現在、RC3階建ての建設中で基礎のコンクリート打設が終わった段階です。
この建物の3階部分の一部がバルコニーとして建築確認申請がされているエリアがあるのですが、そこを居室に変更したいと考えております。
そのエリアの3階居室との区切りは、床から天井まで強化ガラスで区切られており、外との境は1方向にルーバーがはまる予定です。
床は金属グレーチングです。
変更したいのは、
(1)居室との区切りの強化ガラス壁の廃止
(2)床の金属グレーチングをコンクリート(普通の居室の床)に変更。
(3)外との境界のルーバーを窓ガラスに変更。

素人の私が調べた限りでも、通風採光計算のやり直し、構造計算
のやり直し、床面積が増えるので軽微な変更届けではなく計画変更確認申請が必要と、かなりハードルが高そうな気がします。
基礎も終わったような段階で、設計士さんにこのような大変更をお願い
するのは一般的に無茶なお願いでしょうか?
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

質問の後半について回答が無いようなので追加です.


(今回の変更が法的基準を満たしているという前提でお話します)

変更申請そのものは、要は建築確認申請と同じ作業ですから
粛々と作業すればどうってこと無いです.ただし、
・意匠上の修正作業
(取って付けたような変更は、やはり意匠設計者はやりたくないです)
・基準法への適合(書かれているような面積計算等々)
・構造再計算
・場合によっては設備計画の再検討
・確認検査機関への協議、申請(申請料必要です)
この辺りは発生するので、設計料の追加についてはある程度留意下さい.
あと、行政によっては
「建築基準法第12条第5項の規定による報告」
というのが6/20までの措置として発生します.
#これ、あまり周知されていないので私は非常に問題だと思っています.
#要は行政に変更の内容説明をしなさいということです.
    • good
    • 0

みなさん設計の立場からの回答ですが、私は施工の立場から。



構造計算をやり直して、杭を打ち増しするようならやめた方がいいです。
(RC3階なら杭打ってますよね?)
重機で施工可能な地盤の復旧、重機の再搬入、基礎の打ち直し等、
お金と工期がかかりすぎます。
    • good
    • 0

ちょっと待ってください.


基礎工事は終わってるんですよね.
改正法の適用は6/20時点以降の着工物件では?
私は質問を読む限り、変更申請で対応可能性ありと判断しましたが.
(変更後に法基準を満たすことが出来れば、ですが)

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/kenshi/kikaku/h18kaisei …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
設計士さんと役所にも確認してみました。

お礼日時:2007/06/18 19:30

#3です!追加の質問にお答えします。


軽微な変更は可能か?
6月20日以降は、図面などの訂正及び差し替えが出来ません。
変更が生ずる場合は、軽微であっても全て計画変更届の対象となります。
また変更の内容によっては、いったん建築確認申請を取り下げして、図面などを修正後に再度、建築確認申請する事になります。
たとえ今回軽微な設計変更をしていても、完了検査で確認申請許可された図面と相違があると検査済証は、発行されません。
質問の建築設計士さんの認識が甘いですね。
再度言いますが、設計士さんとよく相談、協議しておこなうようにしてください。
今後は、着工から中間検査、完了検査まで、設計変更が生じないように計画を進めなくてはなりません。
余計なお金が計画変更申請する度にかかります。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。
設計士さんに確認してみました。
着工が6月20日以前の場合には、軽微な変更のみならず
これまでどおり計画変更確認申請を以前の法基準で行う
事ができて、検査済み証も発行されるとの返事でした。
6月20日以降の着工はおっしゃるとおりのようですね。
念のため建築指導科にも確認してみました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 19:30

北国の設計屋さんです。


6月20日から建築基準法が改正され、法律が施行されます。
貴方の質問文を読みますと、新建築基準法の手続上かなり難しいです。
計画変更は、無理です。
工事を中止して、建築確認申請許可を取り下げして、再設計して、再度建築確認申請を提出しなくてはなりません。
また基礎工事も終わっている状態なので、行政側と協議も必要です。
再設計ともなれば、費用的にかなり割増となるでしょう。
せっかく造った基礎も壊さなくてはなりません。
質問文の建物構造と規模からみると、貴方様の建てられている建物は、構造計算適合性判定をおこなわなくてはならない建物です。
手数料は、床面積500平方メートル以内で199,000円、確認申請手数料に加算されます。
また、今回の改正により罰則も厳しくなりました。
罰則は、禁固刑1年、罰金100万円となります。
予算的に厳しいとなると今回の変更は、諦めるしかありません。
良く、設計者さんと施行業者さんと相談しましょう。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御返答ありがとうございます。
そういえば依頼している設計士さんも、6月20日の法改正の事を言っていました。
法律の施行以降に提出された建築確認申請についての適用だと思って
いたので気にしていませんでしたが、そうでないのならおっしゃるよう
に不可能でしょうね。
ただ、軽微な変更は可能なのでしょうか?
すでにいくつかの軽微な変更はしていますが、頼んでいる設計士さんは
特に気にしているようでもなかったものですから。

お礼日時:2007/06/18 13:23

 お金と工期次第ですね。


 基礎まで進んでいてもギリギリの計算をしていなければ、問題なさそうに読めます。ただ、型枠加工などにもう取り掛かってしまっているかも知れませんので、お金は設計料と材料費だけでは足りないでしょ。
 また、工期ですが、2ヶ月以上延びるのは覚悟してください。図面作成と計算しなおしと役所の検査中は工事をとめなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
設計士さんと検討してみます。

お礼日時:2007/06/18 13:11

設計事務所が入っているのでしたら、遠慮無くしたいことを言ってみてください。

出来るかどうかは分かりませんが普通の設計事務なら検討して見てくれます。勿論、構造的、法規的にOKなら、(基礎まで出来ているのなら、難しそうですが)確認申請の出し直しになるかもしれません。勿論、取り決めの設計料の他に追加料金は発生します。(構造計算もやり直しになりますので)後、当たり前ですが工期の延長と施工金額のアップは覚悟しないといけませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
設計士さんと検討してみます。

お礼日時:2007/06/18 13:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築確認申請について質問なんですが、自営業、一人親方で大工をやっているのですが、80㎡ほどのデッキと

建築確認申請について質問なんですが、自営業、一人親方で大工をやっているのですが、80㎡ほどのデッキとパーゴラをつくるのですが建築士などの資格はないのですが確認申請をするにはどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

都市計画無指定地域ってことは都市計画区域内って事ですよね。
まぁこれは置いといて、パーゴラと記載してますが一般の住宅での設置で且つ屋根は無いと解釈して宜しいでしょうか?
であればですが屋根がなければ屋内的用途に使えないので建築物ではありません。
高さが4mを超えず広告など上げなければ工作物にも当たりません。
従って建築確認申請は不要と考えます。
詳しくはお住まいの地域の役所担当課なり民間確認検査機関にお問い合わせください。
尚、建築士法では設計者の条件として第3条の3に規定がありますので併せて参照下さい。

Q改装工事でRC壁をコンクリートブロック積に変更するのに確認申請は必要ですか

既存の鉄骨2階建建築物の主要な構造部分は変更しないで店舗から事務所に改修工事を行います。その際外壁の一部分のRC壁を撤去し、コンクリートブロック積にして新たに建具を取り付ける計画をしようとしているのですが、これは確認申請を必要とする事例にあたるのでしょうか。もしくは申請を必要としない軽微な変更になるのでしょうか。未熟者で申し訳ないのですが、回答宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

外壁に関して
模様替えする部分が、全体の半分以上なら
大規模の模様替に該当し、
確認申請が必要になると思われます。

用途変更に関して
店舗→事務所なら 
法第87条に該当せず、確認不要かと思われます。

まぁ
行政への確認は必須ですが。。

Q建築確認申請後に筋交い位置を変更。問題はないの?

在来木造建築2階建てです。
実は気になっていることがあります。
建築確認申請後に、筋交い位置を変更しました。
それと屋根裏収納の天井入口の位置を45cmずらしました。

将来リフォームでドアを付けるかもしれない位置に筋交いを入れないように言っていたのに入っていた為、修正。
筋交いの位置を記した図面は建築確認申請後に見せられたので、私の落ち度ではありません。

ちなみに筋交い(45x90)の位置変更は、隣にスライドして90cmずらした形です。(場所は2階部分です)

変更の際、担当者(建築士の資格はない)が建築士に確認して、強度に問題ないので変更可能です、と言われました。
後日ちゃんと1級建築士の名前も番号?も入っていて、筋交い位置変更、屋根裏収納の天井入口の位置変更をした旨のコメントも入った訂正された図面も貰いました。
ちなみに担当者には、確認申請しなおしの必要はないといわれました。

ただ、気になるのは、建築確認申請したものと違うので、構造計算も変わってきているのではないか?本当に大丈夫なのか?です。

そもそも、建築確認申請には筋交いの位置まで申請するものなのでしょうか?

このままで、何か問題があるでしょうか?
どうか専門の方のアドバイスをお願いいたします。

在来木造建築2階建てです。
実は気になっていることがあります。
建築確認申請後に、筋交い位置を変更しました。
それと屋根裏収納の天井入口の位置を45cmずらしました。

将来リフォームでドアを付けるかもしれない位置に筋交いを入れないように言っていたのに入っていた為、修正。
筋交いの位置を記した図面は建築確認申請後に見せられたので、私の落ち度ではありません。

ちなみに筋交い(45x90)の位置変更は、隣にスライドして90cmずらした形です。(場所は2階部分です)

変更の...続きを読む

Aベストアンサー

木造2階で建築士が設計する住宅ならおそらく4号物件という範囲の建物で、確認申請では特例があります。耐力壁計算や採光計算は検査機関が審査することなく、設計した建築士の判断に任されます。

入り口を変更しただけで面積は変わっていませんね。(確認まで)
その二つだけなら変更申請の必要はありません。

それでも、申請図面に筋交くらいはかくでしょうから完了検査をするときに「軽微な変更」の欄に筋交と入り口の変更を必ず記入してもらい直した平面図を添付してもらうように約束してもらいましょう。「残る書類だから」といえばやってくれるでしょう。

ご自分も変更後の図面ももらったのなら、ついでに耐力壁計算のやり直したものも欲しい。といってみましょう。「軸組み計算書(必要量を有効量が満たしているか)」「筋交のバランス(左右バランスがよくOKが出ているか)」「偏心率の計算(15%以下)」この3つをもらっておけば計算しなおしてくれたという安心がありますよね。

Qコンクリートの打設回数が2回の時、2回目の打設時期について

コンクリートの打設回数が2回の時、2回目の打設時期について
 逆T字型の構造物のコンクリート打設は水平部を打設し、その後垂直部を打設します。
水平部を打設した翌日に垂直部を打設して良いのでしょうか?
水平部の強度、養生等は考えなくて、良いのでしょうか?
 また、文献、文書等に、明記された物があるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

1.本来は浮き型枠として水平部打ち込み、時間を置いて上部を打ち込むのが良い。

  時間を置くのはコンクリ-トに含まれる気泡などが充分抜けるのを待って次工程のコンクリートを
  打設し、品質の確保を行う。
  上部の高さが高い場合は、コンクリートの流出などで困難、1m程度ならばOK
  ・良い点は、一体構造となる。打ち継ぎ目の弱点が出ない。工程の短縮化とコストダウン
  (連続で大工さんが型枠を組める、コンクリート打ちで労務機材が1日で完了する)
  ・短所は、浮き型枠に増加費がかかること。技量のある職長、大工、監理技術者がいるかどうか。
  ・但し、規定はない。

2.翌日、打設してもなんら問題ない。

  但し、打ち継ぎ目の充分なケレンが必要。場合によっては、樹脂系接着剤を塗布。
  強度は、15時に水平部打ち込み完了、翌日、13時打ち始め、22時間経過しているため、1平方セ
  ンチ当たり30kg~50kgの強度が発生、10cm*10cm=100センチ平米につき、30kgセン
  チ平方*100平方センチ=3000kg、安全を見て三分の一1000kgまでOk、従って翌日、のコン
  クリート打設、動荷重、作業荷重に対して問題はない。
  通常、実施している。

3、T型など、壁1mから上のスラブへは、通常連続(一体打ち込み)を推奨している。
  但し、壁上部で休憩など時間を置くこと(コンクリートの沈下など)が品質確保で必要である。

1.本来は浮き型枠として水平部打ち込み、時間を置いて上部を打ち込むのが良い。

  時間を置くのはコンクリ-トに含まれる気泡などが充分抜けるのを待って次工程のコンクリートを
  打設し、品質の確保を行う。
  上部の高さが高い場合は、コンクリートの流出などで困難、1m程度ならばOK
  ・良い点は、一体構造となる。打ち継ぎ目の弱点が出ない。工程の短縮化とコストダウン
  (連続で大工さんが型枠を組める、コンクリート打ちで労務機材が1日で完了する)
  ・短所は、浮き型枠に増加費がかかる...続きを読む

Q建築確認申請費用と設計費用

建築士を別に雇った場合、設計監理費用を払いますが、その中には何が含まれているのでしょうか? 建築確認申請の費用など、設計に携わる費用は全部含まれているのですか?一般的にいう設計関係の費用(本体の10~15%くらいだと思いますが)どこまで含まれているのでしょうか? また普通の30坪くらいの住宅で、建築確認一般の費用はいくらくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

ケースバイケースだと思いますが、入ってる場合が多いと思います。

確認申請代自体はそんなに高いものではありません。
100平米以下の場合は、確認申請9000円、完了検査12000円、中間検査がある場合は検査代11000円です。
しかしそこに、設計士の書類作成料が必要となってきますので、10~20万円程度は必要かと思います。

30坪程度の住宅であれば、一般的には工事費の10%程度の費用に十分含まれると思います。

また、必要であれば、設計監理料の明細内訳を出してもらえばいいと思います。

Qベタ基礎 ベースコンクリート打設後の雪

木造二階建てのベタ基礎 ベースコンクリート打設した日の夜から雪にみまわれてしまいました。
朝確認した所、コンクリート表面に雪が解けた水が貯まっている状態でしたが、その後の降雪で3cmほど積雪があったと思われます。(仕事だった為確認できませんでした)
更に、養生等はされていません。
打設した日は、最高気温9℃、深夜と降雪中の最低気温0.5℃でした。

この状態だと、強度等に問題がでるでしょうか?
ベースコンクリート部なので支障の無い状態なのでしょうか?

Aベストアンサー

生コンの硬化と雨水の関係はあまり神経質になる必要はありません。

質問者さんの質問で使ってる用語が素人過ぎて意味が良く理解できないのですが、ベースコンクリートとはベタ基礎のベタ部分の事なのか、あくまでベース用の捨てコンの事なのかで心配度は全く違います。

話しがベースの捨てコンの事であれば全く心配する必要はありません。
仮にベタ部分だったとしても通常はコンクリートを打設する日の気温や天候の事前確認をし、コンクリート凍結の恐れがあるような状況であるのならば、当然その対策を施したコンクリート打設をするのがまともな業者です。
凍結対策されている生コンは硬化後の強度には全く問題ありません。
もし対策がされておらずに凍結してしてしまったコンクリートは見た目からパサパサしていて、ハンマー等で叩いてみるといかにも中身がしっかり固まっていない事が判るように鈍い音がします。
きちんと硬化していればキンキンとかカンカンとか、素人でもしっかりと固まっている事が判るような音がします。

Q設備改修の建築確認申請について

すいません。教えてください。
現在約3000m2の建物の空調機(マルチエアコン)の設備改修を
考えています。
同時に事務室のガラスをペアガラスに交換しようと考えているのですが
この場合、建築確認申請は必要なのでしょうか?
省エネ法上の届け出は必要そうなのは分かったのですが、
建築基準法上の「大規模の修繕若しくは大規模の模様替」にあたるのか
どうも疑問です。

建築士の方に聞くと、たぶん必要ないと言われる方が多いのですが、
どうなのでしょうか?

建築基準法上の「大規模の修繕若しくは大規模の模様替」
がどのようなケースに当てはまるかが書いてあるURLでもかまいませんので
教えてください。

Aベストアンサー

URLを張り間違えていました。失礼しました

空調設備の改修では、確認申請は必要ありませんが、室内換気や防火区画貫通等に規制がかかりますし、一定規模ではビル管理法の適用を受けるので、注意が必要です。
http://www.pref.okayama.jp/hoken/seiei/birukan-kaisei.htm

また、窓ガラスでも延焼のおそれのなる部分では、網入りガラス等防火措置が必要となります。

参考URL:http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/mansion/20071205/513974/

Q建築確認申請書・確認済証はどこからもらうもの?

今住宅ローンの借り換えを考えております。

審査の必要書類をそろえていたところ「建築確認申請書・確認済証」の2点がどうしても見当たりません。

今の家は5年前に分譲住宅を新築で購入しました。

この2点の書類について聞くとしたらどこに聞けばよいのでしょうか?
それと再交付などはしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

重複する点もありますが。

基本的に、施工者あるいは設計者が審査機関から受取、引渡時に建築主に渡されるます。

ただ、ローンの借り換えとなると、当社のローンがあるわけですよね。
その当初ローンの審査の際に、建築主から、あるいは施工者(設計者)から銀行に一度行っているはずです。
まれですが、返却されていないこともあるのではないでしょうか。私は建築会社 営業やってますが、過去にそういう例が一度だけありました。

ですので、竣工書類、あるいは当初のローンの書類と一緒になっていないか。銀行に貸したままになっていないか。あるいは、なんらかの理由で施工者(設計者)の手元にないか確認してみてください。

あと、確認申請、済証の番号は、引渡書類に記載がある場合があるので、確認してみてください。(施工会社によって異なりますが)

Q建築確認申請の図面

建築確認申請をする際の図面は、必ずA3の大きさで、青焼きでなければならないのでしょうか?
私は、建設会社の事務員なのですが、社長が知り合いの方に頼まれて、設計からすることになったのですが(2級建築士の資格、一応有り)、確認申請書につける図面を作成するのに、A3の印刷機を購入して、印刷会社に頼んで青焼きすると言っていました。今後A3の印刷機を使うとは思えず、もったいないので、なにかもっと方法があるようでしたら教えていただきたいです。私はまったくの素人なのですがCADで書いて、A4に印刷して、それを印刷会社に持っていくとかでは出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

>建築確認申請をする際の図面は、必ずA3の大きさで、青焼きでなければならないのでしょうか?

そんなことはありませんよ。
A1でもA2・A3・A4でも、青焼きでも白焼き(コピー)でも、CADでも手書きでもかまいません。
ようするに図面として内容を読みとれればよいのです。

(行政によっては、概要書などはフロッピー提出を言ってくるところもありますので確認してください。これからはフロッピー提出が”普通”になるように行政側はすすめています・・・)

Qコンクリート打設時の水について

現在、家を新築中です。今日、基礎のコンクリートの打設を行い、現場を少し見に行ってきました。コンクリートミキサーからコンクリートをポンプ車に入れて、作業をしているようでした。私が見た時には、コンクリートに水を混ぜるようなことはしていなかったのですが、下にあった細いホースから水がジャージャーでていました。その時には特になにも思わなかったのですが、なんだか気になっています。コンクリートの打設作業中に水を出しっぱなしにするようなことはあるのでしょうか?
気になって仕方がありません・・・。

Aベストアンサー

多分、コンクリートに水を入れるなんてことをしていることは無いと思いますよ。
いまどき、そんなことする業者は、さすがにいないでしょう。

おそらく、道路を汚さいないようにしているんでしょうが、面倒になって、水を出しっぱなしにしているのかな。

打設後はきちんと、きれいにしていきましたか?
だとしたら、泥とかで道路を汚さないためにやっていたのでしょう。

どの部分のコンクリートか判りませんが、型枠を外した段階で、出来具合をきちんと確認されてください。
素人目にみておかしい、
たとえば、コンクリートがきちんと廻っていなくて空洞状になっているとか、見るからに(触ってみて)砂・砂利とセメント分が分離しているとか、
そのようなことがあったら即クレームです。
基礎みたいに、土で埋めれてから見えなくなってしまう部分だったらなおさらです。


人気Q&Aランキング