サッカーはどうして始まったんでしょう?
どうして現在のやりかたになったんでしょう?
「イギリスで始まった」「最初は市と市の対戦だった」
「首を持って走った(ホント?)」
「最初は、現在の箱のゴールがなく、ゴールはエンドラインだった」
とかって聞いたんですが・・。
何も知らなくて申し訳ありませんが、知ってる方いましたら教えて
もらえませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

hirokaさんがご質問されている点も含め、中世のサッカーから近代サッカーへと変化していった歴史や、歴史や宗教を背景としたヨーロッパと南米の間のサッカー観の違いなど、わかりやすく紹介した本として、



後藤健生『サッカーの世紀』(文春文庫, 2000年)

という本があります。参考にしてみてください。

この回答への補足

ありがとうございます!さっそく本屋に買いに行きます。
もしサッカーの大体のはじまりと大体の現在にいたる変更が
わかったとしたら、最終的には、
<現在までのある時点で「ゴールはコートのエンドライン」
だったものが、どうして「ゴールは(両エンドラインに置いて
ある)四角い箱」に変更されたのか?>(そこの経緯)
をとっても知りたく思います。
ご紹介頂いた本に、そこの辺りが載っているといいなぁ・・
と思います。

補足日時:2001/01/26 01:28
    • good
    • 0

ほぼ余談として、ラグビーの起源およびサッカーとの関係について、以下のページに面白い記述がありました。



参考URL:http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/152 …

この回答への補足

アドバイスありがとうございます!とってもわかりやすい口調で
書かれているホームページですネ!教えていただいてよかったです!

補足日時:2001/01/26 01:28
    • good
    • 0

詳しいことは知りませんが、イタリアでも中世にカルチョという名の町と町の戦いがあり、ボールを相手の町にいれた方が勝ちというルールだったとか聞いたことがあります。

ボールと言っても牛の頭?とかそんなものだったらしいです。現在のボールの原型は牛の膀胱だと聞いたこともあります。そんなわけでイタリアでは現在でもサッカーのことをカルチョと呼びます。
イギリスが起源とされるのは、19世紀末イングランドの学生達が当時イギリスやヨーロッパ?ではやっていたフットボールの統一ルールを創ったからだと読んだことがあります。当時は手を使って良いルールといけないルールが混在していて、このとき手を使う派と使わない派に分かれ、サッカーとラグビーになったらしいです。
確かサッカー派はフットボールアソシエーションという組織で、これが現在のイングランドサッカー協会になったのだと思いますが。
ラグビー派はラグビー校の学生達が中心となって立ち上げたからその名になった?
というのは妄想かな?

この回答への補足

回答ありがとうございます!わかりやすい言い方で教えてくださり、
(頭の悪い私にとって)大変助かります!

補足日時:2001/01/26 01:26
    • good
    • 0

現在の形になったのは詳しくは下記URLを見ていただくとわかります。


で始まりなんですが、確かに大昔町ぐるみの対抗戦だったようです。ということはフィールドは町と町の間でゴールはお互いの町のなかにあったということになります。またさらにさかのぼると人の首を蹴って遊んでいたのが起源だとも言われています。
サッカー自体はいろんな人によって行われていましたが
とくにパブリックスクールで紳士のスポーツとして盛んに行われていました。それぞれが独自のルールを持っていたようです。もしかしたら何回までは手を使ってもイイとかのルールがあったかもしれませんね。これがラグビーの始まりだったのかも?
それで紳士を自称する彼らフットボーラーの代表が話し合った結果統一ルールを作ろうということになり、世界で初の公式ルールができました。ここからもイギリスがサッカーの母国とも言われるのがわかります。ちなみに現在までにルールはかなり変わってきています。

長くなりましたが僕が知っているのはこれぐらいです。もっと詳しく知ってる人がいると思いますのでもうしばらく待ってみたらどうでしょうか。

参考URL:http://www2.dokkyo.ac.jp/~msemi005/sotsuron18/sp …

この回答への補足

「mt-yama」さん、ありがとうございます!
そうですかぁ・・。やっぱ人の首、蹴ってたんですね・・。
チョット怖いですけど昔の人はたくましかったですからね。
あと「現在までにルールがかなり変わってきています」
ってこと、教えていただいてヨカッタです。私が最終的に
わかったらいいなぁと思うのは、「kick_a」さんのとこにも
書きますが、
<現在までのある時点で「ゴールはコートのエンドライン」
だったものが、どうして「ゴールは(両エンドラインに置いてある)
四角い箱」に変更されたのか?>(そこの経緯)
だからです。
「kick_a」さんにも本をご紹介いただいたので、そこに載っている
ことを期待して読んでみたいと思います。

補足日時:2001/01/26 01:25
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴールデンゴール、シルバーゴールを7月1日から廃止!?

私はサッカーは少々嗜みますが、専門家ではありません。
さて、
「FIFAの国際サッカー評議会が競技規定からゴールデンゴール方式、シルバーゴール方式を7月1日から廃止することを決定した。」

・・・とさきほどWEB上のサッカー関連ニュースを見ていて確認しましたが、廃止となった経緯や理由は何なのでしょう。
そこには説明がなかったものですから・・・。

やっとこのルールが定着してきたように思えてならないのですが・・・。

トーナメント戦ではまた昔のように正規の延長・PKで勝負をつけることになりますよね?
オリンピックやワールドカップの予選や本大会にも影響しますよね?

サッカーに詳しい方、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 理由としては、本来のルールから派生してさまざまな新ルールが出来てしまったので、ここで本来のルールに戻そうという事があったようです。

 ただ、延長VゴールなどJリーグから生まれたルールもあるので、大元であるFIFAの権威を守る為に、その権威で一度リセットするとも受け取れますね。

Qどうして日本人はゴールが決めれないの?

何年もサッカーやってて、どうして日本人はゴールが決めれないの?足が短いとか身体的特徴なのでしょうか?ジーコも足短そうだけどシュート決めれますよな。。

Aベストアンサー

昔、そうですねぇ、10年くらいまえでしょうか。
サッカーのシュート練習において、日本とヨーロッパで決定的に違う点を知りました。

普通、日本ではシュート練習の最後にキャプテンが
「ラスト~!あと5本!」
とか言って、最後の5本を蹴って終わるじゃないですか。
最後の1本だけ決まらなければもう一回やったりもしつつ。
これが、ヨーロッパでは違うらしいんですよ。
仮に「ラスト~!あと5本!」と誰かが言ったとしたら、
選手は5本決めるまで終われないらしいです。

ようするに、日本では蹴ることに意味があるんですが、ヨーロッパでは決めることに意味があるんです。
特にサッカーのことを詳しいわけではありませんが、これは「なるほど」と思いました。
そういえば、先日のサッカーの試合で中田が「1本打っても決まらなければ100本売っても同じ」と言ったとかいわないとか。
まさか90分戦うことに意味があるとか思ってないよね日本代表の皆さん!?
さすがに今はヨーロッパ型の練習をしていますよね?ジーコさん!!?
そういや東京オリンピックでしたっけ、「参加することに意味がある」とかいう標語もありましたかねぇ。
まぁなんて日本人らしいこと。

まぁ、他にも色々あるでしょうけど。
外国人が柔道で日本人に勝てない理由を考えると、やはり歴史もあるでしょうし、単純にサッカー人口や、国民性ももちろんあるでしょう。
また、20年前にはサッカーでメシを食っている人がいなかったので、今活躍している人の年代の大部分はサッカーに全力をかけようと思っては居なかったでしょうから、その時点でもまだまだでしょう。

・・・というのが素人の私の意見。

昔、そうですねぇ、10年くらいまえでしょうか。
サッカーのシュート練習において、日本とヨーロッパで決定的に違う点を知りました。

普通、日本ではシュート練習の最後にキャプテンが
「ラスト~!あと5本!」
とか言って、最後の5本を蹴って終わるじゃないですか。
最後の1本だけ決まらなければもう一回やったりもしつつ。
これが、ヨーロッパでは違うらしいんですよ。
仮に「ラスト~!あと5本!」と誰かが言ったとしたら、
選手は5本決めるまで終われないらしいです。

ようするに、日本では蹴る...続きを読む

Q昨夜の北朝鮮のゴール

あれは明らかなミスキックではないですか?

Aベストアンサー

体の開き方が完全にセンタリングの体勢だったのが
バランスを崩してアウトサイドにかかったんだと
思います。
ああいう体勢でああいうキックを私もしたことあります。
(要するに下手だったわけですが)
私の場合はセーブされましたけど。
後でキーパーに聞いたら
「上げてくるとばっかり思ったから驚いた」と
言っていました。

Qアジア人初ゴール

三浦知良がセリエAのアジア人初ゴールを決めた選手と言うのは聞いたことがあるのですが、では、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、エールディビジ(オランダ)やブラジルやアルゼンチンのサッカーリーグなどでのアジア人初ゴールは誰でしょうか?知ってる方はできるだけ詳しく教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

プレミア(当時はイングランド1部)は、香港人Cheung Chi-doy(Blackpool)がアジア人初です。
1961年11月25日対Sheffield Wednesday戦。

スペインでは、フィリピン出身Paulino Alcantara(Barcelona)が、1912年のデビュー戦でハットトリックを決めています。通算356(374?)ゴールでバルサのクラブ史上歴代最多得点選手。でも、彼は「フィリピン出身」というだけで「フィリピン人」ではないようです(AFCのサイトでは「欧州サッカーにおける初のアジア人選手」とされていますがどうなんでしょう?)し、リーガ・エスパニョーラが始まったのが1928-29シーズンで彼はその前年に退団(引退?)してますから、ちょっと質問の主旨からは外れてしまうかも知れません。

スコットランドでは、インド人Mohammed Abdul Salim(Celtic)がアジア人初の選手。裸足でプレイしていたそうです。テクニックに優れ「インドの魔術師」と呼ばれていました。多分ゴールも決めてると思うので、彼がアジア人初ゴールではないかと。

ちなみに、車範根は1979年にブンデスリーガでデビュー。奥寺康彦は77年デビューで78年に初ゴールですから、少なくとも車範根よりは早いです。でも奥寺がブンデスリーガでのアジア人初ゴールかどうかはわかりません。多分彼ではないと思うんですけど。

こんにちは。

プレミア(当時はイングランド1部)は、香港人Cheung Chi-doy(Blackpool)がアジア人初です。
1961年11月25日対Sheffield Wednesday戦。

スペインでは、フィリピン出身Paulino Alcantara(Barcelona)が、1912年のデビュー戦でハットトリックを決めています。通算356(374?)ゴールでバルサのクラブ史上歴代最多得点選手。でも、彼は「フィリピン出身」というだけで「フィリピン人」ではないようです(AFCのサイトでは「欧州サッカーにおける初のアジア人選手」とさ...続きを読む

Qゴールネット購入

こんばんわ!!サッカーの試合の正規のゴールのネットはどこで売っていて、なんぼくらいなんでしょうか?安く売っているところを教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

「サッカーゴールネット」で検索するといろいろと出てきますよ。

ネットで買えるところもありますよ。

一番安くて4万円台~高くて10万超までいろいろ。
形も色も素材もさまざまですね。

自分で探してみてください。

ふつうの試合でネットは必ずゴールに付いてますが、正規のゴールのネットはありません。
ルールではネットは必ずしも張らなくて良いことになっているからです。

ただ、正規のゴールのサイズに適合する大きさで、どこのメーカーも制作販売しています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報