マンガでよめる痔のこと・薬のこと

保険素人で、新規で生命保険に加入しようと考えている者です。以前に今回の質問タイトルと同じ投稿をさせていただき、こちらでの回答を基に色々自分なりに考えてみまして、現在下記のような内容の保険に入ろうと思っています。特に何か注意しなければいけない事等ありましたらご指摘いただきたいと思います。
☆主人の保険
■明治安田生命 ライフアカウントLA 約17000円/月(アカウント最小限197円)終身20年更新、65歳払込
・入院1日5000円・手術28~5万円・がん診断100万(3回まで)・生活習慣病100万・生活サポート120万円/年・死亡保障4600万円
■損保ジャパンひまわり生命 終身保険 約6500円/月 65歳払込
・死亡保障400万 
■アクサ生命 セルフガードタイプI 約2400円/月 終身60日型生涯支払 
・入院1日5000円・手術20~5万・先進医療上限1400万
☆私の保険
■アクサ生命 セルフガードタイプII 約2600円/月 終身60日型65歳払込
・内容上に同じ
■三井住友海上きらめき生命 収入保証保険 700円/月 保障期間20年
・死亡時5万円×12ヶ月主人に支払われる。
----------------------------------------------------
ライフアカウントをつけれる特約は良いものが多いと思い定期保険のように考え、医療保障を最小限にしアカウントも最小限にしました。(戻ってくる事は考えていません、なので別で終身をつけました)それと個人的にはアクサさんが外資なのでどうかなぁと気にかかっています。(とても対応がよいと説明は受けました)外資といえばア○コやア○○○クさんの支払いが良くないイメージが強いです。(そこがよくないと一概に言うのも間違っていると思うのですが)
専門家の方々から見れば色々目につくかと思いますが、あくまでも素人ですので、素人として注意しなければいけない点をご指摘くださればと思います。
尚、以前投稿させていただいた時に回答を下さった方々、本当にとても参考になりました。投稿してよかったと思いました。いろんな方の意見が聞けてためになりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前、明治安田にいました。


加入される方の年齢や家族構成(お子様)のことも全く記載されていないので、簡単にはお答えできませんが・・。
死亡保障4,600万円をつけるよりも、入院日額をもう少し増やしたほうがよいのではないかと思います。質問の内容では、それしかお答え出来ません。
    • good
    • 0

ご主人の保険について:


終身保険の条件を見ると、20代の方でしょうか。気を付けるとすると、更新についてのお考え。20年後と言えどもまだ保障が必要であるのなら、相当な負担増か保険金削減が必要になります。
17000円も掛け捨てるのであれば、収入保障保険ならば半分もしない負担で5000万近くは保障できますし、値上がりもありません。
ガンや医療を合わせても1万円そこそこで可能です。LAの特長は見直しの自在性、と謳われていますが、素人の方で適切にそれをされている人はかなり稀だと思います。
今後不透明な時代、自助努力はどんどん高まります。できるだけ、保険の負担は必要かつ適切な範囲に収めておくほうが堅実です。その意味で、終身保険自体についてもまだ余地があるのなら、ご確認下さい。
65歳まで掛けても保障はわずか400万、解約金もよくて元本程度です。もし収入保障などでしっかりした保障があれば、葬儀代等の一時金保障は共済系でも十分ですし、浮いた負担で65歳以降への現金の備えをすることも可能です。
ですので、一般論としては保障なら一番合理的な収入保障一件あればいいし、入院についてはもっと充実した専門の医療保険、あとは共済で多少の上乗せを図る、終身保険のような長い負債は負わない、となると思います。今まで考えてきたことと違っていたら、すみません。いろいろな考えがあって当然ですが、敢えてLAのようなものにされる理由がよくわかりません。

医療保険については60日型ですが、負担的には無理がなさそうです。
ただし、ガンについては奥様は不足感があります。保障もないよりはいいですが、かなり小さいように思います。県民共済のようなものでもそこそこはカバーできるとは思いますが。
再考も可能なら、ご夫婦ともにガン保険等はあってもいいのではないでしょうか。LAのように値上がりする特約のガン保障ではなく、診断給付も無制限のような終身ガン保険もありますし、値段もそう高くはありません。どこも大差ありませんが、東洋経済誌によると専門家に高評価なのはソニー損保です(私もよいと思います)。
http://www.sonysonpo.co.jp/prod/med/N2020000.html

点検ポイントは内容と負担です。学資や住宅のことが今後心配ないとしても、保険に求めるのは保障性、で十分です。
一度、収入保障保険などでもどのくらいの「安心」が確保できるか、比較されてみてはいかがでしょうか。一番気に行ったのに入るのがやはりベターだと思いますので(保険は迷うほどたくさんありますが、保障性に限定すると自ずと選びやすいです)。
ちなみにきらめき生命での収入保障の場合ですと、月15万、30歳男性60歳満了、最低5年、無事故給付なしで保障額は5400万、掛け金は月5600円ほどでできます。

蛇足ですが、アリコやアフラックの支払が悪い、というのは明○○○の意図的で会社ぐるみの支払拒否とは比べものにならないと思います。保険とはいざという時に払われてこその保険です。難クセを受けて払わないようにしろ、というマニュアルまで存在した会社自体、業界人としては論外に思っています・・勿論、大同小異、どこの会社にも問題はありますが。またあまりに悪質で業務停止までくらったからこそ今後は改善する、とも言えるかも知れないですが。
NO1の方の言う通り、保険はあくまで内容ですが、その会社や担当者が信用できるか、も大きなポイントですね。

ご参考までに。
    • good
    • 0

商品を先に考えるのは止めたほうが良いです。


結婚されているようですが、何がおきたら困るかということも整理した方が良いです。
例えば、特定の病気の時しか収入の保障がない特約がありますが、条件はかなり厳しいはずです。収入が無くなって困るのは何の病気でも困ります。
所得補償保険なら精神疾患以外はほとんど対象ですし、割安です。

一般的にはセット商品には社会保障と重複している部分も多いのと、目先の保障が多くなります。

また、最近の医療保険は入院日数が少ないですが、万一の時に役に立ちません。
見かけの入院日数は少なくなっているのは事実ですが、転院のケースも多いです。私のおじも2回転院しました。60日型は安いように見えて一番割高です。80歳ぐらいまでの支払い総額を計算してください。30万円受け取るのにいくら支払うのですか?

高額療養費制度を考えると入院日額を下げ、日数を長くした方が良いです。
がんは別に加入した方が良いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治安田LAアカウントを解約した時の払戻金の目安

お世話になります。
今、明治安田のライフアカウントLAに加入していますが、対応が
イマイチの為、解約を考えています。その際の払戻金の目安を
知りたくて質問させて頂きました。
毎年届くハッピーレポートには、積立金の合計の記載がありますが、
これだけではないですよね?これまで払い込んだ保険金の払戻も
あるのですよね?

今はだいたい以下の様な契約です。
・ライフアカウントLA
・契約して約7年経過
・月の保険料は約17000円
・積立金残高:約20万円

当初は、上のアカウント積立金のみが戻ってくるのかと考えて
いましたが、これまでの保険金払い込み金額が150万円近くなのに、
まさかそれだけではないですよね?

もちろん、個々の契約内容により、金額は変わってくるかと思い
ますが、大体の目安だけでも(50万位、とか、100万位、とか)
アドバイス頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

150万円近くの払い込みで解約金が20万円くらいで間違いないと思います。

と言いますのも、この保険は基本的に「積立部分」と「保障部分」に分かれています。そして、支払の大部分は保障部分に割り当てられており、これは掛け捨てです。ですので、保障部分のお金は戻ってきません。

例えば、参考URLの内容ですと、月々の支払が35000円ですが2509円のみが積み立てです。32500円近くは特約である保障部分の支払いです。
これが、「高い」「ぼったくりだ」という意見もあるかと思いますが、それでも終身保険で同様の保障を得ようとすると月々の支払額がとんでもないものになります。
(終身保険で5000万円の死亡保障なんて・・・)

・定期特約付終身
・アカウント型

国内生保の生命保険の主力商品は上記2点ですすが、いずれにしても支払額のほとんどは特約(定期)部分の支払で、解約時の返金はほとんど期待できないと考えた方が良いかと思います。
もちろん、「解約時の返金額が多いほうがいい」と考えて主契約の部分の割合を増やしてもいいですが、そうなると月々の支払額が多くなってしまいます。

参考URL:http://hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0571_02.html

150万円近くの払い込みで解約金が20万円くらいで間違いないと思います。

と言いますのも、この保険は基本的に「積立部分」と「保障部分」に分かれています。そして、支払の大部分は保障部分に割り当てられており、これは掛け捨てです。ですので、保障部分のお金は戻ってきません。

例えば、参考URLの内容ですと、月々の支払が35000円ですが2509円のみが積み立てです。32500円近くは特約である保障部分の支払いです。
これが、「高い」「ぼったくりだ」という意見もあるかと思いますが、それでも終身保険で...続きを読む

Q明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか?

明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか?
保険超初心者です。保険屋さんに聞いても正直30%くらいしか理解できてません・・・。
医療と生命保険がついた保険ですよね?
掛け捨てでしょうか?
シュミレーションしてもらった所、35歳の主人は80歳で払込期間満了という事ですが、それを過ぎると保険料は払わないが、医療、死亡保障も終身保障されるという認識で間違いないでしょうか?
あと今の歳だと月々15000円らしいんですが、45歳から55歳までは22519円となります。という事は79歳頃はそのままいけばもっと5万近くとかになってしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

まずは、下記を開いて……
http://www.meijiyasuda.co.jp/personal/product/list/la/
「商品パンフレット」のパンフレットをクリックして、開いてください。

表紙の次が……
「ライフアカウントLAの特長についてご説明します」
という見開きのページになっています。

アカウントとは、勘定書、計算書という意味ですが、
この保険の場合には、「積立金」のことだと思ってください。

つまり、この保険は、積立金と定期保険の組み合わせなのです。
従って、「終身の死亡保障はない」と考えてください。
(実際には、80歳になってから、積立金を使って、終身保険を買うことが
できます)

定期保険部分は、掛け捨てで、更新型なので、保障額が同じならば、
10年毎に保険料は上がると思ってください。

説明図のように、お子様が生まれると必要な保障額も上がる可能性が
高いですが、その後は、必要保障額は減っていきます。

医療保障は終身ではありません。

さて、この保険では、アカウント(つまり、積立金)が主契約です。
この保険の発想自体は、すぐれたものですが、
一方では、アカウント(積立金)の部分が少ないと、この保険は
役に立ちません。

例えば、30歳男性が、60歳で定年になったときに、老後費用として
300万円を確保しておきたいと考えるならば、
アカウント部分で300万円を貯まるように設定しなければなりません。
予定利率が2%だとすると、毎月6100円を積立なければ、
30年後に300万円になりません。
この保険を生かすも、殺すも、アカウント部分に十分な積立が
あるか、否か、ということが重要です。

ここが不十分だと、この保険のコンセプトである万一のとき、
アカウント部分の積立を引き出して、保障に回す……ということも
できないことになります。
ちなみに、1000円で、予定利率2%、30年では、約49万円になります。

もうお分かりだと思いますが……
(Q)それを過ぎると保険料は払わないが、医療、死亡保障も
終身保障されるという認識で間違いないでしょうか?
(A)いいえ。そのようなことにはなりません。
死亡保障だけは、アカウント部分に十分な積立があれば、YESとなります。

(Q)79歳頃はそのままいけばもっと5万近くとかになってしまうんでしょうか
(A)いくらになるのか、単純には計算できません。
保険会社に問い合わせをしてください。

ご参考になれば、幸いです。

まずは、下記を開いて……
http://www.meijiyasuda.co.jp/personal/product/list/la/
「商品パンフレット」のパンフレットをクリックして、開いてください。

表紙の次が……
「ライフアカウントLAの特長についてご説明します」
という見開きのページになっています。

アカウントとは、勘定書、計算書という意味ですが、
この保険の場合には、「積立金」のことだと思ってください。

つまり、この保険は、積立金と定期保険の組み合わせなのです。
従って、「終身の死亡保障はない」と考えてください。
(実際には、...続きを読む

Q明治安田のライフアカウントLAの解約について

ライフアカウントLAに加入しているものです。この保険があまりよくないという内容をネットでみて自分で契約書を調べたのですがよくわかりません。見直しを考えているのですが、主契約がアカウント部分なのですよね。アカウント積立金は微々たるものです。数百円です。
定期保険特約(死亡・高度障害のとき)となっているのですが、これだけ残すことはできますか?(死亡時にでる保険額だけは残りますか?)
そうしたら、アカウント部分の数百円と定期保険特約の保険料のみで済むのでしょうか。それともアカウント部分も値段が上がるのでしょうか。システムがよくわからず質問させていただきます。どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結論から言いますと、アカウント部分と定期保険特約部分の保険料だけで大丈夫です。
アカウントの部分は終身保険になりますので、もう少し増やされはどうですか?
更新が来たらもちろん定期保険特約の保険料は上がります。

Q明治安田生命のライフアカウントLAについて

タイトルの保険に加入してますが、ただいま保険の見直しを検討中です。
①障害特約
②障害状態による特別終身特約
の二点です。
あと、この保険は主契約というのは積み立て部分になるのでしょうか。
生命保険にお詳しい方、お知恵をお貸しください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.meijiyasuda.co.jp/find/list/la_review/index.html

>主契約というのは積み立て部分になるのでしょうか。
そのとおりです。質問はそれだけ?

アカウント型というのは入ってはいけない保険です。

QライフアカウントLAについておしえてください。

1年ほど前に、会社に来ている保険会社の人にすすめられ加入したのですが、最近になりLAがあまりよくない保険との話を聞き困っています。
また、今年になり給料も下がり、保険会社のお勧めプランで入ったのですが、無駄な特約なんかも有るのではないかと思ってます。
しかし、当方まったく保険の知識がなく、ただ保険は加入しといた方がいいと思ったのでいまいち理解できないまま加入してしまったような気がします。生命保険はLA以外は入ってません。必要な保険額も良くわかりませんし... あと、月に払える保険代は10000円以内です。
ということで、
質問1 : このままLAをつづける場合保険内容でこうした方がいいとか、これはいらないなど教えていただきたいです。
----------------------------------------------------------------
保険内容
20歳 男  保険料:7900円(特約保険料7669円,アカウントへの積立金231円)
      死亡時受け取り金額 1200万円

新・生活サポート特約 終身型 100万円 月2420円
6大疾病保障定期保険特約 100万円 月267円
新・介護保障定期保険特約 100万円 月266円
障害特約 500万円 月270円
災害割増特約 500万円 月195円
がん特約III型 3000円 月180円
3大疾病無制限入院特約365日型 7000円 月1897円
7大生活習慣病入院特約365日型 5000円 月180円
入院初期給付特約 20000円 月220円
障害通院損傷特約 2000円 月750円
新・手術特約 7000円 月329円
退院給付特約 35000円 月595円
障害状態による特別終身特約(必須付加) 500万円 月100円
----------------------------------------------------------------
質問2 : LAは終身保険ではないのでしょうか?終身タイプへ変更できるとかなんとか書いてあるのですが。
質問3 : LAが微妙なら他の保険に変えてもいいので、お勧めの保険名教えてください。(終身保険がよさそうな感じがするんですが。)
               以上よろしくお願いいたします。

1年ほど前に、会社に来ている保険会社の人にすすめられ加入したのですが、最近になりLAがあまりよくない保険との話を聞き困っています。
また、今年になり給料も下がり、保険会社のお勧めプランで入ったのですが、無駄な特約なんかも有るのではないかと思ってます。
しかし、当方まったく保険の知識がなく、ただ保険は加入しといた方がいいと思ったのでいまいち理解できないまま加入してしまったような気がします。生命保険はLA以外は入ってません。必要な保険額も良くわかりませんし... あと、月に払える保険...続きを読む

Aベストアンサー

r203hfさん

r203hfさんが終身保険に加入することを否定するわけではないのですが、老婆心まで一言、二言。

●仮に、30歳の時に、400万円保障の終身保険に加入するとしたら、60歳までに総額250万円払うとしましょう。
この終身保険に20歳のときに加入しても、60歳までに総額でおおよそ250万円払うことになります。
30年かけて250万円払うか、40年かけて250万円払うかの違いです。

給料の安い今、わずかな給料の中から5000円払うか、あるいは、給料がもう少し高くなった30歳のときに7000円払うか。
どうしますか?

●「いざという時保険がないと困る」ということですが、具体的にどんなことにどれくらい困りますか?

終身保険は死亡保障保険です。お亡くなりになったときにご遺族(ご両親)に保険金が支払われます。

r203hfさんに万一のことがあった時、ご両親が、終身保険で400万円もらうのと、県民共済で400万円もらうのとどこが違いますか?

●将来ご結婚され、扶養家族ができたときに、「保険の上手な入り方ABC」 http://www.saveinfo.or.jp/life/hoken/seiho/index.html
などを参考にされ、必要が有れば、その時にあらためて終身保険を考える、ということではいけませんか?

r203hfさんの未来は、これまで生きてきた年数の3倍以上もあるのです。

r203hfさん

r203hfさんが終身保険に加入することを否定するわけではないのですが、老婆心まで一言、二言。

●仮に、30歳の時に、400万円保障の終身保険に加入するとしたら、60歳までに総額250万円払うとしましょう。
この終身保険に20歳のときに加入しても、60歳までに総額でおおよそ250万円払うことになります。
30年かけて250万円払うか、40年かけて250万円払うかの違いです。

給料の安い今、わずかな給料の中から5000円払うか、あるいは、給料がもう少し高くなった30歳のときに7000円払うか。
どう...続きを読む

Qアフラックの古いがん保険は見なおしたほうがよい?

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。

去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。

まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。

保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。

 診断給付金 100万円(85歳まで)
 入院給付金 1日1万円(85歳まで)
 がん手術特約 20万円(85歳まで)
 がん通院特約 5千円(85歳まで)
 抗がん剤治療特約 月額5万円(10年)
 がん先進医療特約 技術料(10年)

これで月額3600円です。

85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。
抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。

アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

【質問1】
現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。
これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。

【質問2】
昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?

年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通りです。
では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか?
15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか?
その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか?
確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、
将来のことも考えなければなりません。
なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。

アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。
この点は、評価して良いと思います。
フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や
21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を
発売しました。
今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には
DAYSプラスという方法で対応しているようです。
(ネットの内容が全てではありません)

終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、
残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。
(医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます)

がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、
DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。
となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、
とても重要な要素になると考えて良いと思います。
以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。

ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。

(Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?
(A)これは、微妙な問題なのですよ。
確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、
がんで死亡しなければ意味がないので、
予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。
しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。
その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは
予想されていなかったので、保険料が安価なのです。
(現在の罹患率は、2人に1人です)
今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、
保険料がとても高くなります。
スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、
この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。

平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、
では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。
今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。
今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。
厚生労働省の患者調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
表35から計算できます。
質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。

また、患者調査には、統計の落とし穴があります。
30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、
統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。
でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。
保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。
しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが
決して珍しくないのです。
だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。

どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。
でも、それを判断するためのデータは、
正しいものを集めなければなりません。
間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。

>アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。
一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は
信用できません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通...続きを読む


人気Q&Aランキング