マンガでよめる痔のこと・薬のこと

以前、祖母が病院で手術を受ける前、母は「適合する血液が見つからないかもしれない」と医者に言われたそうです。
後でその話を聞いた私はてっきりAB型のRh-だったのかと思ったのですが、どうやら違うようで…。血液型はAB型のRh+でした。
タイトルの通り、祖母の血液は「自分の血を輸血しても合わずに、固まってしまう特殊な血液」とのこと。

これは何か特殊な血液型なのでしょうか?
それとも、血液型とは関係なく別のところに問題があったのでしょうか?
最終的に適合する血液が見つかったようで、手術は問題なく終わり、母もそれ以上は聞かなかったようなのですが、どうしても気になります。
そして、これは遺伝するものなのか…。
分かり難い文章の上、情報が少ないかも知れませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると幸いです。

A 回答 (1件)

専門家ではありませんが、DICといって全身で血栓ができる病態があり、医師の話が適合するのはこれのようです。

DICでググってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。
調べてみましたが、こちらとは違うようです。病気という訳では無いですし…。
でも、回答していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/28 23:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング