人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

江戸時代とかは、牛肉を食べなかったと聞きます。その理由は「宗教的理由」と聞きますが、その感覚・気持ちとは、どんなものなんでしょうか?
今の日本では犬を食べませんよね。かわいいパートナーが死んだら、それを食べようなんて思うわけがないですよね。
江戸時代、牛を食べなかったというのは、「かわいい農作業パートナー『牛の花子』を、死んだからといって食べれるわけないじゃないか」という気持ちからじゃないかなあと私は想像するんですが、実際はいったいどうなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

質問者様の提示された


「かわいい農作業パートナー『牛の花子』を、死んだからといって食べれるわけないじゃないか」
は当たらずとも遠からじ、と言ったところでしょう。

1. 牛を美味しい食肉にするには、あまり古く(年寄り)にならないうちに屠殺しなければなりません。即ち、「かわいい農作業パートナー『牛の花子』が年取って病死してから」では遅いのです。
現在、病死した家畜は、法律で食肉にすることを厳しく禁じられています。食べると危険だからです。
実際、「狂牛病」が発生したのは、病死して焼却処分するしかない(一円にもならず、逆に処分コストがかかる)ウシの肉や骨をウシの飼料原料にし、それを食べたウシがまた病死して…というサイクルによるものと言われています。
(病死したウシの肉がひき肉とかに混じっているとか言う「噂」もありますが、法律上は決してありえないことです)

2. 牛は力が強く、怒ればヒトを殺せる動物です。元気な状態の牛を殺すのは、大した道具も持たない農民の手に余ることです。さらに、殺した牛をさばいて食肉にするのは、専門技術と相応の設備がなければ不可能でしょう。江戸時代には冷蔵庫も冷凍庫も氷もドライアイスもありません。屠殺した牛の肉は、速やかに骨格から分離して味噌漬け・塩漬けにしたり燻製にしたりしなければ直ちに腐って単なるゴミになってしまいます。一般の農民に、「速やかな屠殺・解体・加工」は到底不可能です。

例えばウサギなら、
「簡単に殺せ」「流れる血もたかが知れており」「骨からの分離も簡単」「肉は一日の食事で消費できる程度の量」です。それに対し、小型でも100キロを優に越す牛は、素人の農民が食肉に加工できる代物ではありません。

3. 江戸時代、牛の人工繁殖の技術がどのくらいあったのか、農耕用や運送用の牛がどのように供給されていたのか私は知りません。日本の場合、食肉用としての需要も酪農用としての需要もなかった以上、メス牛、オス牛のいずれも役に立ちます。よって、「扱いやすい子牛のうちに殺して食肉にする」発想もあまりなかったでしょう。

4. 私の想像ですが、「かわいい農作業パートナー『牛の花子』」が病死した後、「専門技術を持つ集団」に「花子」の死体を引き取ってもらい、その集団がその死体を解体して牛革を作ることはあったでしょう。ウシの死体を処分するだけで大変なことですから。江戸時代のウシの役牛以外としての利用は、彦根藩の例外を除いてその程度だったと思われます。
(この辺、被差別民の問題が絡むので扱いにくくなるのですが)
    • good
    • 0

えーと・・・質問の根底を崩すようで申し訳ないのですが・・・


江戸時代、日本人は肉を食べていました。肉屋だって存在していました。
たとえば、仙台(牛タンで有名ですね)には、江戸初期の牛肉料理のレシピが資料として伝わっていますし、「ももんじい屋」が江戸にも存在しており肉を売っていた記録も残っています。
ただ、現在みたいな状態かというとそうではなく、都市部での肉屋はどちらかといえば精強剤(つまり薬)的な感じで食べられていました。
また、もうひとつ肉食があったことを裏付ける話があります。仏教の宗派に一向宗(現在の浄土真宗大谷派もしくは本願寺派)というのがあり、戦国時代に広まり、(武力的にも政治的にも)大名以上の力を持ったとんでもない勢力でした(ただし、一向宗自体は信長が弾圧して後に勢力は衰退します)。
この宗派は、ほかの仏教と違って「妻帯」が許可されています(つまり結婚してよいし子も作ってよい。事実、本願寺の教祖は世襲でした)。もうひとつ大きなもので、「肉食」が許可されています。
2つとも、おそらく信徒獲得の方針なのでしょうが、これがどういうことかといえば・・・簡単です、肉食の習慣が(少なくとも地方では)存在していたことがわかります(そもそも、習慣があるからこそ「許可」なわけです。なかったらそもそも許可する前提がない)。
また、宗教的なことをよく言われるのですが・・・ちょっと考えてみればわかりますが、日本の(一向宗とかを除いた普通の)仏教では、そもそも生臭はすべて禁忌です。つまり魚もだめです。しかし日本人は魚は普通に食べています。つまるところ宗教的な理由は弱いといわざるを得ないでしょう。

ただ、大々的に食べられていなかったのは確かで、これはやはり、日本の風土的なものが大きいでしょう。
日本は、平野が少なく山地が多いため、根本的に酪農に向かない地域であるといえます。そのため、主要家畜で広い牧草地が必要な牛羊については生産力が低く、たとえ地方であっても、当然ながら都市部などでは、とても安定供給には結びつかなかったと考えられます。

また、万人に好まれていたかといえばやはりそうでもありません。「楊貴妃は きれいな顔して 豚を食い」という川柳が残されており、獣食いがそれなりに嫌われた風習であることがわかります。しかし、今だって(サンショウウオとか蛇とかが)ゲテモノなんて呼ばれて食べられていて、それが商業として成り立つわけですから、肉食も、ある程度の人に嫌われている中ではありますが、しっかり成り立つ世界であったと考えられます。
    • good
    • 0

仏教の影響と、牛馬は貴重な労働力、運搬手段であり人間の役にたっていたからです。


人間は自分より大型の動物には食欲をもたないという習性も影響しているかも知れません。

牛馬の解体はそれを業とする人達(被差別人)であったので、汚れの考えもあったのでしょう。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>人間は自分より大型の動物には食欲をもたないという習性も影響しているかも知れません。

そうなんですか。ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/18 21:57

仏教という宗教上の戒律のためと、江戸幕府の政策で、「けものを扱うのは、汚れた人たち」という、意識を植え付けさせたためだと思います。


イノシシは、「山くじら」うさぎは、一羽、二羽と数えるから、けものではないという逃げ道は、あったと思います。
牛は、なつくわけでもないですし、犬のようにかわいいという感情は、湧きにくいと思います。
秀吉が行った兵糧攻めでは、牛馬はおろか、人間も食べたといわれていますから、空腹の前には、倫理もふっとぶということでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。牛くんは、あんまりなついてくれないんですか。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/18 21:55

仏教の影響です。


四足の動物を食べると、後生に祟るというのがあったと思います。
迷信深かった当時のこと、影響は大きかったと思います。
犬に関しては、日本の一部でもよく食べるという話が本に出ています。
牛や馬に関しては、労働力としての働きが、より期待されてのことです。
食肉用としてはウサギのほうが有名であり、「一羽、二羽」という数え方も、耳等から、鳥と見立てて食していた名残です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですよね。仏教の影響が大きかったんだろうとは思います。
でも、「昔のひとは、そんなにも迷信深かったのかな?」と、少し疑問に思ってしまって。

お礼日時:2007/06/18 21:52

とりあえず。



肉食 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%89%E9%A3%9F
肉食 - 知泉Wiki
http://www.tisen.jp/tisenwiki/?%C6%F9%BF%A9


どんな世の中でも隠れて食べる人はいたようです。

まあ、飢饉になったら馬だろうが牛だろうが人間(!)だろうが食べていたということですから...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に興味深いお話です。ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 21:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平安時代の乗り物はどうして牛車

源氏物語などを読むと、
平安時代の貴族の一般的な乗り物は牛車のようです。
どうして馬車を利用しないのでしょうか?
牛など遅すぎますし、よだればかりたらしていて美的ではないです。
当時の馬にパワーがなかったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、現在「馬」と聞いて思い浮かべるサラブレッドは、昔の日本にはいませんでした。
昔はもっとずんぐりした馬でした。
昔の武士が乗っていたのは、そういうずんぐりした馬だったのです。
でも、パワーはすごいですよ。
力仕事をさせるための馬ですから。
今でも、北海道のどこかでその馬を使った馬そりレースをやっています。

それでは素人ながら質問にお答えさせていただきます。

牛車と馬車のスピードの違いですが、確かに舗装した平坦な道路で競争したら、馬車の方が速いだろうと思います。

でも、昔の道は未舗装なんですよ。
よく映画なんかで、馬車がすごいスピードで走るシーンがありますが、実際に未舗装の道であんなふうに馬車を走らせるのはほぼ無理だろうと思います。
あっという間に車輪がこわれるんじゃないでしょうか。車輪は木製ですよ。
車輪が壊れなくても、乗っている人は天井やら壁やらにぶつかってあざだらけになると思いますよ。
乗っている人がゆったりあざを作らずにのるのなら、牛が引いても馬が引いても速度的には変わらなかったのではないでしょうか?

それと、もう一つ重要なことは、
貴族は先を急いでせかせかしたりしないものです。
牛が引こうが馬が引こうが、ゆったり優雅に移動できればいいのです。

そういう意味で、馬の荒っぽい動きより、牛のゆったりした動きの方が、平安貴族の美意識に合っていたのかもしれませんね。

あと、質問者さん、牛を引っ張ったことありますか?
すごい力ですよ。
日本では、ほんの数十年前まで、牛に農機具を引かせて畑や田んぼを耕していたんですよ。
昔は農家には必ず牛がいて、農作業をしたり荷物を運んだりして活躍していました。今のトラクター・トラック・乗用車、全ての役をしていたんですね。
牛は、農家の何より大切な財産だったし、今でも世界各地の農地で働いています。
パワー的には昔の馬にもまったく劣らないのではないのでしょうか。

というわけです。

まず、現在「馬」と聞いて思い浮かべるサラブレッドは、昔の日本にはいませんでした。
昔はもっとずんぐりした馬でした。
昔の武士が乗っていたのは、そういうずんぐりした馬だったのです。
でも、パワーはすごいですよ。
力仕事をさせるための馬ですから。
今でも、北海道のどこかでその馬を使った馬そりレースをやっています。

それでは素人ながら質問にお答えさせていただきます。

牛車と馬車のスピードの違いですが、確かに舗装した平坦な道路で競争したら、馬車の方が速いだろうと思います。

...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q男性に質問します。男性は、何歳位まで、射精出来ますか?教えてください。

男性に質問します。男性は、何歳位まで、射精出来ますか?教えてください。精子は何歳位まで精液の中にできますか?その精子は、受精できますか?教えて下さい。亜鉛を飲むと良いと聞きましたが、、、教えて下さい。

Aベストアンサー

艶福家(平たく言うと浮気が激しい男)の父親を持つ娘です。

子供の頃、母親が、精力が強すぎることを良くこぼしてました。浮気もそういう面でやむなしということです。
その母が、最近旦那があっちが弱ってきた、今度は惜しそうに?こぼしてきます(笑)
どうやら、70の坂を越えたあたりから、毎晩とか週3日とかはいかなくなったような話しで、まだまだ元気なのだと驚きました。

俳優の加山雄三さんのお父さんが高齢で再婚、お子さんができたのも有名な話しですよ。確か、72歳くらいだった。


人気Q&Aランキング