プロが教えるわが家の防犯対策術!

水星人(-)霊合成人です。来年、大殺界を迎える前に
今年中に自分の新たな(転職、結婚→相手はいませんが?)ことは起こしておきたいと思います。
転職や、新しいことを始めるなど私と同じ星人の方、(水星人(-)霊合成人どのような人生をおくられていますか?
特に(職業、結婚時期、人間関係で気を付けていること)を教えて頂ければと思います。 アドバイスよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

なるほどです。

大きく打って出ようというのとは違うのですね。

同じ職種でより安定的な環境へと思っているのでしたらそれはそれで良いような気もしますけど、いずれにせよ、これまでの自分を受けて次へという心持ちは大切にするのがいいのかなって思いでもあります。


来年のためにと社会的に安定した立場に身をおいたとしても必ずしも理想的な環境に身を置けるかどうかは判らないから、もしそうなってしまったときには耐え忍ぶか、またはそれで動かざるを得なくなるかもしれないですし。逆に言うなら今そんな心配をいくらしてみたところで何も意味のないことのような気もします。

だからこそ、"大殺界での苦難は目に見えているので今のうちに" という思いなのかもしれませんけど、僕の中では "安定" というのも来年を大きく変えるほどの季節ではないように思います。そんな気持ちで前回のような話を書いてみました。



これまでの自分を振り返って、やり残したことがあるならやっておく。
そうやって今の自分に納得して、来たる次の年を迎える。

それくらいでも丁度いいような気持ちが僕にはしました。
    • good
    • 0

僕も ministar11 さんと似たような印象を持っていて、"安定" という運気は "今を満喫する" のがいちばんな季節のように思っています。

なので自分の印象からすれば、何か新たな事に挑戦するというよりは、むしろこれまでの 10 年間の有終の美を飾る感じで何かを成すのが良いのかもしれないです。

転職も今の仕事は十分やりきったと思ったら次の自分のために転職するのもいいでしょうし、結婚も相手がいてその人と生涯を共にすると決めたらやってみてもいいかもしれません。けれども、今に特に "満足しないまま" わざわざ転職してみるとか、これから相手を探して結婚するとか、そうするとそれは次の課題として来年に持ち越しそうな気がします。

要は、これまでの自分を受けて前向きに次のステップに進むかどうか、何をするにも今年はそんな心持が大切なのかもしれないなって思います。



身近な中では、水星人(-)が 2 人居ますけど、そのうちの一人は恋人と出会ってのほほんと過ごしています。もう一人(霊合星)は仕事がいろいろ忙しくときどき愚痴ったりしつつも、これまでに抱えていた問題がひとまず落ち着いたのもあってか、流れるままに過ごしているような印象です。

有名人で言えば、運気がひとつ先行している水星人(+)ではありますけれど、野球の "新庄剛志" 選手や政治家の "小泉純一郎" さんあたりが水星人ですよね。彼らは去年が "安定" の年。なにはともあれあの人たちの意志の強さと潔さにはなんだか憧れてしまうところでした。

この回答への補足

私の転職というのは正社員で働くという新しいことです。
職種は変わらずコンピュータ関係のIT派遣です。
安定の時期になんとか雇用を変更して来年に備えるという考えです。
来年の大殺界にことを起こすと例えばある会社に入ったとしても
あまり続かないといことが必ず起きるからです。
わかって頂けましたでしょうか。

補足日時:2007/06/13 23:27
    • good
    • 0

私も大殺界で酷い目にあいました。

内臓の病気になったのですが、あまりに苦しかったので、もしやと思い調べて見ると大殺界でした。
やはり大殺界については細木さんに聞くのが一番でしょう。
先祖供養とか細木さんの本に書いていますが、大殺界の時は神・仏・先祖など頼れるものは頼った方が良いと思います。
個人的には生活のリズムを整えて、よく摂生して、生命エネルギーが浪費されないようにすることだと思います。スポーツをしていたらよくわかるのですが、大殺界の時期はスタミナが異常になくなります。
それと今年に何か始めたいそうですが、もう半年経っていますので大殺界の影響を受け始めているかも知れませんので、もう一度考え直すことをすすめます。大殺界は小手先のことではどうにもできないところがあります。
    • good
    • 1

現在大殺界のど真ん中にいます^^;



人生において、年回りが悪い年は大殺界だけではないです。
厄年、方位除けの年もそうです。
これらの悪い年回りを全部気にしていると、身動きが取れずにチャンスを逃してしまうということもあります。
しかし、これらの年回りに新しい事を起こすと災いが起きたり、空回りしたりするという確立が高いという事もうなずけます。

このような時期の新築や引越し、リフォームなどは最も気をつけた方が良いと思いますが、転職や結婚の時期などは気にしすぎる必要はないと思います。
どうしても気になるようであれば、良い年回りになるまで待てば良いのではないでしょうか?

細木さんは大殺界に事を起こすと、必ず災いがあるなどと言って脅したりしていますが、こういった事をメディアを通してドスの効いた怖い声で言われてしまいますと、”大殺界は怖いもの”と潜在意識に組み込まれてしまいます。
それによって悪い方に物事を考えがちになりますし、そうなると益々悪い方向に行ってしまいます。

私は12年前の大殺界の時には人間関係というか恋愛問題にに悩まされた。
でもその時お付き合いしていた人とは結局別れましたが、今はあの時別れてよかった!!とつくづく思います^^
私にとっては大殺界の時に悩まされた事が結果良かったのです。

要は、あまり気にせずに常にポジティブに考えていれば良い方向に導かれると考える事が大切なんだと思います。
人間関係においては、そうですね~、あまり相手に入り込まない方がいいと思います。
美輪さんが言っていましたけど、腹六分目が一番良い付き合い方だと言っていましたよ。
    • good
    • 0

あまり気にすることはないと思いますが、


なるべく現状維持がいい思いますよ。
特に今に不満がないのであれば。

大殺界でやったことは、あまりうまく行かないですよ。
それでもいいというなら、別に変えても平気です。

できれば、どんな新しいことをしたいと思っているのか
知りたいです。

内容によって異なりますので。

ちなみに、私は大殺界とか知らなかった12年前に仕事を
辞め、全く知らない土地に引越しをし、新しいことをしてしまった
水星-なのですが、明けたあと、あまりうまく波に乗れず、
その後とても苦労しました。
いまだに苦労しています。

どうしてこんなにうまく行かないのか、と思っていた
矢先に占いに出会い、そういうことだったのかということに
気づきました。
まだ世間では六星占術とか細木先生が再ブレイクする前ですが。

それをきっかけに、占いにも大殺界の魔力にも
ハマってしまったのですが(苦笑)、
特に注意して慎重に過ごせば、問題はないです。
ただし、大殺界明けたら、なるべくいろんなことを
変化させてみてください。

ただ、今は、攻めの時期ではないということをお忘れなく。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大殺界の転職と引っ越し

私は大殺界の時に希望の仕事に転職し、2年ほど楽しく過ごしていました。
しかし現在は、突然の不慮の事故で転職をよぎなくされています。無給でケガが治るまで現在の会社に在籍は可能です。
しかし最近になって希望だった転職先の会社の面接が合格になりました。

そこで大殺界の 転職と引っ越しについて皆様どうおもわれますか?

今回は大殺界の最後の年で おとなしく変化せず現状維持が最適だと、どの占いにもかかれています。
しかも転職先の方角も九星占いでは絶命でした・・・。

占いなんて信じるタイプではなかったのですが、こうして いきなり仕事ができなくなったりして・・・
やはり2年前の転職が間違いだったのかなとも思うときがあります・・・。

やはり現状を維持し転職は控えたほうがいいと思いますか?

アドバイスお願いします★

Aベストアンサー

私は今月末で大殺界が終わります。
占いは良いことだけ信じるようにしています。

では質問者様は、転職した時は大殺界ではなく運気の良い年だった、
そして現在も12年で最も良い運気の年と仮定してください。
たぶん
「事故にあったのが、大殺界の年だったらきっと命を落としてたに違いない。
運気の良い年だったからこの程度で済んだんだ・・・」
と思いませんか?
同じ出来事でも、「今は良い運気or悪い運気」という思い込みで
こんなにもとらえ方がかわるものです。

転職後、もし不運が続けば・・・
「やはり大殺界に決断したのが間違いだった」と思うでしょう・
現状維持しても、もし不運が続けば・・・
「本当は転職すべきだったのに、あの時は大殺界だったので、
判断力が鈍り、間違った判断をしてしまった。」と思うでしょう。

占い大好きな私でも、占いは後付けでなんとでも言えますから
結局自分が責任をもって決断するしかないと思います。

>やはり現状を維持し転職は控えたほうがいいと思いますか?
>アドバイスお願いします★

ここからは占いではなく、現実的なアドバイスをします。

>無給でケガが治るまで現在の会社に在籍は可能です。

現在は無給なんでしょうか?ちゃんと傷病手当は貰ってますか?
会社でちゃんと健康保険に加入しているなら、
健康保険組合から傷病手当がもらえます。
http://tt110.net/11kenkouhoken/H-syoubyou-teate.htm
まだ手続きをしていないなら
すぐに加入している健康保険組合に相談しましょう。

とりあえず傷病手当をもらえば無給ではなくなります。
お金にゆとりができれば、心にゆとりもできます。
ゆとりのある心で、次の会社は自分にとって良い転職かを考えて決断されるといいと思います。
お大事に。

私は今月末で大殺界が終わります。
占いは良いことだけ信じるようにしています。

では質問者様は、転職した時は大殺界ではなく運気の良い年だった、
そして現在も12年で最も良い運気の年と仮定してください。
たぶん
「事故にあったのが、大殺界の年だったらきっと命を落としてたに違いない。
運気の良い年だったからこの程度で済んだんだ・・・」
と思いませんか?
同じ出来事でも、「今は良い運気or悪い運気」という思い込みで
こんなにもとらえ方がかわるものです。

転職後、もし不運が続けば・・・
「や...続きを読む

Q大殺界中に転職、引越しをしてしまったらどうすればよいでしょう?

私は細木数子さんの六星占術によれば火星人のーなのですが、去年は年運、月運ともに停止という真っ只中に転職と引越しをしてしまいました。これは後で知ったのですが振り返れば大殺界中に二台もの車を廃車にしてしまったり、仕事でのトラブルが続発したりと散々だったことから、あまり軽視はできないような気がします。
そういった大殺界中にしてはいけないことをしてしまったときの解決方法というか対処方法はどうすればいいのか調べてみてもよく解りませんでした。
どなたか知っている方がいれば教えて下さい。不安で仕方ないので助けてください。また転職は必要なのかと考えています。

Aベストアンサー

こんにちは。
もうご存知かもしれませんが、斉門見さんの四柱推命占いのメールマガジンです。
無料相談コーナーがあり、それぞれの相談やそれに対する専門家の斉門先生のアドバイスが参考になります。
もしご存知なかったらどうぞ。
バックナンバーも公開されています。

参考URL:http://www.mag2.com/m/0000098704.htm

Q大殺界と仕事について

上京してもう3年ぐらいになるのですが、最初はプログラマーを目指していました。しかし、半年で3社ほど辞めてしまいました。原因は不眠症、遅刻、人間関係、仕事が向いてなかったなどです。確か上京した時は財成という年で良かったはずなのですが・・・。それから1年ほど就職活動しても決まらず、精神的に鬱になっていました。去年ぐらいからテレビなどのメディアで細木さんを知って自分が来年いっぱいまで大殺界だというのを知りました。思い起こせば12年前の時も良い事がなかったように思います。しかし、運気がいい年でも仕事をすぐに辞めてしまった事がありました。現在はやりたいと思う仕事がないのと仕事をしていない2年ほどのブランクでどうしていいか分からない状態です。さらに大殺界という占いに呪縛されてる感じです。占いでは新しい事は始めない方がいいと言っていますが、この呪縛を解くにはどうすればいいでしょうか?
大殺界の時に就職、転職したと言う方に体験談を聞きたいです。

Aベストアンサー

はじめまして。
なんだか、大変ですね。私も大殺界なんていわれたときは、なんだかぎょっとしました。他の占いでもたまたま悪いときがつづいてましてね。
 でも、なにはともあれ仕事はしなくては、生きてはゆけません。ただ、あなたは仕事についての考えがちょっとゆがんでいるので、なやんでらっしゃるのではないかと思うのですが、どうでしょう?
 あなたにとって仕事とはなんですか?親や友達に認められる会社で安定した収入を得ること。なんて考えているのではありませんか?
 それは、違います。仕事とはあなたと世の中を生かすためにすることです。
 大雑把に例を出すと、戦後の日本で占いで悪いと出たから仕事をしないなんて人間いないはずですよ。だって、働かなきゃ、本当に死んでしまうのですからね。
 ま、こんな豊かな世の中でそこまで追い詰められる人はそういませんが、多少ゆたかで食い物の心配をしない分、悩みが深くなるのですよね。動物的に生きられる分、心が生きているかわからなくなる人がおおいんですから。
 今のあなたは心がいきてますか?いえ、もし充実してるなら悩んだりしませんね。
 まずは、自分らしく生きるとはどういうことなのか、考えてみてください。そして、そのためにあなたが世の中にどうかかわれるのか。
 別に、世間でいうような立派な仕事でなくても、ホストでも、愛人でも、それも立派な仕事だと私はおもいます。
 仕事に呪縛をしているのは、細木さんではなく、あなたをとりまいた環境とあなたです。大殺界はそんなあなたの心配を大きく投影しているだけです。
 この手の占いは、運気にアップダウンがあって、殺界を超えれば、かならずいい運気の時代がくるものです。
 ただ、厳しい冬を越えなければ、桜が美しく咲けないように、いま、ちゃんと自分と向き合えなければ幸運期にも五部咲き人生のままですよ。
 そんなにきになるなら、この一年、立派な就職を考えなくても、アルバイトで命をつなぎつつ自分探しをしてみたっていいし、おへんろさんでもしてきたっていいじゃないですか。
 仕事は、自分を生かす事です。自分を追い詰めるためにするものではけしてないのですから。そんなにあなたをいじめないでやってください。
 こうやって、質問できるあなたは、まだちゃんと世の中とかかわろうと努力できるひとなんですから。道が理解できれば、あなたの本当に望む目的地までたどり付けるはずです。
 ロータスというプログラムを作った人も昔はヒッピーをしていたと聞いたことがあります。ちょっと横道をそれたとして、それが必ず転落の道とはかぎりません。
 とにかく、まずは心から休息して、元気なってでなおしてみてください。

はじめまして。
なんだか、大変ですね。私も大殺界なんていわれたときは、なんだかぎょっとしました。他の占いでもたまたま悪いときがつづいてましてね。
 でも、なにはともあれ仕事はしなくては、生きてはゆけません。ただ、あなたは仕事についての考えがちょっとゆがんでいるので、なやんでらっしゃるのではないかと思うのですが、どうでしょう?
 あなたにとって仕事とはなんですか?親や友達に認められる会社で安定した収入を得ること。なんて考えているのではありませんか?
 それは、違います。仕事...続きを読む

Q大運天中殺と宿命大殺界について

大運天中殺は宿命大殺界と同じですか?
私は宿命大殺界を今年抜けます。最後の5年で結婚、出産しました。これは、よくなかったのでしょうか?詳しい方教えてください!!お願いします!

Aベストアンサー

 「天中殺」は、別名「空亡」と言います。

 これは、干支暦という十干と十二支を用いて年月日時を表す暦を基に、人の「命」を判断する占術の、『四柱推命(中国では『子平』とか『八字』などと呼ばれます)』や『算命学』で用いられる用語です。
『算命学』では主に「天中殺」と言い、『四柱推命』では主に「空亡」と言っています。

 昭和50年代に、和泉宗章氏が『算命占星学入門』と『天中殺入門』という本をお出しになり、その中に、

 「天中殺の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始めても必ず後に破綻することになる。」
 「天中殺の期間中は何をやっても思うようにならない。だからその期間中はおとなしく天中殺の時期が過ぎるのを待つべきだ。」
 「天中殺の人がいると、家族を含め周囲の人がそれに巻き込まれる」
 「大運天中殺は運勢を逆転させる。大運天中殺の直前に幸運だった人は大運天中殺の期間中にその反動で不運に見舞われ、場合によっては命を落とす。逆に、直前に不運だった人は幸運に恵まれる。しかし、大運天中殺の期間中に幸運に恵まれた場合、あまりに度の過ぎた幸運に恵まれると大運天中殺が終わった時にその反動で不運に見舞われ、場合によっては命を落とす。」

というようなことが書かれていました。

 これらを読んだ人の中に、「自分は今、天中殺だから、何をやっても上手く行くはずがない。」「天中殺の自分がいると家族に迷惑がかかる」「幸運だった自分はもう直ぐ大運天中殺に入るから死ななければならない」などと、私からすれば訳の分からない理由で自殺する人が相次ぎ、日本中を巻き込んでの一種の社会現象・社会問題となりました。

 その後、和泉氏は、当時読売巨人軍の監督に就任した長島茂雄氏に関する占いを外したことをきっかけに、「占いは当たらない」宣言をして占いから足を洗い、『算命学』はそれまでのブームの反動からか、人々から白眼視されるようになりました。

 その後、1年ほどして出て来たのが細木数子氏の『六星占術』で、内容は、和泉氏の本の中から天中殺の要因のみを取り出して、人々を6種類または12種類に分け、天中殺の期間を十二支で1個分増やして名前を「大殺界」とし、

 「大殺界の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始めても必ず後に破綻することになる。」
 「大殺界の期間中は何をやっても思うようにならない。だからその期間中はおとなしく天中殺の時期が過ぎるのを待つべきだ。」

と、天中殺(大殺界)の期間中の行動などについては和泉氏の本に書かれていたのと全く同じことを書き、ただ、

 「何事も思うようにはならないけれども死んではいけない」

と書いて和泉氏の二の舞になることを防いでいました。
 ただ、和泉氏の本は天中殺以外の部分の内容については比較的信頼性の高い占術の判断方法を紹介していたのに対し、細木氏の本の方はまるでデタラメで、自己流に滅茶苦茶にアレンジして、大殺界の他にも中殺界やら小殺界やらと、単に悪い時期というのを増やして人々の恐怖をあおって自分の商売にしているだけのものでしかありません。

 そして、細木氏は最近になって和泉氏の『天中殺入門』に書かれていた大運天中殺の部分のみを取り出して『宿命大殺界』という本を書いて売り出したようです。
 ただ、さすがにこれまで今までの大殺界の手法と同様に十二支で一個分悪いとされる期間を増やしてしまうと、全部で30年間も悪い時期ができてしまうことになるために気が咎めたか、元々の大運天中殺の時期とこれだけは全く同じにしています。そして、その時期の過ごし方については和泉氏の本に書かれていた内容をほとんどそのまま流用し、その他に、彼女の常套手段として、先祖供養などの独自の宗教的哲学的内容などを加味してもっともらしい体裁を整えて本にしています。

 しかし、細木氏が基にしていると思われる、和泉氏の本の「天中殺」の考え方自体がそもそも間違っているのです。

 「天中殺(空亡)」は、干支暦を用いて人の「命」を判断する占術においては確かに重要な判断要素の一つではあります。(もっとも、台湾の明澄透派という流派の系統の『四柱推命』だけは、「空亡」の要素を最初から全く見ないようですが・・・)

 しかし、「天中殺(空亡)」は、その「天中殺(空亡)」に該当する干支(かんし:十干と十二支のこと)が存在しない、または、力が半減している、などとして観命作業を進めて行くためだけのものであって、他の要因と合わせて考えることによって初めて具体的な意味を成すものであり、「天中殺(空亡)」の要因だけを取り出して何らかの判断をしようとしても、それだけでは良いとも悪いとも、具体的には何も判断することはできないのです。

 それを和泉氏は、「天中殺に該当する干支が存在しないものとして、或いは、力が半減するとして判断しなければならない」ということのみに着目して、「自分に対して作用するものが無くなったり力が弱まったりするのだから、その時期は不安定で何が起こるか分からない」というように発想し、その考えを基に本にまとめられたのだと思われます。

 しかし、実際には、自分に作用するものが例えば全く無くなったとしても、自分が生まれながらに持っているものまで消えてなくなるわけではないため、そのような場合には本来の自分が持っているものがもっと明確に現れて来るだけのことであって、それ以上でもそれ以下でも無く、この時期が運勢的に不安定になると決まっているわけでもなければ、悪いことが起こると決まっているわけでもないのです。

 さらに言いますと、『四柱推命』でも泰山流では大運の「空亡(天中殺)」は見る必要は無いと考えていますが、私もこれまで多くの方を見させて頂いた経験上、大運の天中殺は見る必要が無いという結論を得ています。

 いずれにしろ、和泉氏の判断方法はそもそも間違っていたのであり、同じ『算命学』の流派の中でも和泉氏の本の内容に賛同する方はほとんどいません。ましてや、それを基にして人々の恐怖を煽って自分の商売にしているだけの細木氏の書いていることや言っていることなど、真に受けて振り回されるだけ馬鹿を見るとお考え下さい。

 しかし、どうしても不安で仕方が無いとお考えでしたら、信頼の出来る占術研究家の方に鑑定を依頼なさればよろしいのではないかと思います。
 『算命学』は『四柱推命』の判断要素のうちから生時の要因を除外して判断するもので、他の12星座占いや動物占いなどから見れば信頼性は高い部類の占術ですが、『四柱推命』に比べれば精度などの点で格段に劣ります。しかし、『四柱推命』を看板にはしていても入門書程度の知識のみで商売している人も多数おられるため、誰が信頼できるのかは素人の方には判断がつきかねると思います。

 そこで、有名どころで言えば、gooのバナー広告にも出ている黒門氏(高根黒門氏)などは私としては信頼できる方なのではないかと考えています。他に、苔峰洞人氏なども信頼できるのではないかと考えていますが、苔峰洞人氏は現在本の執筆中でお忙しいようですし、基本的に占いの依頼は受けない方のようなので、依頼しても無理かもしれません。しかし、そのHPの内容は、素人の方には少し難しいかも知れませんが、お読みになって参考になる点は多いのではないかと思います。

 どちらの方も、gooやYahooで検索すればHPが分かるはずです。

 或いは、街中やインターネット上で『四柱推命』を看板に掲げている方の場合でも、その人が信頼できるかどうか判断できる方法があります。それは、生年月日までは分かっていても生時が分からない場合、その人の身体的特徴や家庭環境、これまでに経験した事象の発生時期とその種類などの情報から、生時を特定できる方であれば信頼できると考えられます。仮に、生時が分からない場合、「生時が分からなくても運命にはほとんど影響はありません」として判断する人や、生時を軽視する方は信用できないとお考え下さい。生時が変われば、全く性格も運命も何もかもが変わるのです。

 しかし、私としては結局のところ、天中殺など素人の方は全く気にしなくて良いのではないかと思いますが、どのようにお考えになるかはstarmanstarmanさんの自由だと思います。

 「天中殺」は、別名「空亡」と言います。

 これは、干支暦という十干と十二支を用いて年月日時を表す暦を基に、人の「命」を判断する占術の、『四柱推命(中国では『子平』とか『八字』などと呼ばれます)』や『算命学』で用いられる用語です。
『算命学』では主に「天中殺」と言い、『四柱推命』では主に「空亡」と言っています。

 昭和50年代に、和泉宗章氏が『算命占星学入門』と『天中殺入門』という本をお出しになり、その中に、

 「天中殺の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始...続きを読む

Q大殺界(停止)で転職をすると 本当に良くないんでしょうか。

大殺界(停止)で転職をすると 本当に良くないんでしょうか。

Aベストアンサー

運気が一番悪い時だそうなので、焦らず現状維持に努めた方がいいらしいですよ。
霊合星人であれば、まだマシだそうですが…。
厄年を信じるか、信じないかと同じようなレベルかもしれませんが、「大殺界ってけっこう当たっているかも」と経験上、私は思っています。

Qスピリチュアルな観点で・・・全ての縁が切れる時期

52歳女性です。
あまりにも普通じゃないほど、人、お金、仕事、趣味・・・全ての縁がここ3~4ヶ月でばたばたと切れています。

こんな感じです。聞いてください。
付き合い始めた彼とはたった2ヶ月でいきなり振られました。
長年の友人とは耐え難い事があり、事実上絶交状態に。(それに伴い、その周りの人たちとも疎遠に)
一人でネット販売の仕事をしていますが、売り上げが急降下し、どうしようもなくなりました。
頼りにしてた常連さんたちも注文してくれなくなりました。
元々、十分な収入では無かったのですが、ついに貯金も底をつき、来月の支払いのめどが立ちません。どうやって食べていけば良いのか途方に暮れています。
生活苦のため夜のバイト(水商売)をしていますが、やはり頼りにしてたお客さんが不思議なほど一気に切れて行ってしまいました。
唯一の楽しみでバンドをやっていましたが、他のメンバーが忙しすぎて突然活動休止と言う事に。
短い期間で、こんな風に全ての縁がどんどん切れて、何もかもダメになってしまいました。
絶望的です。

ただ、入れ替わるように新しい縁もあるにはあります。
ちょっと気になる男性に出会ったり、2人ほどデートに誘ってくれたり(水商売のお客さんは抜きで)
だからと言って、それがどう・・・って事も無いんですが。何か意味はあるのかしら。

ネット販売の仕事はもうあてにできないので副業にするとして、就職活動を始めました。
とは言え、この年齢では難しいでしょう。

偶然と言うにはあまりにも一気に、お金も仕事も人の縁も切れてしまうのは、何かスピリチュアル的な事なんじゃないかと思ったもので・・・詳しい方にお聞きしたいと思います。

これから、何を気をつけてどのように生きていくべきなんでしょうか・・・。
アドバイスください!お願いします。

52歳女性です。
あまりにも普通じゃないほど、人、お金、仕事、趣味・・・全ての縁がここ3~4ヶ月でばたばたと切れています。

こんな感じです。聞いてください。
付き合い始めた彼とはたった2ヶ月でいきなり振られました。
長年の友人とは耐え難い事があり、事実上絶交状態に。(それに伴い、その周りの人たちとも疎遠に)
一人でネット販売の仕事をしていますが、売り上げが急降下し、どうしようもなくなりました。
頼りにしてた常連さんたちも注文してくれなくなりました。
元々、十分な収入では無かったのです...続きを読む

Aベストアンサー

スピリチュアル的には、人として成長したので、今の自分とはあわないものや人と縁が切れた。
と言われますね。
私もちょうどその時期だったので、調べたところそういう感じでした。

今になって思うと、確かにその通りなんですよ。
縁が切れた人とは話が合わなくなっていました。

例えば私は昔よりずっとポジティブになりました。
縁が切れた人は、昔から変わらず、いやそれ以上にネガティブになっていました。それにともなって、冷静な判断が下せなくなっていて
焦りからあれこれ自分の都合にあいそうなものに手をだしていまして
スピリチュアル的に言わなくても、異常にしか思えませんでした。

しかしその人にとってはそれが一番正しい行動なんですね。
目的のものを手に入れるために一番確実な方法だと思っているんです。

私だったら、今を楽しんでいる方が幸せだしよい出会いもあるだろうと思うのですが(過去の偉人たちの名言にもそう言うものが多いですしね)
そうした方がいいんじゃないかと、ちょっと落ち着いて心を整理した方がいいんじゃないかと、
思って言ったら喧嘩するようになりました。

その人はその人なりにがんばっているんです
それがどんなに理にかなっていなくても愚かに見えても
その人はそれが正しいと信じている。
けれど私はそれを正しいとは思わない。昔なら判断つかなかったけれど今は何が原因でそうなってどうなるのか分かるから止めたい、けどそれを相手は望んでいない。

それが、合わなくなった、縁が切れた時なのだと思います。

あなたは縁が切れるものが多い今、どういう経験が多いでしょうか。
意見の相違という経験なら、それは生きる世界が変わっていく狭間なのだと思います。

質問を読むに、仕事に関する変化が如実なように思います。

となると、私が自分の経験から思うのは
本当はやりたい夢があるんじゃないか
本当はこう生きたい、という思いがあるんじゃないかということです。

私は仕事をやめたい、この会社のやり方にはついていけない。と思っていたとき
自分からやめる前に、首をきられました。

それからしばらくショックで食事もままならず
無職にならざるをえませんでしたが、その苦しい時間が
人として成長する大きな気付きの多い日々となりました。

仕事をしていなくても生きていられる幸せ
支えてくれる人への心からの感謝
生きているということは奇跡のように誰かのお陰なのだという感覚
無理をしなくても生きていけるのだという、この世への信頼
健康のありがたみ
理解者のありがたみ
理解されない悲しさと、それでも頑張れない壊れた心身
本当にやりたいことをやろう、という覚悟
自分を大事にできるようになろうという決意

あなたに今それがあるでしょうか
ないとすれば、あなたは今、この世の奇跡のような素晴らしさを感じる、その機会にあるのかもしれません。

経験者として私に言えるのは
プライドを捨てなさい。ということです。

スピリチュアルの質問をしていらっしゃるからには
その手の知識もあるのではないでしょうか。だとすれば

おそらくですが、今まであなたが身に付けたいなと思ってきたスピリチュアルな愛とか感謝の気持ち
知識としては分かるけれど、感覚では分からない
そういう感覚に目覚めるときがきて
その感覚を持たないモノとの縁は邪魔にしかならないので、バッサリ切れていっているんじゃないかと思います。

あなたが今まで素敵だなと思ってきたものを手にいれるための別れなのでしょう。

自分を信じて
世界の優しさを信じてください。

今失っていくものは、本当に欲しいですか?
必要ではなく、欲しいと思いますか?

本当の気持ち、本当に望むもの、こうありたいと思う自分
それを圧し殺す時期は終わりを告げました。

心の底にあるかぎりない平和の感覚を
感じられるようになるといいですね。

そういえばその時期、私はエンジェルナンバーという本当にとても助けられました。
二冊ありますが両方買っちゃった。最初は白っぽい表紙の方を。
お持ちでないなら購入をおすすめします。安いですし。すごくすごく天使たちの優しさを感じられると思います。
ドリーン・バーチュー博士の本です。

スピリチュアル的には、人として成長したので、今の自分とはあわないものや人と縁が切れた。
と言われますね。
私もちょうどその時期だったので、調べたところそういう感じでした。

今になって思うと、確かにその通りなんですよ。
縁が切れた人とは話が合わなくなっていました。

例えば私は昔よりずっとポジティブになりました。
縁が切れた人は、昔から変わらず、いやそれ以上にネガティブになっていました。それにともなって、冷静な判断が下せなくなっていて
焦りからあれこれ自分の都合にあいそうなものに手...続きを読む

Q大殺界の時期に結婚してもいいですか

今年から大殺界に入りました。結婚を考えている人がいて今年結婚したいなと思っているのですが、
占いでよく大殺界の結婚はやめたほうがいいといわれることが多いですよね。

もし大殺界に結婚された方などいたら実際どうでしょうか。
皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

大殺界で妊娠結婚したものです。ちなみに旦那は後厄。
結婚は正直どうだろう…幸せなようなそうでないような…普通の結婚ではあり得ないようなこともありましたが、今は至って普通の生活です。普通ほど幸せなこともないでしょうね。
というのはおそらく大殺界で出産をしたからその運気がすべて息子に持っていかれたのだと思います。なのでなのか今年で大殺界を抜けましたが大きな怪我や病気も何もなく過ごしていました。
ただ、息子にとっては最悪な人生になってしまうかもしれないと考えると、考えがなかったかなと思います。
というのが私は母が大殺界の時に産まれた子供ですが、母とは馬が合わないし貶されて貶されて細くて折れそうな橋を渡っているような学生時代でした。結局は折れずに渡りきれたのは母のおかげですが、大殺界や自分の運命(?)を知らずにいたら折れてどん底に落ちて今の自分はないのかなと思います。結局今では母とは普通の仲でいますし…意見は合いませんが(笑)
おそらく私と息子の間も馬が合わないのだと思います。しかし、知ってて接するのと知らずに接するのは違うかなと思います。
そして私も妊娠して結婚する前にかかりつけの占い師の方に相談したら、結婚といういい運を流すことで大殺界の悪い流れをくい止めるパターンもあるよと教えてくれました。
そういういい運を流すにはそれなり以上の努力も必要です、トピさんにそれが出来たら幸せな結婚生活を迎えれると思いますよ。
思ったときが吉とも言います。思い切ってもいいとは思いますよ。

大殺界で妊娠結婚したものです。ちなみに旦那は後厄。
結婚は正直どうだろう…幸せなようなそうでないような…普通の結婚ではあり得ないようなこともありましたが、今は至って普通の生活です。普通ほど幸せなこともないでしょうね。
というのはおそらく大殺界で出産をしたからその運気がすべて息子に持っていかれたのだと思います。なのでなのか今年で大殺界を抜けましたが大きな怪我や病気も何もなく過ごしていました。
ただ、息子にとっては最悪な人生になってしまうかもしれないと考えると、考えがなかったか...続きを読む


人気Q&Aランキング