ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

このサイトをはじめとして、テレビ、新聞等メディアで多く取り上げられ、議論されている「消費税増税についての是非」について、みなさまのご意見を頂戴したくおもいます。おもに以下の点について(できれば具体例等もまじえて)お答えいただければと思います。以下の点以外のご回答もお待ちしております。

0.消費税増税に賛成か、反対か
1.増税しなければならないのか(歳出削減で増税せずにすむか)
2.増税が、なぜ消費税でなければならないのか。
3.消費税増税の目的は何か。増税によってもたらされる経済的メリット、デメリット

※私個人としての(消費税増税についての)意見はありますが、みなさまの回答に影響する可能性が考えられますので割愛させていただきます。以上、ご回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

浅学ですが・・・



0.賛成です。
1.債務の額を考えると、もはや歳出削減だけで済むレベルではないと思います。多少痛みを伴っても、早い回復のほうが後々マシなのではないかな、と。
2.趣旨とずれるかもしれませんが、「消費税を上げる」のではなく、「消費税も上げる」のが望ましいのではないでしょうか。
消費税だけを上げるのであれば、消費税の逆累進性を考えて、その不平等さを許すわけにはいきません。
ただ、債務超過額にしても、将来の社会保障にしても、現在の日本の低い税率でどうにかなると思えないので、消費税を含めて増税を考えるのは妥当なのではないかと思います。
3.私の意見ですが、債務超過の解消と、将来の社会保障を維持するためでしょうか。
要は、足りない財源を補おうということでしょう。
この意味で大きなメリットがあるかと思いますが、デメリットとしてはやはり逆累進性です。
生活用品・消耗品一律増税ですから、所得の低い人はたまったものではないでしょう。

ですから、消費税を上げるにしても、生活必需品と嗜好品では税率を変えるとか、生活の余裕のある人ににはもっと税金を納めてもらうとか、雇用を促進するとか、そういう制度を伴うことが必要だと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
非常に簡潔で分かりやすいです。感謝しています。

お礼日時:2007/06/12 02:30

勿論反対。

消費税増税に賛成する人はお金持ちですね。お金持ちには消費税は微々たる額でしょうが、増えつつある貧困層には大増税の死活問題。若い人は結婚すら出来ず、更に少子化は進み、自殺者は確実に増える。>目的を決めての増税なら、諸手を挙げて賛成する?消費税の最初の目的は福祉に使うと言っていたのですよ、もう何を言っても全く信用できませんね。政治家や、省庁の役人が作った負債を、なぜ国民が肩代わりしなけれはいけない?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

(ご回答くださった皆様へ)
多くの方からご回答を賜り、誠に有難うございます。お礼が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。
尚、ポイントにつきましては、一番最初にご回答くださった方につけさせていただきました。

お礼日時:2007/07/12 01:09

賛成も反対も、上げるしかないでしょう。



歳出削減にしても、民間の会社なら従業員の
給与のカット、賞与の削減もできますが、
公務員の給与をカットする、賞与を限りなく0に近く
するなんて、出来ないでしょう。
そのツケを国民に転嫁しようにも、教育・福祉・医療等
これ以上、削減するのも限界ではないでしょうか。

ということは、消費税を上げるしかないでしょう。
法人税を上げるとなると、財界がウント言わないし、
無理でしょう。消費税は、基本的には、企業にとっても
負担のない税ですから、あげるのに、やぶさかでないでしょう。
日本国民は、人がいいので、消費税を上げるといっても、
上手く言いくるめれば、まだまだ上げられますよ。辛抱強い国民ですから。
私の予想では、20%近くまで上がるでしょう。
公務員の給与を、現状の水準で確保するには、必要だと
思いますよ。
    • good
    • 1

消費税増税は致し方ない部分もあるとは思いますが、


それよりも昔あった、贅沢税みたいなもの(物品税)を作って欲しいですね。
食料品などの生活必需品にはかからないように
    • good
    • 1

目的税になると税率は、10%にとどまりません。


また、その他の税収が福祉目的からはずされ、食い物にされかねません。
目的税にされるのであれば、その他の税金を下げて叱るべきですが、そんな話一つも聴かないどころか、サラリーマン増税を始め、増税する話しかないのでは?消費税増税は反対です。福祉目的は、さらに税率をつり上げる口実をわざわざ国に与えてしまうもので、なおさら反対です。
消費税は、もともと福祉に使うという口実のもと導入されました。
いい加減目を覚ましていただきたいです。
    • good
    • 1

大きな誤解があるようなので…


>目的を決めての増税なら、諸手を挙げて賛成する
>国の特別会計なる予算です。即時撤廃を要求します。

目的税によって運営される会計=特別会計です。

差し出がましいマネをします。不適切であると思えば削除してください。
    • good
    • 1

条件付で賛成です。

その条件とは、増税分を障害者福祉に使用する。自立支援法というわけわからん法律の為苦しんでる障害者がどれほど居ることか!目的を決めての増税なら、諸手を挙げて賛成する。この意見は地元障害者連合の合同意見です。次に、国の特別会計なる予算です。即時撤廃を要求します。これぞ、天下りの元凶だから。意味不明な法人を次々作りお役人を生涯保障する物で、税金のムダ使い以外の何者でもない。国よ!国民を裏切るな!
    • good
    • 2

0 反対



1(1)なぜ、社会保険庁が食い潰した保険料を国民の税金で賄わなければならないのか?無駄遣いを精査すると共に、放置してきた政治政党の責任もある。少なくとも政党助成金を一時凍結し、年金財源に充てる気はないのか?

(2)消費税は、一見公平に見えますが、所得ベースで考えると、所得が低い人ほど所得に占める消費税の負担率が増します。消費税が公平だと思いこんでいるのは日本人だけです。年収1000万円の人と200万円の人とでは、
どちらが消費税の負担が重いか考えてみてください。

(3)日本には、様々な税が有ります。増税といえば、消費税と思われる人も多いと思いますが、前述したように、所得の低い人に重くのしかかるのが消費税です。では、所得の高い人は、どうでしょうか?法人税を始め、減税につぐ減税です。金持ち・大企業減税をやめ、法人税率を元の税率にもどす。

2なぜ、消費税でなければならないか?
消費税増税は、大企業集団である日本経団連たっての願いです。
経団連のボストヨタをみると理由がハッキリします。
資本力のある大企業は、今海外にバンバン商品を売っています。
消費税は、国外に売った商品にはかからないという概念で、仕入にかかった消費税を還付する仕組みがあるのです。トヨタ1社で19000億円もの消費税が昨年還付されています。税率10%になれば、さらに倍の消費税が還付されるのです。だから消費税なんです。消費税は、大企業の補助金になっています。大企業にとっては、法人税増税などとんでもない話ということになります。

3消費税の目的は、
法人税を減税するため、国にお金が入らない。
消費税は、それを補てんするための打ち出の小槌です。
言い換えれば、一部のお金持ちの減税分をお金のない庶民が肩代わりしているのにすぎないのです。増税すれば、更に格差が広がります。

自公政治の狙いは、国民サービスを切り下げ、国民負担を上げる。
そうすれば、国民は、もう消費税増税しかないと思いこむ。
こんなところでしょう。その筋書き通りの回答が多いことが残念です。

消費税は、資本力のある企業にとって痛くもかゆくも無いどころか恩恵をもたらします。そういった意味では、一部企業の経済力は、相当つきます。
しかし、踏み台にされている国民は、更なる困難にぶつかるはずです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速読ませていただきました。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/12 21:20

0.反対


1.医療費等を上げる必要があるのでどこかで増税は必要。
2.経団連が儲かるから。
3.経団連が自民と癒着しているから。
消費税増税のメリットは経団連参加企業とくにトヨタでしょう。
こいつらは率先して増税しろと言ってますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/12 20:52

こんにちは。


Q0(←?)賛成です。

Q1 歳出削減も当然必要ですが、贅肉を削ぐあまり筋肉や内臓まで削ぐわけにはいきません。ある程度はやむを得ないでしょう。でも横領犯や社保庁のバカ共などには使ってほしくないなぁ・・・

Q2 私としては所得税や相続税よりも平等に徴収できる税だと思います。生活保護者でも贅沢してあれこれ買えば納税が義務になるし、金持ちでもつましく生活していれば少額で済む。所得税のようにごまかしようもない(あるのかも知れませんが)。個人の商店主や零細企業、開業医、宗教法人などは所得申告などごまかしまくりですからねー・・・そういう層を支持母体にしている政党は、当然反対の態度ですね。

Q3 消費税の増税といっても、世界水準から見れば5%は安い方です。
北欧などでは25%なんて国もありますよ。欲を言うなら、税を上げる前に給料を上げてほしい(笑)
国民をどんどん稼がせて、税も比例してたくさん徴収できる。そういう国家的な「金回りのよさ」が健全な税制のあり方なんですけどね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速読ませていただきました。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/12 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税増税について、どう思いますか?

消費税が増税して半年以上経ちましたね。 5%から8%ってそんなに大きな変化じゃないだろうと思ってましたが、3%の値上げでも、けっこう変化を感じますよね。
スーパーで食材等を買うとき、服を買うとき、などありとあらゆる場面で、値上げを実感します。

増税することにより、社会保障の充実を実感できたら良いのですが、今のところ何も良くなっていない様に思います。急に効果が表れる訳ではないのは分かりますが、本当に社会保障を充実してくれるの?と疑念を抱いてしまいます。
庶民にとっては、生活に負担が増すばかりのように感じられます。
今の状況のまま、さらに10%まで上げるなど、無謀に思えます。
まぁ、経済の専門家でもないので、詳しいことは分かりませんが、私の感覚としては、負担がさらに増すことに対して、不安感を抱いています。

皆さんは、さらなる増税についてや、今の現状について、どのように思われますか?

Aベストアンサー

10%なんてとんでもない。5%に戻すべきです。

アメリカは、マクロ経済学に詳しいトップがいるので、量的緩和をするとともに、政府閉鎖になっても増税を避けたのです。その結果景気がうまく回復しました。

最近首相は以下のように言っています。

>首相は「消費税を引き上げることで、経済が軌道から外れたり、鈍化したりすれば、税収は増えない。そうなれば意味がない」と述べたhttp://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0I80YN20141020

日本のマスコミは増税派なので、わざと触れないようにしているようです。
―――
消費税増税は必要ではありません。むしろ、今はやってはいけません。国の借金は減るどころか、消費税が増税されれば、景気が腰折れして、税収が減り、国の借金は増えると考えられます。http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8116825.html 安倍氏の決断した8%への消費税増税の動機としては、私は以下の可能性が高いと思っています。

★(1)高所得者には多くの政治家も含まれますが、消費税増税で高所得者に負担となる所得税アップが抑えられる。 >>> 安倍首相とその一族、自民党議員には税的に有利。民主党議員にも有利。増税法案(停止可能だが)は民主の立案ですでに成立しているので、このチャンスは絶対に逃したくない。
★(2)大新聞社も大企業も、自社への近視眼的な利益誘導を目的としている。>>> 消費税増税で法人税アップ抑制、大企業からの大新聞社への広告料アップ 、、、しかし結局は景気が腰折れして、大新聞社も大企業も損するのです。http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8237521.htmlまた、大新聞社はゆくゆく10%になった場合、5%の軽減税率を財務省にお願いする予定らしい。
★(3)一見、財務省はまじめに借金を減らそうと努力しているように見えますが、これまでの消費税アップの結果からすると、とんでもない偽善、大ウソです。>>> 財務省が執拗なまでに消費税増税を訴える理由は、「法人税」や消費税の軽減税率の設定を通じて各業界団体に強大な権限を確保できるからです。特に財務省の官僚というのは、国家国民の利益など微塵も考えていません。http://rh-guide.com/tokusyu/syohizei_usotuki1.html

それぞれの利益や権益に向けて、財務省、大企業、大新聞社、政治家が大暴走で、とんでもない話ですが、これらの組織をよーーーく監視して、その偽善、利己主義、大きな誤りを指摘しておくことが肝要です。
 さらにいえば、多数の経済オンチの日本国民は「消費税が増税されれば、景気が腰折れして、税収が減り、国の借金は増える」という実例をよくお勉強しなければなりません。

10%なんてとんでもない。5%に戻すべきです。

アメリカは、マクロ経済学に詳しいトップがいるので、量的緩和をするとともに、政府閉鎖になっても増税を避けたのです。その結果景気がうまく回復しました。

最近首相は以下のように言っています。

>首相は「消費税を引き上げることで、経済が軌道から外れたり、鈍化したりすれば、税収は増えない。そうなれば意味がない」と述べたhttp://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0I80YN20141020

日本のマスコミは増税派なので、わざと触れないようにしているよ...続きを読む

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。


人気Q&Aランキング