X線はガラスのレンズで屈折するのか?
なんでこんな疑問を思いついたのか自分でも分りませんが
気になって仕方がないです。

X線はなんでも透過してしまうので屈折しない気もしますが、
普通の光線もガラスを透過するのに屈折する事から考えると
屈折する気がします。

重要度は皆無ですが、解る方がいればよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

答えはすでに書かれていますので、理由を簡単に説明します。



元々物質の中の原子、分子が入ってきた光の電場で振動するときに、位相遅れが起きるのでそれが光の位相を変えることになり、「屈折率」と通常呼ばれる光の位相遅れの量が生まれます。
レンズはこれを利用した物です。

ところがX線は可視光よりも振動数が非常に早い(大きい)電磁波です。
そのため、この原子/分子はあまりにも振動数が早すぎてついていけないので、そのまま透過するか、あるいは共鳴が強すぎて吸収されてしまいます。

一般に屈折率は波長の関数であり、何でも屈折するとは限らないと言うことです。
(X線でもガラスを通す波長ならば、本当にわずかだけなら屈折はすると思いますが、レンズを作れるほどではありません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとなくイメージが掴めました。変な質問にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/23 20:38

stomachmanの文章がまずかったです。

ごめんなさい。

> そもそも透過しないと言う事ですね。

そうではないです。吸収されて弱くなるんですが、透過はします。X線のエネルギーが大きくなるほど、吸収されにくくなり、つまり透過力が大きくなります。
    • good
    • 0

屈折しないです。


1keV-10keV位のX線は空気ですら透過できません。 (keVてエネルギーの単位です)40keV位までだと、薄いガラスを透過できません。
それ以上になると、透過力が強くなっていきます。
医療用は40-150keV,それ以上は工業用ですね。
いずれも、吸収されてしまうものの、屈折はしてくれません。
反射させるのも難しく、非常に反射の効率が悪いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど。そもそも透過しないと言う事ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/22 14:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科で使う小型のX線撮影装置の被ばく線量について

こんにちは、
本日、歯の治療の椅子に座ったまま、小型のX線撮影装置?を口に入れられ、X線透過写真を撮りました。勿論、遮蔽とか別の部屋に行くなどせず、医師も看護婦も、その場にいたままです。
このような口に挿入できる小型の装置から受ける被ばく線量はどの程度でしょうか?小型なので、逆に怖いです。

Aベストアンサー

多分それはCCDセンサー方式の歯科用X線撮影です。
添付URLにあるようなセンサーを口腔内に入れて撮影するものです。
デジタル撮影法の一種で、被ばく線量もこれまでのフィルムに比べて、
30-50%程度は少なく抑えられています。

この撮影法では、ほぼ100%被ばくの影響は無視しても構いません。
他の方の回答にもあるようです。

ただし、気になった点が1つ(それも大変な1つ)があります。
「遮蔽とか別の部屋に行くなどせず、医師も看護婦も、その場にいたままです。」
これですが、もうかなり昔から専用の撮影室で撮影をしなくてはいけないことに、
法律で決まっています。
https://www.jda.or.jp/park/trouble/index22_06.html
かなり昔では一部屋にX線装置が1台であれば許可が下りた時代があります。
なので、診療室の診療台にX線装置がつけてあって、そこで撮影ができた時代もありました。
しかしながら昭和37年10月の「厚生省(現厚労省)医務局長通知」で、
専用のX線室を設けるように改められました。
なので、それ以降にできた歯科医院であれば、必ずX線撮影室が必須になっています。
(もちろん緊急性のある状況や、在宅診療は少し違います。)
昭和37年から現在までに、何も変更がない、院長も変わっていない状況ならば、
撮影室がなくても可なのですが、常識的には考えられません。
50年以上前のシステムのまま、現在も診療しているとは思えませんから。

つまり診療室内で撮影することは、現行法では違法です。
それゆえ、気になることがたくさん出てきますので、
よく他の点についてもチェックをされたほうがいいです。

参考URL:http://shimizu-oralcare8.up.n.seesaa.net/shimizu-oralcare8/image/DSCF5300.JPG?d=a1

多分それはCCDセンサー方式の歯科用X線撮影です。
添付URLにあるようなセンサーを口腔内に入れて撮影するものです。
デジタル撮影法の一種で、被ばく線量もこれまでのフィルムに比べて、
30-50%程度は少なく抑えられています。

この撮影法では、ほぼ100%被ばくの影響は無視しても構いません。
他の方の回答にもあるようです。

ただし、気になった点が1つ(それも大変な1つ)があります。
「遮蔽とか別の部屋に行くなどせず、医師も看護婦も、その場にいたままです。」
これですが、もうかなり昔から専用の撮影...続きを読む

QX線の透過と回折に関して

X線はレントゲン撮影に代表されるように非常に物質透過性が高い波長の光です。
一方で、X線はXRDに代表されるように、物質の構造解析によく用いられます。
これは物質の再表面で回折して跳ね返って来た光の強度を検出するものです。

この2つX線の性質は相反するように思えるのですが、
これはレントゲン撮影に用いられるX線とXRDに用いられるX線の波長が異なるためなのでしょうか?
それともXRDに用いられる試料はレントゲン撮影で影に写るような透過性の低いものに限られるということなのでしょうか?

Aベストアンサー

XRDは名前のように回折現象を利用しています。跳ね返りと言うより、波の緩衝作用です。

XRDでも大部分のX線は透過しています。普通、透過X線は非常に強く、測定の邪魔になるので、センサーに入らないように、遮蔽しています。

レントゲン撮影では、対象物質に応じて、様々な波長のX線を使いますし、波長に一定の幅があっても本質的な問題は生じませんが、XRDでは特定の波長のX線を使う必要があります。

Q歯科 X線規格写真について

歯科衛生士学校に通っている者です。
先日、実習で歯科の頭部X線規格写真を撮影しました。
その際、課題として出されたのですが、分析表に数値を書き込むという課題が出ました。
その分析表にはすでに MeanとS.D. については書かれているのですが、M.V.については書かれていません。この数値が課題だそうです。
MeanとS.D.についてはなんとなく数値の意味がわかりましたが、M.V.については全くわかりません。
もしご存知の方がいらっしゃれば、ぜひ教えてください!

臨床で活動されている方、ぜひ勉強させてください!!

Aベストアンサー

Mean は平均
SD はStandard Deviation 標準偏差です。

M.V.というのはたぶんMeasured Value 測定値だと思います。

規格撮影をしたわけですから、その写真を計測して、その測定値をMVの欄に書きなさい、という意味だと思います。

QX線散乱?X線回折?

XRDはX線回折のことを指しますが、
X線散乱もこれと同じことなのでしょうか?
回折と散乱は異なる物理現象ですが、同じようにして使われているのを
見かけたので気になりました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

小角とは入射角が小さいという意味ではないですよ。
回折角が非常に小さい領域という意味で、ブラッグの法則からもわかるように、
回折角が小さければそれだけ大きな構造を反映した信号が得られます。
なので、原子サイズよりもはるかに大きい周期構造があれば、
小角域でもピークは出現します。

Q歯科でのX線被爆について。

私は歯科医院で働いています。先日から新しい歯科医院に勤めているのですが、ちょっと疑問に思う事があって。。レントゲン室があるのにレントゲンを診療室で撮っているんです。デンタルのみですが、初診の患者さんが来るたびに10枚法で撮影しているので一日でかなりの枚数をとっています。
診療室でレントゲンを撮っているため、働いている側はもちろん患者さんもわずかながら被爆していると思うんです。ユニットが並んでいるところで、仕切りの壁もなくユニットについたデンタル用の撮影機で撮影しています。
歯科でのX線は弱いもの、と聞いた事があるのですが毎日何十枚もの撮影のたびに被爆していても体に害はないのでしょうか?不妊症にならないか心配です。
レントゲン室はあるんですが、パノラマ用の撮影機のみが設置してあり、デンタル用の撮影機は診療室のユニットだけ設置してあります。院長には怖くて聞けないんです。意見を出すと口答えや反論と受け止められてその後解雇された人がたくさんいるそうです。

ほかの部分では働きやすく、この問題さえ改善されれば長く勤めたいと思うのですが・・。こういう問題に対して改善される方法はなかなかないのでしょうか?
専門知識のある方、の意見よろしくおねがい致します。

私は歯科医院で働いています。先日から新しい歯科医院に勤めているのですが、ちょっと疑問に思う事があって。。レントゲン室があるのにレントゲンを診療室で撮っているんです。デンタルのみですが、初診の患者さんが来るたびに10枚法で撮影しているので一日でかなりの枚数をとっています。
診療室でレントゲンを撮っているため、働いている側はもちろん患者さんもわずかながら被爆していると思うんです。ユニットが並んでいるところで、仕切りの壁もなくユニットについたデンタル用の撮影機で撮影しています。
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

ひとつお聞きしたいのですが、C-COさんのお勤めになっている歯科医院の建物は何年前に建てられたものなのでしょうか?

ずーっと昔は歯科用レントゲンはレントゲン室を要さなかったのですが、20年ぐらい前(何年だったか不明ですが)には「新しく歯科医院を建てたときはレントゲン室を作って、そこでデンタル撮影もしなきゃダメだよ」と法改正になったはずです。その時に特例処置として「すでにレントゲン室が無い歯科医院はしょうがない」となっていますが・・?

ですからとても古い建物であったら法律的にはクリアです。

ところで、患者さんは毎日、毎時間診療室にいるわけではないので問題ないですが、働いている方(特に女性)は心配ですね。

とりあえずの対処として機械のレントゲンがでる方向とは逆方向に立ってください。出来れば1メートルは離れてください。

もし、何も言い出せなかったら未使用の標準フィルム(よくデンタル撮影するものです)を一枚ポケットなどに忍ばせて置いてください。一ヶ月後に現像してみて黒くなっていたらまずいですね。透明な色なら大丈夫、、、かも、、?

←自信ナシです。すいません。

こんにちは。

ひとつお聞きしたいのですが、C-COさんのお勤めになっている歯科医院の建物は何年前に建てられたものなのでしょうか?

ずーっと昔は歯科用レントゲンはレントゲン室を要さなかったのですが、20年ぐらい前(何年だったか不明ですが)には「新しく歯科医院を建てたときはレントゲン室を作って、そこでデンタル撮影もしなきゃダメだよ」と法改正になったはずです。その時に特例処置として「すでにレントゲン室が無い歯科医院はしょうがない」となっていますが・・?

ですからとても古い建物で...続きを読む

Q【X線CT】 反射型X線源は何のためにあるの?

X線CTにおいて、X線発生源は(1)反射型 (2)透過型と
大きく2種類あると思います。

元は反射型が開発され、その後拡大率を上げるために透過型が
開発されたはずですが、最新式のX線CTスキャン装置には未だ
反射型の管が設置されています。

カタログ等では、ハイパワーと謳っているようですが本当でしょうか?
反射型がハイパワーであるならその原理を知りたいです。

また、他に透過型に対する利点があればそれを教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は一応専門家のつもりですが、ご質問をちゃんと理解することが困難です。
「X線CTにおいて、X線発生源は(1)反射型 (2)透過型と大きく2種類あると思います。」の反射型と透過型というのが明解ではありません。つまり、CTで用いるX線発生源は、制動輻射を用いた普通のX線管であり、この分野で反射型と透過型という分類は滅多にしません。こんなことを当たり前のように書かれても、CT関係者の多くにとっては意味不明でしょう。

わからないので検索してみると、「科学技術Xの謎」というwebページに、X線管のタイプには次のようにわけられると記されています:「電子が電極にぶつかって反射するようにX線が出る反射型」と「電子とX線が同じ方向に出る透過型」がある。
このことでしょうか?あまり普遍性のある分類とは思いませんが、そしてこういう話では無いのかも知れませんが、ともかく、このwebページの路線にそって回答すると以下の通りです。

方向による分類に無理矢理当てはめると、普通のX線管は、電子の走行方向とX線の発生方向との関係からすると反射型と言うことになります。透過型を使おうとすると、ターゲット電極はごく薄くなくてはなりません。そうでなくては、発生したX線は通り抜けていくことができないからです。一方、そんなごく薄いターゲット電極では熱容量が小さい。従って焦点で消耗した大量の電力による熱ですぐ電極が壊れる。そういうX線管はごく特殊な目的に使われる珍しいタイプのX線管です。

「ハイパワーと謳っているようですが本当でしょうか」ハイパワーですよ。どのくらいをハイパワーというかは基準の取り方次第ですが。CTのX線管は例えば120kV, 500mA(つまり60kW)くらいまでの電力を焦点の数平方mmに投入します。タングステンターゲットが溶融する瀬戸際までぶちこみます。パルスではなくて連続で。もっとも、この電力の大部分が焦点で発生する熱に也、その1%か2%程度が取り出せるX線になるだけですけどね。要求する側からすればこんなのハイパワー出力ではない、作る側からすればハイパワーである、ものは言い方次第。それでも、他のX線発生原理に比べれば結構なものなのです。

「反射型がハイパワーであるならその原理を知りたいです。」原理は安直には無理ですから、とりあえず制動X線を勉強してください。透過型のハイパワーは難しいというのは前述した熱的な問題です。

私は一応専門家のつもりですが、ご質問をちゃんと理解することが困難です。
「X線CTにおいて、X線発生源は(1)反射型 (2)透過型と大きく2種類あると思います。」の反射型と透過型というのが明解ではありません。つまり、CTで用いるX線発生源は、制動輻射を用いた普通のX線管であり、この分野で反射型と透過型という分類は滅多にしません。こんなことを当たり前のように書かれても、CT関係者の多くにとっては意味不明でしょう。

わからないので検索してみると、「科学技術Xの謎」というwebページに、X線管のタイプ...続きを読む

Q歯科のパノラマ写真(X線)

最初の問診表で「今痛んでいるところだけを治してほしい」にチェックしているにもかかわらず、奥歯だけの治療なのに、なぜパノラマ写真を撮るのですか?奥歯だけ撮ればいいのにと思うのですが... 被爆量の関係からも良くないと思うのですが... 整形外科で左足首をねんざしたとき、脚全部撮りますか?右足までも撮りますか?と言いたいのですが... 本音の所をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

もちろん、その疑問は歯科医に質問したんですよね?
その場でパノラマを撮るのを拒否できたはずです。
被曝線量についても説明を求めることはできたでしょう。

で。
周りを見ないで誤診するのはコワイので、なるべくたくさんの情報を得ているんです。
歯科は外科手術です。
そんなに危険ではありませんが安全でもありません。

話を聞いてくれないような先生なら他の先生の所に行きましょう。
不安感はすべての病気に悪影響を与えますし。

QWDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との比較について

WDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との違いについて教えてください。
*:蛍光X線ではなくSEMに付属するものです。
WDXはEDXと違いピークの分離能がよいことはわかるのですが、感度もやはりWDXの方がよいのでしょうか??
その他、WDXとEDXの比較が乗っているサイトとかわかる方
は、大変面倒とは思いますが、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

EDX(SEM計装)しか使ったことがないので,比較ができませんが,参考URLや下記サイトが参考になるでしょうか.
http://www.muroran-it.ac.jp/mat/momo/epma/epma.html
メーカーに問い合わせるのがいいと思いますよ.
取り急ぎ.

参考URL:http://www.dent.niigata-u.ac.jp/epma/edxwdx.html

Q病院に無断で放射線技師がX線撮影してもいいの

病院勤務の診療放射線技師が、病院の許可を得ずに家族や友人のエックス線撮影(CTも)行って問題になっております。医療法上、放射線技師法上どのような違反になるのでしょうか?免許停止や行政処分はあるのでしょうか?お教えください。

Aベストアンサー

医師法違反になります。
[医師でない者の医業禁止]
第17条 医師でなければ、医業をなしてはならない。

罰則は2年以内の懲役か2万円以下の罰金。

QX線CTスキャンは特性X線?

X線CTスキャンのX線発生原理は
「真空管内でフィラメントから熱電子を飛ばし、金属に当てて発生させる」
というものだと思いますが、このX線は特性X線ですか?

SEMやEPMAにおいて電子銃から電子を入射すると、2次電子とともに特性X線も発生する
というのと全く同じ原理と考えて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

「真空管内でフィラメントから熱電子を飛ばし、金属に当てて発生させる」
はそれで良いですが、
「このX線は特性X線ですか?」
は違います。主として制動X線です。

CTも普通のX線装置と同様に制動X線をそのまんま使います。その中にターゲット材質の特性X線も混じるというだけです。
広いスペクトル範囲全体を使います。
特性X線だけ選別して使うなんてことをすると、到底X線フォトンが足りないのです。


人気Q&Aランキング