ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

革命前夜って、革命が来るって雰囲気があったんでしょうか?
明治維新の前は、明らかに幕府の権威は落ちてましたけど、
当時の人は幕府が倒れる、なにか新しい政権ができるとか感じていたのでしょうか?
フランス革命や、ロシア革命なんかではどうだったんでしょう

最近ではソ連崩壊や、天安門事件なんかは革命に近いと思うんですけど
あの頃は興味無かったのであんまり覚えていません、革命が来るって雰囲気だったんですか?

革命なんて経験したこと無いのでわからないのですけど、その時代の人は何か感じていたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

革命を起こす側は、革命前夜と考えるでしょうが、体制側は、そうは思わず単なる暴動だと思うでしょう。



フランス革命やロシア革命も、革命が始まった時点では、単に暴動としてしか理解していなかったで゜しょう。
しかし、体制側が軍を国民に向けた時点で、国民の不満が爆発し、一挙に革命に突入してゆきます。
国民が動き出した時点で、革命側は、革命前夜と認識するでしょうが、体制側は、その時点でも単に暴動の大きなものとしての認識しかないでしょう。

また歴史的に誰かが意図的に革命を起こそうとして革命が成功した事例はありません。
国民の間に不満が溜まり、それが自然爆発して革命が成功するパターンばかりです。

ソ連崩壊は、ゴルバチョフの監禁、ソ連軍のロシア大統領府包囲により、一挙にソ連崩壊へと突き進みました。
その1日前までは、革命前夜の様相は有りませんでした。
モスクワ市民が自らエリツィンの篭る大統領府の防衛に立ち上がりだした時、革命を意識しだしたでしょう。

天安門事件は、学生達に北京市民が応じなかった段階で失敗です。
国民全ての怒りではなく、当時の進歩派学生達の運動に留まった事が原因でしょう。
日本の安保闘争と同じで。
    • good
    • 0

革命と言いましても一日で成し遂げるわけではありませんから、ある時点で「このままいけば勝てるかも!」という「勝算」が生まれ、その前後を「革命前夜」と称しているのではないかと思います。



余談ですが、革命の成功・失敗と「食」の関係は意外と深いと聞きます。フランス革命もロシア革命も中国の革命もフィリピンの民主革命も、そして日本の「米騒動」も、貧窮に立ち行かなくなった国民が食の豊かさを求めて起こした点で共通しています。逆に天安門事件の失敗や日本で革命が起こらない理由は、まがりなりにも餓死するような状態ではない安心感(?)ではないでしょうか。
そういう意味では某将軍様の国は、今に何か起きそうな予感がします。
    • good
    • 0

現在の日本の状態がまさに革命前夜なのではないでしょうか。


革命には様々な要素がないと革命にはならないと思います。ただ単に国民の不満の増大だけでは無政府状態のようにはなるでしょうが革命にはならないでしょう。
まず、基盤となる思想が必要です。フランス革命の時は自由民権思想だったのだろうし、ロシア革命の時はマルクスの思想だったのでしょう。明治維新の時は欧米の思想が基盤となったのでしょう。そういう思想がないと大きな流れとならないし、政治に不満をもった人々も一つにまとまらないと思います。
さらに、革命を指導する英雄がいないと革命は起きないと思います。錦の御旗が必要なのです。西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允、坂本竜馬、岩倉具視、高杉晋作、吉田松陰などの英雄が必要なのです。
今回の年金問題で今まで不満のなかった人たちも不満を持ってしまいました。こういうことがこれからさらに繰り返されると50年か100年もすればあるいは日本でも?というこになるのかもしれません。
    • good
    • 0

明治維新前には全国で おかげ参り?か何かの


集団熱狂的な踊りのようなものがはやったそうです
空からお札が降ってきて(仕掛け人がいて)、伊勢踊りか
何かを1日中踊るとか・・・そういうものが幕藩体制の閉塞感を
打破する気運となって全国的に流行したようです。
天安門事件は民主化運動ですね 中国本土からの報道は
あまり良く覚えていませんが
東欧の89年の民主化革命は少し覚えています
長年の独裁政権が倒されたものです。西側からの情報流入が東側陣営の
体制を根幹から崩したものでした。大衆の参加、軍の反乱が直接政権を
倒した契機でしょうか
    • good
    • 0

現政権が、すでに大衆から見捨てられている場合、前兆なしに倒れる場合があります(例:マルコス政権を倒したフィリピン革命)。


そうでなければ、革命の前兆には2種類あるように考えます。

1つは飢饉やインフレ、大量失業などによる社会不安。フランス革命は、重税で庶民生活が圧迫されたのが一番大きいでしょう。
庶民が普通に暮らしていけない状況は、すなわち失政ですから、現政権打倒への実力行使と容易に結びつきます。たとえばロシア10月革命は、「戦争をやめろ」という民衆の意向をボリシェビキが利用したものです。

もう1つは隣国からの波及効果。
ソ連の崩壊も、天安門事件も、こちらの方が大きいのでは。それらの原因となった東欧革命にしても、ポーランド「連帯」による足掛け10年の民主化運動が成功したのがきっかけです。
    • good
    • 0

ソ連の崩壊のきっかけとなったのは、革命ではなくクーデターです。


また、革命とは命(天命)が革まる(あらたまる)という意味ですから、失敗した革命は革命ではありません。さらに、天安門事件は(あなたのおっしゃるのは第二次天安門事件だと思いますが)天安門周辺のできごとに限って言えば、規模の小ささからして革命ではありませんし、全国で発生していたデモなどを総称したとしても、その組織性のなさから革命とは言えません。

明治維新は革命ではないとされることもありますが、幕府もしくは徳川体制が倒れるかどうかは微妙なところだったのではないでしょうか。
まして、渦中の人々には「革命を起こすんだ」「新しい世を」といった信念はあったかもしれませんが、明日どうなるかなんて期待はできても予想は難しかったんじゃないかと思います。ただ、黒船を間近に見た江戸湾周辺の人々は何かが変わっていくのを感じたかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりその程度ですか

お礼日時:2007/06/15 11:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の文化大革命と、第一次天安門事件の写真や動画を探しています。

 中国で起きた第一次天安門事件(四五天安門事件)の時の写真と動画を探しています。
 第二次天安門事件(六四天安門事件)の写真とドキュメンタリー映像はインターネット上などで、簡単に見つかりますが
 第一次天安門事件の時の写真や動画は、どこを探しても見つかりません。
 第一次天安門事件の写真や動画は存在するのでしょうか?もしあれば、教えていただきたいのです。また、その前の文化大革命の時の
写真と動画も探しています。その時の写真等があるならば、教えていただきたいのです。どうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E6%96%87%E5%8C%96%E5%A4%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2&gbv=2
文化大革命についての画像検索結果ですが・・・・

Qイギリス商業革命商業革命のきっかけとなった道具はなんですか?

イギリス商業革命商業革命のきっかけとなった道具はなんですか?

Aベストアンサー

もう少し具体的に書いていただけると、何をお知りになりたいのか分かるんですが…
「道具」というと技術革新のことを指しているんですか?
英語版ウィキペディアの説明を使うと、造船技術の進歩とコンパスや測分儀の改良が挙げられます。
商業革命は海外貿易と密接な関係にあったため、造船や航海技術の進歩は必須ですね。造船はオランダで発達し、その覇権確立に貢献しましたし、コンパスなども大航海時代に大分発達しました。しかし、英国でのこれらの発展は、ニュートン以降の科学分野での進歩が影響しています。
つまり、ニュートン以降の科学分野の新たな発見が、航海用具に進歩をもたらした。そして、それらが他国よりもより正確で安全な航海をもたらし、海外貿易による利益が商業革命につながった。ということですね。

ちなみに産業革命でしたら、蒸気機関や織物機の発明などです。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Commercial_Revolution

Q天安門事件を海外旅行で知る?

中国では情報統制がされ若い人たちは天安門事件が起きたことすらしりません。

ですが彼らにも自由があるわけで海外旅行をしますよね。
その旅行先で天安門事件について知ることはないのでしょうか?

また中国人にとって天安門事件はどう思われてるんでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

>中国では情報統制がされ若い人たちは天安門事件が起きたことすらしりません。

その通りですね。
中国では、天安門事件は「歴史上存在しない」事になっています。
日本から(今まで累計)6兆6000億円の集金援助、麻生が(今年)朝貢した時の定額給付金50億円も報道規制で知りません。
(たった50億円ですから、主席に謁見する事が出来ませんでしたね)

>その旅行先で天安門事件について知ることはないのでしょうか?

無いとは言えませんが、非常に可能性は低いでしようね。
海外旅行を自由に行なえる中国人は「過去・現在に(本人・親族・知人が)反政府活動をしていない」「ある基準の資金力がある」事が必須条件です。
彼らは、政治的な事には意図的に無視しているか、教育・報道に何ら疑問を抱いていません。
海外にいると言っても、共産党独裁国家です。
下手に行動すれば、帰国後に支障をきたすのは皆理解していますよ。

韓国人(South KOREAN)も多く来日していますが、同様です。
日韓基本条約で補償金(賠償金)を当時の韓国政府が要求した満額を支払っていますが、韓国国民は知りません。
意図的に「国民に知らせない」方針のようです。
未だに「賠償しろ!謝罪しろ!」と、叫んでいますよ。

海外に出かけたから、自国の政府・歴史が正しいのか正しくないのかを確認する人は非常に小数でしよう。
そもそも、何を確認すればいいのか分かりません。

>また中国人にとって天安門事件はどう思われてるんでしょうか?

存在しない事件ですから、多くの国民は何とも思っていません。
ただ、知識層・人権活動家などは「血の弾圧事件」として語りついでいます。天安門事件が発生した月日に、共産党が厳戒態勢をとる事実で理解出来るでしよう。○○大学などは、閉鎖されます。

>中国では情報統制がされ若い人たちは天安門事件が起きたことすらしりません。

その通りですね。
中国では、天安門事件は「歴史上存在しない」事になっています。
日本から(今まで累計)6兆6000億円の集金援助、麻生が(今年)朝貢した時の定額給付金50億円も報道規制で知りません。
(たった50億円ですから、主席に謁見する事が出来ませんでしたね)

>その旅行先で天安門事件について知ることはないのでしょうか?

無いとは言えませんが、非常に可能性は低いでしようね。
海外旅行を自...続きを読む

Qイギリス 産業革命以前の階級意識

イギリスの階級社会の歴史について研究しています。
調べていると、イギリスの階級(上流・中流・下流)は産業革命後に誕生したと書かれているのをよく目にします。では、それ以前(特に1714年のハノーヴァー朝の始まりから産業革命までの間)のイギリスでの階級意識とはどのようなものだったのでしょうか?
ジェントルマンとノンジェントルマンという2つの階級があったというのは正解なのでしょうか?
そして、ある文献からこの時代は「階級闘争なき階級」があったと読みました。そこで、この時代は、たしかに階級(ジェントルマンとノンジェントルマン)は存在していたけれど、産業革命後に比べると、階級意識が薄いため階級闘争もなかったという理解で正しいのでしょうか。
イギリスの階級について調べる際、産業革命後の情報は多いのですが、革命以前について詳しい説明が見つけられずにいます。
わかる方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

ank0314 さん、こんばんわ。

イギリスの階級(上流・中流・下流)は産業革命後に誕生したと書かれているのをよく目にします。では、それ以前(特に1714年のハノーヴァー朝の始まりから産業革命までの間)のイギリスでの階級意識とはどのようなものだったのでしょうか?

そんなことはありません。
産業革命以前ということですから、フランスと同じような封建時代国家だということでしょうか?イギリスの場合は16世紀に入って中央集権体制になりました。それまではフランスと同じような非中央集権的封建社会でした。
つまり、国王がいてその下に領地を持つ大貴族や官僚、軍隊があり、この大貴族の下に代官や騎士がいて独立自営農民(ヨーマン)から出たジェントリという郷士がいてその下に独立自営農民(ヨーマン)がいて農奴がいてという形だと思います。
この形だと貴族や国王の領地支配権が強く、自分達の自由権や財産権を認めてもらうために必死で階級闘争など起こせる状態ではありません。実際には産業革命以前からイギリスの階級(上流・中流・下流)は存在していました。それは産業革命以降よりも厳然とです。産業革命によって新興富裕層ができる。つまり中流の商人がさらにお金持ちになるということです。そして貧しい農家の次三男や女性を職工に雇ってさらに富を増大させますが、今度はその職工労働者が新興富裕層である資本家との間で権利の闘争を始めるのが階級闘争でしたね。産業革命は身分による階級から富の分配によるつまり労使関係による階級の闘争の時代に入ったということです。有名なのはチャーチスト運動でしょうか?
ちなみにイギリスではすでに16世紀に宗教改革により、イギリス国教会が成立しているのですが、それまではカトリックのような王国内に王国があるという状態でしたね。つまりカトリックも支配階級であるということもお忘れになってはいけません。

詳細は下記のURLを参照してください。

チャーチスト運動
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0

ank0314 さん、こんばんわ。

イギリスの階級(上流・中流・下流)は産業革命後に誕生したと書かれているのをよく目にします。では、それ以前(特に1714年のハノーヴァー朝の始まりから産業革命までの間)のイギリスでの階級意識とはどのようなものだったのでしょうか?

そんなことはありません。
産業革命以前ということですから、フランスと同じような封建時代国家だということでしょうか?イギリスの場合は16世紀に入って中央集権体制になりました。それまではフランスと同じような非中央集権的封建社会でし...続きを読む

Q今の中国の若者にとって天安門事件はどれくらいの印象なのか?

先日からGoogleが中国で検閲するとかしないとか揉めてますが、
実際に今の中国の若者・学生にとって天安門事件はどれくらいの
インパクトなんでしょうか?
1989年に起こった天安門事件も、20歳の若者にしてみれば
自分が生まれた頃の昔話で、その後は共産党の指導で
中国は飛躍的な経済発展。
日本でいうところの東大紛争や浅間山荘事件くらいの
興味なんでしょうか?

Aベストアンサー

 そもそも『天安門事件』自体知りません。
中国政府はとしてはは、首都で起きた小さな事件で、死者もけが人も全くない小さな事件としての扱いです。
 そいえ天安門は中国転覆を狙った反政府グループが見つかり、行動前に検挙された・・くらいのイメージです。
 死者も多く出たはずなんですが、海外メディアに対し中国は死者けが人は居ないと公式に声明を出している為、日本のNHKなどはそう報道してますね

Q歴史の革命って他国に広がりやすいもんなんですか?

歴史を勉強していると
「A国で革命が起きた」
「周辺のB、C、D国は自国で革命が起きることを恐れてそれを弾圧した」
みたいな内容を見ます。

他国で起きた革命になぜ脅威を感じるのかよくわかりません。

例えば、
B,C,D国内にも国に対して不満を持っている民衆が多くいる。
「A国の民衆が立ち上がったなら俺達も国に不満をぶちまけるぞー!」
みたいな心理が伝染することを国が恐れているのですか?

実際にこのようにして広がった反乱の一例として何かありますか?

Aベストアンサー

「A国の民衆が立ち上がったなら俺達も国に不満をぶちまけるぞー!」
みたいな心理が伝染することを国が恐れているのですか?
    ↑
あの国が出来たんだから、俺たちだって
出来るのではないか、と勇気づけられる
のです。

フランス革命では、革命の連鎖を恐れた周辺諸国が
フランスに攻め込んだりしましたね。

第二次大戦後、インドの独立に刺激された
アジア、アフリカ諸国で独立運動が盛んになり
ました。

Q天安門事件について教えてください

天安門事件って中国の民主化運動(デモ)だったんですか?
いまだに中国は一党独裁ですよね。アカいイメージしかないんですが、経済特区も多くて高層ビルがたくさん建っている街もありますよね。
一体中国の政治や経済の仕組みはどうなっているんですか?

この経済繁栄に繋がる出来事として天安門事件は関係あるんですか?
詳しい方いらっしゃればわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

質問者さまの言うように、「天安門事件」は、民主化運動のひとつとして、扱われてます

六四天安門事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E5%9B%9B%E5%A4%A9%E5%AE%89%E9%96%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6

しかし、一方で・・・

社会主義市場経済 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4%E7%B5%8C%E6%B8%88

と、「政治的には社会主義、経済的には市場経済」言う政策は、1992年から行われてる政策
これによって、何が起きているかは、都心部で高層ビルなどが構築される一方、地方部は全く変化が無い状況で、市場経済で言えば、どの国よりも酷い貧富の差が生じてます

これの是正をどうするつもりなのか・・・苦慮しているところでしょうね

元々は、東ドイツ崩壊、ロシア崩壊と、共産系の経済崩壊を横目に、国内の不満を、他国を中傷し政権を維持する方向から、経済開放することによって、国を維持することを、中国で検討されていた内容、それを1992年に取った政策
とは言え、過去に取った仮想敵国日本などは、過去の慣習のまま、敵国扱い
しかし、この経済発展の最大の出資国は日本

これとは別に続いている話が、北朝鮮国内で、中国の経済発展を横目に、同じく経済改革路線へ!って、ばたばた動いてます
これを苦々しく軍部が、国家意思統一が大事!と、妨害工作で、核実験、ミサイル実験と、一連の流れに繋がってくる様子

突然!って訳じゃなくて、布石は、もう10年以上前の話ね

質問者さまの言うように、「天安門事件」は、民主化運動のひとつとして、扱われてます

六四天安門事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E5%9B%9B%E5%A4%A9%E5%AE%89%E9%96%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6

しかし、一方で・・・

社会主義市場経済 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4%E7%B5%8C%E6%B8%88

と、「政治的には社会主義、経済的には市場経済」言う政策は、1992年から行われてる政策
これによって、何が起き...続きを読む

Qブルジョアって富裕層っていう意味じゃなくて中産階級が正しいんですか? ブルジョア=金持ちだと思ってた

ブルジョアって富裕層っていう意味じゃなくて中産階級が正しいんですか?

ブルジョア=金持ちだと思ってたけぢ日本語だと中流階級って意味がいつ頃からブルジョア=金持ちという意味に変わったのでしょう?

昔のブルジョア=今の上場企業に勤めるサラリーマンってことですよね。

Aベストアンサー

昔の、ヨーロッパで言うブルジョワジーを今の日本に置き換えるなら、
「中小企業の社長や役員クラス」かなと思います。
マルクス主義においてプロレタリアート(=賃金労働者)の対義語になるので。

ブルジョワは労働する人の中の富裕層です。

昔の中世ヨーロッパの身分は大雑把には
・王侯貴族(働かない;戦争時以外は)
・聖職者(働かない)
・平民(=労働者、めっちゃ重労働)
です。
質問者さんが仰る「中産階級」が存在しません。

でも当時の平民の中にも商人や工業で生計を立てる人がいます。
彼らは時代が下るにつれいろんな要因から、中には裕福になる者もあらわれました。
今でいう社長として、人を大勢雇うほど事業を拡大し、儲けるようになったのです。
この人たちがブルジョワジーです。中産階級の誕生です。
時代が近代資本主義社会に移行したことで生まれた階級です。


なぜ日本でブルジョワ=金持ちになったか?

一言でいうと流行語になったためです。
たまたま日本の事情でブルジョワ=金持ちという意味で膾炙しただけです。

ブルジョワが金持ちには違いないのですが、そこに王侯貴族が入らなかった理由は
一つには、広まった時代の日本にはすでに資本主義に移行していたため、
王侯貴族=圧制者という概念が薄かったこともあると思います。
もう一つには、思想を語る人々が昔でいう平民=労働者に移っていたことがあると思います。

日本では50~90年ぐらい昔に共産主義、特にマルクス主義が流行った時代がありました。
(戦時中のアカ狩りとか聞いたことがあるでしょう。治安維持法を背景に、特高が共産主義者を社会不穏分子だとして捕まえて拷問して殺してたわけです。)

このマルクスはプロレタリアート(=賃金労働者)はブルジョワジー(=労働者の労働により資産家になった者)に搾取されていると説きました。
今でいうブラック企業批判です。
そうした、プロレタリアートこそ尊いという主義から対立するブルジョワジーに否定的なニュアンスが生まれるようになりました。


なおこの風潮は、ヨーロッパ本土から情報伝達において取り残されていた日本でのみのはずですので、海外ではブルジョワを指して否定的なニュアンスは持たないだろうと思います。

昔の、ヨーロッパで言うブルジョワジーを今の日本に置き換えるなら、
「中小企業の社長や役員クラス」かなと思います。
マルクス主義においてプロレタリアート(=賃金労働者)の対義語になるので。

ブルジョワは労働する人の中の富裕層です。

昔の中世ヨーロッパの身分は大雑把には
・王侯貴族(働かない;戦争時以外は)
・聖職者(働かない)
・平民(=労働者、めっちゃ重労働)
です。
質問者さんが仰る「中産階級」が存在しません。

でも当時の平民の中にも商人や工業で生計を立てる人がいます。
彼らは...続きを読む

Q私は中国人の方に聴きたい。毛沢東の文化大革命と天安門事件についてどう思ってますか?

私は中国人の方に聴きたい。毛沢東の文化大革命と天安門事件についてどう思ってますか?

Aベストアンサー

ワタシには知り合いの中国人が沢山おりまして
こういう問題については普段から話をして
おります。



毛沢東の文化大革命と天安門事件についてどう思ってますか?
   ↑
文革については、一般的見解
としては、マイナス評価が多いです。
あれで10年遅れたとかですね。
おもしろいのは、中共政府ですら、マイナス
評価をしていることです。
ただ、毛沢東については言及していません。
総て、江青等四人組が悪いことになっています。


天安門事件については、若い人はその存在を知り
ません。
芥川賞作家の中国人「楊逸」さんは、来日して
初めてその存在を知ったそうです。

年配の中国人は知っていますが、その評価に
ついてはマイナスが多いようです。



それとも中国人であることが恥ずかしいのか?
   ↑
中国人であることが恥ずかしい、という
中国人は少なくありません。
知人の在米中国人は、国籍を聞かれると日本人と
答えます。
中国人では恥ずかしいからです。
また、台湾、香港では若者を中心に、中国人では
恥ずかしい、という感情が広がっています。
台湾人だ、香港人だ、中国人じゃない。


仮想敵国とみざるを得ません
   ↑
中国は仮想敵国としか評価できませんが
在日中国人には親日が多いですよ。
大宅壮一賞作家「野村進」氏によりますと
在日中国人の80%は親日だそうです。
彼らは、母国と日本を比較できますので、
どうしても親日になってしまうそうです。
ワタシの知人の中国人はおおむね親日です。

ワタシには知り合いの中国人が沢山おりまして
こういう問題については普段から話をして
おります。



毛沢東の文化大革命と天安門事件についてどう思ってますか?
   ↑
文革については、一般的見解
としては、マイナス評価が多いです。
あれで10年遅れたとかですね。
おもしろいのは、中共政府ですら、マイナス
評価をしていることです。
ただ、毛沢東については言及していません。
総て、江青等四人組が悪いことになっています。


天安門事件については、若い人はその存在を知り
ません。
芥川賞作家の中...続きを読む

Q市民革命と産業革命

いつもお世話になっています。

「☆市民革命→自由権・平等権の獲得」

「★産業革命→資本主義経済→貧豊の差が拡大→人間らしい生活を求める声→ワイマール憲法」

の2つなのですがいつも社会の先生がこのようにお書きになられるので良く分かりません。
2つについて解説教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No1の方の説明は、かなり不適切かと・・・

 市民革命については、かなりあっていると思いますが、産業革命については、共産主義革命と勘違いなさっているように思います。

 簡単に歴史の流れを言うと

 中世には、経済が農業主体で人々はあまり移動しませんでした。政治は領地の主である封建領主の連合体に支えられた国王が、領主=貴族の代表として国を統治していましたが、国王の力はそれほど強くありませんでした。

 時代と共に社会が生産力を増し、領地の範囲を超えた物資の流通が始まり、十字軍がその動きを加速しました。商業・手工業で富を蓄積するものが増加し、宗教改革(新教=富を蓄積した新興富裕層、旧教=封建領主が主体)で宗教戦争が勃発、封建領主の力が衰え、絶対王政が始まりました。

 絶対王政は、力を失いつつある封建領主の代表である王が、新興富裕層(経済的に豊か=国王への上納金・税金を負担)の支持も得て、新旧のバランスを取るかたちで成立しました。

 市民革命=絶対王政の崩壊
 実力をどんどんつけ続ける新興富裕層(新勢力=特権なし:どこでも自由・平等に商売が出来るのを歓迎)が、領主層(旧勢力=特権の保持:特権が力の元)の力を凌ぐようになり、富裕層だけの政権を目指すようになり、領主の代表である王を排除しました。

 市民革命の結果、民主政・立憲君主制による、社会が成立します。

 この頃、イギリスで産業革命が始まります。(市民革命の遅い国では、産業革命によって富裕となった人々が市民革命を起こします。)
 今まで物の生産は人力であったものが、水力(水車による機械生産)・蒸気機関(石炭という動力の利用)による機械生産に変わっていきます。これが産業革命です。(ですから、産業革命は政治の言葉ではなくて、経済用語です。)

 産業革命によって、富裕な人々はますます豊かになり、お金が社会を動かすようになります。これが資本主義社会です。

 資本主義社会では、お金が資本となり生産手段になりますから、お金のある人はますますお金持ちになります。お金持ちの人の作った工場で働く人は、貧乏なまま。

 マルクスという人は、「そこで、貧乏な人たちが怒って革命を起こし、資本家を追い出して工場を労働者のものにしてしまう。」と考え、その革命を共産主義革命と名づけました。

 ところが、資本家の方でも労働者の福祉政策を色々行い、革命が起こらないような方策を採りました。これが修正資本主義という考え方で、ワイマール憲法には、これらの福祉政策を受ける基本的な権利があると規定されました。

 結局、共産主義革命は、資本主義の発達が未熟なロシアや中国でしか起こらず、マルクスの想定した「資本主義の充実した生産設備」をほとんど持たないまま、政権が誕生しました。そして新たに成立した政府が、資本家に代わって労働者を搾取し生産設備を作る社会が出来上がりました。また、悪平等が労働者の生産意欲を失わせることとなりました。

 この結果、ソ連は崩壊・中国は資本主義化して現在に至っています。

 No1の方の説明は、かなり不適切かと・・・

 市民革命については、かなりあっていると思いますが、産業革命については、共産主義革命と勘違いなさっているように思います。

 簡単に歴史の流れを言うと

 中世には、経済が農業主体で人々はあまり移動しませんでした。政治は領地の主である封建領主の連合体に支えられた国王が、領主=貴族の代表として国を統治していましたが、国王の力はそれほど強くありませんでした。

 時代と共に社会が生産力を増し、領地の範囲を超えた物資の流通が始まり...続きを読む


人気Q&Aランキング