こんにちは
最近幕末に興味を持ち、子母澤寛の新撰組三部作を読みました。
今度は倒幕派について知りたいと思い書籍を探しています。
しかし司馬遼太郎の小説がとてもおもしろいということで読んでみたのですが、自分には作風が合わずすぐに挫折してしまいました。

そこで子母澤寛の新撰組三部作のような「史実を淡々と書き連ねてる倒幕派側の小説」を探しています。
子母澤寛の新撰組三部作にもフィクションが混ざってるのは知っていますが何故かこれは夢中になって読めるのです。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

小説ではありませんが、史実を重視されているということで、井上勲『王政復古』(中公新書1033)という書籍を推薦します。

副題は「慶応三年十二月九日の政変」です。井上氏は学習院大学の教授で、幕末維新史を専門とする歴史学者です。

この本は、ペリー来航から慶応2年までの政治史を概略的に説明した後、慶応3年という大政奉還や王政復古のあった年の一年間の政治史を論述したものです。

王政復古の政変に至るまでの薩摩藩、長州藩、岩倉具視など公家、土佐藩、芸州藩、徳川慶喜などなど、様々な政治勢力の政治的駆け引きが詳細に記述されています。

最近の幕末史研究においては、いわゆる討幕派が成立したのは慶応3年5~6月以降とされていて、それ以前の志士たち(例えば新選組が池田屋で斬った志士たちや、禁門の変で死んだ志士たち)は討幕派とは呼びません。その意味で、慶応3年の討幕派の動向を史料に基づいて詳細に記述した井上氏の著書は、読み応えがあると思います。

井上氏の『王政復古』は歴史学界での評価も高く、例えば歴史学の重要文献を解説した『日本史文献事典』(弘文堂)という本にも、『王政復古』は掲載されています。特に、井上氏の討幕の密勅に関する議論や公議政体論に関する議論は、その後の幕末史研究に大きな影響を与えています。討幕派に関する史実を知りたいのであれば、読んでみて損はない本です。

歴史学界で評価されているということで、難解で読みにくい研究書というイメージをもたれるかもしれませんが、決してそんなことはありません。確かに書かれている内容は非常に高度ですが、堅苦しくなくて読みやすいです。軽快なテンポで読めると思います。

学界で高く評価されるほど緻密で高度な内容ながら、素人にも読みやすいということで、井上氏の『王政復古』を愛読書にしている幕末好きは多いですよ。小説でなくても構わないのであれば、参考にしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深い書籍ですね!とても参考になります。
>いわゆる討幕派が成立したのは慶応3年5~6月以降とされていて~
そうなんですか!ますます読んでみたくなりました。
>堅苦しくなくて読みやすいです。軽快なテンポで読めると思います。
助かります。(笑) 早速書店で探してみます。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/20 22:27

史実を淡々と書き連ねた作風なら吉村昭です。


倒幕ものではないものの、尊王譲位思想のつよい水戸藩が引き起こした事変に材をとったのが「桜田門外ノ変」と「天狗争乱」。
このほか幕末を舞台にした作品としては「生麦事件」「長英逃亡」「黒船」など。

桜田門外での彦根藩士と水戸浪士の争いは斬りあいではなく、鍔ぜりあい、雪道には血にまみれた指がたくさん落ちていたそうです。近くの屋敷から襲撃の一部始終を目撃していながら知らぬ顔の半兵衛を決め込んだ藩があって、お咎めを受けたとか。そうした事実を「桜田門外ノ変」を読んではじめて知りました。淡々と記されていても事実の重みで迫力にとみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これから幕末あたりを色々読み進めてみようと思っているので、こういった作風の作家を教えていただけるととても助かります!
是非読んでみたいと思います。
淡々としているからこそ、胸に響くものがありますよね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/20 20:51

どうも今晩は!



>子母澤寛の新撰組三部作のような「史実を淡々と書き連ねてる倒幕派側の小説」

新撰組幹部の生き残り隊士である永倉新八の語り残した『新撰組顛末記』はいかがでしょか。
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E6%92%B0%E7%B5 …

小説ではありませんが、同じく永倉新八の幻の手記『浪士文久報国記事(永倉新八日記)』と、
『島田魁日記』を細かく解説した『新選組日記』もお薦めです。
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E9%81%B8%E7%B5 …

ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新撰組生き残り隊士の小説や手記があるんですか!驚きました。
丸々倒幕派の小説を探していたのですがこれは嬉しいです。
早速書店で探してみます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q新撰組の小説

新撰組の小説を読みたいと思っています。
あまり古臭い、おっさんくさい感じのしないもので…。
ラノベ系でも構いません。
史実に沿ったものでもパロディのようなものでもいいです。
お勧めがあれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

秋月こお 「青春新撰組 BARAGAKI!」 全2巻(角川書店ASUKAノベルズ)
「壬生狼伝」 全3巻 (小学館パレット文庫)!BLです!
秋山香乃 「近藤勇」 (時代小説文庫) 「新選組藤堂平助」 (文芸社)
「新撰組捕物帖 源さんの事件簿」「諜報新撰組 風の宿り」 (河出書房新社)
「総司炎の如く」 ( 日本放送出版協会)
「歳三往きてまた」(文芸社)
出海まこと 「鬼神新選 京都編・東京編」 (電撃文庫)
岳真也 「沖田総司 血よ、花と舞え」(学習研究社)
「土方歳三 修羅となりて北へ」(学習研究社)
北方謙三 「黒龍の柩」 全2巻 (毎日新聞社)
絹川亜希子 「新選組異聞 火取虫」 (集英社ジャンプJブックス)
楠木誠一郎 「妖珠の覇王」全3巻(中央公論新社Cノベルズ)
つかこうへい 「幕末純情伝 龍馬を斬った女―つかこうへい演劇館」(光文社文庫)
辻真先 「北辰挽歌 土方歳三海に戦う」(学研M文庫)
「土方歳三、参る! 幻影五稜郭」(光風出版社)
藤堂夏央 「あさぎ色の風」「あさぎ色の風きざはし」「あさぎ色の風くれない」(集英社コバルト文庫)
富樫倫太郎 「箱館売ります」「美姫血戦」(実業之日本社)
刀能京子 「武州にねむれ―幻影箱館戦争」(新風社)
中場利一 「バラガキ」(講談社)
中村彰彦「いつの日か還る」(実業之日本社)
並木さとし「影の新撰組・紫苑―花の噂・土方だけが知っている!?」(集英社スーパーダッシュ文庫)
萩尾農 「土方歳三散華」(アース出版局)
長谷川つとむ 「土方歳三 見参」(東洋書院)
森雅裕 「会津斬鉄風」 (集英社文庫)
ゆうきりん 「群狼の牙 天罰党始末」「群狼の牙 禁門の政変」「群狼の牙 池田屋襲撃」(集英社コバルト文庫)
吉田 直 「FIGHTER」(角川スニーカー文庫)

秋月こお 「青春新撰組 BARAGAKI!」 全2巻(角川書店ASUKAノベルズ)
「壬生狼伝」 全3巻 (小学館パレット文庫)!BLです!
秋山香乃 「近藤勇」 (時代小説文庫) 「新選組藤堂平助」 (文芸社)
「新撰組捕物帖 源さんの事件簿」「諜報新撰組 風の宿り」 (河出書房新社)
「総司炎の如く」 ( 日本放送出版協会)
「歳三往きてまた」(文芸社)
出海まこと 「鬼神新選 京都編・東京編」 (電撃文庫)
岳真也 「沖田総司 血よ、花と舞え」(学習研究社)
「...続きを読む

Q『小説の書き方を教えて下さい』という質問について。

このサイトのような質問サイトや2chなどの電子掲示板において、
『小説の書き方が分からない』『小説の書き方を教えて下さい』
という質問がたびたび単発でなされますが、
実際の作家に「小説の書き方はインターネットで質問して知った」と公言している人はいるのでしょうか。
つまり、ネットで小説の書き方を質問した人が小説家になれた例はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとしなければ、無制限に自作を世界中に公表できます。
 ふつうの仕事をしないで文学だけに取りくむ作家よりも、現実生活の
あいまに書きつづける、アマチュア作家が主流となるでしょう。
 
 むかし書いて売れた人や、これから小説を書きたい人、いま書いても
出版できない人などが、小説家を名乗っても、なんら差支えありません。
 名刺に「writer」の肩書を付けても、どこからも非難されません。
 
 タウンページの「著述業」に載せることも可能です。
http://members.at.infoseek.co.jp/nk5wada/chiteki20000421/00675_00000/00211_00000.html
 職業分類体系 19991210 知的財産権判決速報
 
 よく当る宝くじ売り場について質問した人が高額当選する可能性は、
ゼロではないにしても、聞かなかった人より多くはならないでしょう。
 ただし、パソコンの情報なしに生きる現代人は、絶滅するはずです。
 

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとし...続きを読む

Q『新撰組血風録』 その他時代小説について

新撰組の創作小説を書きたいのですが、時代小説って今まで読んだ事がなく、その時代に出て来る物の名前(例えば現代なら布団ですが、褥って言いますよね?)が分かりません。

また、切り合いのシーンなどの表現方法も苦手です。

なので、参考に出来る小説を読みたいのですが、活字あまり得意ではないので、難しくなく且つ上記の悩みを解決出来る時代小説ってありますか?

『新撰組血風録』 著者 司馬遼太郎 を読んでみようか思いますが、上記の点は参考になりますか?

Aベストアンサー

個人的には池波正太郎さん全般がいいかと。
司馬遼太郎さんも楽しいのですが、いかんせん脱線が多いように思います。
(視点もやや独特かと)

時代劇小説の名詞はすべて当時のものとは限りませんよ。
明らかに読者が分からないであろう言葉、習慣などは文中にて説明がなされていることが多いです。
(Ex.今でこそ○○は××だが、当時の○○は… など)

特に池波正太郎さんは伏線の登場人物が再登場する際は必ず説明を付けるなど、高齢であろう読者への配慮があります。

基本的に現代の小説と大きな差はないように思います。
やはり描写と当時の資料などの研究が大事でしょう。

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Qたぶん、新撰組関連のお話だと思うのですが。

たぶん、新撰組関連のお話だと思うのですが。

「五月雨だ、ぬれていこう」という台詞がある小説のタイトルと、
 その台詞を言った人物を教えてください。
 わたしは、燃えよ剣の土方歳三だったと記憶しているのですが、
 なかなかその台詞をみつけられません。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 新国劇の芝居「月形半平太(つきがた はんぺいた)」で、行友李風作の戯曲です。
 長州藩士の勤王の志士・月形半平太が、主人公です。

 映画やテレビドラマにもなった有名なセリフですが、「五月雨」ではなく、「春雨」です。

 雛菊「月様、雨が…」と、傘を差し出す
    月形「春雨じゃ、濡れて参ろう(濡れて行こう」

 そのモデルは、桂小五郎(後の木戸孝允)、または土佐藩士 武市半平太とも言われています。
 私は、桂小五郎だと聞いてました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%BD%A2%E5%8D%8A%E5%B9%B3%E5%A4%AA
http://plaza.rakuten.co.jp/yuaikoubou/diary/2004-04-13/

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Q新撰組・斉藤一の後半生を描いた小説

昔読んだ小説で、新撰組の斎藤一が主人公で、警視庁~西南戦争のころを詳しく扱った小説があったと思うのですが、作者もタイトルも思い出せません。
またちゃんと読んでみたいのですが、どなたかご存じないですか?

Aベストアンサー

 
『明治無頼伝』
【中村 彰彦】著
角川書店 刊(角川文庫)
2000年の出版なので、絶版してるかも。


『新選組副長助勤 斎藤一 』
【赤間 倭子】著
学習研究社 刊(学研M文庫)
2002年の出版なので、絶版してるかも。

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。

Q小説がテーマになっている小説

 手紙が物語展開の中でカギになっている小説がよみたいなぁと思っています。
 東野圭吾『手紙』や宮本輝『錦繍』は読んだのですが、その他なにかおもしろいものがないかなあと探しています。
 重いもの、軽いものなんでも、あれば教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

夢野久作「瓶詰めの地獄」
戦前の短編小説ですが、彼の代表作のひとつです。
一度読んだら忘れることの出来ない、不気味な味わいです。
絶対おすすめです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報