『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

5月に信号機の無い交差点で、車(当方)原付(相手)の出合い頭の事故
を起こしました。
互いに30K/m以下での衝突でしたので、相手は頚椎捻挫・打撲・挫傷で全治2週間の診断、当方は無傷でした。
運転者としての、一通りの義務は果たしたと思います。
が、共済の担当者が相手のご家族を激怒させてしまったようです。
相手の一時停止義務違反に起因する事故なので、被害者請求する
ように要請したのが原因らしいのです。
一方的な被害者と信じていたので、よほどショックだったのでしょう。
自由診療なので、3回の通院で10万円を超えているようです。
かなりこじれているようで、興奮した声で被害者が夜間に私の自宅に
、個人的にでも治療費を払うように要請されたこともありました。
驚いたことに、共済の担当者までもが、私に個人的に支払う意思が
あるかどうか、と打診してきたりしました。(理由は長くなるので
省略します)
このような状態ですので、過失割合や物損にまで話が進まない状態
です。
相手も私と同じ共済で、それぞれ担当者がいます。
なので、私のクルマは自腹でなんとか走れるようにだけしてもらって
使用しています。
私は早く示談して、修理費の半分でもいただきたいのですが、相手の
感情があれだけこじれたら示談どころではないかなと、不安なのです。
来週残りの半分も自腹で修理していただくことにしています。
30万以上かかります。
物損の話は最初の1週間で立ち消えて、治療費が宙に浮いています。
私は加害者の立場なので、しばらく傍観する予定です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

タチの悪い被害者が使う手ですね。


JAの共済担当ですか?はっきり言って示談の素人ですよ。
すぐに見舞金もって行きました?そのことも怒っている原因では?
時すでに遅しですけど。

ご存知とは思いますが、示談交渉は本人交渉が基本です。
それだと、拗れやすいので間に保険会社が入るのです。
しかし、保険会社は少しでも値切りたいものです。
それに激怒されたのでしょう。
それと相手が悪かったのだと思います。

私が経験したなかで、一番効果のある手法ですよ。(被害者として。)
保険会社の担当者との交渉は、当事者が嫌と言えば断れます。
私も断りました。直接相手と交渉したかったからです。直接出向き、直接話せば交渉の余地があるからです。数回来られれば、加害者には精神的に追い詰められます。

そのパターンに嵌っているようです。でも、この方法は合法ですので避けて通れません。また、自分の保険会社も交渉には付きあってくれないでしょう。
示談したいとこちらから言ってはいけません。相手の思う壺です。
放置すべきです。しっかり治療してから示談しましょうとか。治るのを待つのですよ。仮に被害額が増えれば、自由診療をしたとしても、どうして保険を使わず自由診療をここまで進めたのか?と最終支払いの時に自由診療の半分しか支払い義務が生じなくなるので(裁判などで訴えられた場合)相手はかなりの痛手です。
とにかく相手と会わないことと、交渉を後回しにするのが基本です。その上で共済から支払ってもらいましょう。見舞金も出さないなら最後まで出さないほうがよいです。たかられますよ。
最後は裁判で訴えてくるのを待つくらいのほうが良いです。それだけの勇気が相手にあるか見ものです。最後に、支払いは共済になります。

これでどうでしょうか?

この回答への補足

共済側の印象は、とにかくお金を払いたくない一心のようです。
治療費は最終的に自賠責から出るので、それほど熱心ではありません。
問題は最初から私の修理費にあるよで、そのためにおかしな構図に
なっているようです。
同じ共済の同じSAなので、相手側担当・当方担当の二人がかりで修理費
圧縮かもみ消しをはかろうとしているかのような印象さえ持ってしまいます。

補足日時:2007/06/09 05:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は全●共済に加入しています。安いので・・
おっしゃるとおりだと思います。
担当者が逃げ腰で、相手が図に乗っているようなのです。
最後には少額訴訟も考えています。
本当に野放しにはできないほど危険な運転者なのです。

お礼日時:2007/06/09 05:52

 同じ共済ということですが、共済側の不手際が感じられますね。


 確かに人身部分の処理においては過失の大きい側が主導で行われます。相手側の過失が大きいのであれば、相手側が自ら自賠責保険に被害者請求するのが筋です。とはいえいきなりそんなことをいわれたら混乱することになります。こちらの担当者が伝える前に相手の担当者から「こちらの方が過失が大きい」と伝えておけば避けられたトラブルだと思われます。また「自由診療なので」ということですが、このあたりについても相手側担当者に相談がなかったのかなぁと思ってしまいます。通常であれば、窓口負担を抑える意味でも、自賠責を有効に使うためにも健康保険を使うことをお勧めしますね。

>私は早く示談して、修理費の半分でもいただきたい…
 確かに質問者さんの認識しているように、過失割合等で合意ができなければ賠償金を手にすることはできません。しかし質問を読む限りでは過失割合自体で争っているとは感じられませんが…事故からかなり日が経過しているようですが、本当に過失割合で合意ができてないのかも確認をとる必要があります。
 今回質問者さんには車両保険がありません。こういった場合に自己負担が出ることや、賠償問題でトラブった場合に一時的にしろ相手の負担分の立替が必要になることはわかっていたはずです。今更立替があるから…とは言ってほしくはないですね。

この回答への補足

立替自体はなんとも思っていないのですよ。
5月29日以降は、相手方にも共済側にもコンタクトは敢えてとっていません。
共済側も加害者側もスジが通らない話ばかり私に持ってきます。
特に共済の担当者は、私の通勤時間帯に(相手はその時間を知っています)家族に重要な話があると電話してきて、一晩気をもまてから、どうでもいい話をしてきます。
なので、こちらへの連絡はファックスだけでお願いしてあるのですが
それ以来パッタリ連絡はありません。
相手方も相当たちが悪い印象ですが、こちらの共済担当も言葉遣いは
慇懃無礼なほど丁寧で、意味はチンピラヤクザ並で、精神的にまいっています。

補足日時:2007/06/09 08:34
    • good
    • 0

直進同士、同幅員、同速度、単車側に一時停止の標識あり。


この場合の基本過失割合は単車65、車35となります。(別冊判例タイムズ16)
この過失65%がネックで、通常は任意保険会社は動きません。
そこで自賠責に被害者請求を、となったものと思います。

>私は加害者の立場なので、しばらく傍観する予定です。

それでよいと思います。
保険会社に全てを任せれば良いのです。
保険上は加害者ですが実質は被害者です。(保険では怪我をした方が被害者となります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。
道交法でもケガをさせたほうが被疑者になるのですね。
事故検分の警察官からも、表面上はそのような扱いをうけました。
しかしながら、切符は切られず行政処分は無いようです。

お礼日時:2007/06/09 05:43

丁度よいサイトがあったので参考にしてください。



参考URL:http://www.interq.or.jp/silver/s883/jikowariai.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/06/09 05:44

信号の無い交差点での出会い頭での事故の責任割合は、交差点に進入する時点での関係で双方のスピードが同程度で進入なら2:8(一時停止側)を基準に、重過失等が有れば修正することになるので基本的に相手の過失の方が大きいと思われます。

相手が原付で貴方が車なので3:7(原付)が基本割合となると思われます。つまり貴方が加害者という認識は間違いです。
怪我をしたからと被害者意識を持っているんでしょう。こういう時のための保険ですから、保険会社に任せましょう。
相手があまりうるさく言ってくるようなら、上記の説明をしてください。録音しておいて警察に届けることも視野に入れておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
当該事故担当の警察官には相談しました。
それも踏まえたうえで被害者調書をとるとのことでした。
録音も視野にいれたいと思います。

お礼日時:2007/06/09 05:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人身事故後の流れについて

先日友人が人身事故を起こしてしまいました。
友人があまりにも気にしているので(今まで無事故無違反だったため気が気じゃないようです)今回質問させていただきます。

事故の経緯ですが、仕事のため友人は会社の車に乗っていました。
十字路にさしかかる前一旦停止があるのに気づき、速度を緩め(停止はしなかったようです)左右を確認し、障害はないと感じ進んだそうです。
しかし、友人から見て右手の優先道路にはバイクが走っていて、友人の乗った自動車の後方にバイクがぶつかりバイクに乗っていた方が怪我をされたというものでした。
その後友人は被害者が運ばれた病院へ謝罪しに行くと被害者は全治3週間の脱臼だとおっしゃっていたようです。
被害者とそのご主人は「気にしないで。」と優しかったそうですが・・・。
ここでお聞きしたいのは、友人はこれからどのような処罰が与えられるのでしょう。
いろいろ調べましたが、結果が出るのにはかなりの時間がかかるようですね。
ちなみに事故時に警察の事故係の方から「思ったより被害者の怪我がひどいので事情を聞きたいから数日後に呼び出しがあるので警察署まで来てください。」と言われたそうです。

教えていただきたいのは、刑事・行政上(民事は保険屋さんがなんとかしてくれるようなので)の罰金・免許証から引かれる点数や免停や違反者講習について、今後起こりうる可能性の高い流れです。
長々と書きましたが、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

先日友人が人身事故を起こしてしまいました。
友人があまりにも気にしているので(今まで無事故無違反だったため気が気じゃないようです)今回質問させていただきます。

事故の経緯ですが、仕事のため友人は会社の車に乗っていました。
十字路にさしかかる前一旦停止があるのに気づき、速度を緩め(停止はしなかったようです)左右を確認し、障害はないと感じ進んだそうです。
しかし、友人から見て右手の優先道路にはバイクが走っていて、友人の乗った自動車の後方にバイクがぶつかりバイクに乗っていた方...続きを読む

Aベストアンサー

前置きしますが、人身事故は過失割合に応じて双方に処分が行くのが基本です、過失の高い方方に行く事がほとんどですが。
行政処分は行政庁(公安委員会)が処分決定します、刑事処分は検察庁(検事が起訴し裁判所に処分検討さします)のです、必ずしも、行政処分・刑事処分があるとは限りません、行政処分だけで、刑事処分が無い(不起訴)場合もあります。と言うのは過失割合にもよりますし、相手が「厳罰を望まない」と警察に離していれば、刑事処分は減刑される事があります、早く示談に持ち込めるのも良い手かと思います。

行政処分
・安全運転運転義務違反        2点
・全治3週間 友人の原因の事故
   専らの事故全治3週間(21日)    6点
・一時停止が原因の事故と警察・友人
  が認めれば、一時不停止       2点(今回は加点されないと思いますが)
よって、最悪は 10点 60日の免許停止(講習は2日 23000円)
一時不停止は取られないと思うので、8点 30日(講習は1日 13800円)の免許停止かと思います、最悪の事を考えておいた方が、気分的には楽ではないでしょうか?

刑事処分
 20万~50万(最高)とされています。

相手が人のよさそうな人なので、こまめに今のままお見舞い・謝罪等続ける事が一番いいでしょうね。

http://rules.rjq.jp/jinshin.html (人身事故)
http://rules.rjq.jp/gyosei.html  (行政処分)

前置きしますが、人身事故は過失割合に応じて双方に処分が行くのが基本です、過失の高い方方に行く事がほとんどですが。
行政処分は行政庁(公安委員会)が処分決定します、刑事処分は検察庁(検事が起訴し裁判所に処分検討さします)のです、必ずしも、行政処分・刑事処分があるとは限りません、行政処分だけで、刑事処分が無い(不起訴)場合もあります。と言うのは過失割合にもよりますし、相手が「厳罰を望まない」と警察に離していれば、刑事処分は減刑される事があります、早く示談に持ち込めるのも良い手...続きを読む

Q人身事故を起こしましたが、罰金の通知が来ません・・・。どうしてでしょうか?

今年1月19日に物損事故を起こしてしまったのですが、後になって相手方が痛いと仰られたので、
2月8日に人身事故に切り替えでの現場検証と、警察に行って状況の説明をしました。
その時に警察の方に、「裁判所からの出頭命令が必ず来るから行くように」と言われました。
しかし、ずっと待っているのですがなかなか通知が来ません。
もう警察に行ってから2ヶ月と2週間程度になります。

相手方は全快し、車も双方共に直りました。
免許の点数も、6点の減点で違反者講習を受けてきました。
(2点が安全運転義務違反、4点は人身事故による付加点数です。私の過失は軽い、との事でした。)
後は、罰金だけだと思うのですが、一向に来ないのです。

周りの人に聞けば「罰金は来ない事もある」だとか「忘れた頃に来るよ」なんて意見ばかりで、スッキリしない気分です。
この手の話にお詳しい方や、同じような経験をされた方、アドバイス頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

幸い軽症の事故のようですし、不起訴処分になったのではないでしょうか?
既に違反者講習と点数の減点の通知が来ているのであればおそらく請求は来ないと思いますよ。罰金→減点の順で通知が来るはずです。
検察が不起訴処分を出した後に公安から減点処分が下ると思いますので。
安心したいのであれば、事故を担当した警察署の担当の方に電話して聞いてみればいいかと思います。回答していただけるはずです。

Q人身事故を起こしました。再度事情聴取をされるのはなぜでしょうか?

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければならなくなった。というのですが、このようなことはどうのような理由からなのでしょうか?検察庁に書類をあげる2日前に連絡が来ました。正式な交差点での事故と見なさず、横断歩行者妨害ですのでしたし、幸い御相手の怪我が軽傷でしたのであなたはラッキーでしたよ、と先日の事情聴取で担当の警察の方がおっしゃたので、安心したのですが、電話の呼び出しの理由は、横断歩行者妨害ではなく、信号無視とみなされるので、再度・・・と。同じ警察の方からの連絡でしたが、担当する方によって(上の方々の判断によって)このように再度聴取必要ということがあるのでしょうか?定義や明確な基準はないのでしようか?初めてのことで全く無知なので、詳しい方のご意見をお聞かせいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければな...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけの事なんです。

同様の接触事故を経験しました。
この経験から書かせていただきます。

再度の警察からの呼び出しですね?
堂々と応じましょう。
これ、稀にあります(再度の現場検証)書類の不備や不明な点があるんでしょう。
別段気にする事はありませんよ。
事実関係だけを確認すればいいだけです。
しかし、実際に在った事実だけを主張してください。
自己弁護が許されてるとは言え虚偽の主張や申告はいけません。
現時点で質問者さんが申告した内容と違ったりしてる場合もありますから、そんな時には「そこは違います」と主張してください。
卑屈になって「何もかも私が悪いんです」なんて言う事ありませんよ。
開き直りと言われるかもしれませんが、そうではありません。
事実確認の説明と逆切れの開き直りは根本が違いますから。。。

「呼ばれたから来ました」「お世話かけて申し訳ないです」って調子でいいです。
車の正面に当たったのか?側面に当たったのか?など事実とは相違があれば否定してください。

赤信号で停止線を超えると「信号無視」になるので、信号のある交差点でしたので「横断歩行者妨害」ではなく「信号無視」の扱いとなったのでしょう。

恐らく最初は「横断歩行者妨害だね」ってなってたのに「ん?よくよく見たら信号機のある交差点じゃね?」「横断歩道上だよね?」「じゃあ信号無視じゃん」「あらホントだ横断歩行者妨害じゃねぇじゃん」ってな会話があったかどうかは分かりませんが、どうせこんな事の流れでしょうね。

んで「検察に上げる書類、信号無視の件として上げよう」ってなったんでしょう。

「歩行者妨害」と「信号無視」ではどちらかと言えば「信号無視」の方がキツイんですよ。
どうせやるなら「キツイ方にしちゃえ」的な感じになったんでは?と思われるでしょうが、そうでは無いでしょう。

「事実」としては「赤信号で停止線越え」ですからキツクする為ではなく「事実関係」としての書類作成は役所ですから当たり前の話なんですけどね。。。

事実は事実ですから。。。

だったとしても、この事実を受け止め、堂々としてればいいんです。
(被害者の前で堂々としちゃダメよ)

今後の予定としては。。。

検察の「査問委員会」なるトコロから「来てね」って手紙が届きます。
これは再度の確認と自己弁護の場です。
検察官が警察より提出された書類の内容に「相違ないか?」ってのと「なんか申し開きある?」ってのが趣旨です。

この場では「自己弁護主張」しても「いい場」なので、言いたいことはキチンと言いましょう。
「示談は済んでる」「相手の怪我は全治一週間である」「誠意ある謝罪は行った」などなどです。
(質問者さんにとって有利な事はどんどん言いましょう)
勿論、件の書類も確認して「ん?コレちょっと違うんじゃね?」ってトコがあったら「この部分は事実と違います」と主張してください。

やっちゃいけないのは虚偽と横柄な態度。
「存在しなかった事実=虚偽」の主張なんかしないでください。
(当たり前ちゃ当たり前だけどね)
そして、反省はしてる態度で臨んでください。
(卑屈になる事はないです)

この日のうちに罰金が確定して罰金の支払いをします。

免停は別の処理で、後に交通センターとかから呼び出しがあります。
恐らく「90日免停」でしょうね。
まあ、程度が軽いので「60日」かもね。
交通センターとかで再度「事実確認」をします。
まあ、ここまで来ると「違う事がある」なんて事はありませんけどね。
で、90日コースなら二日間、60日コースなら一日半、の講習&試験を受けます。
講習をキチンと聞いてれば「合格間違いなし」程度の試験です。
この試験に合格すると免停期間の「30日分」が免除されます。
90なら60に、60なら30になるって事です。

事故に於いて「軽い重いは問題ではない」んですけど、今回の事故は程度から考えると「軽い」方です。
(だからって「そんなもんだ」「よくある事さ」って受けてちゃいけませんよ)
逆に「重大な事故にならなくて幸いだった」「これで、打ち所が悪くて死傷事故だったら」って思ってください。
相手が高校生とか若い人だと少々転倒しても「平気x2」って調子でしょう。
これが高齢者だと「ちょいと転倒」で「死」に到る場合もあります。

今後は安全運転するようにすればいいです。

こんな事を書くのは如何かと思いますが、、、
「大した事故でなくて良かった」です。
(これは他人である立場の人間が言う事ですけどね)

これから色々面倒な手続きや免停などの「拘束」もあります。
まあ「一つ勉強」だと思って粛々と取り組んでください。

私も似たような事故をしました。
もう20年近く前ですけど。。。
当時は相当に凹みました。
今では「いい勉強になった」「いい経験をさせてもらった」と思っています。
(その後の安全運転に役立っています)

これからが色々面倒です。
どうか御身体御自愛ください。

質問とは関係無いことまで(余計な事)書きましたが、関連する事項なので、参考までに読んでください。

御参考になれば幸いです。

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけ...続きを読む


人気Q&Aランキング