人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

世の中は全て物理的な運動の集合体です。
ビリアードでのブレイクショットのように世界は運動の連鎖によって構成されています。
ここで計算の神がいるとします。
この神はあらいるものをを完璧に計算できる力を持っています。
それは人間が測定できないような微塵の狂いもない計算です(カオス理論抜きで考えてください)。
この神にかかれば木から葉っぱが落ちる動きもビリヤードでの玉の動きも完璧に予想できます。
この神はビックバンが起こった時、そのエネルギーやらなにやらを計算して地球という惑星が生まれる事も計算できます。
そしてその地球がどのようになるかもビックバンが起こった時点で計算できるはずです。
さらには人類が生まれる事、そして僕が生まれる事も計算できるはずです。
脳は物体です。意識は脳の中にあります。ということは意識とは物体です。
ニューロンやら何やらありますが意識も例外ではなく物理的運動のはずです。
という事は考えも物理運動になるはずです。
僕が今考えている事はビックバンが起こった時点で計算する事が出来るはずです。
では僕は自分の力で考えているのかが怪しくなります。
勿論僕は自分で考えていると思っています。
でもそれは、良くわかりませんが脳の中でA地点からB地点に電気が流れたり、そんな事の連鎖です。
それならばそれは自分で考えているんじゃなくて電気が動いてるだけという事になります。
なんともうまく伝えられないのですがよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

『「無心」の正体』に思いを馳せてみて下さい。

    • good
    • 0

大丈夫ですよ私が証明してあげました。


この世は存在しないとhttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa3049327.html
    • good
    • 0

ご安心下さい。

ソンナ事は有りません、たぶん(笑。
>世の中は全て物理的な運動の集合体です。
将来、その様な事が、証明される日が来るかもしれませんが、
たとえ証明されても、思考が解明されるとは限りません。

思考は記憶に還元されます、記憶がなければ、意識も何もありません。
そこで、脳の中で、ニューロンの発火や、神経伝達物質の驚異的な精密さを分析しても、それだけのことです、記憶そのものは、ニューロンの発火では説明できません、0101と続けても、システムが予想されますが、だからといって、記憶やクオリアが理解できるわけではありません。

つまり、記憶・クオリア等は物質ではありません(恐らく)、
従って、あなたの仰る「神」と言うのですか何だか知りませんが、
その計算とは、関係がないのです。
さらに、脳の機能は、代替性や可塑性があり、機能しなくなったり使われなくなると、他の用途に利用できると言う、優れものです。

これで安心できましたか。
それでもご安心できない方に、おまけ。
「しかし現代の物理学は、自然の法則的な姿ばかりをあつかっているわけではない。宇宙を、歴史をもち、進化するものとしても理解しようとする。ビック・バン理論によれば、宇宙は、混沌とした高温高圧のちいさなガス状からはじまり、最初の数マイクロ秒のうちに急速に膨張した。この最初のインフレーションによる膨張がおわっても、宇宙はよりゆっくりとではあるが膨張をつづけて自己発展し、現在の宇宙状態まで進化してきたといわれる。
その膨張過程のなかで、まずクォークから陽子・中性子といった核が生成され、その核反応により軽いヘリュウムやリチュウムなどの原子核ができた。・・・力にしても同様であり、宇宙のはじまりのときはただひとつしか存在していなかったものが、宇宙が膨張して冷えていくにしたがって、重力、電磁気力、強い力(相互作用)弱い力(相互作用)に分離していったとされる。物質間にはたらく力も進化し分岐したのであり、宇宙を統べる神の法律のように最初からおなじかたちで存在したのではない。」
(『エコロジカルな心の哲学 ギブソンの実在論から』河野哲也)
    • good
    • 0

そうですね。

科学で物事を示そうとばかりするとそういう考えにいたっ
てもおかしくないですね。
簡単ですが自分が意識の中でしか物事を捉えられないと知った瞬間それ
は自分で考えているもので・・ということに気がつきましたね。
自分以外の考えが追随しているのだとユングが言っていましたが必然と
偶然は表裏一体(シンクロニシティ理論)だと意識と法則もおなじだと思
います。魂の次元では自分で考えていても物理の次元では物理法則に乗
っ取って動いているそれが表裏一体になっているということだと思います。
    • good
    • 0

「思考」の定義ですが、一応脳の電気運動を指して「思考」と命名されています。


思考は脳の電気運動だから思考じゃない!というのは誤りです。
思考は物理的なものではないと仰るなら、霊的・超物理的なものですよね。
でも、それはただのオカルトでしょう。

自分が今後行動することが“全知全能のもの”に算出されると
何か不都合なことがありますか?
あと、「あなたの判断はあなたの意思で行ったものではない」と
誰かに判断してもらうまでどうするつもりですか?

いいじゃないですか、算出できても予定されていても。


最後に、嫌がらせにさらに不安にさせる材料を1つ(爆)
>それならばそれは自分で考えているんじゃなくて電気が動いてるだけという事になります。
ならば、あなたは存在しているんじゃなくてそこに原子と電子が固まっているだけという事ですね。
量子力学では、そこに粒子が存在しているかは確率で求められます。

 あなたは間違いなくそこに存在していますか?
    • good
    • 0

>ここで計算の神がいるとします。


>この神はあらいるものをを完璧に計算できる力を持っています。
>僕は自分の意思で物事を考えているの?

俺も高校生ぐらいの時にそういう不安に襲われましたが
2秒ぐらいで解決しました

計算の神ってラプラスの魔って奴ですね
そんなもんは居ないので貴方は貴方の考えで動いています
誰に操られてるわけでもありません
質問者さんの思考は間違いなく脳の電気信号ですが、
そんなフクザツなものを卑怯にも操ったり予測できるヤツは存在しません。
だからあなたは自分で考えています。
浅はかな答えのように思えるかもしれませんが、、
    • good
    • 0

自由意志と決定論について考えられているのだと思います。

スピノザ的ですね。ものごとにはすべて原因があり、その連鎖の中に<わたし>がある以上、自由意志とはどこにあるのか。すべてが決められているようで、一方で思考している自身はいる。カントという人は、この状況の中でいかなる形で「自由」がありうるのか、を考えたのです。よかったら参照してみてください。
    • good
    • 0

結構本質的な問題ですが、一番の問題は自分というもののとらえ方でしょう。

自分とは何かというのは答えがない問いだと思います。もうひとつはビッグバンのはるか遅れて自分というのが現れたとするならばビッグバンの変化したもののひとつが自分であると考えればよいのではないでしょうか。何か自分で考えるというのが自分がはじめから存在するという前提で考えるからはなしがこんがらがってくるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

真摯な問いで好感を持てますね。



 それは、予定調和説、宿命論という考えです。ライプニッツの「単子論」が有名です。

 まず、脳の中で電気が動いているだけで、自分は考えていないのではないのかという意見ですが、それは、思考に伴う現象に関して言っているだけで、思考をしていないと言うことにはならないと思います。

 では、摩擦すると熱が発生しますが、熱が発生しているだけで摩擦をしていないと言えるでしょうか。思考に伴う現象として、脳に電流が流れているということではないでしょうか。

 予定調和で全てが決定されている話ですが、それらは思想、信仰の問題ですね。それは実存主義で解決するもよし、独我論で行くもよし。それは貴方の選択で決定されます。

 根本的な事を言いますが、その「計算の神」は誰が生み出したんでしょうか。ビックバンは何のエネルギーで、生まれたのでしょう。宇宙の始めは、「無」であった筈ではないかという疑問が出てきますよね。
    • good
    • 0

> ここで計算の神がいるとします。


> この神はあらいるものをを完璧に計算できる力を持っています。

 でも、計算しなかった、なんてオチが付くと逃げ道になりますから、「その神は計算して宇宙を作った」という所まで明示的に仮定に入れておくべきですね。

 で、そういう仮定をおいた時点で、自由意志など無いという結論は出てきますね。で、それのどこが問題なんですか? あなたがどう思おうが、そう思う所までが計算されているのだから、不思議も矛盾もありませんよ。

 ともあれ、所詮、仮定です。
 その仮定を、あなたはどうやって証明するのですか?
 証明できない仮説は、ある意味言葉の遊びですね。
 にもかかわらずの仮説が正しのだとする気持ちがある場合、人はそれを「信仰」と呼びます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング