尊敬語について困惑しています。

~である・・・。
というような同格(?)の「ある」の尊敬語ですが、
「いらっしゃる」
だと言われました。
ですが、私は語感として、居るあるいは在るというような「存在」を強く感じてしまい違和感を覚えます。個人的にはむしろ、
「あらっしゃる」
のほうがしっくりきますが、それは古いことばだ、とも言われました。私は津軽の出ですが、この語感の隔たりは出身地の差もあるのでしょうか?また、本当に現代日本語では「あらっしゃる」は用いないのでしょうか?
加えてですが、これらと「あらせられる(あられるとは言わない?)」との使い分けはどうのようにしたらよろしいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.3です。

早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<いらせられる→いらっしゃる
となる場合の、いらせられるは「入る」の意味でのみ使用可能という理解でよろしいでしょうか。>

その意味とは違います。

「入る」の意味を持つ「いらせられる」→「いらっしゃる」は、常体は「来る」、または「~している」で、その尊敬語として使われている用法の「いらっしゃる」>「入る」です。

ご質問では「~であるXX」という同格の「ある」の尊敬語を問われています。その場合「いる」は「状態である」=「居る」という漢字が適切になります。

ご参考までに。
    • good
    • 2

はじめまして。



1.「在る」は=「居る」と同じ意味になることがありますので、「ある」の尊敬語は「いる」の尊敬語でもある「いらっしゃる」になります。

2.また、「居る」は「おる」と読むことも可能なので、そこから派生する尊敬語もあります。

3.「~である…」という同格表現に使う「ある」は、以下の尊敬語が可能です。

あられる:「ある」の未然形に尊敬の助動詞「れる」がついたもの
おられる:「おる」以下同上

あられます:上記に丁寧語の「ます」がついて、さらに敬意の増したもの
おられます:同上

あらせられる:古語からきた表現で、「ある」の未然形に、尊敬の助動詞「す」の未然形「せ」と、尊敬の助動詞「られる」がついたもの。2重に尊敬語が使われており、非常に敬意の高い語となります。

いらっしゃる:「いらしてある」の促音便です。分解すると
いら:「いる」の未然形
し:尊敬の助動詞「す」の連用形。この助動詞は古語の用法。
て:接続助詞
ある:断定・陳述を表す形容詞的用法の動詞

つまり「いらしてある」が促音便化して→「いらっしゃる」となったものです。ちなみに「あらっしゃる」は共通語ではありません。一部の方言と思われます。

4.「いらせられる」と「おらせられる」が存在しないわけ:

「あらせられる」は古語の表現ですが、古典では現代語の「ある」「いる」に相当する動詞は「ある」を使っており、「いる」「おる」は同じ意味では使われていませんでした。

古語では
「いる」は「入る」「射る」「鋳る」「浴る」
「おる」は「降る」「下る」「愚る」
などの意味で使われており、「居る」の意味はありませんでした。

そのため、「いる」「ある」の尊敬語として「いらせられる」「おらせられる」は存在しないのです。

5.例文があった方がわかりやすいので、例えば「大臣であるXX氏」を例にとって例文を作ってみますと、
(1)大臣であられるXX氏
(2)大臣でおられるXX氏
(3)大臣であられますXX氏
(4)大臣でおられますXX氏
(5)大臣であらせられるXX氏
(6)大臣でいらっしゃるXX氏

などの敬語表現が可能ですが、(1)(6)が一般的な言い方とになると思います。
以上ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございます。
大変参考になりました。
1,2さんが提示してくださいましたいらっしゃるのgoo辞書の表現をみなおしました。
いらせられる→いらっしゃる
となる場合の、いらせられるは「入る」の意味でのみ使用可能という理解でよろしいでしょうか。
奥が深い…!ですね。

お礼日時:2007/06/16 04:41

>>>


ちなみに、リンク先では「あらっしゃる」は、
「である」の尊敬の「言い方」。
となっていました。これは、つまり話し言葉であって、文章を書くときには「あらせられる」のほうが適切ということなのでしょうか、、


「あらっしゃる」は今まで見たことも聞いたことがなかったので、分かりません・・・

「あらせられる」の方は、書き言葉としてだけではなく、話し言葉、たとえば時代劇で話し言葉として用いられるのをよく見ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/16 04:32

下記A~Dのどれでも正解です。


A いらせられる
B いらっしゃる(=「いらせられる」の変化)
C あらせられる
D あらっしゃる(=「あらせられる」の変化)
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%A2 …
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%A4 …


しかし、
現実にはBとCしか聞いたことがないです。

ちなみに、私、社会人になってから結構経っています。

この回答への補足

ちなみに、リンク先では「あらっしゃる」は、
「である」の尊敬の「言い方」。
となっていました。これは、つまり話し言葉であって、文章を書くときには「あらせられる」のほうが適切ということなのでしょうか、、

補足日時:2007/06/14 14:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
社会人のかたのご意見は、実社会で役に立ちますので非常にありがたいです。

お礼日時:2007/06/14 14:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか? 来るの尊敬語だと思う

【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか?

来るの尊敬語だと思うが行くの尊敬語がお店のいらっしゃいませだと言っている人がいて驚いた。

Aベストアンサー

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎりでござります」
(3)「居る」の尊敬語。
*浮雲〔1887〜89〕〈二葉亭四迷〉一・一「何時(いつう)かもお客様のいらっしゃる前で」

〔二〕補助動詞として用いられる。動作、作用、状態の継続・進行の意で、その動作の主に当たる人に対する尊敬を表わす。江戸期では主として女性用語。
(イ)動詞の連用形に、助詞「て(で)」を添えた形に付く。「ている」の尊敬語。
*当世書生気質〔1885〜86〕〈坪内逍遙〉二「妾(わたい)が時計を取あげたもんだから、屹度(きっと)腹をたって居(ヰ)らっしゃるんだヨ」
(ロ)形容詞の連用形、またはそれに助詞「て」を添えた形に付く。
*多情多恨〔1896〕〈尾崎紅葉〉前・三・二「然(さ)ぞお寂(さみし)くてゐらっしゃいませう」
(ハ)動作性、状態性の名詞、または形容動詞語幹(いずれも主として敬意の接頭語の付いたもの)に、「で」または「に」を添えた形に付く。「である」の尊敬語。
*人情本・英対暖語〔1838〕二・一一章「アレもう貴君(あなた)は平気でいらっしゃるヨ。お憎らしい」

語誌
(1)上方からでなく、江戸で生じたとされるが、江戸期では江戸でも例は少なく「おいでなさる」「…なさる」の方が有力である。ただ「滑稽本・浮世風呂‐二・上」に言語使用者の品格のよさを印象づける例があり、敬意の高いことばであったことがうかがえる。
(2)明治期には二〇年代以降小説に多用されるようになり、明治末期から大正期にかけて、数量的にも用法的にも、ほぼ現在と同じような情況が出来上がっていたとみられる。
(3)命令形が「いらっしゃい」となること、助動詞「ます」に続くとき「いらっしゃい」の形が現われること、「ます」の命令形「まし」「ませ」が直接付くことなどから、同様の形式をもつ「なさる」「おっしゃる」「くださる」とともに、特別ラ行四段活用とか、ラ行変格活用と呼ぶ意見もある。→いらっしゃい。
(4)「た」「て」に続くとき、「いらっしっ」「いらしっ」「いらっし」「いらし」などの形をとる場合がある。「今日はどっちへいらっしったへ」〔洒落本‐猫謝羅子〕、「仮名家(かなや)さまへ入(イ)らしって」〔人情本・清談若緑‐三・一六回〕、「何処へいらしたか存んじません」〔花間鶯〈末広鉄腸〉中・八〕、「実家(さと)の方から絶交されて入らっしたのであった」〔桑の実〈鈴木三重吉〉二〕など。
(5)誤って「居る」に類推して、「ゐらっしゃる」と表記されたものも見られる。
(6)「ていらっしゃる」が「てらっしゃる」となる場合もある。「待ってらっしゃいましよ」〔桑の実〈鈴木三重吉〉〕など。
「いらっしゃい」という形ですと、母親が子供に「遅れるといけないから早くいらっしゃい」のように、「お行きなさい」の意味で使うこともあり得る。 
[注意]「くださる」「おっしゃる」「なさる」との類似性がある。

次に「いらっしゃいませ(まし)」は「いらっしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の命令形(まし・ませ)がついたもので、

いらっしゃい‐ませ 〔連語〕
(動詞「いらっしゃる」の連用形のイ音便に、丁寧の助動詞「ます」の命令形の付いたもの)
(1)「いらっしゃい(1)」の丁寧な表現。
(2)あいさつのことば。「いらっしゃい(2)」の丁寧な表現。

 「いらっしゃいませ(まし)」はお客などを迎えるための言葉としても用いられることが多いようです。

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎ...続きを読む

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Qなぜ謙譲語である「申す」と尊敬語である「おはす」は同時に使えるのでしょうか

 私は中国人で日本語を勉強しています。古典文法についての本を読んでいますが、理解できない例文があるので、質問させてください。

 「がくや姫と申す人ぞおはすらむ。」と言ふ。(『竹取物語』)(「がくや姫と申し上げる人がいらっしゃるのだろう。」と言う。)

 『竹取物語』を読んだことがないので、上記の例文の敬語の使い方が分からなくて困っています。なぜ謙譲語である「申す」と尊敬語である「おはす」は同時に使えるのでしょうか。話し手と、聞き手と、がくや姫との三人の上下関係を説明していただけないでしょうか。

 よろしければ質問文の不自然な部分の添削もお願い致します。

Aベストアンサー

日本語教師です。質問文が正確な日本語であることや古文にも関心を持っていることから、あなたが相当優秀な学習者であることがうかがえます。
ただ「がくや姫」ではなくて、「かぐや姫」です。「輝く」と関係がある名前だと言われています。
この部分を調べてみると、月からの使いが翁にかぐや姫の隠し場所を尋ねる場面でした。月からの使者にかぐや姫を渡すまいとして、翁は使者の問いにとぼけて、「(あなたは)短期間とおっしゃいましたが、私はかぐや姫を20年以上育てています。よそにも同じ名前のかぐや姫という人がいらっしゃるんじゃないですか?」と答えた場面です。本文の使い方からみると、
かぐや>翁
使者>翁
という上下関係です。
(翁答へて申す、「かぐや姫を養ひたてまつること廿余年に成りぬ。かた時とのたまふにあやしくなり侍りぬ。また、異所に、かぐや姫と申す人ぞおはすらむ」と言ふ。)
この場面で話している相手が月からの使者という目上の人なので、「申す」という謙譲語を使っているんだと思います。3の方と同意見です。
謙譲語には2種類あって、
A対者尊敬(「お伝えする・参る」のように相手へ向かう行為)
B丁重語(「寒くなって参りました」のように自分がへりくだるだけの表現)
ここはBの謙譲語だと思います。Aは相手への尊敬と自分のへりくだりを表現しますが、Bは相手に関係ない動詞(ここでは「言う」)で使い、へりくだりのみを表します。Bと丁寧語の違いは、自分がへりくだっているかどうかで、ほとんど同じです。
ご指摘の通り、現代語なら「という人」または「とおっしゃる人」が適当ですね。
「竹取」は大人が読んでも面白いので、挑戦してみて下さい。

日本語教師です。質問文が正確な日本語であることや古文にも関心を持っていることから、あなたが相当優秀な学習者であることがうかがえます。
ただ「がくや姫」ではなくて、「かぐや姫」です。「輝く」と関係がある名前だと言われています。
この部分を調べてみると、月からの使いが翁にかぐや姫の隠し場所を尋ねる場面でした。月からの使者にかぐや姫を渡すまいとして、翁は使者の問いにとぼけて、「(あなたは)短期間とおっしゃいましたが、私はかぐや姫を20年以上育てています。よそにも同じ名前のかぐや姫...続きを読む

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q「おっしゃられる」--「尊敬」プラス「尊敬」は許容できる用法?

「おっしゃられる」の解釈として「尊敬を表す語」プラス「尊敬を表す語」と解するのは誤りだと教わりました。
でも実際にはそのように意図して使ったことがあります。これは「誤り」とするのが皆さんの共通認識でしょうか?許容できる用法である、とする方もいらっしゃるのでしょうか?

つまり、「おっしゃる」だけでは「尊敬」の度合いが小さく感じられたので「られる」を付加した。ちょうど「おおきに」だけでは感謝の度合いが足りないと感じられて「おおきに、ありがとー」と言う関西のおばちゃんみたいに、です。通じたかな?

Aベストアンサー

二重敬語(あるいは最高敬語)は古典文学でもしばしば使われ、
多くは天皇・皇后に対する最高の敬意を表しています。
試験問題などに出てくる時は、誰に対しての敬意なのかがすぐ分かるので、非常に便利だった記憶があります。
とはいえ、会話文などでは身分がそれほど高くなくても使われている例があるそうですが。

このように古くからあるものなので、二重敬語そのものが「誤り」とはいえませんが、
現代日本語においては、通常、過剰な敬語としてふさわしくないとされています。
親しい間柄で使う分にはまったく問題ないと思いますが、
ビジネスの場、公式の場など、また特に文章語としてはあまり使わない方が無難でしょう。

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q「おる」と「ございます」と尊敬語と謙譲語

「おる」と「ございます」の言葉遣いがあっているか教えてください。

・「おる」…(例)Aさんが、ご契約されておりますプロバイダは

・「ございます」…(例)Bさんは、△△はお持ちでございますか?

「おる」も「ございます」も謙譲語でよく使うので、
間違っているように思うのですが、
聞いた感じですと、悪い印象は受けないんですよねぇ。。。

恐れ入りますが、どなたか教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

>・「おる」…(例)Aさんが、ご契約されておりますプロバイダは
「おる」は一応、謙譲語に分類されますが、そもそもこの言葉は敬語ではない普通の言葉だと考える方が、扱いが楽になります。
「おる」が敬語でないと考えれば「されておる」は「されている」と全く同じ表現ということになります。
ところが「~ている」には敬語がありません。
したがって「されておる」にも敬語がないことになります。
ちなみに「ます」は丁寧語なので、そもそもこの位置で使うべき言葉ではなく、基本的には文章の最後にだけ使います。

■好ましい言い方
・ご契約のプロバイダは
→もっとも単純な言い方です

・契約されていらっしゃるプロバイダは
→「~ている」を敬語に直せば「~ていらっしゃる」になります。

・契約していらっしゃるプロバイダは
→敬語がない文章である「契約しているプロバイダ」を敬語にすれば、「している」の部分だけを「いらっしゃる」とすることで、十分な敬語表現になります。
「契約」に「ご」をつける必要もありませんし、つけてはいけません。

■好ましくない言い方
・ご契約しているプロバイダは
これは一見、正しいように見えますが、上記で説明した通り「~ている」に敬語がありません。
したがって、これは好ましくありません。
それでは「~ている」を「~ていらっしゃる」に変えたらどうでしょう?
・ご契約していらっしゃるプロバイダは
実はこれはダメです。
「ご契約して」は「ご~する」という謙譲語です。
したがって、これは使えません。
この場合、「ご」を取れば完璧です(「■好ましい言い方」の3番目と同じになります)。


>・「ございます」…(例)Bさんは、△△はお持ちでございますか?
この文章は「Bは、△△は持っているか?」というのが基になっています。
これを敬語に直せば、こういう表現になります。
「Bさんは、△△はお持ちになっていらっしゃいますか?」
これがもっとも素直な敬語表現かと思います。
次になぜ「お持ちでございますか」に至ったのかを推測してみました。

お持ちになっていらっしゃいますか?
↓(なんか長い気がするので短くしたい)
お持ちでいらっしゃいますか?
↓(できればもっと短くしたい)
お持ちですか?
↓(「です」では失礼かなと思い、「ございます」に変えてみた)
お持ちでございますか?

おそらく、こんな変化があったのかと思います。
しかし、文法上は間違いということはなさそうです。

>・「おる」…(例)Aさんが、ご契約されておりますプロバイダは
「おる」は一応、謙譲語に分類されますが、そもそもこの言葉は敬語ではない普通の言葉だと考える方が、扱いが楽になります。
「おる」が敬語でないと考えれば「されておる」は「されている」と全く同じ表現ということになります。
ところが「~ている」には敬語がありません。
したがって「されておる」にも敬語がないことになります。
ちなみに「ます」は丁寧語なので、そもそもこの位置で使うべき言葉ではなく、基本的には文章の最後にだけ...続きを読む

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q敬語の「お~」と「ご~」の違いはなんですか? 例えば、「お返事」と「ご返事」、「お家族」と「ご家族」

敬語の「お~」と「ご~」の違いはなんですか?
例えば、「お返事」と「ご返事」、「お家族」と「ご家族」は同じでしょうか?
ありがとうございます!

Aベストアンサー

丁寧語の接頭語は基本的に、
訓読みの語(和語)には「お」が付き
音読みの語(漢語)には「ご」が付く
例外もあります。

「お」と「ご」の使い分け
で検索してみました。
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%81%E5%AF%A7%E8%AA%9E%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=0eYRWa2OF6XU8AeYypkY#q=%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91

http://2ri-ex.cocolog-nifty.com/igosso/2016/11/post-5d83.html

「お返事」? 「ご返事」?
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/148.html

お家族は使わないと思います。

丁寧語の接頭語は基本的に、
訓読みの語(和語)には「お」が付き
音読みの語(漢語)には「ご」が付く
例外もあります。

「お」と「ご」の使い分け
で検索してみました。
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%81%E5%AF%A7%E8%AA%9E%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=0eYRWa2OF6XU8AeYypkY#q=%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング