19世紀後半から20世紀はじめのSF作家といえば、ジュール・ヴェルヌ、H・G・ウエルズ、コナン・ドイル、ヒューゴー・ガーンズバックが有名ですが、それ以外にどういうSF作家がいましたか。
この4人以外のそのころのSF作家の例を教えて下さい。
なるべく古いSF作家をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本では押川春浪でしょうね。

明治時代。
それからは海野十三。
作家の横田順弥さんがこの方面についての労作をかなり著しています。ウィキペディアでまず見てみましょうね。

この回答への補足

ウィキペディアの「サイエンスフィクション」を見ましたので、それ以外のSF作家を教えて下されば幸いです。

補足日時:2007/06/06 23:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 23:21

古いといえば、フランスのヴィリエ・ド・リラダンの小説「未来のイヴ」(1886年)ではじめて「アンドロイド」があらわれますね。


チェコ・スロバキアの作家カレル・チャペックは1921年に「R.U.R ロッサムの万能ロボット会社」という、史上初めてロボットが登場する戯曲をかいてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お答えして頂きありがとうございました。
情報をどうもありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/06/06 23:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q19世紀末のイギリス、ロンドンの食生活&服装

失礼致します。

19世紀末のイギリス、ロンドンの貴族社会の服装や
庶民の食生活&服装などの詳しい資料が欲しいのですが、
お勧めのサイトは無いでしょうか?

検索で調べてみたのですが、
詳しく載っているHPに、なかなか辿り着けません。

金欠で資金が余りないので、
できれば本ではなく、HPで調べたいのですが、
19世紀末頃のイギリス、ロンドンなどの詳しい資料が
載っているサイトを知っていたら、教えてください。

貴族&庶民の食生活(料理や食材)や
服装の詳細が知りたいです。

Aベストアンサー

中央図書館など大きめなところへ行けば、予約の順番待ちをせずに、詳しい本を借りたり閲覧できるのではないかと思います。いちばんコアなのは国会図書館でしょう。

ちなみに、パッと思いつくものでは、『ロンドンの恐怖 切り裂きジャックとその時代』にそうしたものが載っています。なんといいますか、「19世紀ロンドンの服装や食生活」という大義名分のもと、切り裂きジャックという「俗っぽい話」を語っている感じではあり、題材が題材なだけに、あまり読み込んでいると暗くなってくるのですが、それなりに興味深いです。その他、図書館で問い合わせれば、いろいろと紹介してくれるでしょう。

Q現代最高の海外SF短編作家

「現代最高の海外SF短編作家」というフレーズで
聞いたことがある作家がいたのですが、名前を忘れてしまいました。
アメリカかイギリス人で、現役の方です。

Aベストアンサー

現代最高の海外SF短編作家と言えば、ジェイムズ・ティプトリー・Jrだと思います。でももう亡くなってるんですよね。

Q19世紀のフランスでの服装。

学芸会の衣装について質問です。今度学芸会で「ああ無情」を演ります。まだ中学生なので自分たちで作るのにも限界があるし、かといって買う、または借りるのも金銭的に厳しいです。なので日頃私たちが着ている服を使った代用法などがあったら教えてください。
・舞台…フランス
・時代…18~19世紀 です。

軽く登場人物の説明をします。
・出獄したての男
・市長(男)
・少し裕福な娘
・貧乏な女性
・継母に虐げられている女の子
・軍人(男)
・あまりお金のない弁護士(男)
・貧乏な宿屋(男・悪役)
・その妻と子供(男女)
・ごろつき(男)
・司教さま(男)
・その妹
・そこに仕えている召使い(男)
・お婆さん
・警官(男女)

これが大まかな登場人物です。
参考になるような絵・写真類、今の服で代用できるといった案があればうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

大作に挑戦されるのですね。ぜひがんばってください!

鹿島茂著「『レ・ミゼラブル』百六景」という本には挿絵がたくさんあり、
資料としてとても役に立つと思いますよ。
お近くの図書館に蔵書がないか調べてみてください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163415505/qid=1130405707/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-4020244-1838630

ご存知だとは思いますが、
「レ・ミゼラブル」は何度も映画化されていますから
ビデオを借りてきてみんなで見てみるのも有効かもしれません。

お手持ちの洋服でどうにか工夫できると良いですね。

Q19世紀ぐらいの中国を舞台にした小説

タイトルどおり、19世紀ぐらいの中国を舞台にした小説を探しています。

歴史小説や偉人をモデルにした重たい文学ではなく、ライトノベルまでは行かなくてよいですが、
小説、と言う感じの物が好みです。

今まで読んだ中では一応ラノベですが 藤木凛 「上海幻夜」 が好きでした。

ジャンルはシリアスでもホラーでも恋愛でも何でもよいです。
ダークな感じの小説だとすごく嬉しいです。

よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

時代が19世紀ではありませんが、質問者さまが例に挙げている『上海幻夜』も20世紀前半なので、その時代の中国を舞台にした小説をご紹介させていただきます。

生島治郎
・紅真吾シリーズ『黄土の奔流』『夢なきものの掟』『総統奪取』『上海カサブランカ』
・林愁介シリーズ『上海無宿』『明日なき者たち』
伴野朗
・山城太助シリーズ『上海スクランブル』『上海伝説』『上海発奪回指令』
井上尚登
・伊沢修シリーズ『T.R.Y.(トライ)』『T.R.Y.北京詐劇(ペキン・コンフィデンシャル)』
山崎洋子
『魔都上海オリエンタル・トパーズ』『炎精(かげろう)』
カズオ・イシグロ
『わたしが孤児だったころ』
岡江多紀
『上海ブルース』
島村匠
『上海禁書(シャンハイ ノワール)』
藤咲淳一
『上海哀儚』
藤田知浩 編
『外地探偵小説集 上海篇』

19世紀が舞台というと時代小説になってしまいますが、2冊ほど。
生島治郎『幕末ガンマン』
佐伯泰英『上海 交代寄合伊那衆異聞』

Q19世紀のドイツについて

19世紀(プロイセンからドイツ統一頃)の
農民や労働者階級など、一般庶民の服装や食生活、生活スタイルを
知りたいのですが、それらに関して詳しい資料や本があれば
教えてください。できれば、イラストなどイメージしやすいものが
記載されているものがよいのですが……。
貴族の服装や髪型などの参考資料はよく目にするのですが、
一般人の史料はなくて困っています。

Aベストアンサー

例えば丸善のような洋書をたくさん置いている本屋に行って
「ドイツで出版されている、19世紀後半を舞台にした挿絵入りの本」
を探すのが簡単でしょう。

例えて言いますと、イギリスにおける「シャーロック・ホームズ シリーズ」のような本です。このシリーズには19世紀後半から20世紀末に雑誌に連載された時の『その時代に描かれた」挿絵が豊富にありますので、『イギリスについて』の
「農民や労働者階級など、一般庶民の服装や食生活、生活スタイルを知りたいのですが、それらに関して詳しい資料や本があれば教えてください。できれば、イラストなどイメージしやすいもの」
に該当します。

子供向けの絵本でも、その目的に適合するものがあると思われます。ドイツ語に堪能でなければ、絵本コーナーの方が探しやすいでしょう。
「ドイツ語の絵本」を片端から探しましょう。

また、東京・大阪・京都にしかないのですが、ドイツの文化に触れることが出来る施設として
「ゲーテ・インスティトゥート」
があります。

東京の施設が一番大きく、備えている図書の量も一番多いと思われますが、ここに足を運んでスタッフに相談すれば、目的に合う本を一緒に探してくれると思いますよ。
大阪と京都のゲーテ・インスティテュートも、一定量のドイツの書籍を所蔵しているようです。

例えば丸善のような洋書をたくさん置いている本屋に行って
「ドイツで出版されている、19世紀後半を舞台にした挿絵入りの本」
を探すのが簡単でしょう。

例えて言いますと、イギリスにおける「シャーロック・ホームズ シリーズ」のような本です。このシリーズには19世紀後半から20世紀末に雑誌に連載された時の『その時代に描かれた」挿絵が豊富にありますので、『イギリスについて』の
「農民や労働者階級など、一般庶民の服装や食生活、生活スタイルを知りたいのですが、それらに関して詳しい資料や本があ...続きを読む

Q19世紀のイギリスの長編小説…

 19世紀のイギリスの長編小説で、面白いオススメのものありましたら、教えて下さい。
 

Aベストアンサー

そりゃあ、何と言ってもブロンテ姉妹の作品じゃないでしょうか。どれも良いですよ~♪

シャーロット・ブロンテの「ジェイン・エア」や「教授」、エミリー・ブロンテの「嵐が丘」。有名ですからお読みになったかも知れませんけどね。

アン・ブロンテの「ワイルドフェル・ホールの住人」も是非お読み下さい。

Q19世紀にノーベル賞があったら誰が受賞したでしょうか

19世紀にノーベル賞があったら誰が受賞したでしょうか

ノーベル賞は、20世紀になってから始まりましたが、
19世紀にもしノーベル賞があったら、
誰がどの賞を受賞したでしょうか?

Aベストアンサー

仮定の話なのでよくは分からないけど・・・
個人的には・・・
E.ジェンナー:種痘の開発(医学生理学)
アヴォガドロ:分子仮説提唱(化学)
M.ファラデー:電気・磁気についての近接作用論の提唱(物理)

・・・は、その後に与えた影響が非常に大きいと思われるので・・・!
(当時、仮に受賞されるとしても、M.ファラデー(の場合)受賞は辞退されるのでは!?・・・と思っている)

Qプロ作家と新人作家の境界線

ここに投稿すべきか迷いました。

プロの作家と新人作家は、どのように分けられますか?
短く、単純な質問ですが、お願いします。

Aベストアンサー

すみませんが、なぜそういう質問をなさるのか、意図が読み取れません。

新人であっても、「プロ」意識を持っていれば、プロ新人作家です。
また、作家活動を本業としていなければ、「プロ」ではないということもあります。

なぜ「プロ」という言葉に拘るのか、そのあたりのニュアンスを展開していただけますか?

もし、あなたが文筆業で身を立てたいと考えているのであれば、自分がプロであるかそうでないかが分かるのは、死ぬ間際でそう。

Q19世紀のギリシャ王国について

19世紀のギリシャ王国について
19世紀のギリシャ王国の王が
ドイツ人がしていたようですが、
詳しい歴史を是非、教えて下さい。

Aベストアンサー

ドイツ人というのは語弊があります。当時はドイツという国がありません。
バイエルン王子・オットー(オトン)です。彼は女狂いで有名なルトウィク1世の息子でバイエルン国王・マクシミリアン2世の弟です。つまり、狂王として有名なルトウィク2世の叔父です。

Q女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関

女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関係ボロボロなどが、いいです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

湊かなえ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報