無線電波の送受信の原理がわかりません。教えてください。
 本で調べてなんとなくはわかったのですが、特にわからないのは様々な周波数の電波が存在している中、特定の波長だけを拾うことができるということです。
 テレビ、ラジオ、携帯電話など日常生活に欠かせないものなのに原理がわからなくて気になってます。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一番基本的な同調方式としては、コイルとコンデンサーを使ったものでしょう。

同調とは音の共鳴などによく似た現象です。たとえば音の高さの違う音叉をいくつか用意し、その近くで用意した音叉のなかの一つと同じ音の高さの音叉を鳴らすと、鳴らした音叉と同じ音のものだけが鳴り出し、他のものは鳴り出しません。このような現象を共鳴と呼びますが、電気でもこのような回路が作れます。コイル(周波数が高くなるほど電気を通しにくくなる)とコンデンサー(周波数が高くなるほど電気をよく通す)を組み合わせるとコイルやコンデンサーの値によって特定の周波数で共振(音の共鳴に相当)現象が起きます。この現象を利用して特定の電波だけをより分けているのです。色々な周波数を受信するためにはコンデンサーやコイルの値を変化させるようにすればよいので、ヴァリアブルコンデンサー(可変容量コンデンサー)やμ同調(コイルの中にフェライトの芯を入れ、芯の位置を変えることによりコイルの容量が変化するのを利用)などの方法があります。
ただし、上記の方法はあくまで基本的なもので、現在では教材用のラジオぐらいにしか使用されていません。これは、この方法では電波の選択度が悪く、周波数が接近している場合など混信を避けられないからです。実際にはスーパーヘテロダイン方式やPLL方式が主流です。

以下のURLでわかりやすい説明が見られます。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~mz8h-tkd/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考URLの内容は、私にとって難しく理解できませんでしたが、基本原理がわかったので納得です。

お礼日時:2001/01/21 23:17

 うなりの現象って、学校で実験しませんでした?二つの音叉の一方にちょっと重りをつけて、僅かに振動数を変えてやる。

そして二つの音叉を鳴らすと、ぅわああぁ~ぅわああぁ~ってなるやつ。
 テレビやケータイの場合にも、同じように、いろんな周波数の混ざっている波に、狙っている(検波したい)周波数の波を重ねてやると、近い周波数の成分だけが反応して、ぅわああぁ~ぅわああぁ~っ、てなるんです。それから高い周波数成分をカットしてしまうと、うなりの波形だけが取り出せる。この波形こそが情報を担ってるんですね。
 他にもいろいろやり方はあるんですが、ま、とりあえず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。なるほど、学校で習ったような気がします。

お礼日時:2001/01/21 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q携帯電話・PHSの届かない電波を増幅できませんか?

仕事の都合で1キロ~2キロ手前まで来ている携帯電話、PHSの電波を何とか増幅して使えるようにしたいと考えています。
技術的には可能だと思えるのですが、それに対応するような機会は売っていない
ようなんです。
PHSで窓際まで来ている電波を増幅して家のなかで使えるようにする機械も
100mくらいしか届かないとの事でした。
何とかする方法はないものでしょうか?

Aベストアンサー

携帯の電波増幅で、1,2キロは、無理かもしれません。
なぜなら、個人で1,2キロも飛ばすには電波法に基づく免許が必要の様です。
でしたら、この際衛星電話の方が良いのではないでしょうか?
衛星電話のページです。
http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/products.html
衛星電話の料金プラン
http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/ryoukin.html
これが増幅器のページですが、かなり高価ですがあまり飛ばないような感じです。
http://www.2000.co.jp/mobile/tu2.htm

Qテレビの様々な原理を説明した本

ブラウン管方式、液晶方式、プラズマ方式、
プロジェクション方式という異なる映像表示方式
の原理、およびそれらの長所・短所を詳述した
本をご存知でしたら、ご教示ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一般的な用語であれば、WEB上の用語辞典で調べられると思います。
また、同じく一般向けですが、 「テレビジョン技術のすべて」( 原田益水 著 電波新聞社 発行)という本が出ています。技術書ではありませんが、図説入りで、各方式についての解説があります。図書館でも手に入ると思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4885547245

参考URL:http://www.itmedia.co.jp/dict/

QPHSの電波をよくするには

PHSの電波のマークがよく消えることが多いのですが何かよくする方法はありませんか?

Aベストアンサー

>私のはドコモでウイルコムのほうがよいのでしょうか?
●ドコモは電波は弱く、ウィルコムは電波が強いです。しかしながら、ドコモの基地局はそのぶん、多いのです。1つの基地局で扱えるユーザー数は3ch程度です。
これは同じ周波数なので電波干渉を防ぐために基地局をいたずらに増やすことが出来ないということで、自ずと制約があります。
したがって、ウィルコムは電波が遠くまで届くが、ユーザー使用数が増えると繋がらないということになります。ドコモはその逆ですね。

かつて、どちらの方式がいいのかということで議論はありましたが、ユーザーの数がそんなに増えていないということから、ウィルコムの方が有利だと思います。

なお、#1でもおっしゃっているように、電波感度を上げるシールのようなものは何ら効果はありません。(あるのなら、メーカーで採用してます)

Q電波の波長を調べる機器

電波の波長を調べる機器というのは市販されているのでしょうか?

受信機Aと発信機Bがあるとします。AとBが同じ部屋にある場合と、違う部屋にある場合では、電波の強さ(波長)が変わってくると思うのですが、その違いを数値で知りたいのです。

ブルートゥースを使った機器とかでないかな?と思い探したのですが、なかなか見つかりませんでした。

なければ自作しようかとも思っています。
よろしければ、参考になりそうなHPや本なども教えていただければ有難いです。

Aベストアンサー

> 電波の強さ(波長)が変わってくる

これの意味が良くわかりませんが、強度が知りたいのだと仮定します。
「電界強度計」をキーワードにして調べてみると良いでしょう。

ただし、電界強度計は、製品になっているものは業務用がほとんどで、
価格が高かったり、個人には売ってくれなかったりします。
一部、盗聴器の盗聴波検出器やUHFの電波チェッカーなど
一般用に売っているものもありますが、これらは特定の周波数帯の
電波しか計測できません。

自作でしたら、秋葉原の秋月電子がキットを販売しています(測定帯域:1MHz~300MHz)。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00034/
http://www10.plala.or.jp/suzulan/field_intensity_meter.htm
http://www.nazo-fjt.com/elehobby/kousaku/denkai/denkai.htm

QPHSのアンテナが、家のすぐ近くにたったんですが、雷や電波障害、、、

PHSのアンテナが、家のすぐ近くにたったんですが、雷や電波障害、身体への影響などいろいろ心配です。いい意見きかせていただければ、、

Aベストアンサー

心配されるのは判りますが、携帯電話はご自宅にありますか?
 PHSの電波の届く範囲はっと区手も1km程度、携帯は20~30km、つまり、電波の出力はどちらが大きいのでしょうか。PHSは病院内で使用できるものもあり、あまり気になされない方がいいと思います。

Qパラボラアンテナから出る電波の周波数の測定方法

1~2mくらいのパラボラアンテナで、衛星通信の送受信に使われてるものなのですが、
そのパラボラアンテナから出ている送信電波、受信電波の周波数を測定するには、どのような器具でどういう方法を取ればいいのでしょうか?
また、測定に必要な費用、時間はどれくらいでしょうか?
また、送信電波、受信電波の波形も測定する方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

測定する目的は何でしょうか。
目的によってはわざわざ測定する必要が有りません。

スペクトラムアナライザで調べます。
安いものでも200万円ぐらいします。
http://www.home.agilent.com/agilent/product.jspx?nid=-33812.0.00&cc=JP&lc=jpn&pageMode=SC

送信の電波と受信の電波は電力が5~6桁も違うのでそのままでは見る事が出来ません。
二つの信号のレベルを同じぐらいにする必要が有ります。
送信電波は電力が大きいのでその一部を取り出して測定すればいいのです。
その為には方向性結合器又は分岐器を使用します。

受信電波は弱いので増幅器が必要です。
増幅器の入力に送信電波が混入すると増幅器が壊れるので、対策が必要です。
その為には方向性結合器とバンドパスフィルタなどを使います。

波形を見たいのであればオシロスコープが使えますが、衛星通信の周波数を直接見ようとすると数100万円するオシロスコープが必要です。
ただし、波形が複雑な為、オシロスコープの波形がどういう意味が有るのかを理解する事は困難です。
このような場合はリアルタイムスペクトラムアナライザを使用します。
こちらの方は安いもので600万円ぐらい、普通は1000万円を超えます。

測定する目的は何でしょうか。
目的によってはわざわざ測定する必要が有りません。

スペクトラムアナライザで調べます。
安いものでも200万円ぐらいします。
http://www.home.agilent.com/agilent/product.jspx?nid=-33812.0.00&cc=JP&lc=jpn&pageMode=SC

送信の電波と受信の電波は電力が5~6桁も違うのでそのままでは見る事が出来ません。
二つの信号のレベルを同じぐらいにする必要が有ります。
送信電波は電力が大きいのでその一部を取り出して測定すればいいのです。
その為には方向性結合器又は分岐器...続きを読む

QPHS電話の電波

PHS電話は外出時持ち歩いても電波が弱く使い物にならないのでしょうか?また車などの移動中、都市部以外などには弱いのでしょうか?

Aベストアンサー

アステルの時代から-DDI-現ウイルコムへと
PHSをずっと愛用しています。
確かに電波が弱いから使えないといったことは
昔ありましたが、
現在ではなんら不便を感じません。車で市外通行中もかかってきますし、通話も出来ます。(運転者が私の場合は勿論電話に出ませんが)
何より音声がクリアで通話料も安くお奨めです。
電波が微弱なので、医療の現場でもしようされていますし、災害時に強いとの事で、東京消防庁も採用しています

参考URL:http://phs.gozaru.jp/

Q梃子の原理とコロの原理の関係

の間には何か関係がないでしょうか。はりがねのように細いものと丸太のように太いものだったら重量が同じとすれば丸太のほうが転がりやすいように思うので、そうだとすればこれは梃子の原理と関係があるのかと思いました。

Aベストアンサー

 コロが慣性モーメントと関わっている点で、梃子の原理と関係しているといえるかとおもいます。

 凸凹のないまっ平らな床面でコロを使ったとします。
 そのコロの材質が同じならば、細いコロの方が転がりやすいと思います。
 理由は、運搬物の下にあるコロのすべての慣性モーメントは細いほうが小さく、運動エネルギも小さいからです。

 コロを使わずに、物体を摩擦のある床面で運んだ場合、運び手は常に摩擦力に打ち勝って仕事をしなければなりません。そして、そのときの仕事は摩擦力の分だけ減じられていて、この分が無駄になります。
 一方、コロを使った場合は、物体と床面との間の摩擦力がなく、その代わりに、コロを回転させて移動させなければなりません。その損失分は、コロの運動エネルギになっていて、これはコロの質量と慣性モーメントが小さいほど少なく済みます。(その意味では、コロは運搬による損失分を摩擦力からコロの運動エネルギ分へと変換させる道具となっているといえるかもしれません。)
 コロは細くなるほど必要とするコロの本数は増えますが、それよりもコロの質量と慣性モーメントが減少する割合は大きいので、全体としては、細くなるほどコロの運動エネルギは小さくなるといえます。
 そのため、理想的な状況では、細いコロほど運ぶのが楽だと思われます。
 実際、運搬物をコロ2個で運ぶ状況と、小さなベアリングがたくさん付いたレールの上を滑らせる状況を考えてみると、この違いがよく分かると思います。

 コロが慣性モーメントと関わっている点で、梃子の原理と関係しているといえるかとおもいます。

 凸凹のないまっ平らな床面でコロを使ったとします。
 そのコロの材質が同じならば、細いコロの方が転がりやすいと思います。
 理由は、運搬物の下にあるコロのすべての慣性モーメントは細いほうが小さく、運動エネルギも小さいからです。

 コロを使わずに、物体を摩擦のある床面で運んだ場合、運び手は常に摩擦力に打ち勝って仕事をしなければなりません。そして、そのときの仕事は摩擦力の分だけ減じ...続きを読む

Q携帯電話とPHSの電波の違いについて

この度、仕事で必要に迫られてMobile Phoneを持たなければならなくなったのですが、以前、といっても7,8年前の話ですが、携帯の電波は地下では使えないということで、地下鉄内では使えないという話を聞いたことがありますが、今でもそうなのでしょうか?それとPHSは地下でも使えるそうですが(青い表示を見かけます)、PHSの電波は動いているもの、例えば電車の中では届かないということを聞いたこともあります。そうすると地下鉄内ではいずれも使えなくなってしまうとおもうのですが、現在ではどうなっていますでしょうか?もちろん電車内でかかってきたらそこでは話をせずに、駅で降りてかけ直すなりのマナーは守りますが…。

Aベストアンサー

今は、ほとんどの地下鉄駅構内で携帯電話・PHSが使えます。
ただし、名古屋は地下鉄駅のホームではわざと使えなくしてあります。(PHS・FOMAを除く。ボーダ3Gは不明)

本題の、走行中の地下鉄で使えるかどうかですが、携帯電話もPHSも使えません。
理由は、地下の中は電波が伝わりにくいため、特殊な方法を使う必要があり、莫大な工事費がかかるからです。

電車内での携帯使用は世間の風当たりが強いため、通信事業者が莫大な工事費を投入するとは思えないので今後も状況は変わらないと思います。

Q無線通信でのベースバンド周波数とキャリア周波数の関係

無線通信でデジタル情報を送る場合、送りたいデジタル情報(ベースバンド)の周波数と搬送波(キャリア)の周波数はどのような関係があるのでしょうか?ベースバンドのデジタル情報(1,0)を多くすれば、ビット幅が狭くなるので、占有周波数帯が広くなるのは分かります。しかし、そのことと、キャリアの周波数との関係がいまひとつわかりません。ベースバンドの周波数を高く(デジタル情報を多く)するには、キャリアの周波数も高くする必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

占有帯域が広がると低い周波数では、多くの人が使えないので
高い周波数での使用が有利となります。

400MHzでの20MHzは、5%ですが、2.5GHzでの20MHzは、0.8%で
同じ占有周波数帯でも、周波数によって占める割合が違うと言う意味
です。

技術的な面から言うと、20MHzを5人で使った場合、400MHzでは、
合計25%の帯域のシステムが必要で、2.5GHzでは、4%となり、
システムを作る方としても、高い周波数の方が作りやすくなる
と言う事もあるかもしれません。

参考まで


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報