たります

はじめまして。こんばんは。
今、時計業界への転職を本気で考えています。
いろいろインターネットで調べてみたのですが、
なかなかこの業界の現在の状況・今後の展望などを
見つける事が出来ませんでした。
どうしてもやってみたい事とは言え、
やはりその将来性など気になります。
もし、この業界に詳しい方がいらっしゃったら、
お助けお願いしたいのですが。。。
他にもこの業界の事をいろいろと教えて頂けたらと思います。
どうぞ宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この業界ですか



何からどうお話すればいいのか?ですね

まずはどんなことをしたいのかです
修理したいのか
販売したいのか
メーカーで企画から参加したいのか
個人店でいいのか

ですが、質問者様の年齢がわからないのでなんともいえませんが
メーカーに勤めるためにはそれなりの大学を出ていることが
必須条件となります
もちろん、コレには100%ではありませんが
私もコネを使って勤めようとしたことがあります
ただやりたいことと、やれることのギャップがありましたので
お話はなかったことにしてもらいました

業界の情勢ですか?
けっしてよくは有りません
時計のことならごらんになっていると思いますので
大体判るでしょうが
現在、低価格帯の時計があふれすぎています
その製造は日本国内ではありませんよね?
これはご存知だと思います
そうなると、製造する人間が居ない
そして、多くは機械製造です

もう一つ、低価格帯の時計を修理するか?です
質問者さんが¥1980で購入した時計を
¥20000掛けて修理しますか?

もともとその根本を作り出してしまったのは
日本でクオーツを作り出したのが原因ですが
でも、現実がそうなのですから仕方ありませんが

そうなると、基本的に明るい見通しといわれる部分がありませんが・・
正直言うと、時計だけではやっていけないと思いますよ
どういう業種に付きたいか判りませんが

簡単に携わるなら
時計店ですとかの販売になりますね
私の経験ですが
男性で、長く勤めている人ってあまりいないんですよね
上司が定年まで勤めましたが
それ以外だと、違う業種に転職したり
若い方は、やめる方多いですね

ただ、何事も経験ですから
やってみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
本当に足りない質問ですみませんでした。

いろいろとお話して頂いて有難うございます。
自分の目指そうと悩んでいたのは、時計修理の分野だったのですが、
やはり業界的に難しいでしょうか。
自分も少し調べてみて感じた感覚的には、確かに明るい将来性はあまり感じられないようでした。
回答者様に教えて頂いた長年勤める方が少ないというのは、修理業務でも同じなのでしょうか?
今、現在の私の状況はもう社会に出て働いている25歳です。業種的には製造で、精密加工業という感じです。
最近だんだんと、その時計修理に対する思いが大きくなっていろいろと悩んでいます。

今回は、詳しく分かりやすい回答をして頂き有難うございました。
またお力をお借りする事もあるかも知れませんが、
その時は宜しくお願いします。
どうも有難うございました。

お礼日時:2007/06/04 00:24

詳しくはありませんが、よく聞くのは高級時計の修理や鑑定などは、仕事の出来次第により、需要があるみたいですね。



ローレックス、オメガ、カルチェなどは100年前から人気があり、技術者は需要があります。
しかし、極めなければ、早期にやめたほうがいいかもしれません。
仕事は好きこそできると思いますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
足りない質問ですみませんでした。
希望としては時計の修理方面でした。
やはり人気のあるものは需要があるようですね。
極めるには、かなり努力が必要のように思われますが、
自分が好きで選んだ事なら、きっと続けられますね。
決断の参考にさせて頂きます。
本当に有難うございました。

お礼日時:2007/06/04 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時計修理技術者になりたい

手に職を付けたいので、時計修理技術者になりたいのです。

現在30代半ば。20代はずっと貿易実務をやっていました。

大学は英文科です。

最近、日経新聞の記事を見て、時計修理技術者の特集があり、興味を持ちました。

これだ、と思いました。

カッコよすぎる。

手先は器用な方だと思います。

粘り強く、打たれ強く、集中力はものすごいです。

一度作業に集中すると電話の音も聞こえなくなり、同僚にも「用事がある時は肩をバシバシたたいて

ください」と頼んでいました。

それから、自分は専門職で行った方が良いのではと思います。

こだわりもあり、頑固な性格です。

求人を見ると、目指したい人向けの求人もあります。

今から目指してみようと思いますが、どうでしょうか。

自分としては、もう、応募してみるしかない、と思いますが。

時計技術に詳しい方、アドバイス下さい。

Aベストアンサー

私は、時計技術者ではないのですが、職人さんを多く見る仕事をしていました。
いずれもその道を極めた人たちですが、決して手先が器用という人たちばかりではありません。
むしろ、言葉に顕せない事を感じ取れる感性の持ち主というのが正しいと思います。
目や音や触覚或いは味覚や臭覚まで使って、感じ取った何かから、どのようにして思いとおりの物を創り上げるのかを、創造できる感性の持ち主です。
時計は、今や斜陽産業です。
時計職人といっても、街の修理屋では、生活すらできないのが現状です。
誰にもできないような業を待っていても、それを使う場所すらないかもしれません。
貴方は、自らの腕で誰にも作れない、100万円で売れる時計を作る覚悟なら、今からでも遅くはないと思いますが、そのような覚悟がないのなら、今のお仕事を極められるのが良いように思います。

Q時計修理技能士になりたい

30代女性です。
転職を考え、時計修理技能士になりたいと思っています。手に職をつけたい、職人のような世界で働きたいという思いから興味を持ちました。社会人入学を考え、専門学校のパンフレットを取り寄せ、この仕事に就きたい、学びたいと改めて思いました。
入学希望の学校では、社会人を経験して入学される方も多いようです。私の場合、生活費をアルバイトで稼ぎながら学ぶ事になるので、かなり忙しい生活になる事は覚悟の上です。

おそらくパンフレットでは、良い面しか載っていないと思うので、実際の授業の雰囲気、卒業後の生活、詳しく知りたいです。
勤務環境、手取り、年収、将来性、福利厚生…などなど
熱意を持って踏み出したい一方で、
生活の為に現在のやりたくない仕事を続けていくのも一つの選択肢だと理解しています。少しでも後悔の無い選択をしたいです。
時計修理技能士の経験者の方がいらっしゃいましたら、現状を詳しく教えていただけませんでしょうか?良い点、悪い点、両方知りたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。拙い知見ですがよろしくお願いします。

>時計修理技能士になりたい

最短は仕事を通して経験を積むことと言う一般的な話ですが、じゃどこで?どれくらいの時間?は・・・。そのために学校があるのも実情と思います。ご自身で経験を積むにしても、未経験で初めてでこれからです!では、丁稚奉公を受け付けるお店でもない限り現実的でないでしょう。

私は実際学校にも行っていない素人なので不適切と思いましたが、趣味もあり過去(数年前)に専門学校(東京)で卒業後ショップのメンテナンスへ就職・勤務されたの話を聴いてます。その時の事から・・・

先ずご存知かと思ったのですが、ほぼ現実的な実情例です(見れない時は補足しますネ。でも数字はちょっとどうかな?結構現実厳しいです)
http://skill-style.com/license/kogyogijyutsusha/kogyo/tokei-shuuri.html

仕事を辞めて退職金とアルバイトと授業、更に自分でも独自に勉強したそうで、実質かなりハードだったそうです。適性を問われる部分もあるから(繊細な作業の得手不得手や、根気や集中力を求められる)。遊んでる暇なかったそうです。アルバイトもお金になる所から時計店(一般店ですが)を探して店についても勉強したそうです(販売や管理等お店に入ると色々あります)。

フルコースで予定通り卒業しました。でも就職先は確かに国内に設定されてる有名ブランド(R社やB社他)もあるのですが、現実は厳しくて国内前提として希望に見合った就職口や時計修理だけで成り立つ方は求められる条件も厳しいし難易度が高いです。
これらの方たちは成績も相当良かったらしく、ある種就職時の査定にもなっていたのでしょう。
他にも修理専門の一般時計工房や時計店のお抱えなど様々ですが、腕を見られてしまう部分もあるので実質は大変です。
ご本人は在学中にいろいろお店を歩き、時計修理の方向性(メーカー、時計店、現代、中古メンテナンス等の分野ごと)を模索して、最後就職が運よくできたと話していました。仕事としては一つの機械式時計を一人で全て完遂する内容で先輩たちに指導され日々勤務されてます。学校卒業は(運転免許を貰った程度)でその後の今は実技と勉強の連続と・・・。

実際、時計修理は経験と技量と勉強と根気次第(普通の会社勤めと一緒ですが細かい仕事なので)。場数や地道な技術習得や勉強の積み重ねと言います。正確にできるだけでなく、効率よく数をこなすのも求められます。30年以上メンテナンスで生きてる方は、資格を取る(時計修理技能士:1級、2級、3級やCMW)のは、肩書や経歴としても大事ですけど一つの通過点と仰っていました。普通の時計・・・3針やクロノや特殊な機構、超薄型等の様々なキャリバーがありその個体に応じた対処や技術・知見を求められるので、ある程度のベースがあり応用で対応されるとは言っても、特にメンテナンス・時計修理に関しては経験値と細かい調査(マニュアル、修理事例など)が重要になるとの事です。

メーカー勤務などでも個々でさらに教育があります。特定の自社時計を扱うにせよ、ノウハウは其々あります。また作業自体も分業化されていたりで仕事の内容は様々です。

ショップ勤務も修理専門もあれば販売と修理と両方の場合があります。お店の経営方針や指導方針によるので一概には言えませんが、修理担当の方は販売の会話も当然ですがより本業で追われることの方が多い様です。また修理部門にいても、対外(顧客)との電話やメールの受付や回答もありますので、そちらの技量も身に着けていく必要になります。
他の回答者さまも仰ってますが、就職時の条件に(日常会話程度の英語話せること)が含まれるケースを何度か見てます。また、大手によっては学歴も当然問われます。実際海外の時計(アンティークなどは特に)を扱う場合、買付や部品購入等の相手が日本人と限らないので、連絡だけでもそれなりに?と求められます(これはお世話になった経験の一例です)。
販売と修理受付をする方々は技術論と社交的部分の両方が必要でしょうネ。よって修理メインの時計師は案外通常は出てきません。修理の詳細等の確認やお店の方針で担当者が解説する場合はありますが・・・。

ショップや会社の給料や福利厚生は千差万別で落差もあります。まして独立で仕事されてる時計師さんは本当に忙しく苦労されているようです。一人で経理も営業もしますからネ(個人経営者ですから)

でも・・・この仕事、時計が好きだから・・・の意志が強い方に接する機会が多々ありました。大変な熱意とプロ意識でした。実際の日常はいろいろ抱えれているでしょうが・・・。
一方でこれも現実ですが、ある方は時計師を辞めました。理由は経済性と技量が及ばず向かないそうです。あの人が?・・・驚きましたけどね・・・。

それと就職後のケースでメンテナンスやアフター部門になる場合は使用経歴や個体差もあり一期一会。新品組む大変さ以上もあります。精度や安定性が出るか?が時計師の腕の見せ所なので、ある種特殊技能と思います(愚例で私は新規製作もアフターサービスも関わる仕事なのでどこも一緒ですが)。

長文愚文でございますが、入学時期やコースによって内容も様々ですし、その後の就職先の基本レベルも変ります。時計師の就職先は殆ど専門業界で決まりなので、入学検討と共に就職先の状況をご自身で調査する事をお勧めします。実際はご自身でお店を歩き確認も必須でしょう。
(どのような就職需要があるか?公募の傾向や要求事項、収支・福利厚生、修理士で生きるか、セールスエンジニア的に販売とある程度の技術論が出来る立場を目指すか・・・)。

趣味ですが今日までメジャーマイナー含め20社以上お世話になったり関わった機会の狭義と主観の経験でした。プロではないのですが、参考になれれば幸いです m(__)m

はじめまして。拙い知見ですがよろしくお願いします。

>時計修理技能士になりたい

最短は仕事を通して経験を積むことと言う一般的な話ですが、じゃどこで?どれくらいの時間?は・・・。そのために学校があるのも実情と思います。ご自身で経験を積むにしても、未経験で初めてでこれからです!では、丁稚奉公を受け付けるお店でもない限り現実的でないでしょう。

私は実際学校にも行っていない素人なので不適切と思いましたが、趣味もあり過去(数年前)に専門学校(東京)で卒業後ショップのメンテナンスへ就...続きを読む


人気Q&Aランキング