人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんにちは。
最近、教育再生会議で道徳を一つの科目として教える、という提言が出されました(賛否両論あるようですが)
そこで質問なのですが、(一)皆さんが小中学生のとき、道徳の時間はどのような授業でしたか? どうやら学校によって方法・取り組みの熱心さが違うようなので気になります。
それからもう一つ。(二)道徳の授業は面白かったですか? その理由は何ですか?

以下は私の場合の回答例です。

一)偉人のドキュメンタリーや、小中学生の子が主人公のお話(大体の場合、何かしら不道徳なことをしてしまい反省するストーリーでした)がたくさんのった副読本を読み、感想を述べるというものでした

二)お話を読むのは好きでしたが、授業は嫌いでした。
なぜなら、感想では「先生が納得する答え」を言わなければならなかったからです。先生用の教科書に書いてあるんですよね、生徒からこういう感想が出ればよし、みたいな正解が。なので自分の考えたことが否定されるようで、正しい考えを押し付けられているようで、小学生ながらに嫌でたまりませんでした。

ご回答待っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

NO12です。

ごめんなさい、2番の回答書くの忘れていました。

2 好きでも嫌いでもなかったような・・・。じっと座って本読んで、ていう形式は嫌いだったかも。本当印象にないです。意味があったのか?て感じ。こんな全然記憶に残らないようじゃ道徳の意味ないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。
じっと座っているのは好きな人と嫌いな人に分かれますよね。大人になっても覚えていられるくらいの授業なら道徳を教える価値はあると思いますが…難しいところです。
ご回答ありがとうございました。

この場をお借りして、ご回答くださった皆様、ありがとうございました。これにて締め切られていただきます。アンケートなので点数はつけません。ご了承ください。

お礼日時:2007/06/26 23:14

「道徳の教科書」というものがあり、その中の話(質問者さまと同じく、ちょっとした小話のようなものが数話掲載されているもの)を読んだり、あと教育TVとか見ました。

教室にTVがついていました。
ただ実際はなんかホームルームの代わりに使われることが多かったです。完全に担任の「都合のいい時間」でしたね。席替えしたり、遠足の班決めしたり・・・。ひどいときはちょっと遅れ気味の教科をそこに入れたりしていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりどこの学校でも副読本と教育テレビは使われているようですね。そして他の教科に変えられてしまうことが多い(汗)
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/26 23:12

7番です。


お返事ありがとうございました。
関東方面のご出身のようですし、体験もあまりなされてないように見受けましたので、少し関係ないことになるかもしれませんが、私が感じた人権の授業の難しさということについて補足をしたいな、と思いました。

まず加害者と被害者という視点になりやすいということです。大多数の生徒にとっては加害者としての立場になります。そこでとまらず、どうしてそういうことになってしまうのか、ということを掘り下げられれば良いのですが、「差別」などが絡んでくると、視点がそもそも固まりやすく、延々とひどい事実ばかり(確かにそれは事実ではあるのですけどね)教えていくことが果たして中学生にとって良いのか、と思います。私個人でいえば、直接私が差別をしたわけではないとは言っても、「加害者側(多数派)」の立場からの授業になりますので、ある種の罪悪感はやっぱり感じました。善と悪できっちり答えが固まりやすく、こういう部分は扱いが難しいと思うのです。もっと人間の暗部を自分の心の問題として、掘り下げるなど、やり方などが工夫されればクリアされることなのかもしれません。

もう一つはこれも中学生という年齢に関係あることですが、人の痛みを考えるにはまだまだ若すぎるためか、差別の話を聞いたすぐ後で、「おまえ部落だろー」みたいなことを言う生徒もたまにいることで、差別を無くすために教えてるはずなんですが、余計な知識を与えているだけになっています。中学生の私でも、これでは人権教育ってやらない方がいいのではないのか・・・という根本的疑問になってました。

じゃ、止めてしまえば良いのかと聞かれれば、そういう問題でもないと思います。やはりどこかで学んでおいた方が良いことではあると思いますし、疑問も感じつつも、学べて良かったとは思っています。ただ差別や人権という言葉が絡むと理念だけが先行していきやすいなぁというのは感じました。関西だとどれも身近にあるだけに、建前になりやすいなどの問題もあります。教師自身が熱心な先生がいるかと思えば、「あいつ○○やでー」みたいなことを言う人もいて(信じられないでしょ?、まぁさすがに生徒の前で口に出すのは一人でしたけど)、まさに現実の世界の引き写しです。そういうこともありましたので、「差別」とか「人権」と言ったある種独特の権威を持ってしまった言葉を使わずに、普通の道徳の授業の方が良かったなぁという気もしているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなってしまってすみませんでした。
補足ありがとうございます。関東方面出身でしたので部落差別問題を知ったのは高校に入ってからですし、とても参考になりました。
中学生に教えるのは非常に難しい問題ですね。答えが善悪の二極になりやすいというのは戦争を教えることにも共通すると思います。深いところは理解し難い、事実だけ教えるのも問題がある…。扱う先生方も大変でしょうね。
本当に勉強になりました。関西出身者が回りに少ないので貴重なお話でした。ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/26 23:11

こんばんは。



1)小学校では、教科書があったかどうか定かじゃないくらいの頻度で行っていました。多くが体育や図工などの補講にあてがわれていた気がします。たまに行われた授業では、さわやか三組を見たり、ビデオを見たり、プリントを使ったりしました。(そんなときは、「あ、今日は道徳やるんだ~」と思ってました)しかし、どんなお話を取り扱っていたか、以下のもの以外全く思い出せません。身についているのか?!

2)質問者さんに同感です。先生側に用意されている答えに向かって、予定調和的に進んでいくのが、子供ながらに胡散臭く思ってました。
 印象に残っている授業が(長くなりますが)、小学校高学年の女の子が、バスでお年寄りの男性に席を譲ろうと声をかけた。ところが、そのひとは無視。聞こえないのかと何度か声をかけたら、「年寄り扱いするな!」と怒られる。その後、道で転んだ幼児を助け起こしたら、その幼児の母親に「一人で起き上がろうとしているのに、邪魔しないで!」と怒られる。“この女の子はどうするべきだったでしょう”というビデオでした。
 確か、“相手には相手の事情があることを理解しよう”といった内容の終着点だったと思いますが、私はそれよりも助け合おうとしている子供の親切心を無駄にする大人の態度に疑問を呈したら、時の担任は非常に渋い表情を浮かべ、却下した気がします(苦笑)。ひとによって考えていることは違うってことがテーマなのに、なんで単一の回答にしなきゃいけないのか、未だに不満に思っています。そして未だに、あの大人たちの態度は間違っていると信じてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまってすみませんでした。やはり道徳は他の教科に変えられてしまうことが多いようですね。先生も何をしたらいいのか分からないというのが本音でしょうか。
確かに答えが決まっている、という時点で胡散臭く感じてしまいますよね。教科になったらますますこの傾向が強まらないか気になります。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/26 23:00

小学校のときは運よく担任の先生に恵まれていたので、どの授業もけっこう楽しかったです。

その先生は専攻?が道徳という方だったので、きっと力を入れた授業だったと思いますが 残念ながら あまり 内容を覚えていません。だいたい こんな感じ↓

手作りのプリントもらう:トピックが書かれていました。事件とか お話とか だったような…

それを読む

感想 意見をみんながいろいろ言う

今の時代の教え方に近いものなのかもしれませんが 新しい知識を教わるという気持ちで 学校に行っていたので なんとなく 変わった授業だなぁと思っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

道徳が専攻、という先生もいらっしゃるのですね。担任の先生が熱心だと授業も楽しいですよね。私も高校で倫理の先生と出会い、改めて道徳(とも違いますが)の面白さを発見しました。
私も最初は「他の授業とは違うなぁ」と驚きましたが、黙って座っていなくていいというだけで嬉しかったです(笑)
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 21:57

1.小学校の頃は、道徳の時間は特に尊重されていなかったので、算数の延長みたいなこともありました(笑)。

六年生では出し物をやりましたが、あまり記憶にありません。
 中学になったら、「総合学習」が導入されたので(00年代初頭)、結構いろいろやりました。ボランティア学習をしたりもしました。

2.総合学習は賛否が言われているみたいですが、私はそれはそれでよかったと思います。本当に勉強したい子は、自分で勉強すると思うので。
 発表などが好きなので、割かし好んでいた時間でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

道徳の時間は何かに振り返られてしまうことが多いようですね。先生方も何をしたら良いのか分からない、というのが本音なのでしょうか。
総合学習はとても楽しそうで羨ましいです。こちらも学校によって熱心さや内容に差があるようですが…。今は総合学習が道徳に変わっているのでしょうか?
参考になりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 21:53

小学校低学年の時に、道徳の授業がありました。



道徳と言っても、HNKの「おおきくなる子」など教育テレビを見るだけの授業でしたので、楽勝でした^^。どちらかと言うと学校でテレビを見られて嬉しかった記憶があります。たまに感想文書きましたけど、先生も読んでる気配なし。休憩の時間って雰囲気でした(汗)。
あまりにもたるかったせいか?、いつの間にかなくなってしまいましたね。マニュアルはあるでしょうが、先生も道徳とか教えにくかったのかもしれませんね。私も道徳を教えろって言われると、いくらマニュアルがあっても、何をどう言っていいか困ってしまうと思います。
小学校時代の道徳の授業は(授業そのものというわけではありませんが)、とりあえず楽しかったです。

中学は道徳の授業というものはなかったですが、人権の授業がそれに取って代わっていました。関西在住だったと言うこともあってか、人権問題の種はたくさんありましたから。既出の被差別部落もそうですし、在日朝鮮人・韓国人の問題もそうです。その他、アイヌや沖縄のことも教えられました。こういう問題って、当然ですが、教師間にも温度差や意見の相違がありますので、熱心な先生にもたれた年は何かと教えられましたし、今から考えると強制的な面があった先生もありました。感想を強要されることはなかったと思いますし、そういうこともあるのかと興味を持って聞いていたとは思います。面白くはない話なので、いわゆる「楽しい」というのと違いますが、関心は持って聞けましたので、あえて言うと楽しかったになるのかもしれません。

ただ、あの人権教育の是非については、やった方が良かったと単純に言えないような気がしています。どうしても一面だけを教えることになりますし、それをまだ批判の雨緑や思考力のない中学生に教条的に教えることをやって良いのか、など問題もあるように思います。知ることが出来て良かったと思う反面、私も受けて本当に良かったのか、よく分からない部分もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、先生にとっても道徳というのは一番教えにくいことかもしれません。小中学生は特に、学校で習うことや先生の言うことは正しいと思ってしまいますから(その点、私は反抗期でしたね 笑)
人権の授業…初めて聞きました。中学生に「こういう事実がある」と教えるのはとても大事なことだと思います。
人権教育をするか否かは、難しい問題ですよね。知るのは大切だけれど、その答えを押し付けるようにはならないでほしいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 21:49

(一)皆さんが小中学生のとき、道徳の時間はどのような授業でしたか?


小学生の時はNHKのテレビをみたり、読み物を読んでみんなで感想をいったりして考えたりしました。後心のノート。
今(中学生)は、ビデオみて感想書いたり、とか読み物の感想書いたりですかねー。
でも道徳の時間は毎週あるけど、学活なんかに変えられることもおおいですね。
(二)道徳の授業は面白かったですか? その理由は何ですか?
いろんなこと考えるのは好きなので楽しかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何かを見る(読む)→感想が一般的なのかもしれませんね。私の頃もHRや学校行事の説明?なんかに変えられてしまうことがしばしばでした。
道徳の授業、退屈な人も多いようですが私も「考えること」は大好きでした。楽しいと感じられるのは素晴らしいことだと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 17:25

こんにちは。



一)質問者様と#2の方が書かれているような部落差別等が載った副読本や、先生が用意したと思われるプリント(多分、新聞記事や社説系)を読んで、感想。

二)よく覚えていないのですが、嫌いじゃ無かったと思います。
質問者様の書かれているような「考えの押し付け」をされた覚えは無いような・・・。
途中、多分部落差別の話で一休さんの話を聞いたか、アニメを見たかしました。多分「穢多・非人」とかのお話。

母親というか、母方の祖母が「部落差別」を嫌って、母を教育していたので私も子供の時から話を聞いていたのですが「部落差別」という言葉は学校で知りました。
「(母が言っていたのは)このことか!!」と思ったので印象深く覚えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

熱心な先生だったのですね。
部落差別問題は関西のほうでは熱心に取り上げているのでしょうか。関東の小中学生は知らない人のほうが多いようで気になります。小学生には難しいかもしれませんが、小さい頃からしっかり教えていくことは大切ですよね。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/18 17:22

1)副読本も使いましたが、殆ど記憶に残っていません。

記憶に残っているものでは、小学校の時にNHKの「さわやか三組」を見た事くらいです。

2)面白かったというか、楽だったので好きでした。テレビを見てるだけですから。人によっては貴重な睡眠時間だったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さわやか三組! 懐かしいですね。私も見ていました。
確かに道徳=睡眠という子も多かった気がします。テレビを見て感想を書いて終わり、ということもありましたね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 17:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング