金属酵素に結合している金属の種類を同定する方法について教えて下さい。
方法の名前だけでなくて、その具体的な方法を教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

金属酵素に限らず金属の種類であれば,ESR や原子吸光分析で分かると思います。



これらの原理や一般的な測定法は適当な分析化学の教科書に詳しく載っていると思いますので,そちらを御覧下さい。

具体的な方法は,どのような状態の酵素を分析するか等種々の条件で変わってくると思いますので,ここに簡単に書くのは困難です。実験化学講座の様な適当な実験書を御覧下さい。
    • good
    • 0

金属酵素における一般的方法はしらないのですが、もし金属だけ取り出せるのであれば、質量分析法(MS)で同定できるとおもいます。



MSは有名なので、すぐ調べられるとおもいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物の同定に必要な費用はいくら。大学、植物園などで同定はしてくれるのでしょうか。その時の費用はいくらでしょうか

植物図鑑、ウエブ検索サイトなどでわからない植物を大学や植物園、博物館などで、同定をしてくれるのでしょうか?
標本は作りました。写真も多数あります。
・どの様に依頼すればよいのか
・その時の費用はいくらか。具体的な金額を

Aベストアンサー

大変厳しいことを言うようですが,数が多数あるのでしたら全くあなたの要望にはお応えしないと思います。それらの施設に勤務する職員は全て公務員かそれに準ずる身分です。当然貴方の私的な要望にお応えする事は公務員として許されません。ご要望に応えることは違法なのです。ご自分で調べても2~3点同定できないものがあったのなら調べて答えていただけると思います。啓蒙や教育は使命の1つですから…当然無料で…

例外として,特定の地域の植物であるのなら研究と言うことで調べる場合があります。しかし,貴方の手元に戻るものは現物ではなく植物リストのみの可能性もあります。

Q酵素と金属

反応に金属が必須である酵素を調べています。
それには、アルカリホスファターゼ以外には何がありますか?
あと、アルカリホスファターゼは金属酵素なのでしょうか。お願いします

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「亜鉛と酵素の深い関係」

>金属酵素なのでしょうか。
補欠分子族として金属を含むと言うのであれば、上記の酵素のコンフォメーションを維持しているのは含まないのでしょうが・・・?

◎http://www.ims.ac.jp/as/fujii.html
(金属酵素の機能発現の分子機構)
◎http://groups.ims.ac.jp/organization/fujiih_g/research/oxo.html
(ヘム酵素による酸素分子活性化)
「ヘム酵素」も有名ですね。

これら以外にもいろいろな金属を有する酵素がありますが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.hoshigaoka-hifuka.com/morezn/mzn05.htm

Q酵素の活性部位での結合は?

酵素と基質は活性部位で結合して酵素基質複合体を
つくります。その時の結合の力はネットで調べてみたところ、
水素結合・イオン結合・疎水結合などである、とありました。

しかし水素結合や疎水結合なんかはとても弱い結合である
はずです。それなのに瞬時に次々と酵素と基質が結合して
いくのはなんかイメージに合わないような気がします。

詳しい方なんとか納得いく説明をしていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 それぞれで結合の性質が違っているわけです。
 ある1つの分子が蛋白質に結合することを考えた場合、イオン結合だけで結合する場合、とイオン結合と疎水結合で結合する場合では、飛躍的に結合力が異なります。例えば、イオン結合でのKd値を仮に10μM、疎水結合のKd値を10mMとすると、その両方を用いて結合する分子の場合のKdは、10^-6x10^-3で10^-9、つまり1nM程度になると、理論上は考えられます。これは、片方の結合で固定されている場合の自由度は極端に制限されていることに起因してこのようなことが生じるわけです。ですから、個々の力は弱くても、複数の結合力でサポートされているinteractionの力は強くなるのです。
 だいぶ、scientificでなく 書いたので誤解があったらすいません。
 Fesik SW.の論文に詳しくでています。

Q酵素と基質の結合について。

ここのカテゴリーの何個か前に同じような質問を
したんですが、(以下参照)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=479627
似てて申し訳ないのですがいまいちどお願いします。

酵素と基質の結合について詳しく解説している
サイトがあったら教えてください。

酵素と基質が、水素結合・疎水結合・イオン結合などで
どのように結合するのかを詳しく知りたいのです。

あまり重要な部分ではないのか、
昨日夜と今日の午後をひたすらこれを調べるために、
学校にある本やパソコンをフル稼働させてがんばって
みましたが見つけられず、とうとう泣きが入ってしまいました。
何度もの質問お許しください。

Aベストアンサー

酵素によって違うのでしょうが、googleにて「酵素 基質 水素結合」で検索してβアミラーゼについて述べているページは見つかりました。

参考URL:http://www.glycoforum.gr.jp/science/word/saccharide/SA-B04J.html

Qあるタンパク質が結合する他のタンパク質の同定法

生物学をかじっている者です。分子生物学の実験で、あるタンパク質の機能を調べる際、それが他のどのタンパク質と結合するのかを調べる一般的なやり方が知りたいです。
私は、Far western blotting、免疫沈降、アフィニティークロマトグラフィーといった専門用語を単語としては知っている、個々の意味を調べれば理解出来る、というレベルなのですが、そういった手法を行う具体的な順番や、どういった手法がメジャーなのかがよくわかりません。大雑把でいいので教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

順番は場合によって異なると思います。
最初に、酵母Two-hybridで相互作用する因子をスクリーニングし、次に、プルダウンアッセイで相互作用を検討するといった感じで行うことが多いと思います。
また、目的タンパク質が組換えタンパク質、もしくはタグ融合組換えタンパク質として得られており、nativeで認識できる抗体があるのなら、免疫共沈殿もしくは免疫アフィニティクロマトグラフィで候補因子を精製し、SDS-PAGE後、目的バンドを切り出して、LC-MS/MS等の質量分析に供するという方法もあります。
BIACOREを使う方法もありますが、機械がないとできないので一般的ではありません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報