AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

中学2年生の息子を持つ母です。小学4年生からいわゆる進学塾に通わせてました。中学受験は本人の希望もあってしませんでしたが塾は引き続き通っています。中学になると授業の時間も格段に増え、必須科目に加えオプション科目の受講もしているので通う日数も多くなりました。他の生徒さんたちのほとんどは息子よりもまだ多くオプション科目を受講し、夏期講習も前期・後期と2回受講されてるようです。うちは経済的にも無理だし、本人の希望もあってそこまではしていませんが、最近本人が「塾を辞めて通信教育をしたい」と言い出しました。見るからに勉強する意思がなく、塾もただ行っているだけ状態。塾での授業が負担に思っているらしく家ではほとんど勉強しません。家にいるときは大概ゲームしてダラダラ過してます。こんな状況で通信教育だけでは不安なので、塾自体を思い切ってかえてみようかな?と考え中です。高校はできれば私立へ行かせたいのですが個別指導の塾や家庭教師は先生との相性もあるので難しいのかなーとか心配もあります。どうかアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



塾を変えるかどうかということの前に「そもそもなんのために勉強をするのか」ということを考えてみることが先ではないかと思います。意味を見出せないことをやり続けるのは中々つらいことです。今やっている勉強が一体何のためになるのか、何を目的としてこの勉強をやっているのか、ということを息子さんと話された方がよいと思います。

その際に、注意すべきことは、ご質問者様が前もって勉強の目的や意味について答えを用意しておかないことです。例えば息子さんが「任天堂に入りたい」と言ったのであれば、「大卒しか入れない。だから勉強しようね」と答えてはいけません。それでは、ご質問者様の価値観を押し付けただけになり、息子さんが自分で決めたことではなくなるからです。自分で決めたことでなければ、それだけモチベーションも下がります。そうではなく、「任天堂に入りたいんだ。じゃあ、任天堂に入るためにはどういうふうにすればいいんだろう」とさらなる問いを投げかけることが大切だと思います。そうすれば、息子さんも「やっぱり学歴はあった方がいいのかな」ということに思い至ってくれるものと思います。そのあと、さらに「どのくらいの学歴なら有利なんだろう」と問いを投げかければ、さらに息子さんも考えることができると思います。

そうして、学歴を得ることの意義、その学歴を得るために勉強しなければいけないことを息子さんに考えさせた後に、具体的な勉強の仕方・塾の検討に入るべきであると思います。

参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
本来の勉強する意味をもっと息子ととことん話し合うことが
必要ですね。
たぶん息子自身も「なんで勉強しなきゃいけないんだろう、面倒くさいな」「お母さんがうるさいから一応机に向かおう」
くらいにしか思っていないでしょう。

うまく息子の気持ちを導いてやれるような質問をしなきゃいけないと
わかってはいるのですが、せっかちで、いつも追い立ててしまうような
言い方しかできないので、まずは私がコーチングの勉強しないと
ダメですね。
最後は本人の気持ちですもんね。
頑張ります! ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/19 13:19

 今日は。

私は来年3月定年退職する団塊世代の一人です。的を外れているかも知れませんが、ご容赦下さい。

 「jas-min」さん、ご子息の件でお悩みのようですね。私の体験を書きます。私の息子は地元の小中高を経て、阪大(理)、現在東大院(D3)に在籍中です。小中時代はサッカー少年団、サッカー部、駅伝部と運動に夢中で、この子の将来はどうなるやらと考えたものです。事実中学校の先輩が現在J1で活躍中、同級生の多くは各地の高校にサッカー留学(?)しました。勉強の方は、塾に行ったことはなく(時間がありませんでした)通信教育Z会を利用しました。高校はその反動かどうか分かりませんが、「帰宅」部でした。おまけに、自転車通学でしたので雨の日は終日休み(要するにずる休み)です。何をしていたかと言えば、布団をかぶって「数理科学」、「数学セミナー」、「理系への数学」といった雑誌を読んでいたようです。高校の出席率が心配でしたけど、好きにさせました。それが良かったようです。

 受験で机に向かうのも、(予想以上に)体力が必要です。少子化の時代、各国公私立大学は学生集めで躍起になっています。東大や京大(医学部を除く)以外の大学でしたら、普通の学習で入学出来るようです。「jas-min」さん、今回は一端塾を辞めてはどうでしょうか。Z会も結構高かったですが、進学塾は費用が掛かりますよね。ご子息が行きたいと希望したら、また行けば良いのではないでしょうか。私立高校にお金を回した方がいいですよ。

 「jas-min」さんとご子息の両方が満足できる方向に進めるといいですね。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。
勉強もスポーツも、どちらもできるなんて 本当に羨ましいです。
大概国公立大学や名門私立大に受かった人のご両親は、
「小さい頃から勉強しなさいなんて言わなかった」とおっしゃいます。
きっとお子さん達を信頼して見守ることのできる方たちなんでしょうね。私もそうなりたいと思っていたのに、いつの間にか、だらけている
子供達を見ると「さっさとやることやっちゃいなさい!」と追い立てて
しまう母になってしまいました・・

確かに長時間机に向かい続けるのはしんどいと思います。
kansai1947さんのおっしゃるとおり、少子化の時代で、全入時代
になりつつあるので、どこかにはいけるかもしれません。
私の弟が(もう20年近く前の話ですが)私立高を受験して不合格に
なり、近くの公立高校へ進学し3年も浪人してやっと、大学に入りました。その時の記憶が余りにも強く、未だに私の両親は「もっと
早くからそれなりの塾に行かせてやればこんな苦労しなかったのにと
悔やまれる」といってます。そんなこともダブってしまい私も
焦っているのでしょうね。
息子が自分のしたいことや進むべき道を早く見つけてくれれば
もう少し吹っ切れて考えられると思うのですが、仕方ないですね。
息子のやり方をもう少し我慢して見守りたいです。

お礼日時:2007/06/18 17:40

さてさて、意味のない方向で悩んでおられるようです。



私は、中学一年の時に、息子や娘達に進路を確認しました。

1、大学を目指して勉強をするのか?
2、大学なんて出なくても良いのか?

次男は、「大学に行くが公立・国立コースで良い」との返事。
3男は、「俺は、勉強が苦手だから大学は行かない」との返事。
末娘は、「大学に行く。それに、名門高校にも行きたい」との返事。

次男は、塾に行かず参考書も捨てさせ教科書準拠一本やり。
3男は、「休みに家にいるな。友達と遊べに出かけよ」と遊びに集中させました。
末娘は、隣市の進学塾に通わせました。

なお、次男、末娘のテストの成績は、一度も見せてもらったことはありません。
勉強して進学するも、勉強しないで働くも、全て、自己責任ですよ。
親が、本人に代わって勉強できる訳じゃないですからね。
本人が、その気にならなきゃ、親は何もできんですよ。
親の責任と言えば、「その気にさせる」ことぐらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
中1で既にお子さん達がきっちり自分の進路を決めておられるとは
素晴らしい!
息子は大学には行きたいけど、なぜ?と聞かれるとこたえは返って
こないです。
本人がその気にならなきゃ・・ほんと、ごもっともです。
私自身そうでしたから。
小6の娘は天真爛漫でとにかく何でも興味津々、勉強は嫌いですが
やりたいこといっぱいなので、勉強よりやりたいことをさせてます。
でも息子の方は、興味あることといえばゲームでしょうか。
映画も好きですが・・将来の夢というものがないのです。
任天堂に就職したいとかそういうことはボソッと言ってますが
それこそ大卒で優秀な人しか入れないよ~って言うと
じゃあやめよ・・って答えます。
「その気にさせる」  色々と考えてみます。

お礼日時:2007/06/18 13:26

塾を変えるよりも、息子さんと勉強について一度じっくりと話し合いをもたれたほうがいいですよ。



勉強だけが全てではないですし、一番大切なのは、本人の意思ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
先日は夜遅くまで主人と息子と3人で話し合いました。
授業についていけないわけではないらしいのですが、進学塾の為
基礎をかためるというよりはどんどん発展問題を解いていくといった
進め方なので(当たり前ですが)しんどいらしいです。
でもしんどいことから逃げるだけでは 解決にはならないし・・
勉強の仕方については 「とにかく基礎を」ということだったので
翌日中学1年生の分かりやすい問題集を一緒に探しに行き、買いました。家で少しでも机に向かうようになってくれたらいいなと・・
こういう話(転塾ではなく、勉強の仕方について)は以前にも何回かしてきましたが、その時は本人もやる気が出てくるようなんですが次の日はまた元通り・・ということの繰り返しです。子供のことをもっと
信じて見守ってやりたいと思うのですが、やはりメリハリない生活態度をみているとそうもいってられないような気がします・・

お礼日時:2007/06/18 12:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング