とある講演会場で耳にした「心」というタイトルの詩です。「心は何処にあるのかな/頭かな…」という感じのフレーズを含んでいたと思うのですが、何処で発表された詩かもわかりません。どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どなたも回答されてないので、情報にもなりませんが


一応書きます。

サトウハチローさんの詩集は「ありがとう」という
日本図書センターのものを持っていますが、
それには「心」は載っていませんでした。
そのようなフレーズもありませんでした。

一冊ずつ探されるときの参考になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

masae1979さま
情報ありがとうございました。
私も、詩集は「おかあさん」「オレンヂ色のコマ」「心のうた」などあたってみたのですが、それらしい詩にまだ出会えていません(;_q)) 確か、恋愛のときにわかるといった内容だったと思います。
もしかするとサトウハチローさんの詩じゃなかったのか、はたまたタイトルが違っているのか、今となっては皆目見当もつきませんが、急ぐことでもないので、いろいろな詩集をこの機会に読んでみるつもりです。情報をいただけて本当に嬉しかったです(^-^)/

お礼日時:2002/07/18 01:04

「こころはどこにあるのかな」で検索してみたところ


新沢としひこさんの詩で似たようなのがありました。
「こころはどこにあるのかな」で検索してみてください。
でもサトウハチローさんじゃないですけどねぇ(-_-;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nami033さま
質問を目に留めていただいてありがとうございます。
さっそくサイトを検索してみました。私の記憶違い…?というほど似ている詩でちょっと驚きw(゜゜)wました!
探しているのは「わかった/恋愛のとき…」と言う感じで恋をするとわかるといった内容の詩だったのですが、ご紹介いただいた詩も本やCDになって発表されているみたいなので読んでみようと思います。またなにかお気づきの点がありましたら教えてください。
ありがとうございましたp(^ ^)q

お礼日時:2002/07/04 00:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

」に関するQ&A: 詩の書き方

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q見つめいたり、見つめいたり、何処を問わるるも・・・・・。この詩の作者と

見つめいたり、見つめいたり、何処を問わるるも・・・・・。この詩の作者と題名を教えてください。また詩の全文と掲載されている書籍も紹介していただけたら大変うれしいです。

Aベストアンサー

もしかしたら、詩人・茅野粛々の作品で「見つめ至り」、かもしれません。
わたしも、読んでみたいなと思って調べてみたのですが、
かなり古い作品のようで、それ以上はわからなかったです。
違っていたら、ごめんなさい。
古本屋さんで聞いてみるといいかもしれませんよ。
見つかると良いですね^^

Q〇〇は踊る〇〇の上(中?)踊ると言うフレーズ

〇〇は踊る〇〇の上(中?)踊ると言うフレーズが頭の中で回って困っています・・・
何かの作品の中のタイトルだったような気もするし、作品の中に出てきたフレーズだったような気もします
フレーズも正確に覚えていないので調べようがありません・・・
聞いた事ある気がする方どんな小さな事でも良いので教えてください

Aベストアンサー

「少女は踊る暗い腹の中踊る」岡崎隼人
第34回メフィスト賞受賞作らしいですね。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1824880

Q

好きな詩、気に入っている詩、印象に残っている詩を教えて下さい。
日本だけでなく、海外の方のも知りたいです。
有名・無名は問いません。
そういった詩がある方、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
私のおすすめは(#1の方も挙げられてますが)
中原中也です。
特に好きなのは「言葉なき歌」「寒い夜の自我像」「少年時」。
「狂気の手紙」なんかも面白いです。
それから中学生の時、初めて好きだと思った恋愛の詩で、
ヘッセの「恋のうた」。短いけどいい詩です。
「寺山修司少女詩集」に載っている詩も全部印象に残りました。
言葉遊びが面白いですよー。
宮沢賢治の「無声慟哭」や「永訣の朝」も、
やっぱりいいと思います。
詩って人それぞれ感じ方が違うと思うので、
もしかして全然気に入らないかもしれないんですが・・
ご参考になれば嬉しいです。

Q英詩

gooのどなたかの質問だったんですが、
Do not walkin front of me
・・・・で始まって
・・・・・・・・・・・by Albert Canns   
で終わる

英語の詩の意味ををきいていました。
私なりに解釈して なんだかすごく気に入ってしまいました。
有名な詩みたいです。

私も感想や感じたことを書き込んいたのですが
_(^^;)ゞ質問は、締め切られちゃってました。
これは、どなたの詩なんでしょう・・?
何かのストーリーの一部なんでしょうか・・?
英語は得意ではないので、日本語に訳されている本があったら教えてください。
人の質問に・・・すみみませんが、気になってしまったもので。

Aベストアンサー

フランスの超有名な作家 Alvert Camus (アルベール・カミュ)の作品というところまでわかりましたが、どの作品からの抜粋かなどは見つからなくて……。

Q中原中也の詩

中原中也の詩でタイトルがわからないものがあるので教えてほしいんです(>_<)
内容もものすごくうろ覚えなんですが、ミツバチがいて、○○がいて、○○がいて・・・みたいに、ずっくりかえしというか、連鎖しているというような感じの詩・・だったんです。
あいまいですいません。
ご存じでしたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・ハチから始まる
・ずっと連鎖していくような内容の詩
この二つの特徴のみからの憶測なんですが……
ひょっとして、中原中也ではなく、金子みすゞの「はちと神さま」だったりはしないでしょうか?

「はちはお花のなかに、
 お花はお庭のなかに、
 お庭は土べいのなかに、
(中略)

 そうして、そうして、神さまは、
 小ちゃなはちのなかに。」

こんな詩です。
まったくの見当違いでしたら本当にごめんなさい!(汗)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報