アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

 庭に植えているカツラの木の葉っぱが、まだ6月だというのに、半分くらいの葉が赤くなってきてしまいました。どうすればいいのかわかる方がいたら教えてください。
 経緯は以下のようなものです。
 2年前の5月に3m弱のカツラの株立ちの木を庭に植えました。ここの土地は非常に粘土質で排水性が悪いため、腐葉土をかなり入れて植えたような記憶があります。そのとき植え付けにきてくれた業者の人に、カツラは水辺に自生するものだから、毎日バケツ1杯くらいの水をあげたほうがいいといわれて、表面の土が乾いているときは、バケツ1杯くらいの水をあげていました。
 去年の夏暑い日が何日か続いたときに、毎日子供たちがプール遊びをして、そのときの排水をカツラの木の近くにかなり撒きました。(もちろんプールの水全部ではなく、庭全体に水を撒いた残りを捨てていたのです。)お盆過ぎくらいから、下のほうから葉っぱが赤茶色くなり、徐々に枯れて落ちていきました。その頃から、根腐れしたのかと思って、水は殆どあげなくなっていました。結局秋になっても黄葉することなく、赤茶色のまま全て落ちてしまいました。
 今年になって、葉っぱが出てくるか心配でしたが、ちゃんと葉っぱはでてきました。最初は綺麗な黄緑だったのですが、段々下のほうから赤くなってきてしまって、今現在は、半分くらいが色が変わってしまっています。
 カツラの周りの土地は、芝を植えてあって、直接掘って根を確かめたりはしていません。やはり根腐れでしょうか?
 家のシンボルツリーとして植えたものなので、大切にしたいとおもっていたのですが。。。どうにか改善することはできるでしょうか。ご助言宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いつも見ているサイトなので役立つと思います。

http://www.bloom-s.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

株立ち」に関するQ&A: バブル時代はいつ?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカツラの木の生長

カツラの木を玄関前に植えようと考えています。
葉っぱの形や黄色に紅葉するのが気にいっています。近所にもない木なので個性も出ますし。

業者さんからカツラはかなり生長が早いですよ、スペースあるところに植えないと・・・と言われました。

シンボルツリーでよく聞く木の中でかなりぐんぐん伸びる木なのでしょうか?狭い場所では無理でしょうか?
もともと高木なのは知っていましたが、自分もしくは知り合いの造園業の方に剪定してもらえば、と考えていたのですが、育てていらっしゃる方や詳しい方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>カツラの木の生長
シンボルツリーでよく聞く木の中でかなりぐんぐん伸びる木なのでしょうか?狭い場所では無理でしょうか?



樹形も良く、紅葉を楽しめて素敵な樹木だと思います。

しかし、業者さんが指摘されるように、一般家庭の庭ではスペース(枝張り・根張り)と高さ(日照・落ち葉の飛散・周辺樹木への影響)から植栽が難しいケースが多いです。
(我が家でも、検討しましたが、多くの花木・果樹を植栽したい為に、仲間?の月桂樹・イロハモミジにしました)


◇桂
樹高:2~30m
根張り:2~3m
枝張り:放置すれば樹高の半分位に成る可能性がある

※高さや枝張りの対策としては→強剪定(間引き剪定・短く切り止める)で高さと枝の拡がりは、ある程度まで調整出来ますが、根張りは樹木の成長、健康上、必要です。

従って、周辺に根が張り建屋とか花木に影響したり、根詰まり・根焼けが起こらないだけの3m位の空きスペースが必要と思います。

根切りをしても大丈夫かどうか?相談してください。
根切りで地中の張りを抑えるように行える場合は、専門業者に植栽時に(1~2年間の植え付け保証付き)お願いするのが安心だと思います。

http://sutekinaoniwa.com/Static/Special/200904/page01.html

>カツラの木の生長
シンボルツリーでよく聞く木の中でかなりぐんぐん伸びる木なのでしょうか?狭い場所では無理でしょうか?



樹形も良く、紅葉を楽しめて素敵な樹木だと思います。

しかし、業者さんが指摘されるように、一般家庭の庭ではスペース(枝張り・根張り)と高さ(日照・落ち葉の飛散・周辺樹木への影響)から植栽が難しいケースが多いです。
(我が家でも、検討しましたが、多くの花木・果樹を植栽したい為に、仲間?の月桂樹・イロハモミジにしました)


◇...続きを読む

Q葉が育たないカツラの枝について

カツラをシンボルツリーにしています。昨年の12月に植えたんですが、葉がでてこない枝があります。枝を切ってみると中は緑色で死んではいないようです。また、春に葉をつけたんですけど、1か月ほど前にすべて枯れ落ちた枝もあります。
このような場合、枝は残したままでよいのでしょうか?切った方がよいのか判断がつきません。教えてください。

Aベストアンサー

多分、植え付け時における、植え付け不良によるものでしょう。
完全に悪かったというのではなく、あまりよろしくなかったという事です。
今ある緑の葉は、春から生えた新根で救われていると思います。
枯れている幹枝は、エンジンがかからなかったという事でしょう。
もうあまり期待できそうにないから、葉を付けていない幹枝は根元から切り落とし、他の幹枝に養分などを回した方が良いでしょう。

植え付け時は根の細部に至るまで、十分土を行き渡らせなければいけません。
このために植え付け時は、「水極め法」などの方法をとります。(要検索)。土を泥状にして土(泥)を隙間なく根に行き渡らせます。(水極め法が不適な植物もありますから注意します。松、モクレンなど。)
また掘りあげた土にもバーク堆肥や腐葉土などの腐植質を混ぜ込み、後々根が張りやすくなるように努めます。
また深く植え込むのも、後々根の張りが悪くなるので、よろしくありません。
こういったところでしょうか。もう新根の発育に期待するしかないでしょう。
株の最大径の直下あたりを何箇所か掘り、前述したバーク堆肥や腐葉土を土にすき込んでやるのも、新根の発育のためにはよろしいでしょう。

多分、植え付け時における、植え付け不良によるものでしょう。
完全に悪かったというのではなく、あまりよろしくなかったという事です。
今ある緑の葉は、春から生えた新根で救われていると思います。
枯れている幹枝は、エンジンがかからなかったという事でしょう。
もうあまり期待できそうにないから、葉を付けていない幹枝は根元から切り落とし、他の幹枝に養分などを回した方が良いでしょう。

植え付け時は根の細部に至るまで、十分土を行き渡らせなければいけません。
このために植え付け時は、「水...続きを読む

Qカツラの鉢植えについて

愛知県在住です。
我が家と隣家の間、2~3mほどのところにカツラの木をおきたいと思っています。東西が家で南北はひらけています。
新緑と秋の紅葉(赤ではなくて黄色に変わるところ)が美しいのと、葉のかたちがかわいいのでとても好きな木です。が、とても大きくなるようで・・・鉢植えで1.5mくらいまでで管理できないかなと思っているのですが、難しいでしょうか?

また、他にお勧めの木があれば教えていただけるとありがたいです。
欲を言えば病害虫の少ないものを希望しています。

Aベストアンサー

回答が遅れて申し訳ありません。

あれから少し考えて見ましたが、やはり庭が狭いからと言っても鉢植え
では今後の管理が大変になると考えますね。
地植えと鉢植えの一番の違いは植替えで、種類にもよりますが2~3年
に1度は必ず植替えが必要になります。地植えでは植替えが必要ないの
で、場所を急に移動する必要がない限りは植えっぱなしです。
高さを150cmに抑えて管理をするのは可能ですが、その樹木に対し
てバランスの良い鉢のサイズを探すのは苦労されますよ。
ホームセンターや園芸店では扱われていないので、園芸資材店で探す事
になり、値段も驚くほど高くなりますよ。

日当たりが日に1~2時間と言うのは、かなり厳しいですね。この条件
に適応する種類となると、日当たりを好む種類は栽培出来ないと言う事
になります。よって半日陰から日陰に対応する種類を植えるしかありま
せん。種類としてはアオキ、アスナロ、カクレミノ、コウヤマキ、サカ
キ、ソヨゴ、ナンテン、ビナンカズラ、ギボウシなどですね。

病害虫に強い種類もありますが、強いだけで発生しないと言う意味では
ありません。発生してもある程度の被害には耐えれますが、その時点で
駆除をしないと最後には枯れてしまいます。
病害虫の発生が少ない樹木を探すと、見つからないかも知れません。
でもね、病害虫が発生する樹木でも発生を少なくさせる事は出来るので
すよ。それは剪定時期が来たら必ず剪定を行い、葉を密集させない事で
す。多少日当たりが悪くても、風通しが良ければ病害虫の発生を未然に
防ぐ事が出来ます。

草花でも樹木でも、植えれば生育するとは言えません。鉢植えの場合は
植替えがあり、水遣り、施肥、剪定、消毒などの作業が年間を通して必
要です。狭いなら狭い場所でも栽培が出来る種類を選び、欲を出さない
で数を少なくさせる事が必要です。あなたの場合は地植えで楽しまれた
方が管理はしやすくなると思いますよ。

回答が遅れて申し訳ありません。

あれから少し考えて見ましたが、やはり庭が狭いからと言っても鉢植え
では今後の管理が大変になると考えますね。
地植えと鉢植えの一番の違いは植替えで、種類にもよりますが2~3年
に1度は必ず植替えが必要になります。地植えでは植替えが必要ないの
で、場所を急に移動する必要がない限りは植えっぱなしです。
高さを150cmに抑えて管理をするのは可能ですが、その樹木に対し
てバランスの良い鉢のサイズを探すのは苦労されますよ。
ホームセンターや園芸店で...続きを読む

Q狭い庭にカツラの株立ちを植えましたが、あまり大きくならないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

狭い庭にカツラの株立ちを植えましたが、後日20M以上になることがわかりビックリしています。庭に植えても20m以上になるのでしょうか?大きくならないようにするにはどうしたらよいでしょうか?それともやめたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

株立ちであれば、お互いの樹で養分の取り合いになるので、すぐに大きくはならないと思いますが、剪定によって希望の大きさでキープすることはできると思います。でも、まず樹を良くみて、どういうイメージの形にするかを考えられたらどうでしょう?剪定も、あれ切ってこれ切ってとやっていると込み合いませんが、せっかくの株立ちも風情がなくなります。今植えられた樹が落葉している時期だと思われますから、ここでこうだったらきれいかな、と想像をして下さい。植えられてすぐは、まだ樹が十分に力を蓄えていないので、止めておいた方が無難ですから、イメージ養成期間だと考えてください。ハートの葉を持つ柔らかい桂の樹のイメージと樹形のイメージ。自然の中で株立ちの樹を見つけて、どうしてきれいに見えるのかを探ってみても好いですね。

イメージをされながら、剪定の方法を色々な形で勉強されてはどうでしょう?落葉樹は何時が剪定の時期か、どうしてその時期なのか、そもそも剪定とはどういう種類があって、どういう意味があるのか、などなど、知らないのと知っているのでは、今後の管理と楽しみがずっと違ってきます。

樹は自然に上へと大きくなるため、枝などを切って勢いを調整(もちろん樹の成長も促す)する訳です。基本は、樹の成長は上であること。上にいかなければ、横に勢いが行きます。大きくなりすぎた樹は、芯止めと言って、希望する高さ辺りでバッサリ切ってしまうこともできますが、頭がなにしろスカスカしているので、元々あった大きな木に困った時の最後の対処法のことですからここではまだ当てはまりませんが、要はこういう荒業を剪定によってできます。

ご参考サイト
http://homepage3.nifty.com/sinjyu/newpage3.htm
http://botany.cool.ne.jp/wwwlng.cgi?print+200710/07100214.txt
http://www.shohin-bonsai.org/teire-jukei/sub223.htm

株立ちであれば、お互いの樹で養分の取り合いになるので、すぐに大きくはならないと思いますが、剪定によって希望の大きさでキープすることはできると思います。でも、まず樹を良くみて、どういうイメージの形にするかを考えられたらどうでしょう?剪定も、あれ切ってこれ切ってとやっていると込み合いませんが、せっかくの株立ちも風情がなくなります。今植えられた樹が落葉している時期だと思われますから、ここでこうだったらきれいかな、と想像をして下さい。植えられてすぐは、まだ樹が十分に力を蓄えていな...続きを読む

Q玄関先に植える木について教えて下さい。

今、玄関の前に木が3本並んで植わっています。
1本はカツラの木で実も花も咲かずいいのですが、
残りの2本に実がなり、5月頃になるとその実が落下し、
玄関タイルが汚れてしまうので困っています。

そこで、その2本を抜いて新しい木を植えようと思うのですが、
おすすめの木はありますでしょうか?

出来ればの希望は、一年中緑で、葉っぱが落ちず、花も咲かず、実もできず落ちない木がベストなのですが…
(注文多くてごめんなさい…)

今の木はおおよそ1mほどでしょうか?
一応目隠しもかねて植わっているように思います。

玄関タイルが磁器タイルの白でして、汚れが中々おちにくいので
落下した実や花でタイルを汚したくないのですが、
花木に疎いもので、、ご質問させて頂きました。

皆様のご意見何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>玄関タイルが汚れてしまうので困っています。
>今の木はおおよそ1mほどでしょうか?

状況が全く想像出来ません。
落果が玄関ポーチを汚すほどの至近距離に、目隠しとして樹高1mの樹が3本植わってるのですか?
だとしたら、それ・・・間違いなく近い将来に色んな問題が起きますよ。

余計なことのようですが、例えばその残そうとしているカツラ。
ハート型の葉と綺麗な紅葉とキャラメルに似た香りで最近人気がありますが、
カツラはある程度の大きさまで成長すると、スイッチが入ったように、凄い速さで成長して、あっという間に5mを超え、
間違いなく庭師の世話になるようになりますが…それが玄関先で起きても問題ありませんか?

質問の回答にならずにごめんなさいね。

厳しいようですが、NO2&NO3の回答が的を得ています。

手遅れになる前に全部移植するか、全部処分するのが正解です。

Q庭のヤマボウシが元気がないようで。。心配で。

3年ほど前にヤマボウシ(高さ5m~6m位、株立ち。大きめだと思います。)を購入しましたが、あまり元気が無く、葉が茶色に(葉の周りが)なり、また全ての枝に葉っぱがあるわけでなく、枯れているような感じの枝もあります。全体の20%くらいに葉っぱが無いような感じです。今年も5月頃咲きましたが、散りが早かったような気がします。
 他の人の質問とかを参考に考えてみたのですが、よく解りません。病気か、水切れか(今現在(6月)は、水は散布してません)、根腐れかのどれかだとは思うのですが、なんとなく根腐れのような感じがするのですが、手入れの仕方が解りません。庭師さんに見ていただいたほうがいいのでしょうか?
 日当たりの状況は、朝は家の影になりあまり良くないですが、昼頃にかけて段々と良くなっていきます。夕方の西日はまともに当たります(これが原因ですか?)。ただ、夕方になると、根の付近には、塀(高さ1.2m)のせいで日光は当たりにくい状況です(そのせいで根腐れかと・・)
 水やりは7月~10月位までは、ほぼ毎日朝夕2回してます。
 消毒は1回もしたことありません
肥料は、2月ごろに鶏糞を根の周りに少し溝を掘って埋めてます。また、石灰を少々散布します。あと春夏時期に、月1回ぐらいHBー101と言う栄養剤をあげてます。
 隣に植えてあったエゴノキが今年の冬に突然倒れてました。地面のところでポキッて感じでした。エゴノキも株立ちでしたので他の茎もゆすってみたら、簡単にポキポキと・・・。悲しかったです。
 ヤマボウシもそのようにならない様にしたいのですが。
長々と書いてしまいましたが、宜しくお願いいたします。
ちなみに、庭師さんに見ていただいた場合は、予算的にはお幾らくらいするものなのでしょうか?何卒宜しくご回答の程宜しくお願いいたします。

3年ほど前にヤマボウシ(高さ5m~6m位、株立ち。大きめだと思います。)を購入しましたが、あまり元気が無く、葉が茶色に(葉の周りが)なり、また全ての枝に葉っぱがあるわけでなく、枯れているような感じの枝もあります。全体の20%くらいに葉っぱが無いような感じです。今年も5月頃咲きましたが、散りが早かったような気がします。
 他の人の質問とかを参考に考えてみたのですが、よく解りません。病気か、水切れか(今現在(6月)は、水は散布してません)、根腐れかのどれかだとは思うのですが、なん...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

エゴもヤマボウシも、日本の山に自生している木です。(我が家のヤマボウシは、じぶんちの山から掘ってきたもの。元気です。)
林の中ですので根元に日はあたらず、木の上のほうにだけ当たっているのです。
また、林の中では誰も肥料などはくれません。あるのは落葉が積み重なってできた、天然の堆肥ですよね。

そんな環境で驚くほど大木に育つことを考えると、育て方もわかってくるのではないでしょうか。

1.根元に日を当てない。乾燥させない。
2・水やりは、あまりしない事。(植えつけたときと、何日も雨が降らない夏の日だけ。)やるときには地面にしみこむように土の表面を軽く掘り、ホースの水を5分くらい出しっぱなしにするつもりでたっぷりと。普通にシャワーで30秒くらいでは、中までしみこんでいません。
3.肥料は要らないが、根先の土がふかふかの良い土になるように、堆肥を混ぜ込む。

乾燥させずに、でも水遣りをしないというのは矛盾してますが、大事なことです。


我が家の庭木は、その辺の山に自生している落葉樹がほとんどです。エゴ・シャラ・ナナカマド・ヤマボウシ・ウツギなどなど・・・。基本的に肥料はやってません。庭に植える草花には与えているので、結果的には少し吸収しているとは思いますが。
また、水もよほどの暑さが続くときしかやりません。
剪定も、込みすぎたところを根元から切るだけです。(秋に。)
まぁ、庭に勝手に生えてるって感じでしょうか。

そのかわり、堆肥だけは惜しみません。以前トラック1杯買ったこともあります。木から作るバーク堆肥がいいといわれ、コレをたくさん混ぜ込んで林の中のふかふかの土をめざしています。
植え付け時に混ぜ込んでも、何年か経つと土の表面が固くなるので、軽く掘り、堆肥を混ぜています。
また、夏の間乾燥を避けるため、株もとにバーク堆肥でマルチングをしています。最近はミミズも増えたので、耕してくれます。

今では元気な我が家の雑木たちですが、植え付けて4年位までは、やっぱりなんとなく元気がなかったですよ。毎年安定して邪魔なくらい茂るようになったのは、6年目くらいからです。

とりあえず、水遣りをやめ、根元の土を軽く耕して、通気・排水性をよくし、できれば根元に何か植え込んで乾燥を防いでみてはいかがでしょうか。

こんにちは

エゴもヤマボウシも、日本の山に自生している木です。(我が家のヤマボウシは、じぶんちの山から掘ってきたもの。元気です。)
林の中ですので根元に日はあたらず、木の上のほうにだけ当たっているのです。
また、林の中では誰も肥料などはくれません。あるのは落葉が積み重なってできた、天然の堆肥ですよね。

そんな環境で驚くほど大木に育つことを考えると、育て方もわかってくるのではないでしょうか。

1.根元に日を当てない。乾燥させない。
2・水やりは、あまりしない事。(植え...続きを読む

Q庭のヤマボウシの葉が茶色に! 写真をご覧ください。

庭のヤマボウシの葉が茶色に! 写真をご覧ください。
5年ほど前に植えてから、特に手入れもせず植えっぱなし状態です。(反省)
ヤマボウシの周りは芝生、背丈は約4m弱。
あまり水はやってませんでした。幹、枝に虫の穴はなさそうです。
根元の芝を刈りとって見ようと思ってます。
何かご指摘をいただけると幸いです。

Aベストアンサー

前回、回答した者です。できるだけ適切なアドバイスができるよう、私がよく行く公園(各所に大小20本位のヤマボウシが植わっている)、その他の場所でも10本以上のヤマボウシを見て、写真のような状態の葉のものがないかも見て来ましたので少し回答が遅れました。
何処も水はけが良く、梅雨時期でも雨がちょっと降っていないと表面の土は完全に乾いています。この時期葉の色も濃いミドリで、赤茶けたものは無いですね(たまに枝の先1~2枚だけ赤茶けたものも見ました)。

写真の葉の色は赤茶けているだけでなく、この時期のヤマボウシとしては少し黄緑過ぎますね。これは比較的造成地に多い痩せた土・水はけの悪い土・粘土質・赤土が多めの土壌に多く見られる特徴です。(本来の葉の色が出ない)

AC7さんの土壌はどうでしょう?、たとえば表面は良さそうでも深い位置の土壌が根にとってあまり良くないのではないでしょうか。何故かと言うと定植から2~3年程度までは発生しやすい症状なのですが、普通は5年も経った樹木で新たには現れにくい症状です。このことから成長した根が良くない土壌まで達したため今年症状が現れたとも考えられます。もうひとつは芝生による水はけの阻害、空気が入らず排水性・通気性が悪くなったのでしょう。初めから芝生は茂っていましたか?

◆結論としては主に、土壌が痩せている、水はけが悪い、の2点だと思います。写真を見る限りは根腐れの心配はやや少なそうです。

◆対策としては、
 (1)前回も書きましたが、水はけ改善のため芝生を剥ぐ。半径60~80cm程度は剥ぎたいですね。
 (2)養分の多い土壌に改善する。(※土壌が良好なら5年経過のヤマボウシには本来、水やりも肥料も要らないのです)腐葉土、堆肥などをすき込んで改善します。すき込む量は葉の回復を見ながら経過観察でいいです。堆肥ですが、今は肥料を与える時期ではありませんので、回復を図る為に主に油粕を幹から30cm離した位置にすき込むといいでしょう(与えすぎないように、量は経過観察で)。本格的な追肥は秋以降にします。
 (3)弱った(赤茶けた)葉を落とす(特に下の方を中心に)。それと弱った葉の多い枝の剪定。剪定の季節ではありませんが、樹勢回復のために多少切り落とします。また細く樹勢の無い枝も剪定し樹木の根の負担を減らして下さい。
※あとは以下のURLを参考に管理してみて下さい。

<ヤマボウシの管理>
http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/jumoku/ya.html#yamabousi

<肥料を与える上で注意すること>&その他
http://ueshin.info/the-care-for-garden-tree-point/care-3

根http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/sosiki.html#ne
土壌http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/kankyou.html#dojou
改善http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/kaihuku.html#dojo
肥料の場所と方法http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/hiryou.html#houhou

http://www.nararinshi.pref.nara.jp/kanrimenu.html
上記各URLの元サイトですが、各種樹木の管理のことでが色々と勉強になることが書かれていますので、時間のあるときにでも読んでみて下さい。他の庭木についても役立つ筈です。
※参考までにページによって「生長」・「成長」の両方の文字が出てしまいますが、「生長」は古い時代の名残りで使われ、現代では動物・植物共に「成長」の文字を使うのが一般的になっています。

芝生を剥ぎ取ったあと見栄えが悪くなりますよね?
そこで剥ぎ取った周り(樹木から50cm離して)に花期の長い植物を植えられてみてはいかがでしょうか?見栄えが良くなります。
ペチュニア・マリーゴールド・デージー・ビオラなどが咲く期間がとても長いです。四季折々咲かすと楽しいですよ。
http://www.hana300.com/deji001.html
http://www.hana300.com/marygo1.html
他にはローズマリーなども痩せた土でも簡単に育ち、ハーブをして利用できて一石二鳥です。

その他参考URL欄<ヤマボウシの葉が茶色に>

参考URL:http://botany.cool.ne.jp/logb/200806/08060125.html

前回、回答した者です。できるだけ適切なアドバイスができるよう、私がよく行く公園(各所に大小20本位のヤマボウシが植わっている)、その他の場所でも10本以上のヤマボウシを見て、写真のような状態の葉のものがないかも見て来ましたので少し回答が遅れました。
何処も水はけが良く、梅雨時期でも雨がちょっと降っていないと表面の土は完全に乾いています。この時期葉の色も濃いミドリで、赤茶けたものは無いですね(たまに枝の先1~2枚だけ赤茶けたものも見ました)。

写真の葉の色は赤茶けているだけで...続きを読む

Qクローバーを芝生代わりに植える事について

来月、生まれてはじめて自分の庭を持つので
今からガーデニング出来るのを楽しみにしている者です。

いつもこちらには大変お世話になっているのですが、
「芝は手入れが大変」「クローバーの庭もステキ」
などという、過去のいくつかの回答を拝見して、
南の芝生を植える予定だった所に、
クローバーの種をまいてみようかな、と思い始めました。

その方が早く「緑の庭」になりそうだし、
お金も掛からず、手入れが楽かなぁ…という理由からです。

そこで、実際にクローバーを植えられた方に質問なのですが、
(1)クローバーを庭に敷き詰めてよかった事はなんですか?
(2)反対に困った事はありますか?
(3)クローバーにはアブラムシがつくと思いますが、
 他の植物に悪い影響などはありませんか?(他の花も植える予定です)

6歳と3歳の子どもがいて、庭では子ども達を遊ばせる予定です。
(草の汁で服を汚すのはかまわないので…)
アドバイス等ございましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるにはかなり無理が必要です。

思い出してみてください。公園でクローバー(シロツメクサ)が密生していることがありますが、それは「部分的」だったのではないですか?芝生の公園の片隅にあるいは芝生に混ざってシロツメクサが生えることはあっても、シロツメクサだけがグランドカバーとして育っているところはまず無いはずです。

根が浅いために、他の雑草が生育しやすく、タンポポやナズナ、その他いわゆる雑草がどんどん増え、結局は何も手入れをしない空き地と同じ荒れた状態になります。冬には根も枯れる部分が必ず出てきますから、翌年は「部分的なハゲハゲ状態」から出発し、再び除草と殺虫の繰り返しです。

一方芝生は、葉よりも根です。早春や初夏には他の雑草が生えてきますので2週間に1度の芝刈りは必要です。けれども、害虫は皆無と言ってよいほどですから殺虫剤は不要です。

年間の管理は芝刈りと若干の施肥だけですので、トータルとしての管理は非常に少ないのです。一度生育してしまえば、メンテナンス費用は非常に少ないのです。

総じて、芝生で「手間とお金がかかる」とお思いの方なら、他のどの植物でもダメです。芝生が最も安価で手間がかからないからです。

■ガーデニングはトライアンドエラーです。私も現在の芝生にするまでに品種や植え方など4年をかけています。クローバーを試すこともなさってもよいですが、徒労に終わることと、お子さんが緑の絨毯で遊ぶチャンスを逸しないことを願います。

■悪いことは申しません。基本は芝生で、日当たりのよい一部分にクローバーの種をまいておき、春にシロツメクサの花が咲いて花輪を作れる程度にしておくことをお勧めします。

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるには...続きを読む

Q芝生が枯れてきました。対処法を教えていただければ幸いです。

芝生が枯れてきました。対処法を教えていただければ幸いです。

5月中旬に庭をバーク堆肥を入れながら耕し、TM9という芝をベタ張りで張りました。
1ヶ月は家族のものも入らないようにし、2~3日に1度朝に水をやり、
緑の綺麗なカーペットが出来上がったため、
6月中旬から家族に芝に入っていいと伝えました。

6月初旬には雑草が生えてくる為
【除草剤(日本芝用)日産テマナックス[プロジアミン]1kg(肥料入り:N・P・K=8・8・8)】
というものを散布しました。

この2週間ほどですが、子供が元気に遊んでいます。それが原因でしょうか?

それともこれくらいでは枯れたとは言わないのでしょうか?
エアレーション?など行ったほうが良いのでしょうか?
どなたかご教授下さい。

Aベストアンサー

ベタ張りして
入るまで1ヶ月は養生したのでしょう。
芝生の根がしっかり活着するまでは、乾燥により枯死しやすいため
散水は十分に行わなければなりませんが
丁度梅雨時期で勝手に雨が降って散水されたのではないですか。
張り芝施工して養生期間に葉が細くなるほどにしたら
枯れてしまいます。
活着したら
何日おきにと管理するのではなく芝の状態を見て散水も判断することです。
アマチュア用に土壌水分計やPHメーターも売ってますが
基本は良く芝を見るということになります。
基準は#2の回答者さんの通りです。

画像では良くわかりませんが
目土はしたんですかね。
病気でなければ
適宜に
刈り込みはしなければなりませんよ。
TM9は高麗の品種改良であまり伸びないようですが
長く伸ばして短くかることはできません。

踏んで根切れしているのであれば
散水管理をして刈り込みをすれば
順次回復していくと思います。

拙宅でも養生期間に
近所のババアが勝手に横断して
その足跡通りに枯れたことがあります。
乾燥なのか踏み圧なのかわかりませんが
状況の変化を良く見て対処するしかありませんね。

除草剤は選択性でも芝にインパクトが無いわけではありませんし
遅れて効くと厄介です。
根がばっちり張っていればあまり雑草も生えてこないので
手で抜いても知れた物です。
クローバーはそうは行きませんが。

虫も病気もありますし
放っておいても青くなっているわけではないので
子供同様に手がかかります。
>2~3日に1度朝に水をやり、
梅雨明け期に土壌にたっぷり水を含んだ状態で高温になると
窒素が爆発的に作用して肥料焼け状態になるので
これからの時期散水量に注意してください。

ベタ張りして
入るまで1ヶ月は養生したのでしょう。
芝生の根がしっかり活着するまでは、乾燥により枯死しやすいため
散水は十分に行わなければなりませんが
丁度梅雨時期で勝手に雨が降って散水されたのではないですか。
張り芝施工して養生期間に葉が細くなるほどにしたら
枯れてしまいます。
活着したら
何日おきにと管理するのではなく芝の状態を見て散水も判断することです。
アマチュア用に土壌水分計やPHメーターも売ってますが
基本は良く芝を見るということになります。
基準は#2の回答者さんの通りです...続きを読む

Q木を植える時期について詳しい方

やっと庭のマサ土入れも終わり後は土間のコンクリート打ちだけとなりました

庭のマサ土もこの梅雨の豪雨で締まった感が出ています

ひとまず庭に植木を植えようと言う話を家内としました

知人に元造園業の方が居たので植え方や配置などを口答で習いました

今週末に植木市で植木を決めて植えようかと考えていました

植木屋に連絡し植木の有無を確かめると欲しい植木は全てあったので現地で実際の感じをみて決めようと思いました

しかし、植木屋は時期が悪いので10月に伸ばした方が良いと言いました。

理由は夏に植木すると植木に負担が掛かりすぎるとの事でした。

やはり10月まで伸ばした方が良いのでしょうか?

購入予定の木は下記です

(1)月桂樹

(2)オリーブ

(3)ジューンベリー

(4)ユーカリ

(5)蘇鉄

(6)アロエ

(7)フェイジョア

(8)ブラシノキ

(9)エゴノキ

(10)シャラノキ

(1)~(5)は極力植えたいです(6)~(10)はスペースや実際見た感じで決めようと思っています

庭のスペースは30坪ほどです

建て直す前も植木が沢山植えてありました(全て抜根整地済み)

日当たりは良好です

九州は福岡です

やっと庭のマサ土入れも終わり後は土間のコンクリート打ちだけとなりました

庭のマサ土もこの梅雨の豪雨で締まった感が出ています

ひとまず庭に植木を植えようと言う話を家内としました

知人に元造園業の方が居たので植え方や配置などを口答で習いました

今週末に植木市で植木を決めて植えようかと考えていました

植木屋に連絡し植木の有無を確かめると欲しい植木は全てあったので現地で実際の感じをみて決めようと思いました

しかし、植木屋は時期が悪いので10月に伸ばした方が良いと言いました。

理由は...続きを読む

Aベストアンサー

元造園土木の会社に勤務していた者ですが、長年の経験から説明を
させて頂こうかと思います。

まず植木屋と造園屋の意見が食い違っているようですが、どちらも
樹木に関してはプロですから、良い点や悪い点の理由を聞かれたら
言われている事が納得出来たのではありませんか。
プロが言った事は全て正しいと思い、納得してしまうと植えられる
物も植えられなくなります。
その根拠な何かを聞く事で、駄目な理由が分かるはずです。

どちらも樹木に関してはプロですが、植木屋も造園屋も業務として
は余り違いはありません。違いと言えば、植木屋は植えてある樹木
を管理する。造園屋は樹木を植える前の事から行って管理をする。
簡単に言えばこの程度の違いでしょうね。

ココからは詳しい説明をすると長くなるので、それぞれに対しての
植付け時期と簡単な説明をします。

月桂樹はクスノキ科常緑高木で、植付け時期は4月中旬から5月が
最適です。腐植質に富んだ土質であれば、半日陰でも育ちます。
生長が早く、萌芽力も強いので強い剪定にも耐えれます。
花期は4~5月で黄色い花を咲かせます。

オリーブはモクセイ科常緑小高木で、植付け時期は4月から5月上
旬と9月から10月までが適しています。
耐寒性がありますが冬場の寒風は苦手ですから、寒風から防げるよ
うな場所を選ぶ必要があります。

ジュンベリーはバラ科の落葉果樹で、植付けは12~3月の落葉期
に行います。日当たりを好みますが、半日陰程度なら問題なく生育
します。

ユーカリはフトモモ科の常緑高木で、植付け時期は4~8月中旬が
適しています。約600種程度の仲間がいますので、地域の気候や
環境を考えて品種を決める必要があります。寒さや霜に弱いので、
冬場はそれなりの防寒対策が必要です。

ソテツはソテツ科の常緑低木で、5~8月が植付け時期です。
過湿は大の苦手で、ジメジメした場所では株を弱らせる原因になり
ますので、最低でも30cm程度の盛土をして高植えにする必要が
あります。寒さには弱い性質がありますので、冬場は完全防寒する
必要があります。とにかく場所を取るのが難点な樹木です。

アロエはユリ科の多肉植物で、樹木ではありません。極端に暖かい
地域なら地植えは可能ですが、冬場に0℃以下になる地域では寒さ
によって枯れてしまいます。基本的には鉢植えがベストです。
植付け時期は5~9月間の内、梅雨時期と猛暑時期を除いた時期を
選んで植付けをします。

フェイジョアはフトモモ科の常緑果樹で、植付け時期は3月です。
寒さには強いのですが、日当たりが悪かったり風当たりが強い場所
では上手く育ちません。長期にわたる低温や霜が続くと落葉してし
まう事もあります。
1本で2~3m2のスペースが必要です。

ブラシの木に関してはデータが無いため回答出来ません。

エゴノキはエゴノキ科の落葉小高木で、12~2月の落葉期に植え
付けをします。乾燥を嫌う性質があるので、根元には光線が当たら
ない工夫が必要です。ただ天辺には光線が当たる必要があります。

シャラノキはツバキ科の落葉高木で、別名をナツツバキを言います
が、夏の名前がついていますが夏場は大の苦手で、エゴノキと同様
に根元に光線が直接当たらない工夫が必要です。
植付けは12~3月に行います。

上記に書いた事で分かるように、現時点での植付け可能な品種は、
ユーカリとソテツだけです。
真砂土のようですが、真砂土だけでは植物は生育しません。真砂土
に堆肥を混ぜて改良しない限り、どんな樹木も植物も植えられませ
ん。

植木屋さんが言われるのは一部を除いて正しいです。造園屋さんが
言われるのは間違いでしょうね。植えれば儲かりますので、商売上
で大丈夫だと言われた可能性もあります。

元造園土木の会社に勤務していた者ですが、長年の経験から説明を
させて頂こうかと思います。

まず植木屋と造園屋の意見が食い違っているようですが、どちらも
樹木に関してはプロですから、良い点や悪い点の理由を聞かれたら
言われている事が納得出来たのではありませんか。
プロが言った事は全て正しいと思い、納得してしまうと植えられる
物も植えられなくなります。
その根拠な何かを聞く事で、駄目な理由が分かるはずです。

どちらも樹木に関してはプロですが、植木屋も造園屋も業務として
は余り違いはあ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報