痔になりやすい生活習慣とは?

タイトルのとおりですが、標準プランターで小松菜を栽培しました。
全部収穫したあとで土を掘り起こしてみたら、細かい根っこがいっぱい
残っていました。

この土を使って次の新しい種を植えたいのですが、残っている根っこは
取り除くべきでしょうか? 
有機肥料になるからそのままでいい、と書いてあるサイトもありましたが、
病原菌がいたりしたらまずいのではないかとも心配しています。

この土の使い方(そのままでいいか、何か手を加えるか)について
教えてください。
ちなみに、次も同じアブラナ科の二十日大根を植える予定です。

A 回答 (1件)

私なら細かい根などまったく気にしないで、腐葉土や堆肥などを混ぜ込んで全体を良く混ぜ込んでから、種をまいてしまいますね。


売り物ではなく、自分が食べるために育てるのも楽しみながらの栽培ですから、病原菌がどうとかは気にしません。
もしそれで失敗したらしたで、次回の課題ができてそれもまた楽しいのでは?

昔住んでいたアパートの脇に空き地がありまして、そこは石ころゴロゴロの赤茶けたひどい土地でしたが、上手な人は野菜いろいろを見事に育てていましたね。まるで魔法みたいで感心しきりの思いで、私はその半分の大きさにもならない野菜をその脇で細々と作ってましたが、その時に、土というのはどんな状態のものでもそれなりに肥料をやったりして上手に手をかけたら、何でも育つものなんだと実感しました。

ですので、細かい根なんてまったく気にもならないのですが、これはあくまでも私個人の意見ですので、その道の方からしたら「とんでもない!土以外のものはきれいに取り除き、消毒したり土壌改良剤などを入れてからでないと、同じ土で栽培なんてだめです」といわれるのかもしれません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小松菜を収穫した後は、どうすれば良いのでしょうか?

小松菜を収穫した後は、どうすれば良いのでしょうか?

今年初めて農業をやっています。

小松菜を植えてそろそろ収穫なんですけど、

収穫した後、続けて小松菜を植えてはいけないみたいなんですけど、

小松菜を収穫した後は、どうすれば良いのでしょうか?

土になんか手を加えないといけないのですか?

また次はどんな物を植えればよいのですか?

素人な質問ですみません。

Aベストアンサー

小松菜は野菜の中でも比較的に連作にも強い作物です東京都の江戸川区小松川が原産地ですが江戸川区では今も小松菜が栽培されておりそのほとんどがハウスで1年中小松菜が連作されています。1年間に多い人だと7回程度収穫されます小松菜は他の野菜より石灰の吸収が多いので酸性になりやすいのと根や収穫後の残さを残さないようにすれば連作が効きます。同じハウスで300回以上収穫しているそうですが連作障害は出ていませんが十分な良質の堆肥の施用と土壌診断による適正な施肥により連作が可能なようです。露地栽培でも同じで十分な堆肥の施用と土壌診断により作物は良く育ちます。土壌診断は地域の農林振興センターが実施してくれますし栽培の相談にも乗ってくれ何かと役立ちます。

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Qプランター栽培後の土の再生方法って・・・

春から夏ごろにかけて、ベランダ栽培でミニキャロルを栽培していました。すでに収穫は終え、次に何を植えようかと考えていますが、その前に。
プランターで栽培した後の土。捨てる場所もないし、ましてや捨てるのももったいない!
再生出来る錠剤があるとも聞きましたが、みなさんどのようにされていますか?

うちでは今下記のようにしています。
・ベランダにレジャーシートを敷き、その上に土を平らに置く。
・根っこ等取り除けるものは取り除く(もちろん幼虫も・・)
・そして乾くのを待つ。
→新しい用土を購入し、乾いた土と混ぜ合わせて次に使いたい。。

大量の幼虫(10匹くらい)が出てきましたが、防ぐ方法もしくは、
その土使えますかねえ。。。

Aベストアンサー

過去の植栽物に著しく病害虫の発生が見られた残土でなければ特に問題ありません(但し、有機質肥料及び化成肥料による土壌ペーハーの偏り等の可能性、或いは連作障害を起こしやすい植物による土壌への影響等)考えられる事は多数有りますが、以前に問題が無ければ土をほぐしたりフルイにかけたりした後、ピートモスや鹿沼土、赤玉、砂等を追加配合して通気性、保水性の改善をする)気温が低い今時分天日干ししても意味はさほど有りません。必要な場合は殺虫剤及び殺菌剤の使用になりますが、プランターや鉢でしたら用土の買い替えが安く済みます。

Qトマト収穫後の、土の再利用

トマトを育てた土って、2年目のトマトは育てられないって言いますよね?
そこで、その古い土の再利用って出来るんですか?
トマト以外の、ピーマンや、茄子、ハーブなどは育てられるんですか?

えっこらえっこら担いで買ってきたもんだから、
何か、捨てるのも・・って思っちゃって。

皆さんはその土で、他に、何の植物を育てていますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

連作しないほうがいいのは、同じナス科植物同士です。
病気が出やすくなったり、特定の肥料分が欠乏したりして、よく育たないということです。
つまり、トマト、ナス、ピーマンなどは、5年くらいあけないと、次に植えられないということですね。
(我が家は、2年くらいあけで、ナス科を植えちゃいますが。(^^ゞ)

ナス科以外の植物なら大丈夫なので、堆肥や腐葉土を混ぜ、肥料分を補ってやることで、ハーブも大丈夫ですよ。
うちは、トマトのあとの夏野菜は、キュウリやズッキーニなどのウリ科植物や、オクラ(トロロアオイ科)などを植えています。

Q家庭菜園、収穫後の土の再利用

プランターに市販の培養土を入れてホウレン草を育てています。もうじき収穫できますが、収穫後の土の再利用について教えて下さい。
また同じホウレン草を植えても良いですか?(連作障害が起きてしまいますか?)
腐葉土などを入れて土を肥やす必要がありますか?必要があれば方法も教えて下さい。
次にまた新しく植えて収穫をしたいので土の再生の仕方を知っておきたいので詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

ホウレン草は連作障害がおこりうる作物なので同じ場所で繰り返し作らない方が良いと思います。
別科目の作物と交互に作られてはいかがですか?
参考URL
http://katesai.main.jp/08rensakutaisaku.htm

土は天気の良い日にビニールシートに薄く広げ天日干しにすれば良いと思います。新しい腐葉土・元肥・くど石灰等を適量混ぜ合わせた上で再利用すれば良いと思いますよ。

Q小松菜とかは、連作はしないとありますが

小松菜とかは、連作はしないとありますが
我が家では、無農薬で野菜を栽培しています。
コンテナガーデンです。小松菜やラディシュは収穫できました。
9月に植えた1回目の収穫が終わりました。
もう一度、小松菜をまきたいのですが、連作という解釈は、1回植えた時点
で次は違うものを植えると云うことなのでしょうか。
本で調べてもよくわかりません。
教えて下さい

Aベストアンサー

連作障害は小松菜ならアブラナ科作物全体で起こります。
小松菜だけではなく、他のアブラナ科作物(ダイコン、カブ、ラッディッシュ
水菜、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリーなど)
を作っても連作です。

小松菜の連作障害は白さび病が出やすいので、予防処置はしたほうがいいですよ。

白さび病の写真のURL
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/117.htm


収穫した後、根や枯葉などの収穫残渣を取り除いてください。

無農薬では、太陽光、冬の天地返し(寒さ)、
熱湯での殺菌方法が考えられます。
有用微生物まで殺してしまうので、単体ではなく、
堆肥の投入ととセットで行った方がいいと思います。

病原菌の密度が高くなると病気が発生するので、
他の土を入れる(客土)や、堆肥を入れる事で密度を
低下させるのもある程度は有効です。

こういった事をなされば(通常はすると思いますが)
小松菜は連作障害は(ナス科、ウリ科に比べ)出にくいといえます。


アオムシとの共存は、やりたくてやっておられるのでしょうか。
繁殖させ続けるのは連作障害と変わらないと思います。

小松菜は寒冷紗や防虫ネットを被せるのは簡単ですし、
被害はかなり防げますよ。
マルチと併用すれば完全防除も可能です。

アオムシを育てたいなら、同様にネットの中で行ってください。
他人に迷惑がかかります。(殺される命が増えます。)
自然の中で繁殖する方が、蝶も蛾も幸せだと思いますよ。

連作障害は小松菜ならアブラナ科作物全体で起こります。
小松菜だけではなく、他のアブラナ科作物(ダイコン、カブ、ラッディッシュ
水菜、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリーなど)
を作っても連作です。

小松菜の連作障害は白さび病が出やすいので、予防処置はしたほうがいいですよ。

白さび病の写真のURL
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/117.htm


収穫した後、根や枯葉などの収穫残渣を取り除いてください。

無農薬では、太陽光、冬の天地返し(寒さ)、
熱湯での殺菌方法が考えら...続きを読む

Q液体肥料をプランター野菜に使うと体に悪いですか?

青い液体肥料(100円ショップで買ったハイポネックスにそっくりのもの)をプランターの野菜に使うと、味や安全性にどれくらい影響(悪影響)あるでしょうか?

有機肥料ではないようなので、農薬野菜のように体に悪いものができてしまうのでしょうか?青い色が鮮やかすぎてちょっと心配しています。(もちろん表示以上には薄めてますが)

Aベストアンサー

あの青い色はすこし気持ちが悪いですね。
私は、色を付けた液肥を好んで買う人の気が知れません。
でも、透明な水より、もっともらしい色が付いた水の方が
良く売れるのでしょう。

さて、ご質問に対する答えですが、
液肥が野菜の味や安全性を損なうことはありません。

私は、農薬であっても、使用基準に沿って使えば体に悪い影響は無いと思いますが、
それでも、農薬は、自然には存在しない、特別な(虫や菌に対する)毒物です。
無しで済むのなら、農薬は使わない方が良いでしょう。

一方、肥料の成分は、アンモニア、硝酸、リン酸、カリウムなどですが、
これらは、天然自然に普通に存在しているものです。
そして、これらの成分が無ければ、どんな植物も(そして動物も)育ちません。
また、有機肥料も化学肥料も、原料と作り方などが違うだけで、
作物に対する有効な成分は同じです。
このような理由で、肥料を使わないことが望ましいとは、私は考えません。

なお、有機野菜と化学肥料を使った普通の野菜を比べて、
味や栄養成分を分析した研究結果が沢山報告されていますが、
全体として見ると、両者の間に明らかな違いは見つかっていません。

肥料を、むやみに沢山使うのは良くありませんが、
有機肥料なら 美味しい とか 安全だ というのは、根拠のない思いこみです。

あの青い色はすこし気持ちが悪いですね。
私は、色を付けた液肥を好んで買う人の気が知れません。
でも、透明な水より、もっともらしい色が付いた水の方が
良く売れるのでしょう。

さて、ご質問に対する答えですが、
液肥が野菜の味や安全性を損なうことはありません。

私は、農薬であっても、使用基準に沿って使えば体に悪い影響は無いと思いますが、
それでも、農薬は、自然には存在しない、特別な(虫や菌に対する)毒物です。
無しで済むのなら、農薬は使わない方が良いでしょう。

一方、肥料の成分は、アン...続きを読む

Q土の中に幼虫がいっぱい!

僕が家庭菜園で作った(今年の春に作った)1.5坪ぐらいの畑があるのですが、秋野菜を植えようと土を掘り返したら、何かの幼虫(カブトムシの幼虫のようなもの)がたくさん(20匹~30匹ぐらい)出てきました。
色は白いものから、少し黄色がかったものの2種類いました。大きさはまちまちです。
これらの幼虫は捕殺してしまった方が良いのでしょうか?

また、これらの幼虫がいる土というのは、栄養が豊富でよい土ということになるのでしょうか?
はたまた、害虫がたくさんいるダメな土ということになるのでしょうか?

ちなみに、私の畑に苗を植えると、よく害虫に葉っぱを食べられます。防虫ネットをしても食べられます。
しかし、実家の畑(何十年も前からずっと畑で、見るからに水はけがよく、保水性があって、良い土に見える)で、同じ苗を植え、防虫ネットをすると、まったく虫に食われません。
そういえば、実家の畑には、オケラはいても、変な幼虫はいませんでした。

やっぱり、良い土というのは、変な害虫がいないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

♪黄金虫は金持ちだ~♪

これは、コガネムシの幼虫で植物の根っこを食べます。
成虫は、花や、新芽を食べる憎いやつです。

ほら!よく植物が倒れていたり、植え替えの時に根っこがほとんど無い・・・な~んて事今までありませんでしたか?

とても厄介で、プランターなら土の入れ替えをしなければならないほど、植物の生長を妨げる狂気の奴です。

脅すわけではありませんが、20~30匹いたのなら、その3倍いるのでは?

早く手を打って下さいね!!
苗なら全滅することもありますよ。
卵や、孵化したてのとても小さな幼虫は見つけにくいので・・・大きいのだけ補殺すると・・・あ゛~ ~怖い!!\(゜ロ\


我が家も今年、ちょっとズボラして春先に予防(薬をすき込む事)を怠った為に、やられましたよ(@_@;)
イチゴは貧弱!オクラとトウモロコシは倒れるし!!・・・(;一_一)
花も貧弱で色あせてるし・・( 一一)
も~う腹が立って腹が立って!!<(`^´)>


余談になってすいません。φ(..;)アセアセ

一番いいのは土の入れ替えです。
私も、大好きな花壇(3m×2m)がやられ入れ替えましたが、かなりキツイ!!・・・
rikutoZさんのように1.5坪の畑の土を、どう考えても全部入れ替えるとなると・・・かなりの無理がありますよね・・・

せめて少しずつでも毎日掘り起こして、ふるいにかけて取り除くか・・・(これも大変な作業ですよね^_^;)

でも取り除いて補殺しなければ、本当に貧弱な野菜や花になってしまいますので・・・。

そういった、殺虫剤もありますが、幼虫もかなり大きくなっていると思いますし、本当は卵を産む前の春先に巻くのがベストなんで・・・。
今からでもまかないよりマシと思いますが・・・

でも、本音は野菜を植えてらっしゃるので、あまりお勧めしたくはないのでが・・・
何か植物にやさしい良い方法があるか、私も調べてみますね。

ちなみに殺虫剤は、スチオミンか、コガネムシ幼虫用のばらまくタイプがあります。(ホームセンターでも売ってますよ)

害虫は本当に嫌ですよね。
私はいつも、ギャーギャー言いながらいろんな害虫を補殺したり、カマキリを捕まえてきて放してみたり、少々クモの巣が張っていても<しっかり害虫を食べて下さいね>と願って放っておきます。

どうか頑張って、おいしい野菜を作って下さいね。
私も懲りずに頑張りますので・・・

♪黄金虫は金持ちだ~♪

これは、コガネムシの幼虫で植物の根っこを食べます。
成虫は、花や、新芽を食べる憎いやつです。

ほら!よく植物が倒れていたり、植え替えの時に根っこがほとんど無い・・・な~んて事今までありませんでしたか?

とても厄介で、プランターなら土の入れ替えをしなければならないほど、植物の生長を妨げる狂気の奴です。

脅すわけではありませんが、20~30匹いたのなら、その3倍いるのでは?

早く手を打って下さいね!!
苗なら全滅することもありますよ。
卵や、孵化した...続きを読む

Qベランダのプランターに寄ってくるコバエに困っています。

ベランダのプランターに寄ってくるコバエに困っています。
これまでもちょこちょこ飛んできているのを見ていたのですが、
今朝水遣りの際に見たら
葉ネギとニラのプランターのふちにびっしりと止まっていて驚きました。
カダンセーフをかけて強めの水で吹き飛ばしましたが、
糞のような細かい黒い粒が残って気持ち悪いです。
それにマンションなので、
大量発生によって他の部屋に迷惑をかけることも避けたいと思っています。
対策をご存じの方、ぜひ教えてください。

ちなみに栽培しているのは、葉ネギ、ニラ、コマツナ、ミズナ、
ラディッシュ、ミックスレタス、チマサンチュ、サニーレタス、
大葉、バジル、ルッコラ、ニンジン、ホウレンソウ、チンゲンサイなどです。

また、コバエの色は黒、土はゴールデン粒状培養土を使用、
週に2回ほど1000倍程度に薄めた液肥を、
野菜によっては粒状の化成肥料を与えています。

Aベストアンサー

コバエはプランターの土に寄ってきます。

コバエの幼虫は腐葉土や肥料などがあれば十分育つ事が出来るので
プランターは水分もあり、餌も沢山あるので
産卵場所・幼虫の育成場所として最適な場所なのです。

私の経験上では、大豆かすや油かす、有機肥料などの入った肥料を使うと
それらの肥料が多ければ多いほどこの時期はコバエが集まってしまいます。

対策としては、完全に居なくする事は不可能なので
春から秋まではそれらの固形肥料は出来るだけ避け、
夏場は液肥メインで栽培し、コバエが少ない時期に固形肥料を与えると
比較的コバエ被害が少なく済む様な気がします。

これから、梅雨時・夏にかけては、一番コバエが多くなる時期なので
私は毎年コバエ取りの粘着シートや蝿取り棒などを設置しています。
コバエはフェロモンでもあるのか、沢山捕獲されたシートの方が
コバエが集まりやすい&捕獲しやすいので
少し捕獲したくらいで交換するのではなく、
見た目は悪いですが真っ黒になるくらい放置した方が沢山捕獲出来ます。

とりあえず有機肥料や固形肥料はコバエの餌にもなるので
プランターに使用するとどうしてもコバエも多くなります。
虫コナーズや蝿取りシートを駆使して頑張るしかないようです。

コバエはプランターの土に寄ってきます。

コバエの幼虫は腐葉土や肥料などがあれば十分育つ事が出来るので
プランターは水分もあり、餌も沢山あるので
産卵場所・幼虫の育成場所として最適な場所なのです。

私の経験上では、大豆かすや油かす、有機肥料などの入った肥料を使うと
それらの肥料が多ければ多いほどこの時期はコバエが集まってしまいます。

対策としては、完全に居なくする事は不可能なので
春から秋まではそれらの固形肥料は出来るだけ避け、
夏場は液肥メインで栽培し、コバエが少ない時期に固形...続きを読む


人気Q&Aランキング