小学生の頃親に習字を習わせてもらったのですが、先生になぜか級を取っている子と同じお手本を書くことを何度も拒否され(たぶん親が級を受けることを断っていた??)それでひねくれ挫折、30代になってから心機一転、子供と一緒に再び習字のお稽古を始めましたが、先生が女性(私も女性です)で気分にとてもむらのある方で、精神的に疲れてしまい挫折。

今回はとてもノンビリした優しいおじいさん先生で、先生ともとても気が合い、ペン習字、実用書道から入りましたが、書道をこれからの生涯学習としてずっと続けて行きたいと思うようになりました。

今までは仕事や他の資格試験の学習に忙しく、週に1度のお稽古に2時間集中して書くだけだったのですが、やはりそれではあまり上達はしないと思います。先生曰く、ある昔の偉人が中国にわたったときに、たった一年の間にものすごく上達したということ。その人は暇さえあれば筆を手に何か書いていたのじゃないか?と想像します。私に同じことはできませんが、何でも極めようと思ったら始終それに時間を費やし集中する時期が必要だと思います。

書道をかなり真剣にされている方は、週のお稽古以外に、どのように練習をされているのかとても興味があります。普段家でどのくらい練習をするか、いろいろな方からのやり方を教えていただきたいです。

上手になるために必要なことも、合わせて教えてください。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。

ふたたび書き込ませていただきます。
NO.2では何やら偉そうなことを言ってすみませんでした・・・。
「級や段を取ることに意味は無い」ようなニュアンスで書いてしまいましたが、
決して意味のないことではありません。
ただ、「位が上がったこと」と「自分の腕が上がったということ」を混同してしまうと、
本当に書を極めるということはできないだろうなということを言いたかったのです。
そのことをよく師匠に言い聞かせられていましたので^^;
私も今現在進行形でがむしゃらになっているところです。


私が書道を始めたのは小学3年生のころでしたが、
無理やり親に習わされたのもあり、いやいや通っていました。
上手く書くことができなくて泣いたり、怒られたり・・・
でもどんどん続けていくうちに筆で書くということが楽しくなっていました。
それから10年ぐらい続けていくあいだ、同じ頃に通った子たちはみんなやめていきました。

私は24歳ですが、現在も同じ師に教わっています。
これまでどうして私は書道をやめなかったかと考えると、
やっぱり好きだという気持ちが強いからだと思うんです。
好きだからこそ、学ぶことに貪欲になっていきます。
でもこの気持ちはもちろん最初からあったわけではなく、
ずっと続けていくうちに芽生えてきたものです。
minnnanouta33さんもこれから書き続けていく中で、どんどんそういう気持ちが強くなって
書に対する意識も変わっていくと思います。
だから今から無理に気負ったりせずに、せっかく気の合う先生に出会えたんですから、
「書く」ということを夢中になって楽しんだらいいと思いますよ!



さて、長くなりましたがご質問にあった「好きな句や短歌などを書く」についてですが、
これは誰かが書いたものを真似るということではなく、活字印刷されたものを自分の字で書くということです。
書店などに普通の小説などと一緒に文庫でよく置いてありますよ。
例えば石川啄木や北原白秋など。なんでもいいんです。
自分の好きな言葉や好きなセリフだっていいですし。

それを手本も何も見ずに、真っ白な紙の上に書き出すことはやってみると結構難しいんですよー。
普段は先生の書いたお手本というものがあるので、字の形や配置、バランスなどがわかりやすいのですが、
自分で一から書くとなると綺麗に書くことはなかなか困難です。
でもとても勉強になるし、楽しいと思うのでぜひ試してみてくださいね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

mijincoccoさん、再度回答くださってありがとうございます。
まだ20代でいらっしゃるんですね。
お若いのにとても出来た方だなぁという印象を受けました。
文面に人間性が表れている気がします。

続けているうちに気持ちに変化がみられたのですね。
とても興味深いお話だと思いました。
そうですね、私も気負いせずに、
「書いている時間が楽しいから書く」
というスタンスで続けてみようと思います。
将来これを活かして・・・という風には
とりあえず考えないでおこうと思います。

級や段のお話は、先生がそのように言っておられたのですね。
すごい先生だと思います。
たぶん一番上まで行かれたから、
級や段でははかれないものが存在すると言えるのだと思います。
私がそれを言っちゃうと、
単なる強がりになっちゃいますし(笑)。
やはり一度はきちんと基本を学ぶというのは、
どの世界でも必要ではないかと思いました。

人生において、何のために自分はこれをやるのだろう?
と正直に問いかけると、
今やっていることが自分にどんな意味があるのか、
新しい発見をするかも知れません。
意外と別にしたくもないけど、
人からよく思われたくて・・・という邪念が
自分を動かしているかも知れません。

補足いただいた真っ白な紙の上に書き出すこと、
なるほど、そういう風にするのですね。
本当に自己流ですね。
そしてある意味自由ですね。
人に見せるでもなく、
自分の楽しみとして、
やってみると面白いかもしれないと思いました。

とても興味深い回答を2回もいただけて、
こちらに書き込みさせていただいて本当によかったです。
これからも書道を楽しんでいってくださいね。
私も私なりにやってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/16 19:00

質問の文面から思うのですが、


子供の頃から何度か書道を挫折されていらっしゃることから
”書道は好きだが根から本当に好きな方ではない人”
のように感じられます。
(失礼だとは思いますが、本当に根から好きだとしたら
 その程度の事では挫折しないで頑張り続けられた
 と思いまいますが・・・)

一般的には、週1回2時間の練習ですが、
本当に好きな事に目的意識を強く持っていたとしたら、
自宅で毎日練習したくなるものですし、毎日練習する事自体
(練習時間中)苦にならない程楽しいものです。
週1回の指導を受ける時は、
前回に与えられた課題を一週間自宅練習した成果を
先生に見て頂いて評価と指導を受ける時間と
すべきではないでしょうか?
週1回2時間の僅かな時間だけ努力して
成果ばかりを望むのは無理があると私は思います。

ピアノ練習と比較して考えると良くお解りだと思いますが、
ピアノは毎日の自宅練習はかかせませんし、
週1回教室へ通い、30分程度 先生に練習成果を聴いて頂いて
指導を少し受けるだけです。
練習に時間をかけられるのは自宅練習だけですから。

ですから、「自分は書が好きで上達したい」と言う
目的意識と情熱があれば、おのずと毎日2時間程度は
練習できるのではないでしょうか?
「書が持っている雰囲気や練習している
静かな時間に浸れるのが好きだ」
と言うような別の目的だとしたら、
それはそれでちゃんとした十分な目的ですから、
自分のライフスタイルの中で負担にならない時間を
作れば良いのではないでしょうか?

 全てに共通するであろうとは思いますが、
自分の目的に向かって懸命に頑張っている時が(進行形の時)
一番充実している時だと思います。それで、ANo.2さんの最高段位に
到達した時のお気持ちが理解出来るような気がします。

ダラダラとした回答になりましたが、
私は、”書の段級位の取得は目的達成の手段や励み”
と捕らえるべきだろうと思っていますが、
今の自分の真の目的を再度自分に問いかけて
改めて第一歩を踏み出して欲しいと思います。
  書関係に私はつい辛口になってしまう事をお許し下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

辛口のご意見、ありがとうございます。
うーん、そうですね。どの程度好きなのかはわかりませんが、
あることをきっかけに最近書きたいと思うようになったのは正直なところです。

私は別のことも進行形で学習中なので、ピアノのお稽古を例に取ったお話、
とてもよくわかります。
確かに私が学習しているものと置き換えて、
「レッスンのときが楽しいけど普段は練習しない」
と言っている人がいたら、
「そりゃ上達はせんだろう」
と思うと思います。

もちろんお稽古のとき2時間だけやって上達しようとは思っていません。
だからこちらで皆さんはどのくらいの練習をしてみえるのか、
ただ興味から聞いてみたいと思った次第です。
そしてもちろん、同じだけ練習したら同じだけ上達するとも
思ってはいませんよ。

そうですね、進行形でがんばっているときが充実した時間ですね。
家で書きたいと思ったとき、書いてるとき、
お稽古に行っているとき、
最終目的が何であるか、そのためにどうするかとは考えず、
プロセスを楽しんでいこうと思います。

ご意見拝見して、意識変革があったので、
本当によかったです。
またご意見をいただく機会がありましたら、
宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/06/15 20:00

書いて書いて書きまくると、やはり上達しますね。



私は一番上の段まで取得したのですが、そこに到達したときに、果たして級や段を取って何の意味があるのだろう?と思いました。もちろん履歴書の欄に書けるし肩書き(今はそう使えるものでもないのでしょうか?)にもなりますが、それと自分の腕が上がったこととは別だと思うんです。
上を目指して行く中で自分がどれだけ上達したかということを、自分以外の周りからの反響によって計るやり方もありますが、自分の内側にひたすら求めるというやり方もあります。どちらがminnnanouta33さんに合うかはわかりませんが、どちらの方法にせよ、その上手くなりたいという向上心はとても大事ですね。

minnnanouta33さんにはご家庭もあるということですので、もし家で書く時間を確保できましたら、好きな句や短歌などを書いてみるといいですよ。先生のお手本もなく書くことはなかなか難しいとは思いますが、これは上達しますし、「書く」ということへの意識も変わると思います。

がんばってくださいね!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
とても感慨深く拝見しました。
自分の内側に求めるというのは、わかる気がします。
最高にまで達すると、きっと、級や段の意味は別のものになるというのもわかる気がします。
(知ったかぶっているようでしたらごめんなさい)

>好きな句や短歌などを書く

これは実際に誰かが書いたものを真似て書いてみるということですか?
ごめんなさい、よくわからなくて・・・。

まだまだ私は書くというものがどういうことか、わかっていないと実感しました。
宜しければ補足回答をください。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/15 19:53

 貴女のように文字が上手くなりたいと努力しているのに貴女が思って居るような書道の先生がいないように思いました。

どの先生も同じとは言いまっせんが最近の教室(先生)はレベルが低く、また先生がのんびりしていてなかなか資格を取得出来ないように感じました。

 要するに先生自体が小遣い稼ぎのような、のんびりした感じがしました。これでは貴女は月謝を寄付しているようなものです。確かに昔の話をして戒めるような言い方をして例えに書道の本場(中国)へ行って毎日練習して上達した話はしますが、これは例えです。二宮金次郎の話を聞くようなものです。

 よい手本を求め早く資格を取得すると必然的に練習をします。そのことで弟子を取り教える(指導)事で自分も上達するのです。ペン習字と毛筆習字両方を取得することが望ましいです。しかし、これは、かなりの時間練習に時間を要します。

 インターネットで(財)日本習字教育財団を検索してみてください。必ずよい結果になります。私の学んだ学校です。赴任で通信で学びましたが、よいと思います。案内書を取り寄せて下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
私はきっと、まだまだ書道というものをよくわかっていないかも知れないなぁと思いました。当然、先生というものがどうあるべきかも正直よくわかりません。今のところでは、ただ楽しいから教室に通って、先生も威圧的でないからのんびりとやりやすいだけかも知れません。指導することで先生も上達するのは、どの世界でも同じことが言えますね。

よい師にめぐり合えることも、上達の要素と聞きます。ペン習字と毛筆と両方をやっていますが、時間はかかるでしょうね。到着点よりプロセスを楽しもうと思います。

サイト参考になります。
また質問させていただく際は、宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/06/15 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書道のお手本

小学生むけの簡単な書道のお手本をプリントアウトできるサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

こちらなんかいかがでしょう?
http://homepage2.nifty.com/h-ka-syo/sankoutehon.html

参考URL:http://homepage2.nifty.com/h-ka-syo/sankoutehon.html

Q書道 習字 ペン習字練習法

こんばんは。

書道・習字について教えていただきたいことが御座います。

要点としてはどのような方法で練習をされていたのでしょうか?ということです。


私は現在ペン習字を始めて1ヶ月ほどになります。
練習には“書き込み式ボールペン字の練習帳”とジャポニカ学習帳を使用しております。

現在は平仮名を練習しており、本を見ながら学習帳(5mm方眼1ページ330字)に
・平仮名すべてを1回
・1日1行ずつ(あ行、か行….)各字30回
・名前 数回
・数字 数回
・行、数字については5mm四方にて数回
計1ページを1時間ほど掛かり練習しております。

1日1行で現在4周目にはいったところです。

正直少しは成果がでていると思います。
平仮名の3割ほどは比較的満足に書けるようになりました。

が、ふと練習方法に疑問が生じました。

次のカタカナにいっていいものなのかどうか
平仮名・カタカナ・漢字と同時進行が良いのか
平仮名を全体的に済ますべきなのか
平仮名1文字ずつ完璧にしていくべきなのか

現在は時間・金銭面等々の都合により難しいのですが、いつしか毛筆かペンの教室に通いたいと思っております。

現在の練習や将来の教室選びの参考にさせていただきたく下記に質問をまとめさせていただきました。

(1)通学 or 通信
(2)学習時期・期間
(3)練習方法
(4)練習方法良い点
(5)練習方法悪い点・改善点
(6)成果自己評価

是非とも皆様の体験をお聞かせ下さいませ。

宜しくお願い致します。

こんばんは。

書道・習字について教えていただきたいことが御座います。

要点としてはどのような方法で練習をされていたのでしょうか?ということです。


私は現在ペン習字を始めて1ヶ月ほどになります。
練習には“書き込み式ボールペン字の練習帳”とジャポニカ学習帳を使用しております。

現在は平仮名を練習しており、本を見ながら学習帳(5mm方眼1ページ330字)に
・平仮名すべてを1回
・1日1行ずつ(あ行、か行….)各字30回
・名前 数回
・数字 数回
・行、数字については5mm四方にて数回
計1ページを1...続きを読む

Aベストアンサー

質問の趣旨とはずれるかも知れませんが・・・

私は字を本気で上達させたいのであれば毛筆を練習すべきと思っています。
ペン字はあくまでペンで書いた時の「見た目」を良くするだけで、
短期間のうちにある程度まで上達することは可能ですが、それ以上となると
やはり毛筆の技術や知識も必要となってくると思っています。
ペン字のお手本を書いているような先生方もみな、毛筆にも熟練しているはずです。

質問者様の文面から、真摯に高い目標をもって字を学びたいのだとと推察いたしましたので、その前提でお話させていただきますね。

本来であれば、早めに良き教室を見つけ、毛筆と硬筆を並行して習うべきかと思います。
独学だと、変なクセがついてしまう心配もありますし、常に「これで本当にいいのかな」
という疑問もつきまとうのではないでしょうか。
ただ、今すぐに書塾に通うことが難しいとのことですので、自宅で行うペン字練習の方法で考えて見ます。

小学生の習字や硬筆は、基本的に「平仮名」>>「カタカナ」>>「漢字」の順で習います。
「平仮名」はもともと漢字の草書体が変化したもので、丸みがあることが特徴ですが、「カタカナ」は、漢字の楷書体の一部を切り取って成立しました。つまり、「カタカナ」を練習することは、漢字の練習の基礎とも言えるわけです。
ですから、上記の順番で練習することは悪いことではないと思います。
とは言っても、形を優先するペン字においては、それほど順番にこだわらず、漢字の練習中心、または漢字とカタカナ並行でもいいのではないでしょうか。漢字の形が良くなってくると、自然とカタカナも上手く書けるようになりますよ。

ただ、字の形と同じぐらい大切なことがもう一つあります。
一文字一文字はそれほど上手ではないのに、その人が書いた文章全体を見るととても綺麗でまとまって見えることがあります。もちろんその逆もあります。
大切なのは字と字のバランスなのです。

・文字の大きさをそろえること
・書く位置をそろえること(筋を通すこと)
・漢字に比べ、仮名はやや小さめに書くこと
・文字と文字の間隔がばらつかないようにすること
・その文字だけに集中せず、時々全体を見るようにして書くこと

このあたりに気をつけて書けば、全体がとても美しく見えてきます。
一つの文字にこだわって、何度も練習するのはいいですが、(自分の書き方が絶対に正しいかどうかわからないのに)こだわりすぎて書きすぎるのも危険です。それならばむしろ、
全体のバランスということを特に気をつけて書く練習をすべきです。
筆を使うテクニックに比べて、全体を見て考えながら書く、という力はなかなか身につかないものです。こういうセンスを今ちょっとずつ磨いておくことは、きっと将来本格的に学ぶ時にも役に立つはずです。

余談ですが、いつか書塾を探す時には、漢字だけではなく「毛筆かな」も学べるところが理想です。漢字の書き方とかなの書き方はかなり違うので、両方とも教えられる先生は少ないのですが、かなを学ぶと、普段書く字にも大きな影響があると思いますよ。美しい「仮名」文字は、他人を感動させる力があると、私は思います。

質問の趣旨とはずれるかも知れませんが・・・

私は字を本気で上達させたいのであれば毛筆を練習すべきと思っています。
ペン字はあくまでペンで書いた時の「見た目」を良くするだけで、
短期間のうちにある程度まで上達することは可能ですが、それ以上となると
やはり毛筆の技術や知識も必要となってくると思っています。
ペン字のお手本を書いているような先生方もみな、毛筆にも熟練しているはずです。

質問者様の文面から、真摯に高い目標をもって字を学びたいのだとと推察いたしましたので、その前提でお話...続きを読む

Q英語の筆記体のお手本

書道・ボールペン字のお手本のように、英語筆記体のきれいで実用的なお手本が載っている本やサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
書き忘れたことがありますので、追加します。
No.2の参考URLで
「ペン字のおけいこ」→「英数字混じり文」
をクリックして下さい。
筆記体と書いてある所の右側の四角をクリックすると、筆記体のお手本が出てきます。

Q書道師範としてを習字を教えているものです。日本では習字を習う人は毎年減

書道師範としてを習字を教えているものです。日本では習字を習う人は毎年減少しています。しかし、海外で漢字がCOOLでカッコイイと人気であることを知りました。不思議な気がします。どこが外国人にアピールするのでしょうか?どんな人が興味を持つのでしょうか?日本文化に興味を持つ知的な教育水準の高い人、あるいは漢字タトーをいれた不良っぽい人?どこの国で人気があるのでしょうか?アメリカ、ヨーロッパの国?年齢層は?海外経験のある方などお教えください。(私の書道塾の生徒も少なくなり、外国人向けになにかできないかと考えています。)よろしく御願いします。

Aベストアンサー

私は以前アメリカ西海岸にしばらく滞在していましたが、確かに漢字は人気があるようでした。
年代としてはやはり20代、30代が中心で、特に不良っぽい人という感じではなく、わりとそこらへんに居る普通の若者です。
人通りの多い街中でも漢字をプリントしたTシャツやシールを売っており、シールは刺青代わりに貼るものです。
そこで売っているシールはごく普通の無難な文字で、「春」「雲」「風」「紫」などでしたが、そのシールを買いに来た客は二の腕に「台所」という文字を刺青していたのには大爆笑でした。
本人もやはりその意味は知らずに入れてしまったようです。
彼らは漢字をアートとして受け入れており、デザイン的に気に入っているだけで意味はそれほど気にしていないようです。

漢字に限らず世界的に日本食がブームになっていますし、日本のコミックも世界中で翻訳されて読まれていたり、柔道、空手をはじめとして武道を志す人達も多くなりましたし、日本ではすっかり廃れてしまった感じの算盤なども海外で見直されていたりなど、日本の文化は世界的に注目されていますよね。

Qお手本なんていらない!

皆サマ、世の中お手本が基準になって動いていると思いますが、時にお手本なんていらない!って思う時はありますか?


例:お手本がいい加減だったとき。

Aベストアンサー

「躾け」 というお手本はいい加減ですね。

子供が言う事を聞かなかったら、叩く、怒鳴る、罰を与え
むりやり屈服させ従わせる。
結果、他所の子に暴力を振るい責任を問われるか、
心が病んで不登校や引きこもりで親子共倒れし易くなる。

親が躾けに成功したと思って満足しても、本当はただの虐待。
「理解させ納得させる事」ができない自堕落な愚か者の結論。

とりわけ無知で自堕落な者は
暴力をエスカレートさせ子供を殺してしまう。


世界で一番醜悪なお手本かもしれませんね。
本来の目的を理解せず手段だけ真似る者は親になる資格など無い。

Qストリート書道家のような字がかきたいのですが、どのように練習すればよいですか?

いつもお世話になっております。

ストリート書道家の方や片岡鶴太郎さん、あいだみつを
さんのような味のある字をかけるようになりたいです。

どうも自分で書くと、あのようなアート性がでません。

書道を習うと「きれいな字」にはなるかと思うのですが、
あのような味のある字をかくにはどのように練習したり
すればよいのでしょうか?

またあのような字体はなんというのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
 まずは「字体」の話ですが、ご質問に登場されている方々の字体は、楷書をベースにした「独自」の書風(”気まま”な書風)で、専門的な分類ではどこにも属さない書体です。特に分類するとすれば「近代詩文書」といわれる分野です。では、近代詩文書とは?。それは、自分の心の中にある心象(イメージ)を文字という媒介を通して好きなように表現するという分野に属するでしょうね。ですから、「楽しい言葉」を書くときには「楽しい雰囲気の作品」になるように表現する(自分が気分を高揚させながら、そういう表現になるように”努力”する)し、「がんばろうよ!!」という作品に書くときには見る人を勇気づけるような「力強い表現」を心がけて表現する・・・ということに尽きます。
 では、どのように練習すればよいか?。それは、ご自分の書いた文字に自分の「想い」を念じながら「心を込めて書く」ということです。専門家から言わせると、彼らの文字は決して「上手な」ものではありません。そういう次元ではなく、彼らが伝えたい「メッセージ性」が文字という媒介を通じて表現され、その「想い」がみる人々の心に届く・・・そう考えるといいのではないでしょうか?
 文字は「記号性(文字の持つ「意味」を正確に相手に伝授する)」とは別に、書いた人の「心」を伝授するために、あえて下手な文字でも「手書きにする」という意味合いがあります。とても下手な文字でも、パソコンの文字より、「手書きのラブレター」が書き手の「ぬくもりや本当の想い」を相手に伝えるのと同じこと・・・といったら分かりやすいでしょうか。
 えらそうなことをいって、ごめんなさい・・・。なにかの参考になれば・・・。

こんにちは
 まずは「字体」の話ですが、ご質問に登場されている方々の字体は、楷書をベースにした「独自」の書風(”気まま”な書風)で、専門的な分類ではどこにも属さない書体です。特に分類するとすれば「近代詩文書」といわれる分野です。では、近代詩文書とは?。それは、自分の心の中にある心象(イメージ)を文字という媒介を通して好きなように表現するという分野に属するでしょうね。ですから、「楽しい言葉」を書くときには「楽しい雰囲気の作品」になるように表現する(自分が気分を高揚させながら、...続きを読む

Qお手本の意味を自分で調べる方法について

書道好きな30代の主婦です。
転勤族の夫に伴ってあちこち引っ越すので一つの教室にじっくり通う事にならず、
地元の先生にお願いして楷書と行書の通信教育してもらっています。
今は月2、3枚のお手本をもらって練習し、よく書けたものを
送って添削していただくというスタイルで、
お手本はずっと四文字熟語だったのですが、
ここ数ヶ月の間に段々難しくなってきて、意味を調べるのに
四苦八苦しています。
これまで折に触れてお手本の意味や調べ方を先生に訊いてみましたが
文章(手紙)でやり取りしている為、もどかしく、
意味がわからないままに時間だけが経ってしまいました。
ちなみに今まで調べられなかったのは「化民成俗」「欣然驚異」
「良辰美景」「釣石吟窓」などです。
意味をインターネットで調べてみたんですがわかるものが
見つけられませんでした。

漢詩の一部かな?と思うんですが、どうやって調べたらいいんでしょうか。
何か良い本やサイトがありましたら、すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

↓のWEB漢文大系というものがあります
化民成俗については 書いてありますが

参考URL:http://kanbun.info/index.html

Q書道とペン習字

こんにちは。こちらのカテゴリーでの投稿は初めてです。

よくばりなのですが、何点か質問させて下さい。来月からお習字とペン習字両方始めます。

私は26歳の女性ですが、習字は高校卒業するまで習っていて段を持っています。2年前から地元に戻ってきたので、以前習っていた先生の所へまた縁あってお願いできることになりました。

そこで、問題なのですが、習字道具です。高校生まで使っていたものは恥ずかしながら昔ながらの赤いカバンの学童の道具セットとカバンでした。筆は先生から買えるので無くても問題ないのですが、道具セットとカバンは恐らく父が捨ててしまったようです。探し回ったのですが、見当たりません。

先生とはご無沙汰していたので、習いに伺う前にご自宅に一度来週ご挨拶に行く予定にしています。その時に聞いてもいいのですが、まさか道具一式を捨てたとはどうも言い出せず・・・^^;やはり習う前に自分でそろえたいなぁと思います。

ネットで検索しましたが、大人用の道具セット&ケースは随分値が張ります。いい大人が子供用の道具セット&ケースでは恥ずかしいのでしょうか??

次にペン習字についてですが、万年筆の購入を考えています。ペン習字も以前習っていた教室で少しかじったことがあるのですが、こちらは習字ほど上達していません。初心者同然と思ってください。こちらは先生に聞いてからでも遅くないのですが、何だか早く練習したい気分でして・・・(笑)なるべく早く欲しいなーと思っているのです。

そこでまた質問なのですが、ペン習字に使う万年筆はあまり高価なものは良くないですか?あと、ペン習字用と普段使い用と分けた方が宜しいでしょうか?私としてはモンブランで欲しい物があるのですが、日本語には日本のメーカーの万年筆が良いと聞いたので、迷っています。予算は2~5万円前後です。少し高価なものでも1つのものをなるべく長く使いたいと思っているのです。

長くなりましたが、アドバイス下さい^-^宜しくお願い致します。

こんにちは。こちらのカテゴリーでの投稿は初めてです。

よくばりなのですが、何点か質問させて下さい。来月からお習字とペン習字両方始めます。

私は26歳の女性ですが、習字は高校卒業するまで習っていて段を持っています。2年前から地元に戻ってきたので、以前習っていた先生の所へまた縁あってお願いできることになりました。

そこで、問題なのですが、習字道具です。高校生まで使っていたものは恥ずかしながら昔ながらの赤いカバンの学童の道具セットとカバンでした。筆は先生から買えるので無く...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんと同じような状況で、10数年前に私も書道のお稽古を再開しました(^^ゞ
数年前に師範になったので、いまは家で近所の子供に教えています(^^)

習い始めは、子供の頃に使っていた“赤いカバンの学童の道具セット”をトートバッグに入れて持って行ってました・・・
質問者さん同様、筆は先生から買えたので、“学童の道具セット”は、
硯と文鎮をトートバッグを汚すことなく、“運べる”ということだけで使っていました(^^)

> 先生とはご無沙汰していたので、習いに伺う前にご自宅に一度来週ご挨拶に行く予定にしています。その時に聞いてもいいのですが、まさか道具一式を捨てたとはどうも言い出せず・・・^^;やはり習う前に自分でそろえたいなぁと思います。

使われていた“学童の道具セット”は、処分されていても問題ないと思います(^^)
わたしは、“ずいぶん物持ちがいいわねぇ”と言われてしまいましたが・・・(^^ゞ

ご挨拶に行かれたときに、道具一式のことも聞かれたほうがいいかと思います。
それで、自分の好きなものをそろえてよいと言われたら、
そうすればよろしいかと・・・
筆を先生のところで買えるということなので、
先生のお宅に出入りされている書道用品屋さんから、道具も買える可能性もあるわけですし!

> 次にペン習字についてですが・・・
> 少し高価なものでも1つのものをなるべく長く使いたいと思っているのです。

万年筆の価格の良し悪しについては、一概に言えないので・・・m(_ _)m

また、普段使い用とペン習字用に分ける必要はないかと思います・・・
“1つのものをなるべく長く使いたい”ということなので、
そのペンで、練習されて、そのペンに手がなじんだほうが
良いと思います♪
“筆”についても同じことが言えそうですが・・・
お気に入りのブランドの万年筆があるなら、それでよいと思いますし♪
万年筆についても、先生にお聞きになってからでも遅くはありません・・・
“お気に入りのブランド”=“形”から、お稽古事に入るのも
悪いことではありませんよね♪

> 何だか早く練習したい気分・・・

万年筆で練習しなくてもよいのです・・・
普段使っているペンで充分です・・・
“気持ち”が大切ですから・・・
ただ、“初心者”ということなので、自分がこういう風に書きたいなと思うような文字のお手本が手元にありますか?
書道から離れてブランクがおありのようなので、
“自分の文字のクセ”を取ることが大事かと思います・・・

“お稽古をしよう”と思われた気持ちを持続させることが大事です。
あせらずに、一歩一歩進んでいってくださいね♪

長文失礼いたしました・・・

質問者さんと同じような状況で、10数年前に私も書道のお稽古を再開しました(^^ゞ
数年前に師範になったので、いまは家で近所の子供に教えています(^^)

習い始めは、子供の頃に使っていた“赤いカバンの学童の道具セット”をトートバッグに入れて持って行ってました・・・
質問者さん同様、筆は先生から買えたので、“学童の道具セット”は、
硯と文鎮をトートバッグを汚すことなく、“運べる”ということだけで使っていました(^^)

> 先生とはご無沙汰していたので、習いに伺う前にご自宅に一度来週ご挨拶に行く...続きを読む

Q習字のお手本

小学校4年生の夏休みの宿題なんですが、習字で「市民」または「新市」を
書いてきなさいと...

お手本もない状態ではとんでもないものが出来上がりそうで...
かといってお手本を書けるような知り合いもいません。

親馬鹿であることは十分承知しておりますが、お手本となるような書籍また
はHPに心当たりはないでしょうか?

Aベストアンサー

word等の文章作成ソフトを使い、特大の楷書体フォントで印刷する、という方法ではどうでしょうか。
子供に作ってあげたところ、手本として十分に利用できたようです。

Qペン習字と書道

現在、ペン習字の教室に通うか書道教室に通うか迷っています。

友達は書道教室に通っても、普段中々毛筆で字を書くことはないから
ペン習字の方が実用的だよといわれたのですが、別の知人によると基礎は書道教室に通って筆の運び方などをよく勉強した方が良いと言います。

私的には普段の字を綺麗に書くことが目的なので展覧会などにはまったく興味がないのでペン習字でも良いと思うのですが、もう一人の言い分も気になります。

実際はどちらの方が実用的なのでしょうか?

Aベストアンサー

私は絵を描くような感覚で、字を思うままに、好きな形で表現できるようになりたいと思った事が
書道を習うきっかけでした。
まず、それには基本はとても大事だと思ったので、基本はきっちりと習いました。
もちろん、基本にガチガチにとらわれなくてもいいのです。作品の表現は自由ですから。
書道ガールズなるものまで、出て、書道ブームみたいですしね。
ちなみに書道と習字は違います。書道は自分で表現するもの、習字は手本通りに習う事です。
筆を思い通りに動かすのはなかなか至難の技です。
教室で行っている体験コーナーで、想像していたより、
上手く筆を運べない事に逆に驚いたりする方も多いです。
思う通りに書けた時の充実感(ランニングハイみたいなものかな)を求めて、
書き続けて27年となりました。
書いている最中って、無心になるので、ストレス解消にもなります。
話は長くなりましたが、実用という点では小筆とペンをオススメします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング