こんにちは。
僕はごく普通の高校3年生で、大学進学を控えています。
付属校なので、このままいけば大学には何もしなくてもいけるのですが
小さい頃から外交官や国際公務員、法律などに興味があり
アメリカの大学に留学したいと思っていました。
両親も一定の理解を示してくれています。

ただしどのようにしたらアメリカの大学にいけるのか?
まったく分からないのです。
留学エージェントみたいなものが存在するのでしょうか?
国内で英語学校に通うべきなのでしょうか?
とりあえず以下に僕の現状と疑問を箇条書きにします。

 ・成績は中くらい 立教大の付属高校の3年
 ・英語は英検2級レベル
 ・アメリカの大学に留学したい
 ・特に国際関係学に興味あり
 ・留学するならある程度レベルの高いところに行きたい
 ・でも留学準備をどこから手をつけたらいいのか分からない
 ・日本で英語学校や留学エージェントのようなものがあるか?

こんな僕ですが熱意は持っているつもりです。
なのでどなたか具体的なアドバイスを宜しくお願いします。
(あと近く米国大学機構の説明会にいってくる予定です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

留学 説明会」に関するQ&A: 長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

A 回答 (7件)

全米共通のSATかACTを受けてください。

その点で先行きがわかります。SATやACTが共通の入試のようなものだと考えてよいと思います。並み以上の大学は、ほとんど、どちらかを必要としますので。どちらも、年、数回、受けられます。

TOEFLは、あまりにも英語の点数が悪くて変なので、”外国人です”という良い訳としてのテストです。SATの英語の部分でアメリカ人並みの点数を取れれば、不要です。

並みの大学は、SAT I のみを必要とします。上位の大学ならSAT I とSAT II から1~3科目が必要がです。

TOEFLだけでOKという所、というのは、アメリカ人なら無試験で誰でも入れる下位の大学・短大(コミュニチーカレッジ)です。残念ながら。

SATは偏差値で評価されます。最高800点で、平均500点です。アイビーリーグや、他の有名大学では、平均750点取ってから、応募手続きを開始した方が良いです。私は、SAT I 英480、数680、SAT IIの数学 I は720、 数学 II は770でしたので、当然ハーバードや MIT には合格できずボストン大学(Boston University)へ行きました。

当時、いわゆる留学生で、学生ビザで入国したので、Financial Aidは皆無でした。結婚して永住権を取ってからは、Finanncial Aidに応募できるようになりました。留学生は、学生ビザを発行してもらうために、金銭的裏づけが必要です。前払いか、後で払えるという証明=銀行の残高証明を出さないとビザがもらえません。というわけで、学生ビザで滞在している学生は、アメリカの Financial Aid とは縁無き衆生です。
    • good
    • 16

exodusと申します。

アメリカの大学が応募者の合否を決める際の重要な指標は、応募者の英語力です。TOEFL CBT250点以上があるか?、SAT Reasoning TestのCritical Reading、Writingで各々500点以上あるか?です。高校3年の夏休み前までに、TOELとSATで、どこまで点数を伸ばせるかで、応募先の大学がほぼ決まります。
日本人はSAT Reasoning Testで点が取れず、名門大学への道が閉ざされているのが実情です。
    • good
    • 8

米国の国際関係大学院を卒業したものです。


質問者さんは国際公務員か外交官になりたいとのことですが、このいずれを希望するにしてもUndergraduateの留学は必要とされていません。たとえば国際公務員ですが、この職に就くための最低学位はM.A.かPh.D、それも一流大学院(国際関係のM.A.なら質問者さんの挙げているGeorgetownのMSFS、Johns HopkinsのSAIS、TuftsのFletcher、Ph.DならHarvardなどのアイビーリーグ)の学位が求められます。国際関係の学部・大学院は数多ありますが、国際機関への就職の足がかりとして通用するのは上記を含めほんの数校です。また、外交官もその試験の性質上、日本の大学に通った方が近道です。外務省に入ればそれなりの確立(5割強)で英語圏の大学院への留学はできますし。
質問者さんの現在の英語力は英検2級レベル、GPAも際立ってよいわけではなさそうですから、大学で留学するよりも、まずは国内の大学に進学して英語力とGPAの向上に努め、大学院で留学した方がいいのではないかと思います。

最後に。厳しい言い方になりますが、業者を利用して留学するようでは先々辛いです。入学に必要な情報はすべて各大学のHPに載っており、それをきちんと読めば業者を利用する必要などありません。それすらできない英語力では、留学しても右目的を実現するのに必要な学問的吸収を望むのはほぼ不可能でしょう。
    • good
    • 10

補足への回答です。



行きたい大学が決まっていて、経済的にも心配ないようでしたら、話は簡単です。その大学について念入りに調べ、留学生用のadmission requirementsを満たすよう努力するだけです。出願もすべてオンラインでできますから、志望校の公式HPを隅々まで読んでおくことは、留学の基本です。

あげられた二つの大学は確かにかなりレベルが高いです。もちろん可能性はゼロではありませんが、日本人留学生が高校から直接入学するには、それなりの努力が必要です。

高校での成績(総合GPAで判断されます。日米のサイトにGPAの出し方が書いてあると思いますが、満点は4.0で、このレベルですと、3.2~3.5以上の成績は必要になると思います)。しかし、もちろん高校の成績も重要ですが、アメリカの大学はそれだけでは判断しません。エッセイや推薦状、課外での活動なども充分考慮されます。それで成績を補えるケースもあります。

また、重要なのは英語の試験で、レベルの高い大学ですとTOEFLのほかに留学生でもSAT IやSAT II(アメリカの高校生にとってのセンター試験のような全米統一試験)の点数が要求されます。両方とも日本で教育を受けた高校生にはかなり難関ですので、この準備にはかなり時間をかける必要があると思います。(TOEFLは毎月受けられますが、SATは日本では年に4,5回しか行われない可能性もありますので、調べないといけません)

ちなみにジョージタウン大学(http://www.georgetown.edu/)の公式サイトで留学生用の出願要求は
http://www12.georgetown.edu/undergrad/admissions …
にあります。TOEFL、SATI、SATIIが必要です。

またジョージワシントン大学(http://www.gwu.edu/index.cfm)の留学生用出願については
http://gwired.gwu.edu/adm/apply/international.html
をご覧ください。やはり留学生でもTOEFLのほかにSATが要求されます。

このように、レベルの高い大学ほど留学生にもSAT(IだけだったりI,IIの両方)を要求します。これに自信がなければ、留学生にはSATを要求しない大学も多いですので、ランクを下げてもそうした大学に出願するしか無いでしょう)

高校の成績、これらの英語力のほかに自分が書く英文のエッセイ(かなり重要視されます)、高校の先生からの推薦状(1,2通)を願書と一緒に提出するのです。場合によっては、面接(電話や日本に住んでいる卒業生などとの面談に代えてもらえる場合も多い)も課せられます。

上記のことを秋~冬までにやりとげなければなりません。あなたの努力しだいだと思いますよ。
    • good
    • 0

業者を使うことは否定しませんが、進学留学の場合は、すべて自力で準備、手続きして正規留学する人もたくさんいます(もちろん可能です)。



まずは日米教育委員会のこちらのサイトを隅々まで読んでください。
http://www.fulbright.jp/study/index.html
留学準備スケジュールや、無料の定期説明会などの情報があります。
さらに本屋さんで売っている「アメリカ留学事典」などを1冊買って読んでみるのもいいでしょう。そこで、アメリカの教育制度や出願の仕組み、留学の基礎知識をある程度身につけてから、業者を使うなり、自力で準備するなりしたほうがいいです。くれぐれも何も知らない状態で業者に頼ることは避け、業者はあくまでも補助的に使うべきです。

上記サイトを読めばわかるのですが、正規留学には2通りの方法があります(どちらも充分可能です)。

(1)高3の秋にアメリカの4年制大学に直接出願する(出願時期は19月~翌年(留学する年)3,4月頃まで。大学によって異なる)。
(2)高校を出てからコミュニティーカレッジ(短大)に留学する(卒業後に進みたい4年制大学のある州のカレッジに入学する)

どちらを選ぶかは、あなたの英語力(TOEFLの点数)と学力(高校での成績)、および経済力(親の)によります。どれも充分にあるなら、(1)を選んだほうがいいです。コミカレ経由の留学は、英語力の無い日本人にとって「流行り」ではありますが、一長一短です。(上記「日米」のサイトにもその説明がありますから、読んでみてください)

なお、「米国大学機構」というのは、あくまでも「民間業者」です(公的機関ではない)ので、お間違いなく。
説明会に行くなら、「日米教育委員会」(公的機関)の行う無料説明会(6月は今週末に行われる)や相談会もはずせませんよ。
http://www.fulbright.jp/study/event/setsumei.html(東京)
http://www.fulbright.jp/study/service.html#sanka (全国)

アメリカへの留学を考えた場合に、まずとりかからなければならないのはTOEFLの勉強ですが、その説明も上記説明会で行われます。

この回答への補足

とても丁寧なご説明ありがとうございます!
夏休みなどを利用して頑張って調べてみます。
正規留学について2つの方法を教えていただきましたが、
僕の現状は

 まず経済力はなんとかなると思います。
 高校での学力は10段階で平均7.2と
 高くもなく低くもなくといったかんじです。
 TOEFLは未受験 英検は2級

です。アメリカの大学は高校の成績を重視するというのはよく聞きますが、
平均7.2はきついでしょうか?(文系はいいのですが理系で足を引っ張ってしまい…)
たとえば同じ成績でも、高校のレベルによって考慮されたりなどはあるのでしょうか?

国際関係学や政治に興味があるので東海岸の
ジョージタウンやジョージワシントンなどにとても興味があったのですが
どちらも名門中の名門ですよね…(^^;

また?だらけで申し訳ありませんが、ご回答いただけると幸いです!!

補足日時:2007/06/16 15:43
    • good
    • 0

入学時期は日本と違うから大学に入ってから考えても間に合うのじゃないですか? 情報も大学が持っていそうです。

わざわざ仲介業者儲けさせたいなら電話帳で探します。
大学も自力でなく外部の事業者(仲介業者)を利用します。

送られてきたパンフレットの「封筒が粗末」だったから不安になった人がいて(^^)利用経験者が留学の要領説明していた過去ログ(OKWAVE)もあります。

県立高校からマサチューセッツ工科大学に行った女子生徒いたときは(試験受けて合格した。おそらく日本人初です)大学の関係者が高校を訪問して教育環境調べてテレビのニュースにもなりました。
教員子弟枠で米有名大学に行き、卒業できなくても東京大学に編入学し卒業できなかったが中退で就職し、会社の金で英国大学に教員子弟枠で?行き、同期でただ1人修士取らずに帰国した女性もいました。
    • good
    • 2

普通はカレッジと呼ばれる2年生の大学に進学して、3年次に4年制大学に編入します。


日本の普通の高校からアメリカの4年生大学に直接入学するのは厳しいです。ただしアメリカの大学といってもものすごく多いですから、選ばなければどこかには入れるでしょうけど。
アメリカでは大学院に進学するのが普通なので(外交官などの専門職なら尚更)その辺りも考えたほうがいいと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国の大学の入学って簡単すぎないですか?

こんにちは、自分は今年は浪人して来年また大学受験をしようとしているものです。
この前海外進学を斡旋している業者からオーストラリア国立大学進学プログラム生の募集みたいなはがきが来て、ためしに申し込んで試験を受けたところ合格してしまいました。オーストラリア国立大学のランクをTimesのランキングで見てみたら京大よりも高いランキングでした。
結局それには参加せずに浪人することにしたんですが、いまいち納得がいかないのは今年の受験で思い知った自分の実力とそのオーストラリア国立大学のランキングのギャップです。そのランキングが難しさを表すものではないことは分かっていますが、自分は今年は早慶以下しか受かっていないので、なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのかが謎です。しかもそのテストより早稲田の英語の方が難しいものでした。
海外の進学に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

> なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのか

皆さんの仰るように、入学に対して厳しく学力レベルを管理する必要は特に無いということです。
大学を、入学時の学生のレベルで評価することは日本でもあまりないと思います。
入学する際の難易度は事細かに調べられますが。
大学とその学生の評価は普通卒業時か在学中の研究業績で評価されることでしょう。
日本の大学のような手抜き教育のオンパレードであれば、入学時と卒業時で逆転することがそれだけ少ないというだけで。
入学時偏差値30でも良いから卒業時に東大レベルでない物は卒業させない、のであれば、卒業生は東大レベルで卒業生の質は確保でき、それが大学の評価になっているということです。
入学時の平均的な学生の能力を評価した物なら、日中韓の大学はもっと高い位置に行くのではないかと思いますが、卒業時に十分伸びていないのなら、在学中の業績や卒業時の評価は得られないでしょう。

想像でしかありませんが、教員の数が違うのではないかと。
日本の大学の教員にサボり癖があるのは間違いないと思いますが、本当にきめ細かい指導ができるとは国立大学でも思えません。
日本で言うFランク大学生を入学させたところで、指導する閑がないでしょう。
まず時間的な余裕がないようです。
変な事務作業は山のようにあり、本職の研究活動もある。
その証拠に、日本人は教科書が書けません。
あるいは、やっと書いたら書きっ放しです。アメリカ人は何度も書き換えることがよくあります。間違いを訂正し、説明を工夫し、新しい情報も書き加える。
また、能力的な余裕もなく、実際に日本の大学教員の指導力は極端に低いです。
教育者として有能な者は20人に1人もいないでしょう。
(だから学生が始めから有能でなければ彼らが困るのです)
その辺りも海外のFランク学生も幅広く受け入れるような大学は何か工夫があるのかも知れません。
たとえば、教育学でも勉強しなければ教壇に立てないとか、教育の実践指導が行われるとか。あるいは単に結果だけ厳しく求め、単位を出さないのが普通になっているのかも知れません。

> なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのか

皆さんの仰るように、入学に対して厳しく学力レベルを管理する必要は特に無いということです。
大学を、入学時の学生のレベルで評価することは日本でもあまりないと思います。
入学する際の難易度は事細かに調べられますが。
大学とその学生の評価は普通卒業時か在学中の研究業績で評価されることでしょう。
日本の大学のような手抜き教育のオンパレードであれば、入学時と卒業時で逆転することがそれだけ少ないというだけで。
入学時偏差...続きを読む

Qイギリスの大学に本入学する方法

自分の中でも漠然としていて「甘い」と言われるかもしれませんが、海外(イギリス)の大学に留学、というより入学したいと思っています。(ひょっとして同じ意味でしょうか?)

インターネットでいろんなキーワードで検索してみても、中々糸口すら見えて来ないのですが、どんな些細なことでも良いので道筋などのアドバイス頂けないでしょうか?
(ここに電話をして、願書をもらって、試験はこんな感じで・・といったような感じで)
よろしくお願いします


ここから理由などについて書こうと思います(必ずしも読んで頂かなくても良いような内容です)
基本的な英語能力については、日本の高校などにおいてずば抜けたものは持っていません
海外に行ったこともなく英会話の自身も特別なく、進みたいのも社会科系です

肝心の理由については短絡的か分かりませんが、オックスフォード大学へ留学?した方の本を見て何か感動するものがあったからです
加えて日本の大学が何か浮わついていて、あまり勉強に集中出来なそうな雰囲気やイメージがあるというか・・・ちなみに日本の大学だと早稲田や筑波大学辺りを目指そうと思っていました

これから英語を始めとした洋書での勉強を始めて、どんどん英語の本も読みこんでいこうと思っています
仮にこの意思が完全に無謀な事ということで諦めることになっても、これからの普通の受験勉強とは違うもので英語などの力が余計に付くという事で良いかなと、ちょっと楽観的にも見ています
でも2~3年の浪人も覚悟です、なんでもオックスフォードに入学するネイティブの方も2~3年社会人としてやってから入る方も少なくないとかで・・もちろん自分の経緯とは全く違ってますけどね

助言の方、よろしくお願いします

自分の中でも漠然としていて「甘い」と言われるかもしれませんが、海外(イギリス)の大学に留学、というより入学したいと思っています。(ひょっとして同じ意味でしょうか?)

インターネットでいろんなキーワードで検索してみても、中々糸口すら見えて来ないのですが、どんな些細なことでも良いので道筋などのアドバイス頂けないでしょうか?
(ここに電話をして、願書をもらって、試験はこんな感じで・・といったような感じで)
よろしくお願いします


ここから理由などについて書こうと思います(必...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

高校からイギリスに行き、そのまま大学に入学した者です。
かなり前の経験なのでお役にたてるかわかりませんが、ご参考までに・・・

私の場合、高校2年生の途中で日本の高校からイギリスの6th Formに入りました。
当時、大学入学のためには6th Formで2年間学んだ上に試験を受ける「GCE A-level」
が3科目以上必要でした。私はその前段階の「GCSE(通常16歳で受ける試験)」も
並行して取得しなくてはならなかったため、A-level4科目、GCSE5科目を無理矢理
2年間で取得することになり、かなり厳しかったです。ただ、そのような「荒行」が
できたのも、私の学校が私立校で、多くても1クラスの生徒数は10名ほど、マンツー
マンでの授業も多かった、という恵まれた環境だったからなのかもしれません。

当時は、UCASという大学入試センターのような機関に願書を出せば、希望した各大学に
情報が振り分けられるというシステムで、日本のように大学ごとに願書を提出する必要は
ありませんでした。その後、各大学から「A-levelでBを3科目取れば入学可能」といった
ような条件が出され、もし試験でそれ以上の成績が取れれば合格、という流れです。

なお、オックスフォード大とケンブリッジ大(いわゆるOxbridge)は、少々特殊な
選考をしていました。通常の選考方法とは別に、大学独自の入学選考試験で入学する
ことも可能だったと記憶しています。また、両校は複数のカレッジの集合体なので、
各カレッジに申込みする形で、通常の選考でも積極的に面接を行っていました。
オックスフォードに関して言うと、書類選考で通った入学希望者はカレッジから面接に
招かれ、2泊ほど食事付きでカレッジの寮に滞在できるというなかなかの待遇でしたよ!

他の回答者の方からはイギリスの大学に対して厳しいご意見があるようですね(^_^;)
あえて私の経験の中での良い点をあげると、講義が学生と教える側が議論する形式のものが
多かったので、とてもためになったということでしょうか。単純に知識を得るというよりも、
ものの考え方や議論の仕方などを学べたような気がします。良い悪いは別として、それまで
受けてきた日本式の授業とは全く違ったので貴重な体験でした。なお、留学に向けて準備を
されるようでしたら、英文エッセーを書ける技術は身につけておいたほうがよいかと
思います。日本のような一問一答形式の試験ではないので。

他の方が指摘されたように、イギリスやイギリスの大学にもマイナス面は多く存在すると
思います。文化や考え方の違いもありますし、実際多くの留学生が途中帰国するのを見て
きました。イメージだけではなく下調べを十分にした上で判断をされたほうがよいと思います。
でも、留学は単に学問的な知識を得る以上に多くの経験ができますので、そういった摩擦も
貴重な人生経験になるのかもしれません。他の人に合わなかったものでも、halemethさん
には適していることもあるでしょうし、日本や他の国の大学に行って満足できないという
可能性だってあります。

長々と失礼しました。
いろいろ大変かとは思いますが、頑張って下さい!

こんにちは。

高校からイギリスに行き、そのまま大学に入学した者です。
かなり前の経験なのでお役にたてるかわかりませんが、ご参考までに・・・

私の場合、高校2年生の途中で日本の高校からイギリスの6th Formに入りました。
当時、大学入学のためには6th Formで2年間学んだ上に試験を受ける「GCE A-level」
が3科目以上必要でした。私はその前段階の「GCSE(通常16歳で受ける試験)」も
並行して取得しなくてはならなかったため、A-level4科目、GCSE5科目を無理矢理
2年間で取得することになり、...続きを読む

Qアメリカなどの大学は入るのは簡単で出るのが難しい?

日本の大学と比べて、アメリカの大学は、入るのは簡単で、卒業するのが難しいと聞きますが、「入るのは簡単」というのは本当でしょうか。
誰でも好きな大学に入れるのなら、大学の学生収容数には限度があるわけですから当然人気のある大学は競争率が高くなるはず。
「入るのは簡単」「誰でも入れる」とは考えられないんですが。

Aベストアンサー

アメリカ人に直接聞いたこともないので、私が留学して単に「感じた」だけの事ですが。。。

先の方も回答されているように、SATという試験を受けて、だいたいその結果によって、君はどこどこ、あなたはどこどこ・・・という具合に決まります。
日本の公立高校の入試を想像してみて下さい。
内申が○ぐらいあったらトップ校、○ぐらいだったらセカンド校・・・という感じで、大学ほど競争にならないですよね。もちろん私立などを滑り止めで受けていたらダメもとで!という場合もあるでしょうが、多くが、まず合格するというランクの公立高校を受けますよね。
(大阪だけかも知れないですが、私の頃も公立高校の倍率なんて1.0*倍とかで、1.3倍あった高校は"めちゃ高い!"という感じでした)
アメリカの大学の選抜ってそんな感じがします。

ただ日本とアメリカの大学・・・というよりは大学生の違いとして1つ言えるのは、裕福な家庭の人がバカ高い私立の大学に親の金で行く場合を除いては、ほとんどの生徒が自分のお金で大学に行きます。もちろん高校を卒業したばかりでお金がないので、多くが日本で言うローンを組んでいて、仕事をし始めて返す・・・という感じです。一般的には、大学の費用は親は出しません(だから休講なんてなったら苦情こそ言え、日本の大学生のように決して喜ぶなんてありません)。大学側でも優秀な生徒には様々な奨学金などを用意していて、無理にレベルの高い所へ行くよりも、自分が優等生でいられる学校で過ごす方が安くつく・・・とか。私の学校でも、めちゃ頭の良い人がいたのに、なんでココに来たんだろう?という生徒がいたのですが、奨学金をかなりもらっていて、彼が言うには最初の2年間だけでも学費を安くあげて、良い成績も残して○○大学に編入するんだ、という事でした(アメリカの一流と言われる大学には、学費がとても高いところが多いです)。だいたいアメリカの大学は(4年で卒業できたとして)最初の2年が教養課程で、後半2年が専門課程なので、学部を決めるのもその時点・・・という人もいます。

何だか横道それてしまいましたが、そういう現実的なお金という問題もあるからこそ、色々考えて決してレベルだけで学校を選んではいないんだと思いますし、行きたくても(払えなくて)行けない人もいますし、日本のように「みんな」が行くところでもありません。
その辺りが理由かな?と私は感じています。。。

アメリカ人に直接聞いたこともないので、私が留学して単に「感じた」だけの事ですが。。。

先の方も回答されているように、SATという試験を受けて、だいたいその結果によって、君はどこどこ、あなたはどこどこ・・・という具合に決まります。
日本の公立高校の入試を想像してみて下さい。
内申が○ぐらいあったらトップ校、○ぐらいだったらセカンド校・・・という感じで、大学ほど競争にならないですよね。もちろん私立などを滑り止めで受けていたらダメもとで!という場合もあるでしょうが、多くが、まず合格...続きを読む

Q海外の大学へ行きたいとして、どんな準備が必要?

40歳女性(子供あり独身)。
大学についていろいろ情報を集めています。突飛なシュミレーションも多々あるかと思いますが、いろんな可能性を考慮したいのでご了承願います。

高校は大学へ行くことを想定していなかったので、商業科へ進み成績は中の下。その後主婦になってから英語を再勉強し(英検準1級取得)、今大学へ行きたいと思っています。

こんな私が、当初は短大の通信部の英語科へ通うことを考えました。その後、短大卒業後夜間部の英米学科のある大学の3年に編入するビジョンもシュミレーション。

でも、そのうちだんだんと、『英語を学ぶ』ために大学へ行くのはちょっと違うかな、と思うところがあり、いっそのこと『英語を使って』大学へ行くのはどうか?という考えに至っています。ひと思いに現場へ飛んでしまえ!と。

もちろん苦労は多いと思いますが、苦労の分だけ面白さもあると思うのです。

ただ、それを実現させるには多大なる制約があり、
その制約の中で折り合いを付けられる許容範囲がある。
またさまざまな準備も必要。

そこで、海外の大学へ行く方法として、どんな可能性が自分にあるか、ご存知の方からお話を伺いたいと思います。

1、高校の成績がよくない場合、いきなり外国の大学へ入学は到底無理?(日本の大学から(一年)留学という形が経済的にも得策?)

2、お金はどのくらいかかる?(学費・生活費、準備金などかかるもの全て)

3、英語力はどのくらいつけておくべき?

4、大学では英語で専門科目を勉強するわけですが、本当に日本人がネイティブに混じって勉学にいそしむことは(やはり語学的にも)可能なのか?

5、海外の大学では勉強量が半端でないと聞くが、どのくらいすごいのか。

6、海外の大学で学ぶ日本人は何を目的としているのか?

その他、どんなアドバイスでもよいのでお願いします。

40歳女性(子供あり独身)。
大学についていろいろ情報を集めています。突飛なシュミレーションも多々あるかと思いますが、いろんな可能性を考慮したいのでご了承願います。

高校は大学へ行くことを想定していなかったので、商業科へ進み成績は中の下。その後主婦になってから英語を再勉強し(英検準1級取得)、今大学へ行きたいと思っています。

こんな私が、当初は短大の通信部の英語科へ通うことを考えました。その後、短大卒業後夜間部の英米学科のある大学の3年に編入するビジョンもシュミレーシ...続きを読む

Aベストアンサー

米国の大学を卒業したものです。以下順にお答えいたします。ご参考になれば幸いです。

1. 米国の場合、TOEFLやSATスコアなどの点が基準点以上であれば、高校の成績がそれほど問題となることは無いと思います。(奨学金を申し込んでいる場合はそれなりに影響してくると思いますが) 無理ということはありません。TOEFLスコアが悪い場合でも、補修コースを受けるという前提で入学を許可してくれたり、コミュニティカレッジを選択すれば、それほど制約無く入学することは可能だと思います。また、日本の大学から、単位を持っていくことは可能ですが、全て認められるとは限らないので、直接海外からスタートの方が良いと思います。

2. 米国の場合、私費留学であれば、年間200万から500万くらいでしょうか。学校によって学費が結構違いますので良く調べてみたほうが宜しいかと思います。もちろん、安い大学を探せば色々他にもあるでしょうし、もっと節約することも出来るでしょうし、週20時間くらいまでのバイトも認められるでしょう。

3. 英語を母国語としないのであれば、勉強しすぎということはありえません。できるだけのことをやって留学に臨んで下さい。現時点で準一級くらいの力があるならば、英語で発信する練習も重要になってくるのではないかと思います。(自分の考えを英語でまとめたり、スピーチなさったりする機会はありますか?)

4. 1年時の英語力と3年時の英語力があまり変わらなかったら、必然的に大変だと思います。また、英文学専攻の場合は、日本の場合で考えれば、いわゆる国文学専攻となりますので、古典の研究(シェイクスピアやチョーサーなど)の授業も取らなくてはならないため、ノンネイティブにとっては、厳しい環境であることには変わりありませんが、不可能でもありません。英語をツールとして何か他の事を学んでみようとするのであれば、色々な学部を調べてみたら良いのではないかと思います。結構面白そうな学部はたくさんありますし、在学途中に専攻を変えることも可能です。

5. 各専門分野のどんなことを勉強するのかにもよりますし、日本の大学がどうかは私にはわかりませんが、テスト前の勉強・授業の予習(読書量がネイティブスピーカーで無い人にはかなり大変な場合がよくあります)・欠席はほとんどなし・少人数の授業では何か質問・発言する、は当たり前です。さらに留学生の場合は、教授のオフィスに押しかけて、質問責めにする必要が出てくる場合もあるでしょう。また、リサーチの際の論文・レポートを作成するための読書量・グループでのディスカッションなどは量と質が最終的にはものを言ってきますので、大変と言えば大変ですが、時には図書館にこもりながら、一つ一つをやりきることは、経験しておいて損は無い達成感があると言って良いかも知れません。

6. 千差万別です。日本人という枠で全体的に目的はこうと定義することは難しいと思います。

米国の大学を卒業したものです。以下順にお答えいたします。ご参考になれば幸いです。

1. 米国の場合、TOEFLやSATスコアなどの点が基準点以上であれば、高校の成績がそれほど問題となることは無いと思います。(奨学金を申し込んでいる場合はそれなりに影響してくると思いますが) 無理ということはありません。TOEFLスコアが悪い場合でも、補修コースを受けるという前提で入学を許可してくれたり、コミュニティカレッジを選択すれば、それほど制約無く入学することは可能だと思います。また、日本の大学から、...続きを読む

Qちょいちょい聞く、上智の評判の悪さについて

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い
・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが)
などです。
特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。

自分は語学に興味があり、外英は上智の中では最高峰ですし
英語をやりたいならやはり上智がいいのかなぁと思っていたのですが、
外国語だけだと言われるのはやっぱり嫌だという気持ちがあるので…
(逆に、”外国語だけではない”とするとそれはどういうことですか?)
自分の専門は語学!と決めてしまえばいいのかもしれませんが、それでも気になってしまいます。

この評判は本当なのでしょうか?
できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。
卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。
上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。

 
 

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。

 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。心理学に関しても私大NO1ではないでしょうか?
 「上智は英語だけ」と考えるのは、本当の上智の姿を知らない人=上智レベルに合格できない人の意見です。上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。

 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。

 英文を勉強するには非常にいい環境です。ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。ただ、大学名で落とされることはまずありません。最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。
乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全...続きを読む

Q私立大学 後期日程は難易度が上がるの?

私立大学の後期日程は難易度があがるのでしょうか?
私は次のようなわけで、難易度が上がると思うのですが、実際はどうなんですか?
(1)一般後期を受ける人は、
 ・前期で落ちたが実力では受かるはずと再度チャレンジの人
 ・前期難易度の高いところに落ちてこの大学にレベルを落とした人
 と考えるとその募集人数の少なさも合せて 前期より難易度UP
 ではないかと思いますが、「後期はねらい目」いう意見もあります
 後期はどんな人が受けて、どうなるんでしょう?

(2)後期をセンター利用で受ける場合(センター試験後の志願)
 ・もし前期にセンター5教科で受けて落ちたなら 後期も5教科なら
  当然落ちる
 ・後期が高得点3教科など自分に有利な場合は可能性がある。
 
と考えると、前期で受けて(落ちた)どの学科より低いレベルを
志望しなくては結果がでないのでは・・・・

どなたか教えてください

Aベストアンサー

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しましたが)

センター試験利用に関しては、
前期で利用する場合、何でこれだけ取れてるのに国立行かないの?
と思うような点数を取る人達が利用していたので
うちの場合は後期のセンターは更に厳しいでしょう。
合格ラインが上がるのは一般受験と同じ。

質問者さんは日大の後期受験を悩んでおられるようですが
赤本等に後期試験の問題も載っていませんか?
載っていたらその問題を見てみて、
前期試験の傾向と難易度が大きく変わらなければ受けてみる価値はあるように思います。
もちろん、他の回答者の方も仰っているように
前期試験より多少合格は難しくなると思われますが、
第一志望であれば最後まで粘りぬくのも合格への道ではないかと思います。
また、前期試験が終わってから後期試験を視野に入れて休まず勉強を続けて来たのであれば、
前期よりは実力も上がっているのではないでしょうか。

逆に、浪人は出来ない、どうしても現役で入りたい、というのであれば
ランクを落とすのがベターかと思いますが…。
HP等に受験の倍率等は出てませんか?時々倍率(募集人数と受験者)が載っている大学もありますよ。
あくまで目安程度ですが、それも参考になります。

ただ、どう机上で計算してみても受験なんて実際に受けてみなければ結果は分かりませんから、
後期日程が重ならなければ他大学も受けてみることや(受験料は余分にかかりますが)、
受験後の予定(浪人が可能か、絶対浪人は回避しなければならないか)
も視野に入れて考える必要があるでしょう。

つらつらと書いてきましたが、私は日大は受けたことがないので、
あくまで参考程度に。

一番精神的にも体力的にも辛い時期かとは思いますが
頑張って乗り越えて下さいね。

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しまし...続きを読む

Q上智大と東京外大どちらがいいですか?

上智大外国語学部英語学科と東京外国語大学外国語学部英語学科に合格した場合、どちらに入学するか迷っています。どちらもいい点を持っているので、本当に悩んでいます。先輩方のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院レベルでの研究には資料の豊富さも鍵を握りますが、私学より国立の設備のほうが何倍も充実しています。私学の図書館で国立に負けないのは慶応大学くらいです。うろ覚えですが、上智の蔵書数は東京外語の5分の1くらいでした。図書館の建物は大きいのですが、棚はスカスカ。

こと予算にかかわる件については、私学は国立にかないません。研究職に進む場合は大きな差が出ますので要注意です。

外大卒の人をみかけないという感覚の話が引き合いに出されていますが、私は海外勤務、出張を繰り返した経験を持っており、外国に行くと外大卒に多数出会います。ただ、今どき英語はどこでも習得できますから、英語圏以外にいくと外大卒に出会う確率が格段に高くなると申しておきましょう。

一般的な企業の入社試験では、外大+上智+ICUでグループ化して評価する会社が多いのでは?ブランドで採用する会社にとってはブランドが大切でしょうが、最近は大学名にこだわらない採用も増えていますし、やはり最後は個人レベルの実力でしょ。どこを選んだとしても自分を磨くよう心がけてください。

外国語学部出身者は概して細かい作業を正確にこなすイメージがあり、よく言えばまじめだが、行動や発想のダイナミックさに欠けるところがあるかもしれません。

外大入試の2次試験に英語しか科されていないという批判については、外大は国立ですから、まず文部省の政策に従わなくてはなりません。センター試験導入後、英語以外の得点で入学する学生が増え、英語力の低下が顕著になったので、2次試験で国語、世界史などの科目の得点比率を見直すようになり、最終的に英語を最重視するようになったという歴史的経緯があります。

学生の学力の推移と合わせて評価した場合、私は現状が間違っているとは思いません。独自に好きなことができる私学とは異なりますので、制度の表面だけを見た比較は誤解を招きます。

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院...続きを読む

Q海外の大学に留学している人の日本での就職活動は?

姪っ子がアメリカの4年生大学に留学していて、今2年生です。
本人はあまり将来のことを考えず大学生活をエンジョイしてるのですが、
親(私の姉妹)は就職のことを心配しています。

普通日本の大学生だったら大学3年から就職活動を始めるときいて
あせっているようです。

海外の大学は卒業の時期も5月とかですし、就職活動をするにも遠距離
なので、日本の大学生とはいろいろズレてしまうと思います。
海外の大学を卒業されて日本で就職された方がいらっしゃいましたら、
どのような就職活動だったか、聞かせてもらえたら助かります。

(まぁ何事も本人が動かないと始まらないことですが・・・)

Aベストアンサー

こんにちは。
最近留学・日本の就職活動を終えたものです。

留学生向けの就職活動時期は大きく2つあります。
1.秋に開催される、ボストンキャリアフォーラム(世界中の留学生がボストンに向かいます)
2.初夏に東京ビックサイトで開催される2つの就職フェア

どちらも中規模から大企業まで多数の企業が参加しますし、
留学生の都合を考えて、短期間で内定を出してくれるところが多いです。
その日に複数回面接やって、その日のうちに内定くれるところも。

フェアの数カ月前からエントリーシートや履歴書等を提出し始め、面接の約束をします。
イベント当日には、約束していた面接を行ったり、
ブースで興味を持ったところに、履歴書を渡し、その場で面接の約束をしてもらったりします。

これらは短期決戦の留学生向け就職活動ですが、
もちろん日本で日本の大学生と同じように就職活動を行うことも可能です。
ただ日本の就職活動は履歴書提出から面接、内定とダラダラ長いので、
長い期間日本に戻らなくてはいけませんね。

いま2年生だとするとそれほど焦ることはないかと思います。
おそらく4年生の秋と初夏にイベントに参加するのが一般的かと思います。
もちろん、はやめはやめに行動する方が良いですが。

また、留学生の事情等を考慮して、企業側は4月入社か9月入社か、
自由に選ばせてくれるところが多いです。その辺は臨機応変に対応してくれます。
また先の方が回答されている通り、日本で最終面接のために
日本までの航空券を用意してくれるところも多いです。

留学生向け就職イベントを行っている大手のCFNとマイナビ国際派のウェブサイトをぜひご覧ください。
いつ頃、どんな活動をし始めるべきなのか等分かりやすく説明されてるので、確認いただけるかと思います。
CFN http://www.careerforum.net/?lang=J
マイナビ国際派 http://global.mynavi.jp/

ちなみに・・・
個人的な見解としては、姪っ子さんに多少、就職のことを言ってあげるといいと思います。
(がみがみ言う必要はありませんが)
イギリスで経験しましたが、欧米では新卒・既卒という枠が日本のようにはっきりしていないので、
別に仕事が見つからずに卒業しても、日本ほど問題はありません。
なので、まわりの学生がけっこうのんびりしていたりするんですよね。
「就職活動?あぁ、卒業したらやるよ」っていう人がいたりして、
その中で自分もついのんびりしてしまうという・・・

日本の関連で仕事を見つけるのであれば、「新卒」というものはとても大事なので、
軽ーくコメントしつつ、見守ってあげるのがいいかと思います。

こんにちは。
最近留学・日本の就職活動を終えたものです。

留学生向けの就職活動時期は大きく2つあります。
1.秋に開催される、ボストンキャリアフォーラム(世界中の留学生がボストンに向かいます)
2.初夏に東京ビックサイトで開催される2つの就職フェア

どちらも中規模から大企業まで多数の企業が参加しますし、
留学生の都合を考えて、短期間で内定を出してくれるところが多いです。
その日に複数回面接やって、その日のうちに内定くれるところも。

フェアの数カ月前からエントリーシートや履歴書等...続きを読む

Q東大の理1と理2の違いは?

僕は次から高1になるのですが、大学は東大の理系を考えています。
理3が医学部だということは分かっている(し、行く気はない)のですが、
理1と理2の違いがあまりはっきりしません。
学部進学の際、どのように振り分けられるのですか?
できれば具体的な人数なんかのデータがあればいいのですが・・・。

Aベストアンサー

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・医学部・工学部
↑は、それなりに人数比率も反映した順番になっていて、理1なら工・理が大部分を占めるし、理2なら農・理・薬が大部分を占めます。

ここまでいろいろ書きましたが、どちらかというと、momomoredさんには#2の集計表とにらめっこしてほしくありません。
むしろ、大学側からの「進学のためのガイダンス」(http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/guidance/H16_html/index.html)や、#2の進学振り分けの資料の中の各学部の紹介とか、あるいは、各学部のホームページ(学部ごとにホームページをもっています)を見て、できれば研究室のホームページまでチェックして、具体的に何がやりたいか、そしてそれをやるためには東京大学のあの研究室で学びたいんだ、ということをしっかりと意識することのほうが大切だと思います(それがなかなかできないわけですが…ハイ)。

あくまで#2の集計表とかは参考までにね。#2で書いたように、入ってから行きたくても行けない学部・学科なんてものはほとんどないですから(文転もありですよ)。
目標高く勉強のほうがんばってください。

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・...続きを読む

Q浪人で四谷学院か河合塾どちらが良いですか?

18歳 男性です。大阪在住。
浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。
僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。
今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。
駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。
やらないで後悔したくありません。

そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか?

今の僕の両塾の感想は
【河合塾】
・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせそう。
・実績があり、バックアップが良さそう。
・国公立コースなので、授業の内容がしっかりやってもついて行くことができるのか不安。
・テキストの質は良いと思う。
・夏の合宿や日曜対策講座などがなく、一定のペースで一週間勉強できる。
・国公立コースでも日曜は必ず休み。

【四谷学院】
・授業についていけないことにはならないと思う。
・個別指導もあるので自分の補強必要部分がわかりやすいと思う。
・あまり良い評判を聞かない。
・55段階個別指導で入試に間に合うのか疑問。
・夏の合宿や秋からは日曜対策講座もあり、日程が変則的でペースが乱れそう。
・日曜も講座があれば休みが1日もない。
・受験生でも週1日は休みが必要で、気分転換や次の一週間に向けての準備が必要だと思う。

もちろん、どちらに入ったとしても、全力でやります。
実際にどちらも説明にも見学にも行っていませんが、資料はしっかり見ました。
どちらの予備校が良いですか?
予備校経験のある方、詳しい方は特にお願いします。

18歳 男性です。大阪在住。
浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。
僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。
今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。
駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。
やらないで後悔したくありません。

そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか?

今の僕の両塾の感想は
【河合塾】
・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせ...続きを読む

Aベストアンサー

四谷学院のOBです。他で(河合ではありませんが)学費が○%引きの特待で在籍もしていました。

 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。

 大手予備校の場合、サボっていても何も言われません。四谷の場合は、55段階の時は雰囲気的にサボりにくく、結局勉強する環境になります(集団授業でもあてられることがあるので、勉強する環境になりやすいです)。特に55段階は、「自分で分かっているつもり」の箇所を徹底的に突っ込まれ、基礎が分からず、勿体ない失点を教えてくれます。
 大手は「多くの人数に良質な授業をし、その中から生き残った人間が合格」していく構造です。そのため、大手予備校のCMは環境より合格者の数字を前面に押し出しています。あれは「数字がいい=いい環境と思う=いい人材が集まりやすい」だけであり、その連鎖で数字が出ているだけです。成績がイマイチな人は予備校からすれば「数字(宣伝材料)にならないが貴重な利益貢献者」となります。その証拠に大手予備校では名門進学高校の生徒の授業料は無料が多く、普通の高校からはしっかりお金を取っています。生徒には合格の数字かお金の数字を出すようになっています。そのため、費用と授業の質を考えると(先に挙げた名門講師は難関大対策にしかいないことも考えると)優秀な受験生は非常に割安いで、そうでない生徒は(優秀な人の費用も負担していることになるので)非常に割高です。ちなみに四谷学院は解く体制度は一切ないと思います(私の時はなく、今もないでしょう)。

 あなたの目指すレベルであれば自分でしっかりやっても到達できますが、大手の場合は実績にほとんど関係ない大学なので、予備校としてのフォローも期待できません。特に大手は年間費用を一気に先に払うので、フォロー等のクレームでやめられてもお金の損失がないからです。大手予備校のテキストは情報に無駄がないものですが、白黒の(私には)使いにくいものでした。四谷は市販の参考書のようなカラフルな教科書・参考書です。

 ちなみに55段階の到達ですが、これは心配ありません。55段階全部終わらないと意味がないものではなく、最初の30~40%で出題範囲の内容は終わります。それ以降の級・段は演習形式になっており、残りの30%は早以上の人だけに必要なもので、全部終わったら「どこでも大丈夫」というカリキュラムです。私自身、英語・国語は終わらなかったものもあります。ちなみに、1時間でやれるだけやっていいので、初めのころは1時間で5級くらい進みます(秋以降は2~3級程度が多いです)。55段階の一番の目的は、範囲を網羅することと、自分が勉強したことを可視化でき、やる気が出る点です。授業を受けっぱなしの予備校だと感じにくい部分です(それを感じなくても自発的にやれる人には効果はありませんが)。
 ちなみに日曜講座や合宿に私は一切参加していません。夏季・冬季の講習はそこそこ取りましたが、通常の時期と同じかそれより少ない授業数で十分です。

 ちなみに、四谷は3月中に申し込むとその時点で55段階の指導を受けられます(今やっているかは確認してみてください、私の時はそうでした)。私は4月から通ったのでできませんでしたが、既にハンコをもらっている人がいて、「しまった」と後悔しました。評判に関しては、正直集団授業の講師の質は大手に及びません。ただ、四谷はそれ以上に学習システムがしっかりしていると思います。

四谷学院のOBです。他で(河合ではありませんが)学費が○%引きの特待で在籍もしていました。

 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。

 大手予備校の場合、サボっていて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報