Lotusでは、下記のようにA列に計算式・B列にA列の計算式をコピーして、計算結果を表示でき、またB列はA列にリンクしているので、A列の数字を変更すれば自動的にB列の計算結果も変わるります。Excelでのやり方がわかりません。わかる方どうか回答よろしくお願いします。
   A列     B列
  100*10     1000
  100*9      900

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは



 以下のページがご参考になるのでは?

【エクセル技道場】-関数-特定セルの数式表示
http://www2.odn.ne.jp/excel/waza/function.html#S …

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/excel/
    • good
    • 0

仰っている事が良く飲み込めないのですが、こう言う事でしょうか?


エクセルのツールバーのツールからオプションを開き、表示のタブの下の方にあるウインドウオプションの数式にチェックを入れます。
すると、セルには数式が表示されます。
次にこれらのセルをアクティブにして、右クリック→コピーとし、貼りつけたいところで右クリックから形式を選択して貼り付け→数値とします。
こう言う事だと思うのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0

質問の内容を取り違えていたら、ゴメンナサイ。


Excel で、他のセルの内容をそのまま表示させたいのであれば、
A B
1 100*10 =A1
2 100*9 =A2
のように、入力しておきます。
そうすれば、A列の計算式や内容を変更すれば、常に、B列にA列と同じ内容が
表示されます。
A列の内容を使った自動計算という意味であれば、
例えば、
A B
1 100*10 =A1*2
2 100*9 =A2*2
のように入力してやれば、B列には、A列の結果を倍にした値が表示されます。

以上、何か参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

↓のホソクですが、Lotus とは計算式が確かに違います


    • good
    • 0

 Lotusを使ったことがないので、Lotusのことはよく解りませんが、書かれている計算なら、Excelでは下記のような表現で出来ます。


 A B C
100 10 (=A*B)=100
100 9 (同上)= 90

すなわち、この場合C列に =A*B と言う式を入れておけば、A、Bの数値を変えても常に新しい結果を表示します。 ExcelとLotusで使い方が、こんなに違うのでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qgroovy は今でも使用されていますか

groovy という単語は、(レコードの)「溝」から来たそうですね。Simon & Garfunkel の歌にも Feeling Groovy という副題の歌がありました。また、名詞groove も、What a groove! などと使えるようですが、この groovy という単語、今でも英語圏で頻用されているのでしょうか。
私は93年にオクラホマの高校で教育実習生としていましたが、現地の高校生は Cool としか言わなかったように思うのですが、最近の事情をご存じの方、お教え下さい。

また、このように、使用頻度を確認できるコーパスのようなサイトがありましたらご紹介下さい。

Aベストアンサー

Gです。

もし子供に'Dad, you lived in a groovy era"と言われたら、groovyは時代に生きたではなく、恐竜の時代に生きていたんだよ!古い、古い!、と言われているんですね。

ですから、あの時代(35年前)を笑うコメディーで使われたりはしますが、日本語の最近死語と言われるようになった単語と同じレベルだと思ってください。

意味が分かる程度では、使われるとはいえないと思いますよ。 ま、意味がわからない20代の人入るかもしれませんね。知ってても、「吾が輩は」を知っているけど、使わない、と同じですね。

なお、私も、Groovyと言われていた時には生きていましたよ。 <g>

Q【EXCEL】数式=SUM(A1*B1+A2*B2+・・・+A100*B100)を簡略化したい

お世話になります。

今Excelで、A1~A100とB1~B100まで数値が入っています。
セルC1に「=A1×b1」、C2に「=A2*B2」…C100に「=A100*B100」と入力しました。
そしてセルC101に「SUM(C1:C100)」と入力して合計を出しました。
(実際はもっと複雑な計算なのですが、説明の為に簡略化しています)

そうすると、計算結果セルが多く発生するためファイルサイズが莫大になってしまうのと、それを数千行×6列以上を一気に計算するとXPのリソースが足りないと出て計算できません。
なので2~3列ずつ何回も数式コピペを繰り返すことになっています。

そこで【別セルに掛け算をしてから全部SUMで足す】のではなく【1つのセルに掛け算とSUMを組み込む】という事を考えて
=SUM(A1*B1+A2*B2+・・・+A100*B100)を
を入力しようとしたのですが、数式が長すぎて四苦八苦です。

この式、なんとか簡略化できませんか?

Aベストアンサー

積の合計なら
=SUMPRODUCT(A1:A100,B1:B100)
でいいのでは?

Qイオン式と組成式と分子式の違いについて質問です。 化学式とは〜式の総称だというのはわかるのですが、

イオン式と組成式と分子式の違いについて質問です。
化学式とは〜式の総称だというのはわかるのですが、
組成式と分子式、イオン式の違いがよくわかりませんでした。
これは表すものが違うことで生じた名称なのでしょうか?
それとも同じものでもそれぞれの式で表せるのでしょうか?
後者が当てはまる場合はそれぞれの式で表した場合の違いを具体的なもので教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

イオン式 イオンを表すときに用いる式 H+ (SO4)2- 等。

組成式 物質の元素構成について重点を置いて表す式、FeC3(セメンタイト、鉄と炭素の合金、分子として存在はしていない)、P2O5(五酸化二リン、実際の化合物の分子はP4O10)。

分子式 分子の元素構成を表す式、P2O5(五酸化二リン)の実際の化合物の本当の分子式はP4O10で十酸化四リン。

化学式の中でも、イオン式はイオンの電荷の状態を表す必要があるため組成式や分子式とは異なるが、
複雑な構造の分子のイオン状態を表そうとした場合、イオン式か分子式か組成式かの呼び方が曖昧になってきます。

組成式と分子式の違いも不明瞭ことがありますね、
セメンタイト等の金属材料の析出物は、ある結晶構造を持つが”分子”という形態を取らないため組成式でしか表せないことが多いです。

また、上記で例に出した五酸化二リンは、分子的には十酸化四リンが正しいが、慣用的に五酸化二リンと用いられることが多いです。
他に、分子の構造を表すことに重きを置いた構造式(数種有り)や、
実験式(構造や組成を確かめる途中の元素構成をアバウトに表した式)等がありこれは組成式に近い表し方をします。

何を表すかによって、式を使い分けている部分がある。
明確な区分が存在していない部分もある。
慣用的に昔からだから…という部分もある。
化学の分野によって、特に、構造式、分子式、組成式と断らなくても通じてしまう部分がある。

中高の教科書で教わるような基本的なことなのですが、曖昧に使い分けていることが時々ありますね。

イオン式 イオンを表すときに用いる式 H+ (SO4)2- 等。

組成式 物質の元素構成について重点を置いて表す式、FeC3(セメンタイト、鉄と炭素の合金、分子として存在はしていない)、P2O5(五酸化二リン、実際の化合物の分子はP4O10)。

分子式 分子の元素構成を表す式、P2O5(五酸化二リン)の実際の化合物の本当の分子式はP4O10で十酸化四リン。

化学式の中でも、イオン式はイオンの電荷の状態を表す必要があるため組成式や分子式とは異なるが、
複雑な構造の分子のイオン状態を表そうとした場合、イオン式か分...続きを読む

QExcel2013 VBA A列とB列の文字をA列とB列とC列に移動させる方法

A列とB列に文字が入っているのですが、下記のようにA列とB列とC列に文字を移動させたいです。
(A列の数字は必ず奇数のA列に入っています。)
VBAのコードを教えて下さい。

例えば
A1 1  B1 cat
A2 空白 B2 猫
A3 空白 B3 dog
A4 空白 B4 犬
A5 2  B5 whale
A6 空白 B6 クジラ
A7 3  B7 rabbit
A8 空白 B8 ウサギ

とデータがある場合

A1 1  B1 cat  C1 猫
A2 空白 B2 dog  C2 犬
A3 2  B3 whale  C3 クジラ
A4 3  B4 rabbit C4 ウサギ

としたいです。

実際、データは、A5196まであります。

Aベストアンサー

No.1です。

>実際、データは、A5196まであります。

前回のコードは一つずつカット&ペーストしていますので
かなりの時間を要すると思います。
↓のコードに変更してみてください。

Sub Sample2()
Dim lastRow As Long
lastRow = Cells(Rows.Count, "B").End(xlUp).Row
Application.ScreenUpdating = False
With Range(Cells(1, "C"), Cells(lastRow, "C"))
.Formula = "=IF(MOD(ROW(),2)=1,B2,"""")"
.Value = .Value
.SpecialCells(xlCellTypeBlanks).EntireRow.Delete
End With
Application.ScreenUpdating = True
MsgBox "完了"
End Sub

少しは短縮できると思います。m(_ _)m

No.1です。

>実際、データは、A5196まであります。

前回のコードは一つずつカット&ペーストしていますので
かなりの時間を要すると思います。
↓のコードに変更してみてください。

Sub Sample2()
Dim lastRow As Long
lastRow = Cells(Rows.Count, "B").End(xlUp).Row
Application.ScreenUpdating = False
With Range(Cells(1, "C"), Cells(lastRow, "C"))
.Formula = "=IF(MOD(ROW(),2)=1,B2,"""")"
.Value = .Value
.SpecialCells(xlCellTypeB...続きを読む

Qイオン反応式・組成式の表記の仕方の違いについて

私は今高1で化学Iを勉強しています。

そのなかの組成式で持った疑問についてです。


化学反応式やイオン反応式や電離式では

化学反応式の例) 2H2O2→2H2O+O2

イオン反応式の例) 2Ag^+ +Cu→2Ag +Cu^2+


組成式の例) 酸化ナトリウム Na^2O  ※ナトリウムイオン Na^+  酸化物イオン O^2-


化学反応式イオン反応式や電離式では化学式の係数がその式のもっとも簡単な整数比を表して

いますよね?

ですが組成式ではその式のもっとも簡単な整数比を表している所は元素記号の右下ですよね?


なぜ簡単な整数比を表しかたがそれぞれ違うのですか?

これはただの決まりなのでしょうか?
 

Aベストアンサー

イオン反応式や電離式は化学反応式の一種。
化学反応式というのは、
ある化学反応について、反応物や生成物を化学式で書いて矢印で結び、係数をつけてその反応する比をあらわしたもの。

組成式は化学式の一種。
カテゴリの違うものを比較しようとしても意味はないですね。

QA列とB列の重複を抽出したいのですがA列とB列の値は一部だけ同じ文字です。ご教示お願いします。

エクセル初心者です。重複を見つけるのが仕事です。いろいろやってみたのですがうまくできません。
お知恵をお貸しください。

A列には企業名が入力されています。
B列にも企業名が入力されていますが全く同じ文字ではないのです。

たとえばこういうことです。
A1 (有)雪見酒      B1  雪見
A2 株式会社豪雪地帯   B2 (株)豪雪地帯
A3 ゆきかき本舗     B3 (有)ゆきかき本舗

A列にある企業名とB列にある企業名が同じであればセルを塗りつぶすか○を表示させるように
したいのです。
重複を見つけるのが目的なので、ほかの方法でもかまいません。
すみません、A列のセルとB列のセルが全く同じ名前ならば重複が見つけられたのですが
ここから先がどうしてもわからないのです。。。
申し訳ありませんがどうか教えてください。。。

Aベストアンサー

No4です。以下のマクロを標準モジュールへ登録してください。
--------------------------------------------------
Option Explicit
Public Sub 重複チェック()
Dim maxrow1 As Long
Dim maxrow2 As Long
Dim row1 As Long
Dim row2 As Long
Dim nameT1() As String
Dim nameT2() As String
Dim t1, t2 As Variant
t1 = Time
maxrow1 = Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).row '最大行取得
maxrow2 = Cells(Rows.Count, "B").End(xlUp).row '最大行取得
ReDim nameT1(maxrow1)
ReDim nameT2(maxrow2)
Range("C1:" & "D" & maxrow2).Value = ""
Call makeTable(nameT1, "A", maxrow1)
Call makeTable(nameT2, "B", maxrow2)
For row1 = 1 To maxrow1
For row2 = 1 To maxrow2
If Cells(row2, "C") = "" Then
If Mymatch(nameT1(row1), nameT2(row2)) = True Then
Cells(row2, "C").Value = "○"
Cells(row2, "D").Value = row1
End If
End If
Next
Next
t2 = Time
MsgBox ("チェック完了 処理時間=" & Minute(t2 - t1) & "分" & Second(t2 - t1) & "秒")
End Sub
'余分な文字を削除した結果をテーブルに格納する
Private Sub makeTable(ByRef nameT() As String, ByVal col As String, ByVal maxrow As Long)
Dim row As Long
Dim ary As Variant
Dim name As String
Dim i As Long
ary = Array("㈱", "(株)", "株式", "(有)", "有限", "会社")
For row = 1 To maxrow
name = Cells(row, col).Value
For i = 0 To UBound(ary)
name = Replace(name, ary(i), "")
Next
nameT(row) = name
Next
End Sub
'企業名が一致かどうか判定する
Private Function Mymatch(ByVal name1 As String, ByVal name2 As String) As Boolean
Mymatch = False
Dim pos As Variant
pos = InStr(1, name1, name2, vbTextCompare)
If pos > 0 Then Mymatch = True
End Function
-----------------------------------------------------
一致の精度が悪ければその旨補足してください。
(一致すべきものが一致しない、一致してはいけないものが一致している)
100%解決できる保証はありませんが、多少のチューニングは行います。

No4です。以下のマクロを標準モジュールへ登録してください。
--------------------------------------------------
Option Explicit
Public Sub 重複チェック()
Dim maxrow1 As Long
Dim maxrow2 As Long
Dim row1 As Long
Dim row2 As Long
Dim nameT1() As String
Dim nameT2() As String
Dim t1, t2 As Variant
t1 = Time
maxrow1 = Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).row '最大行取得
maxrow2 = Cells(Rows.Count, "B").End(xlUp).row '最大行取得
ReDim ...続きを読む

Q示性式について

組成式がCH2O
分子式がC2H4O2
となった物質がありました。
その物質はカルボキシル基を持っていたそうなので、
-COOOを組成式と分子式に足した結果、
組成式が方が-CH2OCOOOと
分子式の方が-C2H4O2COOO
という示性式が出来上がったのですが答えは
CH3COOO
となっていました。

示性式とはどの式にカルボキシル基を足すものなのでしょうか?
それとなぜ組成式と分子式に足す場合に元のOが消えている気がするのですがなぜでしょう?
組成式、分子式、示性式CとHとOはどの順番に並べてもいいものなのでしょうか?

ご回答の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、カルボキシル基は-COOHです。-COOOではありません。
そして、組成式というのは原子の個数の比率しか表しておらず、実際の構造を考える直接のヒントにはなりません。
分子式がC2H4O2ということですので、この物質は炭素原子2個、水素原子4個、酸素原子2個でできています。
「○○基を持つ」とは、分子を構成する原子がどのように結合していたかのことです(これは日本語力の問題)。
C2H4O2にさらに-COOHがつくのではなく、C2H4O2のうち一部の原子のつながりが特定できたと言うことです。
よって、C1個とH3個は未確定ですが、-COOHだけは確定です。
このあと-COOHの左につながる原子を考えるのですが、
HをつなげてしまうとH-COOHで完結してしまい、分子式C2H4O2になりませんからこれは違います。
ということでCをつなげます。C-COOHとなり、Cの残った結合の手にさらに3つ水素が結合できますから
CH3COOH、分子式にしてC2H4O2となって題意を満たします。

高校化学の構造解析は所詮パズルです。楽しみましょう。

組成式、分子式はC,H,Oの順に書くのが慣例で、
示性式は特定の官能基を目立たせて書く物ですから、その官能基がわかるように書かねばなりません。
官能基がわかれば性質がわかる、だから示性式と言います。

まず、カルボキシル基は-COOHです。-COOOではありません。
そして、組成式というのは原子の個数の比率しか表しておらず、実際の構造を考える直接のヒントにはなりません。
分子式がC2H4O2ということですので、この物質は炭素原子2個、水素原子4個、酸素原子2個でできています。
「○○基を持つ」とは、分子を構成する原子がどのように結合していたかのことです(これは日本語力の問題)。
C2H4O2にさらに-COOHがつくのではなく、C2H4O2のうち一部の原子のつながりが特定できたと言うことです。
よって、C1個とH3個は未...続きを読む

Q例えば、AさんからGさんまでがA列に縦に並んでいてB列に数字が入っています。B列にある数字の合計をA

例えば、AさんからGさんまでがA列に縦に並んでいてB列に数字が入っています。B列にある数字の合計をA-Gさん別々に出したいんですが簡単なvbaの記述方法はないでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

A列のA~Gさんは複数存在しているのでしょうか?
そうであればSUMIF関数で対応できると思いますが、VBAをお望みだというコトですので
一例です。

元データはSheet1にあり、Sheet2に表示するとします。
尚、Sheet1の1行目は項目行でデータは2行目以降にあるという前提です。
標準モジュールにしてください。

Sub Sample1()
Dim lastRow As Long, wS As Worksheet
Set wS = Worksheets("Sheet2")
wS.Cells.ClearContents
With Worksheets("Sheet1")
.Range("A:A").AdvancedFilter Action:=xlFilterCopy, copytorange:=wS.Range("A1"), unique:=True
lastRow = wS.Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).Row
With Range(wS.Cells(2, "B"), wS.Cells(lastRow, "B"))
.Formula = "=SUMIF(Sheet1!A:A,A2,Sheet1!B:B)"
.Value = .Value
End With
End With
End Sub

こんな感じではどうでしょうか?m(_ _)m

こんばんは!

A列のA~Gさんは複数存在しているのでしょうか?
そうであればSUMIF関数で対応できると思いますが、VBAをお望みだというコトですので
一例です。

元データはSheet1にあり、Sheet2に表示するとします。
尚、Sheet1の1行目は項目行でデータは2行目以降にあるという前提です。
標準モジュールにしてください。

Sub Sample1()
Dim lastRow As Long, wS As Worksheet
Set wS = Worksheets("Sheet2")
wS.Cells.ClearContents
With Worksheets("Sheet1")
.Range("A:A...続きを読む

Q回帰式と近似式について

回帰式と近似式の違いについてどなたか教えてください。
回帰式とは最小二乗法で求めた式(1次式に回帰して?)、近似式とは実測値に基づいてなんらかの方法で算出した式の事でしょうか?数学の知識に乏しいのでよくわかりません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2です。補足質問にお答えします。

> 予測値と実測値の差は 回帰式<近似式 なのでしょうか?

ちょっと意味不明です。

もう一度整理してみます。
まず回帰式と近似式は別物と考えた方がいいです。
y=f(x)という関数(理論式又は経験式)が有るとします。

関数そのものは判っているが、複雑で取り扱いが面倒なので
実用的に差支えが無い程度に簡略化して使うというのが近似式です。
No.2であげた例がそれにあたります。

次に関数の次数はわかっているが係数が判らない時又は全く何もわからない場合に
実測値又は実験値から元の関数を推定するのが回帰式です。
これは統計的処理というか数学的(算数的)処理で行います。

さらに
理論値・・理論式がわかっている場合
予測値・・普通は経験式がわかっている場合
実測値・・説明の必要は無いでしょう
近似値・・近似式で値を求めた場合、
  又はまるめを行った場合:例えば円周率πを3.14で近似

最後に、無理やり解釈すれば回帰式は理論式又は経験式の代用品という意味では
近似式の仲間に入ると言えなくも無いでしょう。
真ならずとも遠からず・・ですね。

No.2です。補足質問にお答えします。

> 予測値と実測値の差は 回帰式<近似式 なのでしょうか?

ちょっと意味不明です。

もう一度整理してみます。
まず回帰式と近似式は別物と考えた方がいいです。
y=f(x)という関数(理論式又は経験式)が有るとします。

関数そのものは判っているが、複雑で取り扱いが面倒なので
実用的に差支えが無い程度に簡略化して使うというのが近似式です。
No.2であげた例がそれにあたります。

次に関数の次数はわかっているが係数が判らない時又は全く何もわから...続きを読む

QA列が空白なら、計算式の入っているB.C・・~列も空白で表示する方法。

A列に対して、B.C・・~列にそれぞれ違った式が入っています。
A列が空白だと、B列#N/A、C列1 ・・・と、それぞれ答えが返ってきます。
今までは、各B、C・・列に「A列が空白の場合は表示しない」設定を「条件付書式」を使ったり「IF(ISERROR・・」の関数を使ったり
無い知恵と知識を振り絞って悪戦苦闘の末、1列1列・・こつこつ設定していたのですが
「もっと簡単な方法があるのでは??」と都合のいいことを考えました。

しかし、恥ずかしながら私には知識が無いもので、そんな事が出来るのか、また仮に出来るとしても方法がわかりません。
関数でも、条件付書式でも、何でもかまいません。
指定したセルが空白の場合、そのセルに対して数式が入っている他の複数セルにも何も表示しないように一発で出来るようにするには、
どうすればいいのか教えて頂けませんか?
98です。出来るだけ簡単な方法がありがたいです。
余談なのかもしれませんが、B列にはVLOOKUPの関数、C列には「A列内の数字+1」と言う式が入っています。
C列はA列に0と入力しても、空白でも1という答えが返ってきてしまいます。そこでA列が空白の場合答えが表示されないようにしたいのです。)
宜しくお願いします。

A列に対して、B.C・・~列にそれぞれ違った式が入っています。
A列が空白だと、B列#N/A、C列1 ・・・と、それぞれ答えが返ってきます。
今までは、各B、C・・列に「A列が空白の場合は表示しない」設定を「条件付書式」を使ったり「IF(ISERROR・・」の関数を使ったり
無い知恵と知識を振り絞って悪戦苦闘の末、1列1列・・こつこつ設定していたのですが
「もっと簡単な方法があるのでは??」と都合のいいことを考えました。

しかし、恥ずかしながら私には知識が無いもので、そんな事が出来るのか、また仮...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の「もっと簡単??」、「一発で出来る」という事と解釈して回答しますので、相違していれば読み捨て下さい。
(1)対象範囲を選択
(2)選択された状態で数式を入力、完了時にctrl+enterキー同時に押下して下さい。
   一例ですが以下のようになります。
   =IF(セル<>"",VLOOKUPやセル+1の数式,"")
   セルが""(空白)でなければ数式を実行、空白ならば空白を設定。
為参考.B列はVLOOKUP関数の為、検索値が見つからない場合は#N/Aが戻りますので、IF(COUNTIF(検索範囲,A1),VLOOKUP数式,"")とする方法もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報