最新閲覧日:

最近よくSKAを聴くんですが、SKAの定義って何なのでしょう?
俺がよく聴くのはDISPORT、NO DOUBTとかです。
ホーンが入っていればSKAだ、というのも聞きますが、
SHAKA LABBITS なんかもSKAだと思うのですがホーンは入っていませんよね?

どなたか明確な定義をご存知でしたら教えていただきたいです。

A 回答 (2件)

「スカ(SKA)」はジャマイカで生まれました。

50年代末にその芽は出てきますが、62年のイギリス植民地からの独立により、本格的なジャマイカのレコード産業と「スカ」の歴史が始まったと言えます。

「スカ」は1959年に録音された、クルー・J&ヒズ・ブルース ・ブラスターズのインスト「シャッフリング・ジャグ」が、最初のレコードとされています。「スカ」という言葉は、ブルース・ブラスターズのリーダー、クールエット・ジョンソンが「ギターをもっと「スキャ」っと弾いてくれ!」と言ったので、後に「スカ」と命名された…という、まさに単純明快な名前で「スチャ・スチャ」と弾くギターのカッティング・リズムから由来しているのです。

その後、1962年頃スタジオ・ワン専属のセッション・バンドとして、かの有名なスカタライツが結成、スカをジャマイカに定着させるきっかけとなります。そして、何といっても最大のヒットといえば、ミリー・スモールの『マイ・ボーイ・ロリポップ』(64年)につきます。スカのジャマイカン・ミュージックの世界への初浸透作でもありました。

この頃のスカは「オリジナル・スカ(ORIGINAL SKA)」と呼ばれ、60年代に入ってジャマイカを支配するニュー・トレンドとなり、66年頃までその勢いが失われることはありませんでした。ジャマイカの民衆は、もはや、R&Bのコピーではなくジャマイカ自身の音楽を求めていたのです。豪快なドラムとジャズ系のフレーズを多用するベースを中心に、特有なカッティングのギターやピアノをフィーチャー。そして、これらのバックにのるダイナミックなホーン・セッション。このホーンこそ、オリジナル・スカの魅力の一つであります。

スカの定義となると、基本的にはあのギターの裏打ちのカッティングが底辺にあるジャマイカ音楽という事になるのでしょうか。ホーンは大きな魅力の一つですが、入ってなければ「スカ」ではない、というものでもありません。カントリーにフィドルが多く使われますが、フィドルはカントリー・ミュージックの大きな魅力の一つではありますけれど、フィドルが入らないとカントリーと呼ばれないかというと、決してそんなことはありません。
    • good
    • 0

 はじめまして


 曲のジャンルってあってないようなものなんですよ
 本当はリズムの違いなんです。または曲調
 ハードロックとヘビメタも普通の人はどっちでもいいんです
 SKAはリズム的には、「ん・ちゃ・ん・ちゃ」てな具合・・・・
 これじゃわからないよね~
 最近だと、ホワイトベリーが「夏祭り」歌ったでしょ、
オリジナルがジッタリン・ジンっていうバンドなんだけど、それとスカパラダイスオーケストラ比べてそっくりなとリズムがあるのでそれがSKAです
 断言できないけど・・・・・
 GLAYのジャンルは「やさしさロック」って言ってたし・・・(イカ天(いかすバンド天国)出た時)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ