賢いポイント生活をはじめよう >>

現在美大を目指して浪人中の学生です。この春に高校を卒業しました。
広告関係の職業に興味を持っているため、
関東の私大でグラフィック関係の学科がある大学を進路として考えています。

少し前までは漠然と「広告関係の仕事に就きたい」と考えていたのですが、
最近になって具体的に食品メーカーの広告・パッケージに興味が湧き始めました。
きっかけはお菓子や飲料水のメーカー(明治製菓・KIRINなど)で、
かなり人気のありそうな(憶測)ジャンルです。

今回質問でお聞きしたいのが、私の進もうとしている美大(デザイン系)というものは
お菓子・飲料水メーカーのパッケージ関係の職に就職するというのはやはり難しいでしょうか。
また、この業界の会社で広告・企画部門の仕組み…デザイン事務所との違いなどがまだよくわかっていません。
(デザイン事務所は依頼されて成り立っているものだと考えていますが…)

詳しい方がいらっしゃいましたら是非教えていただけたらと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本パッケージデザイン協会


http://www.jpda.or.jp/index.html

上記サイトを見てみてください。
お菓子、飲料系だけってわけではありませんけど、パッケージデザインを手がける小さな会社はたくさんあります。
むしろ、電通・博報堂なんかは代理店なので、CMとかの実際の制作をしたいなら、その下請け企業を狙った方が良いんじゃないかと思います。
(下請けは激務なうえ薄給だったりするので、その辺も考慮した方がいいです)

たとえばお菓子のCMやりたくて入った会社で、車の広告部に配属されたら、どうしますか?
現場で働けると思って入社したのに、発注元の言うとおりにデータ作るだけの毎日だったら?
本当に質問者さんのしたい仕事が、
データ作りなのか、広告の企画立案なのか、それとももっと違う何かなのか…
じっくり考えてみてくださいね。

就職活動を始めれば、たくさんの会社の説明会に行くことができますから、
会社の違いとか、業界の仕事の流れなんかは、そのとき掴めば大丈夫です。
本とかネットとかで調べておいて、説明会で確かめる…って感じが近いでしょうか。

でも、お菓子と飲料のパッケージデザインだけを仕事にできる、と言うことはまずないと思いますよ。
少なくとも、デザイナーとして相当の経験を積んで、仕事を選べる立場になるまでは。


…と、偉そうなことを申しておりますが、
かくいう私は今年美大を卒業して、社会人一年生をやっております。しかも、広告・デザイン系ではありません(^^;)

美大受験時、グラフィック系の人気の高さには辟易したものですが、
就職活動期、広告系の人気の高さにも辟易しましたね。
一時期目指しましたが、競争率の割りに魅力を感じなかったため、すぐに方向転換しました。

広告(電通など)・キャラクター(サンリオなど)・雑貨(ミドリなど)・ゲーム(任天堂など)は、やっぱり人気高かったですね。

できれば実際に大学に見学に行ったとき、就職関係の資料を見せてもらうといいと思います。
(大学には、在学生の就職をサポートするための資料室みたいなものがあります。)

就職課に行って、「パッケージデザインに興味があるのですが、パッケージ関係の求人って年間でどれくらい来ますか?」とか聞いたら、教えてくれるんじゃないでしょうか。
自分はやったこと無いので、なんとも言えませんが…。

あとは、
「実際に広告業界で働いている教授はいますか?」とか、
「広告業界の方を呼んだ講演会などはありますか?」とか、
「広告関係の事務所から、アルバイト募集が来ることはありますか?」とか、
色々聞いてみるといいかも知れません。
バイトから、そのまま正社員登用される場合もありますので。

デザイナー募集は美大出身限定のところが多く、なかでもデザイン系はファイン系に比べて業界を選ばないので、きちんと就職活動すれば仕事に就ける確率は高いと思います。
(ただ、メーカーがパッケージデザイン部門を持っているところは稀なんじゃないかと…。)

長々とスミマセン。
ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.jpda.or.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常にわかりやすい回答ありがとうございました。
なんとなくは考えているもののどう動いたらいいか全くわからなかったので、とても参考になりました。

>質問者さんのしたい仕事
そうですね…まだ定まってないから大学にいって見聞を深めようという目的ですが、
やっぱり少しは自分の進む路線を視野に入れて行動したほうがいいですね(^^;

>就職関係の資料
なるほど。進路を最終決定する前に、少しずつ大学側に足を運んででも調べてみたいと思います。
本当に具体的に内容までご丁寧にありがとうございます。
無知なので本当に助かります!><

>アルバイト
その話は私が高校のとき(美術コースがある学校でした)、担当の先生にも勧められました。
なので是非そういうバイトは良い話があればやっていきたいと考えています。
が、現状は学校の課題が忙しくて、そのようなバイトをするのも大変だと友人が言っていたので
なかなか難しい道を選んでしまったなぁと思ったり(笑)
そういうもんなのでしょうね…

yamatomayaさんが美術関係の方で本当に参考になりました。
まだ足を踏み入れてもない世界なので色々調べていこうと思いました。
今回お菓子飲料水の話を具体的にだしましたが、パッケージデザそのものが好きなのでコレっていうのに決めすぎないよう視野を広げていこうと思ってます。路線も色々考えつつ…がんばります(笑)
ありがとうございました!!

お礼日時:2007/06/18 15:25

メーカーが独自でパッケージデザインをしているのではなく、専門の会社に依頼している場合が多いです。


自社でそれだけのクリエイターをそろえているところもあるかもしれませんが、今のところあまり聞いたことはありません。

広告部は、CMなどの方向付けを行ったり、どのタレントを起用するかなどには関わってきますが、実際に「モノ」を作るのは専門の会社が多いですね。
デザイン系の大手に就職した方が、恐らく実際にそういった仕事を手がけるチャンスに恵まれるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。回答ありがとうございます。参考になりました!
専門の会社が多いですか。
やはり電通や博報堂といった大手の会社なのでしょうね。。。

お礼日時:2007/06/14 09:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデザインを仕事にしたい!…でもそれだと生活していくのが難しい

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思います。
大卒で生活費を親に頼るというのは
申し訳なく思います。
事務職を続けるのであれば、お金は借りなくとも
生活はしていけますが、仕事は単調ですし、
やりたいことであるデザインは、
趣味として割り切ることになるでしょう。

グダグダいわずにデザイン職へ
飛び込めば、話は早いのですが、
やはり現役のデザイン職の方にお聞きしたいです。

待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
デザインをすることは楽しいですか?
待遇のよい他業界へ就職すればよかった…
と、後悔している方はいらっしゃいませんか?

よろしければご意見・アドバイス等、
よろしくお願いいたします。

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲けたいならデザイナーはやめた方がいいだとか、
好きな仕事だからしょうがないetc...

僕は学生時代これらの話に耳を貸しませんでした。
僕は決めていました。
1.年収3,000万円以上稼ぐ事。
2.企画から関われるクリエイティブな仕事をする事。
(いきなりは無理でしょうから、35歳の時点で、とういう条件です)

だから、学校の講師の話はあまり役に立ちませんでした。
だって、講師の方は仕事がないから安い給料で講師やっているんですから、
そんな人の言うとおりやってたら自分も講師になっちゃうじゃないかと。
普通に考えてそうでしょう?
一方、非常勤で、普段一線でバリバリやっている講師の話は
食い入るように聞き、質問しまくりました。

>待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
>デザインをすることは楽しいですか?
僕は好きにデザインさせてもらってます。デザインが楽しくて仕方ありません。
もちろん2年半は死ぬほど基礎をたたき込まれました。
打ち合わせから営業からデザインまで全部できます。
社長や重役相手の打ち合わせも全然平気です。今の時点の給料にも不満はありません。

僕が何故こんな状態でいられるかと言うと、それは
「自分がどんなデザイナーになりたいかを決めていた」からです。
だから、就職先も当然選びました。戦略を練りました。電通や博報堂がいいのか?
電通や博報堂には年収3,000万円以上のクリエイターがどのくらいいるのか?など。。
いろいろ調べて相談した結果、有名なデザイナーが独立してやっている
デザインプロダクションに入る、という戦略をとりました。

そこではデザインから営業からなにから何まで、
朝から晩まで有名なデザイナーに付きっきりで教えてもらえると思ったからです。
それが電通・博報堂だと、いいADの下につくにも、大変な競争が待っていると
想像したからです(あくまで想像ですが…)。
意味のない出世競争に時間を取られたくなかったのです。

結果、予定通りいろいろ教えてもらい自信がつきました。(賞の取り方までも。。)
今私はデザイン初めて3年半ですが、今の時点でもすでに
そこら辺のデザイナー(10年やっていようが20年やっていようが)には負ける気がしません。
デザインは、どれだけやっていたかという経験や時間なんて全く関係ありませんよ。
よく、いろいろ転職しながら実力蓄えていくとか、キャリアアップとかほざく
無知な連中がいますが、そんなもんはウソです。
自分が無知であるということさえも知らない連中です。
10年、20年やってて名刺にADとか書いてある下手なデザイナーを何人も見ます。

とにかく、いいディレクターのいる職場に、なんとしても滑り込んでください。
デザインのスタンスはいろいろありますから、何でもいいですからこれだけは他のデザイナーには
負けない、というモノをもっているディレクターを捜し、その人の弟子になるんです。
そういう方は、有名、無名を問わず、探せば見つかります。

今活躍しているデザイナーで、良き師匠に巡り会わずに、自力でデザインを覚えた人なんて
ホンの一握りの例外を除いて、誰もいませんよ。
これがこの業界の現実であり、デザインという職業の性質です。
デザインという基礎・概念をたたき込んでもらって初めて、自分で努力して実るのです。
初めに基礎をたたき込んでもらわないで、自分で努力しても、我流になって、やればやるほど
下手になりますよ、マジです。

ここを間違えると、デザイナーなんてやめた方がいいと思います。
徹夜はあるわ、給料安いわ、仕事もデザインといっても大した仕事ではないわ。
という事になりますよ。あなたに、経営の才能があれば、デザインの質にこだわらず、
デザイン会社経営という道も残されますが、そうでなければ、20代後半から30代前半で
確実にリストラされます。デザインが上手くないと使い捨てにされる業界です。
しかもデザインはつぶしが利かないですから、途方に暮れますよ。

長くなってすいません。ついでにもう一つ言いたいのが、
>生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまでやりたいことを優先していいものか、
>いまいちデザインの世界に飛び込むことができないでいます。
>きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう生活になるんではないかと思います。
>大卒で生活費を親に頼るというのは申し訳なく思います。

ということですが、努力することを嫌うなら、実力を付けることが出来ませんからやめた方がいいです。あと、きれい事を言ってもいいですが、きれい事のせいで実力が付かなければ、
それは結局親不孝につながります。稼いであとで何倍にもして返してやるという発想でいくほうが
自分へのいいプレッシャーにもなります。

僕は20歳のときにデザイナーになること決めました。上京して、そこから、バイトは一切せずに
親の仕送りとそれまでの貯金で生活してました。月に本代だけで10万円は使っていました。
親が特別金持ちな訳ではないです。なんとか工夫して送ってもらいました。
さらにご飯代も削って自炊して、月の食費は1万円を切っていました。残り全て勉強につぎ込みました。
なんとしてでも実力を付けるためです。バイトなんかしてたら、その分デザインの勉強の時間が
少なくなります。もちろんバイトすることで得るものもありますから人それぞれですが、僕の場合、
バイトはそれまでにさんざんやってましたし、遊びもそれなりにしてましたし、今自分に必要なのは
デザインの勉強、と言うことで、もちろん睡眠時間も削りまくってやりまくりました。

僕が言いたいのは、これだけ、戦略的に考えながら利用できるものは利用して
やるべき事に集中投資して、勉強しまくる奴がいる業界ですよ、ということです。
そういう奴が、ライバルとして、ウヨウヨいますよ。
そんな中で、「生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで」と言ってると、淘汰されるだけです。

実力の世界を甘く見て実力の世界に入ったひとは、必ず後悔します。いい仕事回ってきませんから。
いっぽう、実力の世界で実力がある人は、面白くてたまらない。高くていい仕事入りますから。
これが「実力の世界」です。

長文で、きついこと書いて申し訳ないです。しかも25歳の分際で。
でもこれが僕の本音であり、これから業界に入ろうとしている人への、本当に伝えたいことなんです。。

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲け...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報