一般刑務所と交通刑務所の生活や処遇にはどんな違いがありますか。交通刑務所は一般刑務所に比べて規則が少し緩やかだったり一般刑務所にはあるコンクリートの高い塀がなかったりするのは本当ですか。また、車で人をやった場合、何パーセントぐらいの確率で交通刑務所送りになりますか。飲酒運転で人をやったら殺人罪を適用し、懲役10年以上に処すと法律が改正されると聞きましたが本当に改正されるんでしょうか。法律に詳しい人、教えて下さい。ちなみに僕は免許をとって3年になりますがなんとか無事故無違反でがんばってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 後半のほうだけ回答させていただきます。



 確かに、悪質な自動車運転に対する処罰の強化が検討されています。しかし、だからといって当然に殺人罪が適用されるわけではありません。殺人罪を構成するには、人を殺すという「故意」が必要だからです。いかに悪質でも、それが「過失」つまり不注意である限り、原則として、業務上過失致死傷罪が適用されます。ただ、「未必の故意」という、「故意」と「過失」の中間的概念が存在しますので、適用の余地が全く無いわけではありませんが・・・、難しいでしょう。
 極めて悪質な運転(例えば、飲酒運転や無免許運転等)に対して禁錮5年では軽すぎる、という意見が多いようです。おそらく、近いうちに業務上過失致死傷罪の重罰化や特別法の立法がなされるでしょう。法廷刑の上限が10年くらいになると思います。
 あなたはどうですか?現在の刑罰では軽いと思いますか?
    • good
    • 0

>高い塀がなかったりするのは本当ですか。


本当です。「開放的処遇」といって、受刑者の自立心や責任感を喚起しようとする意図で行なわれます。
そればかりか、刑務作業を塀の外の一般の工場で行なわせる「通役作業」というものもあります。バスに乗って刑務所から社会に「通勤」するわけですね。
もっとも、それには事前に厳しい審査があるわけで、誰でもというわけではないですけれど。
    • good
    • 0

すべてに回答することはできませんが、一部にのみ。



>一般刑務所と交通刑務所の生活や処遇にはどんな違いがありますか。
一般刑務所と交通刑務所とでは確かに処遇が異なり、
交通刑務所の方が諸規則がゆるやかです。

>何パーセントぐらいの確率で交通刑務所送りになりますか。
その実情は非常に低く、おおむね30%前後です。

あとよほど悪質な場合を除き、初犯でいきなり実刑ということはありません。
私が実際に傍聴した裁判などでは、
3回目の飲酒運転で懲役六月の実刑判決がありましたね。

最後になりますがこれからも安全運転を心がけてくださいね(^^
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通刑務所

埼玉県在中の人が交通刑務所に入る時は
どこの交通刑務所なんですかね?

Aベストアンサー

千葉県市原の交通刑務所です。

Q【法律・道路交通法の罰金、反則金について】質問1なぜ故意の方が懲役刑もなく罰金も安いのでしょう

【法律・道路交通法の罰金、反則金について】

質問1
なぜ故意の方が懲役刑もなく罰金も安いのでしょう?

質問2
道路交通法の罰金と反則金の違いを教えてください。
反則金って何ですか?


自動車に乗っていて、交差点に赤信号で進入してしまって、隠れていた白バイにサイレンを鳴らされ信号無視で違反切符を切られたとします。

道路交通法では
故意・・5万円以下の罰金
過失・・10万円以下の罰金又は3ヶ月以下の懲役

なぜ故意の方が懲役刑もなく罰金も安いのでしょう?

あと実際に警察官に支払った罰金は、9000円の反則金でした。

道路交通法の罰金と反則金の違いを教えてください。
反則金って何ですか?

あと本来なら罰金10万円以下のところ9000円に値引きしてくれてるってことは、もしかして、道路交通法違反の罰金はディスカウント交渉が可能ってことですか?

反則金は警察官の裁量で決めることが出来るのなら、捕まったときに8000円に負けてと言って負けてもらえるのではと思いました。

どうなんでしょう?

Aベストアンサー

罰金
 刑事罰(別の言い方をすれば、司法による刑罰)
反則金
 行政罰

刑事罰としての罰金であっても、何でもかんでも満額って訳ではなく裁判官の裁量によりディスカウント可能

行政罰は既にディスカウント済みのためそれ以上は出来ない相談

Q交通刑務所に彼が

彼が飲酒運転物損事故で自分への戒めの為に刑務所に入ると言っています。

九州福岡には交通刑務所は無いと聞きました。
一般の刑務所に入れられますか?

また、そういう所では女性っぽい男性は必ずオカマを掘られるよ!と友人が言います。
彼は身長の低く、綺麗な顔立ちで華奢です。
実際交通刑務所や、刑務所内でそういう事はあるのでしょうか・・・。
教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちはー

>自分への戒めの為

自主的に入って罰金を払うと言う
労役のことですね。

>一般の刑務所に入れられますか?

はい。一般の刑務所ですが、その中の
どこに入れられるかは、刑務所によって
違うと思います。

雑居に入れられて他の受刑者と一緒に
なるのか、独居なのかはわかりません。

>女性っぽい男性は必ずオカマを掘られるよ!

これは、よくいわれますね~
しかし、そんなことはないそーですよ。
逆にオカマがいて、いきなりアレをパクッと、
くわえられる事はあるそうなので注意は必要です!

それと、これは刑務所もそうですが集団に
なれば、どこでもイジメはあります。
それに対応可能な力がなければ、やめておいた
ほうが良いと思いますよ。

Q法律の改正前と改正後について

一般論として教えていただければありがたいです。
よろしくお願いします。

訴訟を起こしてから判決までの間で法律が変わった場合、
当初は罰則はなかったことが、判決の時には罰則が
あったら、どのように判断されるのですか?

極端な例ですが、、、、

飲酒運転をしていた人に車ではねられて
けがをしたので損害賠償の請求をしていたとします。

訴訟を起こしたときは、飲酒運転はしてはいけないという
法律はなかったけど、判決までの間に、
飲酒運転はしてはいけないと法律が新しくできたり、
少量なら飲酒運転もよい→飲酒運転は絶対にだめ
といったふうに改正された場合、
判決の時は、改正前、改正後のどちらの法律が適用されるのですか?

Aベストアンサー

”当初は罰則はなかったことが、判決の時には罰則が
あったら、どのように判断されるのですか?”
    ↑
刑罰については罪刑法定主義という大原則の適用が
あるので、行為の時の法律が適用されます。

これは、行為の時犯罪でないからと安心して
やったのに、後になって犯罪とされたのでは
行為者の自由、人権が害されるからです。

ただ、軽くなった場合や、廃止されたりした場合、
つまり、被告に有利に変更になった場合には
新しい法律が適用される場合があります。
(刑の変更)
刑法 第6条
「犯罪後の法律によって刑の変更があったときは、その軽いものによる」

”けがをしたので損害賠償の請求をしていたとします”
    ↑
民事の場合にも、行為の時の法律が適用されるのが
原則です。
しかし、民事の場合には例外が多く認められます。
どちらの法律が適用されるかについては、法律を変更した
趣旨による場合があります。
又、新しい法律の法が優れているし、現状にも合致している
ということで、新しい法律が適用されることも多々在ります。

Q交通刑務所

交通刑務所はどういう事故を起こした人が服役するのでしょうか

Aベストアンサー

 自信ありとしましたが、刑務所に行った経験はありません。「実録!刑務所のなか 別冊宝島編集部編」を読んで少しだけ知識があるのでそうしたのですが。
 大半は普通の人達だということです。あとは暴走族の人達。やったことは、飲酒運転、無免許運転、業務上過失致死などいろいろのようです。

Q憲法改正と法律改正の難易度(?)が大幅に変わる理由を教えてください。

憲法改正と法律改正の難易度(?)が大幅に変わる理由を教えてください。


法律は都度改正されています。しかし憲法は改正されるときに大きな議論を呼びますよね?
また、違法と違憲の重さの違いも知りたいです。

漠然としたしつもんで、大変申し訳ありませんが、どなかたお答えくださいますでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず「法律の改正」と「憲法の改正」は、
必要とされる手続きのレベルで差があります。

憲法以外の法律は、国会で議決が為されれば変えられます。
参議院で否決されても衆議院の2/3があればゴリ押しできる、というのは
ここ数年で何度も見たとおりです。

しかし憲法の条文に関しては特別の、より厳しい改正ルールがあります。
具体的には、

「衆議院の2/3の賛成」と「参議院の2/3の賛成」を得た上で
(衆議院のゴリ押しルールはこの場合適用されません)
「国民投票にかけて1/2以上の賛成」を得なければなりません。

このように、普通の法律に比べて改正にかかる手間や条件がキツい憲法を
「硬性憲法」と呼び、日本国憲法はこのカテゴリに属します。

これが「難易度」についての説明になるかと思います。


さて「違法と違憲の違い」についてですが、
これは使われる場面がそもそも違ってきます。

「違法」とは、憲法によって定められた立法機関である国会が定めた
「法律」に違反していることです。
これは通常、「犯罪」という形で糾弾されることになります。
殺人や傷害はもちろん、詐欺や業務上横領もこの類です。
だから「違法」行為をするのはある個人であったり企業であったり、
ときどき政府機関であったり、です。

対して「違憲」というのは、
国民のルールを定める「法律」自体が国のルールである「憲法」に違背していることをいいます。

日本国憲法には98条1項に
「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、
 詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」
という文言があります。
要するに、個別ルールはいろいろ作れるけれども、
天皇陛下といえども(詔勅もちゃんと列記されてます)憲法には逆らえない、
それが日本のルールだ、と書いてある。

にも関わらず、憲法にケンカ売るような法律が出来てしまったらどうするか。
国会を通ったなら法律の制定過程としては全く問題がない訳ですが、
その有効な法律に対して「その法律はそれ自体憲法に違背している!」と申し立てるのが
いわゆる「違憲訴訟」です。

ただ日本の場合「実際の利害関係が生じない限り裁判所は関与しない」というルールがあるので
法律自体に対する異議を直接裁判所に持ち込むのは難しく、
事件にするために(裁判所で意見を述べるために)犯罪を犯した人がいる、という状態にもなっています。

長々と書きましたが、違法と違憲はそもそも戦っているリングが違う、という点、
ご理解いただけるでしょうか。

まず「法律の改正」と「憲法の改正」は、
必要とされる手続きのレベルで差があります。

憲法以外の法律は、国会で議決が為されれば変えられます。
参議院で否決されても衆議院の2/3があればゴリ押しできる、というのは
ここ数年で何度も見たとおりです。

しかし憲法の条文に関しては特別の、より厳しい改正ルールがあります。
具体的には、

「衆議院の2/3の賛成」と「参議院の2/3の賛成」を得た上で
(衆議院のゴリ押しルールはこの場合適用されません)
「国民投票にかけて1/2以上の賛成」を得なければなりませ...続きを読む

Q一般刑務所と交通刑務所の違いで教えてください。

よくテレビ等で見かけますが保釈金を積んで出てきた等と聞きますがこれは一般刑務所での事で、交通刑務所にはこのような保釈金を積んでの保釈は有るのでしょうか?

Aベストアンサー

保釈金というのは、逮捕起訴されてから、刑が確定して刑務所に入るまで通常は拘置されます。
この、拘置の間保釈金を積めば、開放されるのです。
しかし犯罪によっては、保釈金が適用されない場合もあります。
しかし、実刑判決が出れば、刑務所に行くことになります。
また、判決が出ても、執行猶予つきの場合は刑務所に行かず、そのまま開放されます。

Q懲役刑は刑務所で勤労して罪を償うことは分かりますが、時々、禁固刑が言い

懲役刑は刑務所で勤労して罪を償うことは分かりますが、時々、禁固刑が言い渡されているのを耳にします。これは具体的にどのような状態になるのですか? 懲役刑より厳しい罰則なのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には禁固は懲役より軽い刑です。

法的には禁固年数の2倍=懲役刑
例えば禁固4年と懲役2年が罪の重さ同等という扱いになってます。
禁固5年なら懲役2年より重い罪です。


懲役刑と違って働く必要がありません。

とはいえ、暇なので自主的に働くことを希望する人が大半です(真面目に働けば仮釈放も早くなるので)。

Q交通刑務所=免許取り消し?

 交通刑務所に入るということは=免許取り消しなんでしょうか?
 あと、免許停止処分+服役を命じられたときは停止日数は服役日数も含まれるのでしょうか?
 もし停止日数が服役日数の中に含まれるなら出所後すぐに車を運転できますが、そういうこともありえるんでしょうか?

Aベストアンサー

そーです、罰として免許取り消しで罰する以上の事をすれば懲役となります。

だから、停止+懲役はありません。

服役日数は停止日数として数えられます。

出所後に、免許を再取得すればすぐに自動車の運転ができます。

Q罰則で懲役は、会社の場合は社長が懲役になる?

労働者派遣法の罰則で、1年以下の懲役または100万円以下の罰金とありますが、1年以下の懲役は、会社の場合は社長が懲役になるのでしょうか?それとも責任者でしょうか?

Aベストアンサー

「会社に対して」は、罰金刑しか与えようがありません。No.2さんの書かれたとおりです。

懲役刑は、実際に行為を行った個人について、その行為が犯罪に値すると判断されたときに個人に対してくだされます。誰が犯罪者になるかは、犯罪に値する行為は誰がしたかという問題ですから、社長が主導してやっていたら社長のこともあり、部署単位であれば責任者のこともあり、はたまた末端の担当者の独断なら担当者であることもありますし、共犯として全部挙げられることもあり得るでしょう。

会社に対する罰則とは別に同時に両方くだされることもあります(両罰規定)し、片方だけのこともあります。

あと人材派遣業は、会社じゃなくても個人事業としてもできます。個人事業の場合は「会社」がありませんから、その事業主に対して罰金も懲役も両方課すことができます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報