加藤紘一さんの「乱」があってから、結構テレビで政治ニュースに興味を持って見入るようになりました。政治家にくっついてる背広の男の人たち、政治記者なんですってね。毎日どんなことをしているのですか。くっついて歩いてうるさがられませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

政治部の記者は、マスコミの花形記者です。


テレビにあるように、担当する政治家にくっついて色々話を聞いたり、
記者クラブに詰めて情報をかき集めたりしているようです。
また、「夜討ち朝駆け」とかいって、
政治家の自宅などに転がり込んで、あれこれ話を聞き出すのもその役目。
ハードな分、新聞のトップを飾る記事が書けますからね、
目立ちますし、相応の能力も求められるのでは。
政治家の方も、記者を邪険に扱うと痛い目に遭うはずです。(森総理がいい例)
仲良くなれば、逆に記者から情報を得られることもあるようですから。
そんなわけで、マスコミによってはつながりの深い政党などもあるので、
情報を受け取る方はその辺慎重に扱わないとですよね。

社会部の方のですが、記者の一日の流れみたいなのがのってるHPです。
参考になりますかねえ?

参考URL:http://www.asahi.com/cinfo/saiyou/day_noda.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見ました。面白かったです。金魚のフン、なんて思いながら記者の皆さんを眺めてたらイケナイのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 04:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新聞記者と通信社記者の違い

現在就職活動をしている者です。
来週、新聞社と通信社の記者職の両方を受験する予定ですが、
両者の仕事の違いにつき、あまり詳しくわかりません。

通信社の場合は、自前の紙面を持たずに主に地方紙に配信するのが仕事のようですが、具体的に記者の業務として新聞社とどれほど違いはあるのでしょうか?
企画モノや連載記事は新聞記者の方が書く機会が多いようなイメージはあるのですが、どうでしょうか。
やりがいなど違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

締切時間が重要かどうかが違いではないでしょうか?通信社の場合は、地方紙への配信も重要ですが、事件が起こったら、直ちに配信するため、速報性が新聞社以上に求められます。
新聞社の場合は、締切時間を意識した仕事が求められます。締切時間は、販売店に新聞が到着する時刻から計算して設定されており、どんなにスクープやいい記事を取材しても、締切時間が過ぎていれば、それには価値はほとんどありません。
ただ、最近は、新聞社もインターネットに力を入れてきており、自社のホームページで速報を出したりしていますから、だんだん速報性も重視してきているようになっていると思います。
また、企画物は通信社でも執筆して、地方紙に配信しているはずです。

Q社長の背広を預かる時の言い方は?

某メーカーで社長の秘書のようなことをやっております。
そこで度々疑問に思うことがあり、質問させていただきます。

朝、社長が出勤し、社長室に入った後にお茶だしをします。
その際社長のコートや背広が置いてあるので、それを持って出てハンガーに掛けるのですが、無言で持っていくのもなんですし、何か一言声を掛けたいと思っています。

先輩に聞いたところ、「お下げしてもよろしいですか?」という聞き方が良いとのことでした。今のところその言い方で通しています。ただ、色々と調べてみたのですが、これが正しい、という言い方が載っている媒体がありません。

とても些細なことですが、毎朝のことですので、気になったままでいるよりはと思い、質問させていただきました。

皆様のお知恵をお借りしたく、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

無言では持っていかない方がいいと思います。
というのも、男性はポケットに財布が入ったままのことが多いので、
万一、なくなったなどのトラブルがおきたときのためです。(ビジネスマナーで習いました)
私のボスは自分でかける人でしたので、たまにだったのですが
「コート(上着)失礼いたします」と声をかけてからかけておりました。
中には他人がさわるのを嫌いな方もいます。
他の方のおっしゃる通り内々のルールはあると思いますので一概にはいえませんが。
「お下げしてもよろしいですか?」の文言については、
主観ですが「下げ渡す」につながるような気がして私は使いたくない言葉です。
ですが、先輩の助言ですから、使わないというわけにも・・・
その先輩がいる時には気を使ったほうがいいですね。
秘書職は周りとどれだけ上手くできるかが大切ですから。

Q背広の所有枚数について

私は今まで私服での仕事しかしてきませんでした。これからは背広を着ることになりそうです。
そこでお聞きしたいのですが、背広やシャツ、スラックスなどは何枚くらいもっているべきなのでしょうか?
皆さんの所有枚数も参考までに教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

背広とスラックスの別で考えると組み合わせ次第になってしまうので、答えようが無いですから、スーツで考えた場合にはクリーニングに出す事を考えて3着から4着あれば大丈夫だと思います。
最低でも2着はないとクリーニングに出すタイミングがなくなってしまうでしょうね。
シャツは1週間に出勤する日数が5日なら5枚と予備で1枚あればいいのではないでしょうか
それより少ないと週の途中で洗濯するしかないので。
ネクタイも3~5本くらいはほしいですね。

Q記者発表のやり方

私、半導体関係のベンチャー企業で働いている者です。この度、新開発した製品(技術)の発表を予定しております。

投げ込み的なプレスリリースの手法については、WEBや書物より情報入手ができたのですが、実際に記者様を招いて行なう記者会見のシキタリ(記者会見の何日前に、記者の方に告知したら良いのか/記者会見で発表する内容を記者会見の告知の段階でどの程度開示すれば良いのか等)が全くわからず大変困っております。

もし、記者会見のシキタリをご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスを頂戴致したくお願いいたします。

Aベストアンサー

これは、物が何か、対象がどこかによって、
ものすごく手順が違いますし、
新製品のPRなのか、新技術のPRなのかでも違います。

仮に、新製品で、対象はメーカーの設計者
物は回路図から即ウエハー図面を作るソフトだとしましょう。

この場合、相手はメーカー関係者ですから、
読んでいる雑誌が媒体になります。
デザインウェーブとか、トランジスタ技術あたりでしょうか。
それから、日経エレクトロニクスなんかも良いですね。

ターゲットが決まったら、
記者会見ではなく、写真と概要を編集部に送ってみて下さい。で、相手が興味を示せば、個別に説明です。
内容は一斉に送る必要があります。
よそが記事にした物を後追いで記事にするのは
気分が悪いですから.....

この手の物には、「記者会見」という形は
あまりありません。

でも、どうしても記者会見をしたいのでしたら、
数週間前に告知&2日前にメールで再度連絡、
もしくは、1週間前に告知 のいずれかでしょう。
お昼を出すか、粗品は用意しましょう。
それ以上の物を要求する記者(必ず居ます)は
無視したほうが安全です。
(あとあとたかられます)
内容は、概略を隠さずに書いておきます。
そうでないと、来てくれないからです。

あ、この場合も商品の写真は用意するべきです。
案外、現地で映した写真って
変な映り込みが有って使えないので。

これは、物が何か、対象がどこかによって、
ものすごく手順が違いますし、
新製品のPRなのか、新技術のPRなのかでも違います。

仮に、新製品で、対象はメーカーの設計者
物は回路図から即ウエハー図面を作るソフトだとしましょう。

この場合、相手はメーカー関係者ですから、
読んでいる雑誌が媒体になります。
デザインウェーブとか、トランジスタ技術あたりでしょうか。
それから、日経エレクトロニクスなんかも良いですね。

ターゲットが決まったら、
記者会見ではなく、写真と概要を編集...続きを読む

Q新聞記者の方々との付き合い方

こんにちは。新聞記者や雑誌記者の方々との付き合い方について教えてください。
企業にとって、新聞や雑誌に自社あるいは自社製品について取り上げてもらうことは大変ありがたいことですが、新聞記者や雑誌記者の方々と良好な関係を保つにはどのようにしたらいいのでしょうか?新聞記者や雑誌記者の方々のニーズや考え方、どのような対応をしたら好まれるのかご教授いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中には接待すれば良い記事を書いてくれると勘違いする方(記者対応をしたことない方に限って勘違いが多い)もいるのですが、記者が一番喜ぶのは「面白い情報」です。
自社に限らず業界情報に出来る限り精通し、記者に「この人にコンタクトとるとメリットがあるな」と思わせることが一番です。
あとは迅速な対応が重要です。取材依頼、質問があった場合、対応できるできないに限らず、なるべくはやく返事をしてあげることです。
広報にとって記者は大切なお客様なので、丁重な対応をしてさしあげるのは重要ですが、そうかと言ってこちらが下手に出る必要も全くありません。答えられないことを言われた場合、毅然とした対応をすることも必要です。
タイトルを忘れてしまったのですが、日刊工業新聞社から同社の記者が書いた広報担当者向けの本が出ています。普通の広報マニュアルより、記者が広報担当者に望むことが本音で書かれている本なので、とても参考になりますよ。
広報は社内外から厳しい目が向けられる仕事なので、すごくストレスもたまりますが、がんばってください。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報