こちらでの質問でよいかどうか心配なのですが……。

易で使われている八卦の配置には、伏儀先天図と文王後天図があり、先天図は二進法的な
順序で理解しているのですが、後天図にはどのような理屈がついているのでしょうか。

それからこれらの配置は河図と洛書が元になっていると聞いたこともあります。洛書が
魔方陣であることは分かりますが、河図にはどんな法則性があるのでしょうか。

A 回答 (1件)

残念ながらアドバイスしかできないのですが、図書をご紹介しておきます。


易学からのアプローチではないですが、

安居香山『緯書と中国の神秘思想 』平河出版社、1988.9

あたりに河図洛書について載っていたかと思います。
また目を通したことはありませんが、

安居香山・中村璋八編『緯書集成 河図・洛書』漢魏文化研究会、1959

というものもあります。重訂版が出されているはずなので、1959年よりは新しいものが出版されているはずです。
歴史・思想的アプローチなので、お望みの答えは無いかもしれませんが、参考程度に。

ちなみに「世界大百科事典」によれば、現在目にすることのできる河図洛書は宋代の学者が復元したものであり、清代には捏造であるとの批判を浴びたとのことです。

この回答への補足

ええと、お答えいただいてから1ヵ月もそのままにしておりましてすみませんでした。(他の方の回答があるかも、と思いまして)
ご紹介いただいた文献はまだ手に出来ていませんが、ぜひ参考にしたく思います。スレッドを閉めるにあたり、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2001/02/25 03:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございます。

> ちなみに「世界大百科事典」によれば、現在目にすることのできる河図洛書は宋代の学者が復元したものであり、清代には捏造であるとの批判を浴びたとのことです。

「復元」だとオリジナルがあるのでしょうが、「捏造」となるとオリジナルがそもそもない可能性もあるわけですね。もしそうならそれはある意味「創作」ですね。なるほど。なんだかかえって面白い気がします。(^^)

河図洛書について私は、そこに流れる思想や理屈を知りたいので、創られた時期が古いことを特にありがたがるつもりはありません。

ご紹介いただいた文献も参照してみようと思います。今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/01/24 08:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q八卦は、儒学者の常識・定説ですか?信じていた?

八卦は易学ですよね。易学の法則でしょうけど法則ではなく当時なら何と言う単語になるのですか。

八卦に関しては儒学者なども「はっけ」と呼んでいたのですか。つまり「はっけ」は学問的に登場する機会があったのか。八卦が壮大な原理を説明するのならば八卦は数学のように学科を越えて利用されるべきに思います。

八卦は戯れ言という認識はトンデモ科学・異端児にされるから無理だったのでしょうか。
なんだかわからなくても血液型占いではなく相対性理論のような扱いだったのでしょうか。


儒教の国と言われる韓国を象徴する韓国旗は父母日月を表すそうですが、火と水が正論であり、日月は儒学的に異端ではありませんか。
韓国ではいつからどれくらい儒教の教養が広まったのでしょうか。正統な内容だったのでしょうか。

明治・李氏朝鮮以前の八卦とは、現代的にたとえるなら、経済学者が適当な法則を出しているが、まっとうな商売人は無視している感じでしょうか。
形式論ではないご解説を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現実の合理的な解釈の道具

儒教と中国 「二千年の正統思想」の起源 (講談社選書メチエ)
によれば、儒教とはそういうものらしい

Q八卦における部屋の吉凶

41才、男性です。
八卦には、坎・艮・震・巽・離・坤・兌・乾の8つの卦がありますね。
私の生年月日から見ると、この中の 【 艮(ごん)】 の生まれに当たり、自宅の中の吉凶方位では 「 南西 」 が生気の場所(大吉方位)になるようです。またもう一つの吉方位である 「 北西 」 は玄関です。
ところで現在の部屋(アパート)に引っ越して4年間、自分に取って大凶の 「 北(真北) 」 の部屋をくつろぎや寝室として長く使って来て、確かにここ何年も運が不安定です。大吉に当たる 「 南西 」 の場所にも6畳の部屋があり、その部屋を普段使うようにすると良いと思うのですが、こちらは寝たきりの親の看護の部屋として使っています。看護上の都合で(機材などの設置などの都合)で簡単に部屋を変える事ができません。
このような場合、現在の凶相の 「 北 」 の部屋を、自分に取って吉相に変える方法は無いでしょうか?

Aベストアンサー

今、南北にベッドを置き場所が南西より
という事で了解しましたが、それでよかったでしょうか?
そうすると頭の位置が南か北になると思いますが、如何でしょうか?
余りお勧めではありません。斜めに置くのは大変なので除外するとして、西向きに頭をもって来る事は無理でしょうか?南よりでも、北よりでも頭の位置が大事です。私の経験で恐縮ですが以前、南向きに頭を置いて寝てたら朝から疲れて辛かった事がありました。そのあと南西向きに布団を敷いて休んだら楽になりました。どうにか吉方位を活用できないでしょうか。それから東北方位ですが、家の中でしかもご自分の吉方位なので何ら問題はありません。全く気にしないで下さい。

東北方位というのは、怖いといいますが、家相によっては考えないといけない時もあります。移動で方位を使う時東北方位が吉方位の時もあります。でも八宅法の吉方位は安心してお使い下さい。

Q山風が発生する山の高さについて

山風が発生する山の高さについて教えてください。

例えば周辺が平地の立地に標高200m程度の円錐型の山があったら、
山風は発生しうるものでしょうか?個人的なイメージでは200mだと、
平地から山頂の温度差が1.2度あるので、放射状(全周)に
山風が吹きそうだと思うのですが・・・。
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経験上ですが、200mくらいの標高差があれば十分発生すると思います。
100m前後でも、ありそうです。

ただ「例え」で示された、平地にそそり立つ円錐型の山だと、吹き出した山風は発散しますからそれほど感じないかも・・・
谷があると冷気が集中しますので強く感じると思います。

Q伏運ってどんな運の事を言うのでうすか?

 占い系のサイトを見てふと判らない言葉がありました。
伏運・・これはどんな運の事を言うのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ここに下記の説明がありました。

「☆伏運(宿縁の象徴:人運の画数と名前の画数を合計した数)
他の運数が吉数でもこの運が凶数だと、災害や犯罪に巻きこまれる可能性があります。」

参考URL:http://www.naming.jp/cgi/name/namseim.htm

Q八卦掌について

 健康増進のため、何かボディワークをしようと
思っています。あれこれ調べましたが、「八卦掌」の
鍛錬(「走圏」?)が、心身を鍛えて東洋医学で
言うところの「腎」や「脾」を鍛えるのに有効だと
知りました。あの夏目房之介さんのブログにも
いろんなことが書かれています。ですが、夏目さんが
習っておられる八卦掌は「馬貴派八卦掌」といい、
教室は東京のみです。私のような地方在住(兵庫県)
としては、定期的に習いに行くのは難しいです。
 そこで質問ですが、八卦掌はいくつか流派がある
ようですが、その流派ごとにものすごく違いがある
のでしょうか?それほど差がないのでしたら、兵庫で
学ぶことができる八卦掌の教室を探そうかと思います
し、馬貴派八卦掌がその鍛錬について他の八卦掌より
有効であるのなら、上京して学ぶことも止むを得ない、と思っています。
 まとまらない質問ですが、ご回答のほどよろしく
お願いします。兵庫や大阪で八卦掌を教えてくださる
教室や人物についても教えてくだされば幸いです。

Aベストアンサー

私の系統は、故人である裴錫栄老師の系統です。
やはり、「馬貴派八卦掌」とはかなり異なるものと思います。
八卦掌は、系統により風格が異なります。根本理論は同じですが、見た目があまりにも違うので、理解することがとても難しいのです。
私も他派の動きで、まったく理解できない動作がありましたが、ある雑誌記事の写真をみてやっと理解できたこともあります。同じ中国人ならば、流派も相互に影響しあっているので、太極拳のこの技の系統を母体にして変化しているという理解がしやすいのかも知れませんが、日本人の初心者にとってはかなり難解です。
自分が信じられる系統を学ぶのが、長続きする秘訣です。習い始めは、まったく理解できず、無駄な作業に思えるかもしれません。でもその系統の理論を学ぶには時間がかかります。そのためには、「盲目的でもいいから好きになる」ことが重要です。
他派の老師でも心から信じられる人なら、習うのはかまいませんが、先生の系統を侮辱するように見える行動をとりそうなら、あとあと問題化します。少なくとも3年は修行しなければ理解できないはずです。その後、馬貴派八卦掌へ趣旨替えするかどうかを考え直すのなら、余計な理由は言わずに学ばせてもらい、一旦、会派を辞してから、馬貴派八卦掌の門をたたいてはどうでしょうか。
真髄を極める覚悟があるのなら、万難を排し、直接、馬貴派八卦掌を習うべきです。
事情があって習えないのなら、それは天運がないと考えるのが妥当だと思います。

私の系統は、故人である裴錫栄老師の系統です。
やはり、「馬貴派八卦掌」とはかなり異なるものと思います。
八卦掌は、系統により風格が異なります。根本理論は同じですが、見た目があまりにも違うので、理解することがとても難しいのです。
私も他派の動きで、まったく理解できない動作がありましたが、ある雑誌記事の写真をみてやっと理解できたこともあります。同じ中国人ならば、流派も相互に影響しあっているので、太極拳のこの技の系統を母体にして変化しているという理解がしやすいのかも知れませんが...続きを読む

Q八卦鏡を直接ドアに掛けても問題ないでしょうか?

八卦鏡を直接ドアに掛けても問題ないでしょうか?緊急です。

八卦鏡(凸面)を直接ドアに掛けても問題ないでしょうか?
わが家はマンションなので、共用部であるドア周りの壁にネジ釘や接着剤を使うわけにもいかず、
その壁自体も吹き付け塗装で凸凹しています。
はがしやすい両面テープなどでネームプレートに設置することも考えましたが、
そうすると、肝心の気になっている隣のマンションの角が、鏡面の正面にほとんど映らなくなってしまいます。
こうなると残されたスペースはドアのみになるのですが、風水の書籍やネットで調べてみても設置例は
ドア上部や左右の壁面となっているので、どうすればよいのか困っております。
風水に詳しい方のアドバイスをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ドア正面に両面テープで設置しても大丈夫です

ドアスコープの下辺りで結構だと思います

八卦鏡は魔を跳ね返す作用を持っています

隣のマンションのとがった角を封じるのは風水の理にかなった事です

鉄製のドアなら塗装面に両面テープで張ると塗装の接着強度しか望めません

塗装と共にはげ落ちる可能性が有りますので出来ればしっかりと固定できる

ビスなどで止める事をお勧めします

ぐらぐらした状態で設置すると十分な効果は望めません。

Q風水八卦鏡について、教えてください

隣の家の角が寝室の窓から見えているせいか、よく眠れません。いわゆる尖角照射ではないかと思います。

尖角照射には八卦鏡の凸鏡を用いるといろいろな文献で読みましたが、吉方位に凸鏡を設置すると良い気まで跳ね返してしまうので、そんなときは凹鏡を設置するとも聞きました。

また八卦凸鏡、凹鏡、ともに屋外に設置するもので、室内から対象物に向けて設置する場合は、八卦平面鏡だとも読みました。(実際寝室は二階で、窓の外に設置すると相手の家からはよく見えそうです。)

八卦鏡に詳しい方、以上のような場合の適切な八卦鏡の設置法をお教えください。

Aベストアンサー

角といっても尖角冲射(照射)はあくまでも鋭角に対するものです。90度ではあるという人と無いという人に二分されていますけど、もしあるということになれば町並みの全てがお互いに突き合っていることになるので普通は考えません。

風水も風水師の数だけ流派があるといえるほど人によって見方が異なります。なのでどれが正しくどれが違うとは言い切れません。しかしながら少なくとも日本の風水師の中で、色だとか家具だとか言っている人は信用に足らないと考えてください。元来風水にそのような考えは無く、せいぜい部屋割りくらいです。

ココでは私の知る範囲でのみお答えします。
凸面鏡はイザ知らず、凹面鏡については解釈が違います。
凸面鏡は光が分散反射するので、殺作用(凶作用)を防ぐために使用します。
凹面鏡は光が集約します。つまり薄い吉作用を集約するために使用するもので凶作用を反射するのではありません。間接的に吉作用を強めて凶を乗り越えると考えてください。
また光自体には吉も凶もありません。ですから凹面鏡を凶方向に向けてはいけないという火と老います。
私はその節を支持します。つまり凸面鏡は『殺』を跳ね返すために使用し、凹面鏡は『吉』方位に据えて呼び込むためのものです。

また風水では方位の理解はかなり後になってから導入されたもので、基本はあくまでも竜脈と呼ばれる気の流れです。つまり、北の玄武・・などというものは北斗信仰や道教が取り入れたものであって本来の姿ではありません。だから例えば台湾の都市造りでは南北が反対になっているという風水師もいるくらいです。日本の平安京や江戸ではたまたま北から竜がやってきているに過ぎないのです。
ですから吉方の鏡という考えはかなり近年の思想だと考えてください。

鏡の置く場所にも様々な説がありますが、玄関の外に置くという人、凹面鏡は気を高めるのだから家の中がいいという人もいます。

尖角冲射は鋭角の角が向いている正面におきます。あるいは90度でも常に圧迫感を受ける場合にはおいてかまいません。
凸面鏡をその方向に向ければいいわけですが、直角でなければ部屋の外にぶら下げるだけでも十分でしょう。ただし風であまり煽られない工夫だけはしましょう。でないと光が反射して思わぬクレームを受けることになります。
家の外ではあまり目立ってしまって喧嘩売っているようで困るというのであれば、窓越しでもかまいません。素通しの窓の内側にぶら下げればいいのです。
事務所などでも入り口の前の衝立に下げている例があります。衝立も外からの凶を防ぎますが、同時に鏡で反射し作用を完全にしようという気持ちの表れです。

凹面鏡を持っているなら近くに山や台地があればその方向に向けておくと良い竜が入りやすくなります。
実際には自宅周辺の地図を地図サイトなど起伏の分かるもので確認すると竜の流れがなんとなく分かると思います。
ちなみに富士を日本の竜の発信としている人がいますが、実際には富士山は『穴』です。北アルプス、奥羽山脈などの山脈が竜の通り道ですから、そこからの山なみを見てください。
凹面鏡はその焦点付近に萌えやすいものを置かないように注意して下さいね。

もう一つ寝るときの頭の位置が問題です。
若いうちは東向き、歳をとって隠居したら北向きが良いです。特に南頭は頭痛や不眠の原因になりやすくなります。

(文中の『殺』は実際には違う字ですが、変換できないことがあるので同じ意味の『殺』を使っています。)

角といっても尖角冲射(照射)はあくまでも鋭角に対するものです。90度ではあるという人と無いという人に二分されていますけど、もしあるということになれば町並みの全てがお互いに突き合っていることになるので普通は考えません。

風水も風水師の数だけ流派があるといえるほど人によって見方が異なります。なのでどれが正しくどれが違うとは言い切れません。しかしながら少なくとも日本の風水師の中で、色だとか家具だとか言っている人は信用に足らないと考えてください。元来風水にそのような考えは無く、せい...続きを読む

Q八卦について教えてください。

住宅購入を考えています。
八卦をして、購入する最終決断をしたいのですが、どこかでやってくれるようなところはあるのでししょうか??
大阪近辺で探しています。

Aベストアンサー

当たるも八卦、当たらないのも八卦。住宅購入をするのに八卦は無視してください。日当たりのよい風通しのよい、断熱効果の高い(グラスウールは断熱効果ゼロに近いので避けてください。・・・私の前の家がそうでした。)住宅を選んでください。
八卦も商売ですし日本だけですから、海外には八卦はおりません。その人が気分がよくなるように占います。

住宅をたてるのによく風水や鬼門を気にする人がいますが、
ジンギスカンが攻めてきた方向を鬼門としたのです。(大陸での話し)
日本は細長い列島なのでどこも鬼門です。

風水で住宅の間取りをという人もいますが、住宅メーカーが一番嫌うところですね。部屋の真ん中にトイレをもってきたり(窓のないトイレなんて部屋中が臭くなります。)、東南の角に風呂をもってくるといいという人もいましたが、東南の角は和室ですよ。(日当たりのよい場所ですから、風呂ではもったいない)
自分の目で確かめて自分で納得して住宅を購入してください。
ただし利便性のいいところは狭くて高い。
少し郊外(不便)ですと広くて手ごろだと思います。子供がのびのびするのは郊外だと思いますけど。。。

当たるも八卦、当たらないのも八卦。住宅購入をするのに八卦は無視してください。日当たりのよい風通しのよい、断熱効果の高い(グラスウールは断熱効果ゼロに近いので避けてください。・・・私の前の家がそうでした。)住宅を選んでください。
八卦も商売ですし日本だけですから、海外には八卦はおりません。その人が気分がよくなるように占います。

住宅をたてるのによく風水や鬼門を気にする人がいますが、
ジンギスカンが攻めてきた方向を鬼門としたのです。(大陸での話し)
日本は細長い列島なのでど...続きを読む

Q八卦鏡(凸・凹・平面)や獣頭牌に詳しい方、教えてください。

私の家の玄関は、下り坂になった道の真ん前で(突き当たりみたいな感じです)、
さらに、その下り坂の途中に立てられた看板が、直角に玄関に刺さってくるような感じ(玄関から見ると看板が横向きになっているので看板横側が玄関に向かってる感じ)になっています。(玄関の向きは東南です)
このところ私の運の悪さも重なってるのもあり、風水について調べていたら、
八卦鏡もしくは獣頭牌をその物(看板や下り坂)に向けて掛けると良いと知りましたが、
いくつかわからないことや不安なことがあるので教えてください。

(1) 凸面八卦鏡は、その看板から玄関に対して真直ぐ直角に当たった所にかけるのでしょうか。

(2) 今の所、凸面八卦鏡と凹面八卦鏡(平面八卦鏡と迷っています)の2つを玄関に掛けてみようと思ってますが、
  2つ掛けても良いでしょうか。
  また、玄関のドアは横へガラガラと開く開き戸です、この場合、内側に吊るしておいて戸を開ける時に外に見える形でもよいでしょうか。

  また、何か他に良い方法があれば教えてください。

(3) 私の家は、女性陣が精神的に弱いのと病気がちなのが一番心配で、
  それ以外の家庭運などはさほど最悪な方ではない感じがしていますが(私以外)、
  凸面・凹面八卦鏡をかけて今まで良かった運が下がったりする可能性というのはあるものでしょうか。

(4) 部屋の前に電柱が立っていて、凸面八卦鏡を掛けようと思っています、
  その電柱から窓(カベ)に対して真直ぐ直角に当たった所にかけるのでしょうか。
  また、1階と2階両方に掛けたほうが効果的でしょうか。

(5) 八卦鏡の使い方を間違えると逆に危険だというようなことを聞き、八卦鏡の効き目は強力なイメージがしていますので、使用法が不安です。注意点などありましたら教えてください。


風水等知らないことが多いので、出来ましたら詳しく教えて頂けると
又アドバイス等頂けると幸いです。

質問が多くて申し訳ないです、

どうかよろしくお願いします。

私の家の玄関は、下り坂になった道の真ん前で(突き当たりみたいな感じです)、
さらに、その下り坂の途中に立てられた看板が、直角に玄関に刺さってくるような感じ(玄関から見ると看板が横向きになっているので看板横側が玄関に向かってる感じ)になっています。(玄関の向きは東南です)
このところ私の運の悪さも重なってるのもあり、風水について調べていたら、
八卦鏡もしくは獣頭牌をその物(看板や下り坂)に向けて掛けると良いと知りましたが、
いくつかわからないことや不安なことがあるので教えてくだ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。八卦鏡について私の知識内でお答えします。凸面鏡と凹面鏡は使い方が違います。凸は家の出入り口の上に外に向けて飾ります。家の中では気を乱反射するので使えません。
凹は気を集める作用があるので、家内で良い気を増大させるのに使います。
平面鏡は凸の効果を小さくしたものと考えればいいです。サツを真っ直ぐ跳ね返すので悪影響が少ない。
凸、凹面鏡を2つ使われるのはよした方がいいでしょう。
凸は大変強い力があるので、凸が向いた方に人や車があれば、悪影響があるかもしれません。何も無くて看板の角だけでしたら、そちらに向けて風などでフラフラしないように固定して飾って下さい。

道の突き当たりというのにも凸面鏡は有効です。
2階の電柱には平面鏡を向けて飾られると良いでしょう。
八卦鏡を我が家も使ってますが、運気が落ちたのか上がったのかまだ分かりません。
東南玄関は家相的には大変よいですね。が、女性陣が病気がちなのは心配ですね。
間違ってたらごめんなさい。もしかして家の南西方位に欠けはありませんか?ここに欠けがあると、女性が病気がちになりやすいので。
欠けがある時はその欠けの所に植物を植えるか、植木鉢でもよいので、置いて下さい。  分かりにくい説明になりました。ご参考になればよいのですが。

はじめまして。八卦鏡について私の知識内でお答えします。凸面鏡と凹面鏡は使い方が違います。凸は家の出入り口の上に外に向けて飾ります。家の中では気を乱反射するので使えません。
凹は気を集める作用があるので、家内で良い気を増大させるのに使います。
平面鏡は凸の効果を小さくしたものと考えればいいです。サツを真っ直ぐ跳ね返すので悪影響が少ない。
凸、凹面鏡を2つ使われるのはよした方がいいでしょう。
凸は大変強い力があるので、凸が向いた方に人や車があれば、悪影響があるかもしれません。...続きを読む

Q九宮魔方陣

7.8年前琉球大学にいらした「ミヤギサトシ」という先生が作った九宮魔方陣について知りたいです。
本を1冊出されたようなのですが....
ご存知の方、もしくは本を持っておられる方
連絡ください。

Aベストアンサー

残念ですが、「みやぎさとし」さんについては全く知らないのですが、九宮魔法陣というものについて、おおよそこうではないかと思われるものの基本原理を述べたいと思います。

九宮というのは、縦横3マスずつの9つの数字の配置図ですが、これは、年月日時すべてにあてはまり、連動しています。
じつは、この九宮図と同様の作盤図があと2組存在します。
つまり、3組の九宮図が刻々と変化して行く仕組みになっています。
これはいったい何なのかと申しますと、
これは、「時間の構造原理」なのです。
日々刻々と進んでいく時間の法則が、数字の変化の中に印されているのです。
当然、運命に関係する法則もその範疇に存在しています。
天と大地と、その間に立つ人間の3要素が、地球の時間を進めていくのです。
高度な数学的理論に基づく法則です。
当然のことながら、それに伴う占いは的中して当たり前のものです。なぜなら、時間そのものの法則なのですから。
ざんねんですが、その占いの手法の一般公開はされていませんが。

おそらく、そういったことについての書籍かと思います。
どなたからもレスがないようでしたので、浅学ながら書き込ませていただきました。

残念ですが、「みやぎさとし」さんについては全く知らないのですが、九宮魔法陣というものについて、おおよそこうではないかと思われるものの基本原理を述べたいと思います。

九宮というのは、縦横3マスずつの9つの数字の配置図ですが、これは、年月日時すべてにあてはまり、連動しています。
じつは、この九宮図と同様の作盤図があと2組存在します。
つまり、3組の九宮図が刻々と変化して行く仕組みになっています。
これはいったい何なのかと申しますと、
これは、「時間の構造原理」なのです。
日...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報