マンガでよめる痔のこと・薬のこと

今まで付き合いなどで風俗にいったことがあるのですが・・
性交渉でHIVが感染した方のうちコンドームなしで
性交渉したための方は何%ぐらいなのでしょうか?
コンドームありでの性交渉でもありうるのでしょうか?
その場合、女性器への口での愛撫などによるものは除いた場合、
他での感染はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

感染率は、キズなどの有無や


行為の激しさによって変わってくると思います。
そのときの体調にもよりますし。

HIVを心配されているようですが
他の感染症も心配してくださいね。

子供を必要としない、性交渉は
必ずコンドームをつけるべきです。
避妊だけでなく、病気から
ご自分の身を守ることになりますから。
パートナーの事を考えたら、
ナシはありえないと思いますし。

子宮頸がんの原因は、ウィルスだともいわれています。
不特定多数の人と性交渉を持つと
パートナーに感染させる可能性が多くなります。

感染の可能性というよりも、性経験のある方は
みなさん 検査をうけられる事をオススメします。
この際、確率は関係ないですよ。


私は、風俗でコンドーム無しは ありえないと思うけど…
コンドーム無しでOKな人は、他の人も無しでしてますよ。
怖すぎ~
    • good
    • 0

何パーセントかは、どこかサイトで見たことがあります。


どのサイトかは忘れてしまいました。すみません。

不安になるともうたまりませんよね、風邪にかかったのとはわけが違うわけですから。私は匿名の検査を一度受けたことがあります。そのときちゃんとカウンセリングをしてくれました。
感染する確率ははすごく低いらしいです。しかし接触部に傷や出血があると、ぐんと感染率があがるらしいです。

唾液や、口内の傷にも注意が必要ですが...
完全にゴム装着であった場合でしたら、大丈夫ではないでしょうか。
破れていなかったことを仮定して、です。



CMでもやっている匿名の検査、とてもおすすめですよ^^
カウンセリングを受けるだけでかなり安心できるので行かれて損はないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHIVってそんなに簡単に移るものなのですか?

世間はHIV検査を推奨していますが、そんなに心配しなければならないものなのでしょうか。
私は今まで四人の男性とセックスしましたが、いつも挿入までは何もつけずにフェラやクンニをします。入れるときにコンドームを付け、性器同士が触れ合わないよう気をつけています。きっちりコンドームを使っているおかげで性病は持っていません。(病院で検査してもらいました。)
私くらいの程度であればHIV感染なんて絶対ありえないだろうと思います。
HIV感染は不特定多数の人とセックスしたり、コンドームを使わない人以外でもよくあることなのでしょうか?

Aベストアンサー

仕事上エイズの勉強をせざるを得なかった経験より

質問者さまの元彼(としておきます)4人は、過去に複数人の元彼女がいただろうと察します。
さらにその元彼女達には同じく複数の元彼との経験があろうかと思います。
辿っていくと、その中にはとても危ない行動をした人が1人くらい混じっているかも知れません。そして、今時期、陽性だと判明しているかも知れません。

コンドームはHIV感染には非常に有効な防御法ですが、フェラやクンニでも感染の可能性があります。ポイントは、粘膜の傷と体液です。
私が勉強をした時期では性行為による感染率は5%(現在は変わっているかも知れません)。

仕事は行政のエイズ担当だったわけですが、相談電話やHIV検査の予約受付などしているうちに、自分ももしかして?ととても怖くなってしまった記憶があります。全くごく普通の若い方が深刻になって心配しているからです。

100%うつらない方法は、お互い決まった相手だけとの行為。その前にお互い検査を受けて陰性(空白期間2~3ヶ月を考慮して)なら、OKでしょう。でも、コンドームを付けているのは良い習慣です。^^

仕事上エイズの勉強をせざるを得なかった経験より

質問者さまの元彼(としておきます)4人は、過去に複数人の元彼女がいただろうと察します。
さらにその元彼女達には同じく複数の元彼との経験があろうかと思います。
辿っていくと、その中にはとても危ない行動をした人が1人くらい混じっているかも知れません。そして、今時期、陽性だと判明しているかも知れません。

コンドームはHIV感染には非常に有効な防御法ですが、フェラやクンニでも感染の可能性があります。ポイントは、粘膜の傷と体液です...続きを読む


人気Q&Aランキング