25歳 女性で脊椎カリエスにかかり、4ヶ月ほどになります。現状は、背骨の一部がつぶれて、その周りに膿がたまっています。肋骨にも結核菌が転移していますが、骨はつぶれてはいませんが、膿がたまっています。現在入院している病院の話しでは、薬の投与を続けてこのまま安静にしていても、下半身麻痺になる可能性があるとのこと。(膿が大きくなっていて背骨の神経の近くまである為。)手術を勧められているのですが、本人は手術の失敗による下半身麻痺が怖くて悩んでいます。何かよいアドバイスを頂けないでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

申し訳ありません。

大事なことを一つ抜かしていました。先ほどの理由から、手術をした方が下半身麻痺を回避する可能性は高いと思われます、しかし、手術をしても、たとえ医師の技量が完全だったとしても麻痺する可能性は残念ながら決して低くはありません。
    • good
    • 0

結核患者においていかなる手術を行うにしても、非常に重要なポイントとして、まず結核(肺結核もしくは病巣となっている部位、この場合はカリエス)そのものの悪化のコントロールがあります。

これを怠ると手術後に肺結核、または切除した病巣の再悪化が非常に高い確率であり得るからです。この判断には喀痰中の結核菌の培養が陰性となることでできます。もし喀痰中に結核菌が存在しないなら、この判断は赤沈などのデーターあるいは画像診断などで判断されます。これには最低限1ヶ月の抗結核剤投与が必要となります。
次にその彼女の脊椎カリエスに話を絞ります。彼女の場合は今も膿が大きくなり、脊髄(背骨の神経)に迫っているとのことですが、これだけでは今すぐ根治手術をする必要とする根拠が見いだせないように感じます。なぜなら膿が大きくなっていることは、結核そのもののコントロールが不十分であることを強く予想させるからです。彼女において今すぐ手術が必要となる条件は、おそらく結核の膿が脊髄腔に侵入し始めて麻痺が始まった場合のみでしょう。この場合には手術は2回に分け、一回目では緊急避難的に脊椎(背骨)を一部分切除し、まず排膿及び減圧して脊髄を助ける。次いで結核の勢いそのものが安定したら根治手術を行う。と、こうなるでしょう。
ただしいずれは手術が必要となる可能性は高いと思います。なぜなら、結核のコントロールが十分となっても、必ず膿の一部は残存し、将来の再発及び麻痺の起きる公算が高いこと、それと結核により脆くなった脊椎は将来立ったときに荷重に耐えられなくなる可能性が高いからです。また手術の際にはおそらく肋骨も切除する必要があるでしょう。手術までは(これは非常に重要なことですが)絶対に仰向け以外の体位はとらないで下さい。たとえそれが半年1年になってもです。排便も仰向けで必ず行って下さい。これは必ず守って下さい。
結核の病巣そのものの手術は結核に対する正しい知識と経験、そして手術に対する十分な経験に裏打ちされた手技を要する困難な手術になります。さらに今の日本では結核の手術はどんどん減ってきています。従って結核の手術に対する技術の継承が不十分となってきています。彼女の治療を担当される先生に必ず結核の手術に対する経験をおたずね下さい。
必要であればご遠慮なく補足して下さい。
    • good
    • 0

ずいぶん進んでるようですね。


手術による下半身麻痺のリスクはもちろんあるでしょう。
しかし、そのままほっておいても間違えなくそうなるわけです。
現状では、他に治療法がないわけですし、また、現状のままでは、ちょっと動いた拍子に神経を圧迫したり切断したりというリスクを負った生活になります。

そういうことを理解して頂いてなお、手術がいやであると言われるのならそれは本人の選択であり、周りがとやかくいうことはできないと思います。

でも、文面上からは、十分に状況が理解できた上での判断ではなさそうなので、その辺も主治医と相談されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頓服投与と内服投与のちがいについて

ニトロぺン舌下錠の投与方法をおしえてください。一般的には頓服と思いますが30日分投与の時も頓服でしょうか。内服と考えますが。頓服投与と内服投与のちがいも教えて下さい

Aベストアンサー

 panpankumaさん こんばんは
 
 薬局を経営している薬剤師です。

 頓服投与とは、「症状のある時だけ使う使い方」の事を言います。したがって10回分の頓服投与と言っても症状が起こらなければ一回も使わない事だってあり得ます。医師の指示としては「○○回分」と言う指示がほとんどです。
 内服投与とは、「医師の指示通り必ず服用する薬」の事です。ですから通常は「○○日分」と言う指示で記載します。

 ニトロペン舌下錠については、狭心症の発作時に使う頓服用のお薬ですから、おおむね「頓服投与」です。ところでニトロペン舌下錠の指示に「30日分」と言う記載が有った場合、「30回分」の記載ミスなのか医師の独特な使い方での内服投与なのか不明なので、この場合は疑義照会対象内容です。多くの場合頓服投与での「30回分」の記載ミスだと想像しますけど、これは想像で有って100%そうですとは言い切れません。ですから勝手な解釈で「内服投与」と決めつけ無い方がいいでしょう。

 以上何かの参考になれば幸いです。

Q卵巣膿腫の内視鏡手術の麻酔について。

今週、卵巣膿腫の内視鏡手術を行う予定です。
で、ご存知の方、経験された方にお伺いしたいのです。

内視鏡手術を全身麻酔で行う事や、手術の内容については、医師から十分な説明を受けているので、そのこと自体はそんなに不安は無いのですが、
麻酔の方法で気にかかり少し不安があります。

それは、手術中の吸う方の麻酔の他に、おなかの痛みを押さえる為に、
背骨にも使う麻酔のことです。
背骨の関節の間に1mmに満たない細さの針を刺し、
それを点滴のような形で一晩刺しっぱなしにするという説明でした。

ですが私のイメージでは、背骨というと下半身麻痺に直結してしまうので、チョットこわいのです。

痛み止めの為の麻酔なので、それを止めて飲み薬にしてもよいといわれましたが、詳しくは入院時に麻酔の先生と話をするように言われたので、入院前の今ドキドキです。

あまりこの麻酔方法を実施している病院は多くないらしいのですが、
婦人科に限らず背骨に刺す下半身麻酔を経験された方や、麻酔知識のある方も、
ぜひ回答をお願いします。

Aベストアンサー

外科医です。硬膜外麻酔のことですね。脊髄の外の腔に薬をいれるといえば、そこまで不安は感じないでしょう。
それ自体にまったく心配はないと思いますよ。おなかを開けたりする手術では、しばらくいたくて大変です。そこで、硬膜外麻酔の出番というわけですが、術中の管理、術後の疼痛管理という点で非常にすぐれています。外科の世界では非常に一般的です。
ただ、腹腔鏡の手術ごときでそこまでいるかといわれたら・・?ですが、せっかくしてくれるのだったらしてもらったらどうですか。僕ならしてもらいます、間違い無く、だって痛いのは少しでも少ないほうがいいですよね。
アメリカなんかの無痛分娩に一役買っていますよ。

Q昼ごろ眼瞼下垂の手術をしました。今頃になって両瞼が痛くてたまりません。

昼ごろ眼瞼下垂の手術をしました。今頃になって両瞼が痛くてたまりません。

明日は病院はお休み。
明後日また来てくださいとのことでしたが
痛み止めのロキソニンが2錠しかない。
1錠で6時間の効き目だそうですが、いつ服用するか考え中です。

明日もまだこんなに痛いものなのでしょうか…。
いつごろ痛みが治まるか、もしくはいつごろロキソニンを服用すればよいか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

早く服用したほうが良いです。
麻酔が切れての手術後の痛みだと思います。術後の痛みを抑えるために出ている薬なので早く飲んで楽になりましょう。時間とともに傷が治っていくので時間が経つほど痛みは弱くなると思います。
2回分服用するうちには何もしなくても痛いと言う痛みは無くなると思います。

Q筑波大付属の抗がん剤過剰投与に似ています・・

こんばんは。70歳の父が2008年5月に食道癌の末期と診断されました。即入院、治療になったものの、癌が大きく、自分の唾液を飲み込むのも困難な状態の上、リンパの付近にもあるとの事で、手術は不可、抗がん剤・放射線療法になりました。約2ヶ月の入院生活で、殆ど癌は無くなり、飲食も元通り可能となって退院しましたが、定期的な抗がん剤治療は続ける事になっております。先日、抗がん剤の為に一週間の予定で入院したところ、今回は、最初から吐き気が強く、4日目にして、突然脳梗塞の様な症状で倒れました。医師に呼ばれ、説明を受けましたが、使用した薬はシスプラチンで、前回治療の際は副作用も殆ど無かった為(吐き気も、脱毛も全くありませんでした)、今回は倍の量で短期投与したら、腎臓に障害が出た、回復しなければ透析も・・と言われ、輸血もしました。薬は規定量以下しか使用しなかったが、腎臓にはキツイ薬な上、本人の腎臓機能が元々悪かった、とのお話でした。ですが、それ程腎臓に負担がかかる薬を腎臓の機能に問題がある人に倍量投与するものでしょうか?MRI等の検査の結果、脳には全く問題がありませんでした。次回は薬を変えると言っていますが、昨日の抗がん剤過剰投与の記事を見て、何だか似ている様な気がします。幸い、父は並外れた体力と、超が付く程のポジティブ思考で、今回も危機的状況から回復しましたが、このまま同じ医師の元に治療を続けるべきなのか悩んでいます。どなたかご助言お願い致します。

こんばんは。70歳の父が2008年5月に食道癌の末期と診断されました。即入院、治療になったものの、癌が大きく、自分の唾液を飲み込むのも困難な状態の上、リンパの付近にもあるとの事で、手術は不可、抗がん剤・放射線療法になりました。約2ヶ月の入院生活で、殆ど癌は無くなり、飲食も元通り可能となって退院しましたが、定期的な抗がん剤治療は続ける事になっております。先日、抗がん剤の為に一週間の予定で入院したところ、今回は、最初から吐き気が強く、4日目にして、突然脳梗塞の様な症状で倒れま...続きを読む

Aベストアンサー

>今回は倍の量で短期投与した
>薬は規定量以下しか使用しなかった

ということは、算出数値の30%とか40%とかで2か月前の入院時には、投与していたのでしょうね。それが、今回は腫瘍マーカーに変化があったのかな。それで、倍にしたのかな。

>次回は薬を変えると言っています

元の量に戻せばいいのに変えると言っているところを見ると、腫瘍マーカーの変化があったのは確実と推察します。家族にそのあたりの数値等を説明していないのが、お粗末な感じですね。

カルボプラチンあたりにとりあえず、変更しようとしているのでしょうね。効かない時に、いきなり倍増ではなくて、段階的にしていただきたいと伝えることと、夜間の投与だと昼間の投与よりも効果が大きいので、減量可能だと聞いていますから、要望してみたらどうでしょうか。しかし、そこの病院は、抗癌剤治療の有能な病院という印象が持てないように思えます。いいところがあれば、移った方がよさそうですが、なければ、担当医の気分を害さないように慎重に振舞うべきとも思います。

Q<結核>同じ職場に「ツ反:強い陽性」の方がいらっしゃいます。

こんにちは、質問します。

9月1日から異動になり、小さな事務所の配属になりました。

5月に結核と判り入院した人の「代わりに」私が着任したので、私以外の人はツ反やX線検査をしています。

そして不安なのは、今いる課員のお一人の方が「ツ反が強い陽性」であるということです。

そこで私の質問は、

1.「強い陽性」の方と一緒にいても、感染はしないのでしょうか?ということです。

2.また、その方が咳をした時の飛まつ等は気をつけたほうがよいのでしょうか?。

3.前もって「私自身が」薬や予防接種する等のことは病院へ行けばすることが可能ですか?。

後から来たこともあり、他の方に聞けない状況です。
いさかいを起こしたくないので自衛したいので、
すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ。
私は昔バイト先の社員さんが結核になり入院され、ツ反を受け陽性と判断されました。つまりhanemakuraさんの異動先の課員さんの状況でした。
保健所で陽性と判断された瞬間結核になってしまったと思い恐くて泣きました。ですが、ちゃんと説明を受けると別に結核になったわけではなく、保菌者(?)になっただけで発症したわけではありませんでした。6ヶ月間薬を飲んで無事回復(^^)v。といってもまったく症状はありませんが。
強い陽性というのが、何を表すか分かりませんが、私と同じならなにも心配ないと思います。普通に接しても大丈夫です!
私も結核になったわけではなくても、保菌者だと知られたら、結核について知らない友達はきっと嫌な思いをする・距離を置かれると思い言えませんでした。なので腫れ物に触るような態度は辞めてあげてくださいね。多分本人が一番ショックを受けているはずですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報