貴志祐介さんの小説
「十三番目の人格 -ISOLA-」「黒い家」「天使の囀り」「クリムゾンの迷宮」「青の炎」「硝子のハンマー」
全て、現実味があって、本当に起こっても不思議ではないようなホラーだなと思いました。
ちなみに、五十嵐貴久さんの「リカ」も貴志祐介さんの作品と同じような恐怖を味わえました。
貴志祐介さんの作品全て読み終えてしまったので、このような“現実味のあるホラー”小説を教えていただきたいです。

A 回答 (2件)

雫井脩介さんの作品をおススメします。


一押しの、そして一番手に入り易そうな「火の粉」の、
アマゾンのレビューを貼っときますね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%E7%81%AB%E3%81%AE%E7%B2 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます♪
雫井脩介さんですか。 初耳です!
カスタマーレビューを読んだのですが、すごくおもしろそうな内容の本ですね!
興味がわきました。今度図書館で借りて読んでみようと思います。

お礼日時:2007/06/19 16:48

少し趣旨が違うかもしれませんが「東京伝説」というシリーズが人気があります。

ホラー物なのですがかといって幽霊や怪奇現象は一切出てこなくて、人間の狂気がもたらした現実の事件だけをひたすら集めたシリーズです。正直下手なホラーよりよっぽど怖いと思います。
よろしければ試しに一冊いかがでしょうか? 古本屋などでも入手可能だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます♪
現実の事件を集めたものなんですね。
確かに小説のホラーなんかよりは怖いかも知れませんね。
でも、どちらかというとトリックがあったりスパイスがある小説の方が好きかもしれません。笑
現実の事件は血なまぐさいものが多そうなので…
機会があれば読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/06/19 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貴志祐介さんの「新世界より」がとても面白かったです。

貴志祐介さんの「新世界より」がとても面白かったです。
読んだのは最近なのですが、こんなに面白い作品は今までにないくらいでした。

似たような内容というか、世界観というか、普通の世界ではない設定の本を読みたいと思っています。
お勧めがありましたら教えて下さい。

ちなみに、スターウォーズのようなバリバリのSF設定のものや、
携帯小説のような軽いものはあまり読みません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「風の中のマリア」(百田尚樹・講談社)たたかうために生まれたきたマリアの一生を描いた物語です。今までとは違う視点での物語を楽しめるのではないかと思います。

Q「貴志祐介」さんの、次作の出版予定は?

硝子のハンマー以来、単行本は出ていないと思うのですが、
新しい作品が読みたいです。
次の出版予定はあるのでしょうか?
今、雑誌に連載などされているのでしょうか?
何か情報、ご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

次回作、連載などは分かりませんが

角川書店「野生時代 2月号」に「黒い牙」と言う短編小説が掲載されています。

http://www.kadokawa.co.jp/sp/200310-02/20070112.html

Q貴志祐介さんのおすすめ

ミステリーが好きで東野圭吾さん、宮部みゆきさん、岡島二人さんの本をよく読んでいます。

貴志祐介さんの本は、青の炎、硝子のハンマーを読みました。また、新世界よりは現在読んでいる途中です。
他の貴志さんの作品も読みたいのですが、ホラーに分類されているものが多いためちょっと躊躇してしまいます。というのも、とても怖がりなのでホラーは読めそうにありません。
こんな怖がりな私でも読めそうな貴志さんの作品はどれでしょうか?

Aベストアンサー

貴志祐介、面白いですね。

「黒い家」は泣きたくなるほど怖いホラーですが
「天使の囀り」はホラーというよりサスペンスSFとでも呼んだほうがしっくりくる感じです。面白いですよ。
「クリムゾンの迷宮」も不条理ゲーム小説なんて命名したい不思議な作品です。
「十三番目の人格 -ISOLA-」は個人的にはイマイチでした。

Q貴志祐介

黒い家読んだのは確か数十年くらい?久しぶりに貴志の作品分厚い単行本『悪の教典』を読み終えたところです。前半はパッとしなかったものの、最後は貴志ワールドに見事ハマりました。彼の作品はこのご時世二冊しか読んでないので、お勧めあったら教えてください。

Aベストアンサー

確かに「悪の教典」の上巻は貴志さんらしく有りませんでしたね。

個人的には、「青の炎」も好きですが、やはり貴志さんらしく有りません。

「硝子のハンマー」と「狐火の家 」も好みの分かれる所だと思います。


お勧めは、

ISOLA―十三番目の人格(ペルソナ) ・・・一番最初に読み、次に「黒い家」を読みました。

天使の囀り

新世界より

クリムゾンの迷宮

結局数少ないので発行年月の古い順に読まれては如何でしょう。

Q貴志祐介さんの作品のような…

貴志祐介さんの小説
「十三番目の人格 -ISOLA-」「黒い家」「天使の囀り」「クリムゾンの迷宮」「青の炎」「硝子のハンマー」
全て、現実味があって、本当に起こっても不思議ではないようなホラーだなと思いました。
ちなみに、五十嵐貴久さんの「リカ」も貴志祐介さんの作品と同じような恐怖を味わえました。
貴志祐介さんの作品全て読み終えてしまったので、このような“現実味のあるホラー”小説を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

雫井脩介さんの作品をおススメします。
一押しの、そして一番手に入り易そうな「火の粉」の、
アマゾンのレビューを貼っときますね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%E7%81%AB%E3%81%AE%E7%B2%89-%E9%9B%AB%E4%BA%95-%E8%84%A9%E4%BB%8B/dp/434440551X

Q「黒後家蜘蛛の会」文庫本未収録作品について

アイザック・アシモフの推理シリーズ『黒後家蜘蛛の会』は、創元推理文庫から現在5巻まで出されています。カバー折り返しのところも「既刊5巻」であって「全5巻」ではありません。
どうやら、まだ文庫本に収録されていない作品があるようなのですが、その作品を教えていただけないでしょうか。掲載誌などもわかれば幸いです。また、それがもしどこかで訳出されていたら、そこまで教えていただけるとたいへん有り難いです。

Aベストアンサー

私もこの話題には興味があるので検索してみました。
『黒後家蜘蛛の会 5』の原著であるPuzzles of the Black Widowers以後は以下の作品があるようです。
日本語になっているかはまだ調べていません。
それにしても良いサイトがあるものですね。

Northwestward
First Published In: The Further Adventures of Batman, Martin H. Greenberg, ed. Bantam Books, Jul 1989, pp. 247-265
Reprinted In: Alfred Hitchcock's Mystery Magazine, April 1990, pp. 97-111
Collection: Magic
Anthologies: Tales of the Batman, Martin H. Greenberg, ed. MJF Books, 1995, pp. 103-122

Yes, But Why?
First Published In: The Armchair Detective, Spring 1990, pp. 132-141
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

Lost in a Space Warp
First Published In: Ellery Queen's Mystery Magazine, March 1990, pp. 81-93
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

Police at the Door
First Published In: Ellery Queen's Mystery Magazine, June 1990, pp. 137-150
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

The Haunted Cabin
First Published In: Ellery Queen's Mystery Magazine, October 1990, pp. 52-64
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

The Guest's Guest
First Published In: Ellery Queen's Mystery Magazine, August 1991, pp. 102-112
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

参考URL:http://www.clark.net/pub/edseiler/WWW/short_fiction_bw_index.html

私もこの話題には興味があるので検索してみました。
『黒後家蜘蛛の会 5』の原著であるPuzzles of the Black Widowers以後は以下の作品があるようです。
日本語になっているかはまだ調べていません。
それにしても良いサイトがあるものですね。

Northwestward
First Published In: The Further Adventures of Batman, Martin H. Greenberg, ed. Bantam Books, Jul 1989, pp. 247-265
Reprinted In: Alfred Hitchcock's Mystery Magazine, April 1990, pp. 97-111
Collection: Magic
Anthologies: T...続きを読む

Q人間が一番怖いって思う小説教えてください。井上夢人さんや、貴志祐介さんが好きです。

人間が一番怖いって思う小説教えてください。井上夢人さんや、貴志祐介さんが好きです。

Aベストアンサー

後味は悪いけれど、横溝正史の「悪魔がきたりて笛を吹く」は如何?

黒い家が楽しめるなら、読みこなせるかと存じ上げます。

Q東野圭吾さんの作品で、周りくどい余談が少なく展開の速い作品を教えて下さ

東野圭吾さんの作品で、周りくどい余談が少なく展開の速い作品を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちわ。
書いた感想文を読み返しながら考えてみました。

1.「レイクサイド」
比較的短い話で、内容も分かりやすかったので、お勧めです。

2.「手紙」
ラストは感動もので、周りくどくない、すっきりした小説だと思います。

3.「放課後」
彼のデビュー作です。
上の2つに比べると、ひねってある部分はありますが、おもしろいし、難しくはないです。

あとは、短編集はいかがでしょうか。
ガリレオシリーズの3つ「探偵ガリレオ」「予知夢」「容疑者Xの献身」がいいと思います。

Qおすすめの小説はありますか?因みに貴志祐介さんと宮部みゆきさんの作品が好きです。 なるべく他の作家さ

おすすめの小説はありますか?因みに貴志祐介さんと宮部みゆきさんの作品が好きです。 なるべく他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

百田尚樹さんは貴志祐介さんや宮部みゆきさんと若干似ている気がします。

私はたまたま手にとった本がおもしろかったことが多いです。本屋さんに行ってみたらいかがですか?
好みが見つかるかもしれませんε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

個人的なお勧めは「あん」です。読んだことが有りましたらすみません(。>A<。)
ファンタジーでは上橋菜穂子さんが大好きです!
海外の小説もおもしろいです。ユーモアと表現力が豊かなので楽しく読めると思います。

Q湊川理恵さん(BL作家さん)の作品

こんにちは。よろしくお願いします。
湊川理恵さん(BL作家さん、角川ルビー文庫等で過去に出版されてます)の作品が大好きで、読みたくて探しています。

特に「春ちゃんシリーズ」が読みたいです。
文庫本で出版された三冊(春いちばん、秋色の女神、クリスマス・ラブ)と、もう一冊(作家さんの話)は購入済みです
角川書店のHPでみても、それ以降の作品は出版されていないようなんですが、もう春ちゃんシリーズはこれで終わりなんでしょうか?
それとも文庫本化されずに、どこかの商業誌でご活躍なさってるんでしょうか?

少しでも情報をお持ちの方、よろしくお願いいたします。
もちろん他の作品の情報もお待ちしております。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も春ちゃんシリーズ、第一巻を図書館で借りて読んだことがあります。
なので図書館のインターネットOPACで調べてみましたが、この方の作品は1999年~2000年にかけてしか出版されていないみたいです。


【ちなみに、以下が出版本】
春いちばん/角川ルビー文庫
秋色の女神/角川ルビー文庫
クリスマス・ラブ/角川ルビー文庫
キスがご褒美/角川ルビー文庫
素直になれなくて/クリスタル文庫


Googleでこの作家さんの名前を検索してみましたが、ほとんどありませんね。
多分、今は商業誌活躍されていないのではないでしょうか?
雑誌で商業誌活動されているのであれば、何件かヒットさせるはずですので・・・。
もしかしたら作家名を変えて活躍されているとも考えられますが(だたの推測でしかありません)、湊川理恵さんについては作品数も少なく良く分からないのが現状です。

春ちゃんシリーズの方は直接出版者様に問い合わせてはいかがでしょうか?
情報らしい情報でなく申し訳ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報