【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

和室天井のリフォームを考えています。壁は珪藻土を塗りました。
天井はできれば木のパネルみたいなものを貼り付けたいのですが、今の天井がベニアのようなものに木目がプリントしてあるようなものなので強度が心配です。
また、何で貼り付けていくのかもわかりません。素人のため釘を打っていくのは難しいと思います。ボンドでは落っこちてこないか心配です。
木を貼るのは素人では難しいでしょうか?難しければ、紙は避けたいので、天井も珪藻土を塗るしかないかと思いますが、他に何かいいアイデアがありましたらあわせてご教授願えると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

通常は既存の天井の板をはがして代わりの板を張っていきます。


天井の板をはがすと、天井下地が見えますからそれに釘で打ち付ければOKです。
ただしたから上に向けて打ち付けることになるので、結構大変です。
ビスの頭が見えてもよければ、ビス+電気ドライバーという組み合わせが考えられます。一人作業は大変なので2人でやると仕事ははかどります。

ビスの頭を隠したい場合にはインパクトドリルなどで少し頭を沈めて、同色に着色したパテにて埋める方法もあります。
    • good
    • 5

木のパネルは、無垢材で小さい材料?


(一枚の重さが、軽くても全体に貼ると重くなる)
長尺物の材料?天張り用若しくは壁用(軽いもの)
寄木?   (900X900X9)
(パネル) (600X900X9)
      (1800X900X9)
桐材の寄木は、湿気を吸うと反りやすい
厚み2mm位の両面テープとシーリング材の併用
(粘着力のあるテープ)
薄い両面テープは、X
シーリング材は、はみ出さない様に!後で拭き取れない
接着面は、汚れを取ってから!
現状の天井材に逆らって貼り進める。

現状の天井材が、ベニア材であれば スリムビスの長さ30mm位で
止めたほうが、よろしいかと思います。

  
    • good
    • 0

和室は天パックです。

プラスターボードに木目シート又は薄いベニア板の両サイドと等間隔に補強の入った物に木目状の紙(シート)を張った物です。恥から順番に差込910ピッチで吊って有りますボードの重ね張りはやめた方が無難です。軽い岩綿吸音板など接着剤とタッカーや仮釘等で貼り付けるのも良いかも知れません。廻し縁、見切りは後で遣ってください。天井の左官仕上げは難しいです(下地処理後敢えて凹凸模様や櫛、刷毛引き模様のようなデザインにすれば良いかもしれません。天井を組み直しても難しくは有りませんが、解体は周囲を傷つけないように注意して下さい。
    • good
    • 2

通常和室の天井は、打ち下げで作られており


洋室のように、打ち上げ天井ではありません、

まず天井裏に入って下地を確認してください

まず木のパネルを張り付けるのは無理です、天井板は2.5mmのべニアで釘やビスなどは効きません、
下地も回し子の所には有りません(壁と天井の境目にある木)
また珪藻土にしても、天井の表面はプリントですから付かないと思います、
下地シーラ塗って持つかな?

天井板を取れば、和室天井の全解体になり下地から組み直さなければなりません、

クロス程度なら出来るかも知れませんが、下地シーラなど塗る必要が有るでしょうね
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q和室天井へのベニヤ重ね張りについて

和室の天井が、化粧合板、俗に言うラミ天なんですが、
この上からシナベニヤの4mmか5.5mmを重ねて張ろうと思っています。

ビスや釘はほとんど効きそうに無いので、建築内装用ボンドG10等で張ろうと思うんですが、
ボンド(と乾くまでの仮固定用の釘)だけで問題ないでしょうか?

ちなみに、屋根裏に上がってみたところ、だいたい900mmピッチで下地の木が入っていました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベニヤを貼ってそれを化粧とするのか、クロスの下地としてお使いになるのかそこがよくわかりません。

化粧とするのなら、シナベニヤ自体きれいな木目なのですが、枚単位で木目柄がひどく変わりますので、見るに堪えない仕上がりが予想されます。
張り付け自体は、軽いものなので、ボンド、仮釘程度でいけるでしょう。貼り継のところを、よほど丁寧にくっつけないと、踊るでしょう。

下地として、貼る目的なら、薄いベニヤでは不可です。ビスが沈まないから。。。継ぎ目が踊るので。
PB9mmが一番適しているのですが、重量がありますので、ラミネート天井(通称、底目天井)では、もちに不安があります。

ここは、継ぎ目のなり と軽量を考えて、5.5mmで施工されたらいかがですか?ビスは使わず、ボンドとエアフィニッシュを使えば、手早くできます。 

見上げの作業、足場もいりますので、考える以上にしんどい仕事なのと、準備に手間がかかりますね。

Q和室の天井を張り替える場合

昔風の板がむき出しの天井が痛んでいるので業者に頼んで張り替えようと思いました。6畳間だと金額はどの位掛かるのでしょうか?

Aベストアンサー

洋室の天井ならば安いのですが、和室はビンキリですので費用推定も難しいのです。吊り天井の枠がダメになっていたら費用は別ものです。
積算資料によると大建工業の和室天井セットだと材料費が15万円となっています。大工手間が2日として6万円。工務店の利益が3割とすると、27万円と言う計算になります。材料を一番安いプリント合板まで落とせばもっと安くなると思います。
見積りはタダですから、気軽に工務店で見積りをしてください。

Q素人が和室の天井板を外しても元に戻せるでしょうか?

1Fから2FにLANケーブルを敷きたいのですが、ケーブルを露出させたくないので、和室の天井裏を通ってLANケーブルを敷くことができるか確認したいと考えています。
和室の天井板は、”目透かし”というタイプのようです。インターネットで天井板材を販売している会社のホームページで接合部の形状を確認したところ、接合部を上に押せば天井板は外れそうに思えましたが、外したは良いが、取り付けられなくなったら困るので、どうしたものかと思い、質問いたしました。

素人が和室の天井板を外しても元に戻せるでしょうか?
取り外し方や取り付け方を説明しているホームページをご存知であれば、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天井板は、上から小さな釘で留めています。
留めている釘を抜けば、天井板は傷んでしまいます。
外すときは、張り替えるときだけです。
素人には無理と思ってください。

押し入れの天井から、天井裏にもぐれる場合がありますが、和室の天井は弱いのであがることができません。
天井裏の梁が大きければ、移動もできません。
押し入れの天井から2階にケーブルをあげることができるくらいです。

Q天井を綺麗にしたいです

素人の趣味的に、築32年の和室を洋風にリホームを始めてみました。
ペンキ塗りや壁紙貼りは、したことがあったので、少しづつなら
私にもできるなと、タカをくくっていたのですが
天井に取りかかった瞬間、早くも暗礁に乗り上げてしましました><

問題の天井は和室によくある木目調の板を6枚張り合わせてあり
板と板の間は溝がある感じです。(竿縁天井と言うのでしょうか?)
その上から塗装などしていないのに、なぜか、こげ茶のペンキが
剥がれている状態になっていますΣ

拭いてみると、ほんとうにペンキが剥げるようにポロポロと落ちる状態で
雑巾につきます。
色は、茶色、かなりホコリ臭いです^^;
ホコリとヤニでコーティングされているような感じなのです><
重曹で擦ってみたのですが、脚立に乗って雑巾で擦ったのですが
労力の割りには汚れが落ちず、疲れてしまいました。

この状態から綺麗にリホームするまで、下記の質問にお答えいただけると
嬉しいです。

(1)↑の状態の天井のガンコな汚れを落とすには、どんな洗剤などが
 落としやすいか。便利グッズや、こうした方が楽に掃除できるなど
 教えてください。

(2)一人でやるので、パネル式の天井紙を貼るか、塗装するか迷っています。
 どちらの方が、失敗が少ないでしょうか?また、他にも簡単に
 リホームする方法があったら、教えてください。
 
どちらか一つで、かまいませんので、どうぞよろしくお願いします。

素人の趣味的に、築32年の和室を洋風にリホームを始めてみました。
ペンキ塗りや壁紙貼りは、したことがあったので、少しづつなら
私にもできるなと、タカをくくっていたのですが
天井に取りかかった瞬間、早くも暗礁に乗り上げてしましました><

問題の天井は和室によくある木目調の板を6枚張り合わせてあり
板と板の間は溝がある感じです。(竿縁天井と言うのでしょうか?)
その上から塗装などしていないのに、なぜか、こげ茶のペンキが
剥がれている状態になっていますΣ

拭いてみると、ほんとう...続きを読む

Aベストアンサー

■No1さんのおっしゃるとおり、天井は合板なのでしょう。表面の化粧層がはがれてきたのだと考えます。

■板で覆ってしまうのが最もよいのですが、素人ではやはり難しい作業です。それは最後の手段としてとっておいてもよいでしょう。

コストと労力から下記の手順をお勧めします。

(1)汚れというよりはがさなくてはなりませんので、ケレン道具という幅広いヘラのようなものがホームセンターで安く売っていますので、それでジャーッとこそげ取ってしまいます。下にパラパラ落ちますので掃除は必要ですが濡らしたりせずに乾燥したままできるのでそれほどの労力ではありません。ケレンをしっかりすると塗装も楽できれいです。

※この種の板や合板の汚れは液体の洗剤や洗浄水では落ちませんし、滲み込んでまうので不適当です。汚れを取るのではなくて、凸凹をはがすようなイメージです。もちろんケレンをした後はマダラ模様になっていると思いますが、これはその上に塗装してしまうので問題はありません。

(2)塗装をお勧めします。マスキングをしっかりすれば難しくはないでしょう。塗装が失敗したら次の機会にその上から天井紙を貼ることもできますし、板を張ることもできます。

■No1さんのおっしゃるとおり、天井は合板なのでしょう。表面の化粧層がはがれてきたのだと考えます。

■板で覆ってしまうのが最もよいのですが、素人ではやはり難しい作業です。それは最後の手段としてとっておいてもよいでしょう。

コストと労力から下記の手順をお勧めします。

(1)汚れというよりはがさなくてはなりませんので、ケレン道具という幅広いヘラのようなものがホームセンターで安く売っていますので、それでジャーッとこそげ取ってしまいます。下にパラパラ落ちますので掃除は必要ですが...続きを読む

Q天井の張り方

天井に910×455のジプトーン貼りたいのですが、張り方教えてください、ドウブチの方向とジプトーンの貼る方向、交互に貼るには最後のジプトーンの寸法がみな同じになるのか、天井のサイ3メートル40×3メートルです図で書いてもらうとわかりやすいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吉野石膏のHPを見るとある程度わかりやすいと思いますが、
資料請求でカタログをもらったほうが施工方法なども記載されています。

参考URL:http://www.yoshino-gypsum.com/index.html

Q目透かし天井をクロスの天井に変えたいのですが、どのようにすれば良いので

目透かし天井をクロスの天井に変えたいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?

また目透かしに直接クロスを貼るはやはり駄目でしょうか?

Aベストアンサー

目透かし天井ははなんですか
化粧石膏ボ-ド 杉柾とかですか
それとも軽カルとかですか あまりないとは思いますが
建物は木造りですか  鉄筋コンクリ-ト造りですか 鉄骨ですか
木造りだと天井下地は木になりますし
鉄筋コンクリ-ト造り 鉄骨造りの場合は軽量鉄骨下地になります
通常は石膏ボ-ド9.5mmをはり下地処理をします
なぜかというとせっかく不燃化されたものにわざわざベニヤ等をはると火事が起きた場合に
当初もえにくくなっていたのを燃えやすくするためです
鉄筋コンクリ-ト建物でも鉄骨建物でも木造りでも補強は可能ではないかと考えております
天井下地部分を補強してはるのが普通だと考えております
目透かし部分に下地処理しても、やがてはがれエアがはいりふくらむと思います
クロスは当然伸縮します
しわ等が発生します
現在壁入り隅部分をわざとクロス接続しないで、コ-クボンドをいれるのはそのためです

Q竿縁天井を洋間の天井に

DIYで6畳の和室を洋間に改装しようと思っています。天井は竿縁天井ですが洋間に合う天井に変える、お勧めの(簡単な)の方法を教えてください。
アマチュアですが床の張り替え、壁紙の張り替えなど経験し、電動工具などもかなり使えます。

Aベストアンサー

No1さんのほかのもう一つの方法として
いわゆる吸音板(きゅうおんばん)を張るという手があります。
1尺×2尺(303mm×606mm)の天井板で「いち・に の天井」とか「いち・に のテックス」と呼んだりします。
野縁(のぶち)の下に板野縁(4m×15mm×50mm位で いたどうぶち・ヌキのふたつわりとも言う)を
約150mm間隔でうちつけ 1×2の天井板をさしこむ感覚で張って行きます。
(これから先張り替えないのなら 念のためボンドも使ったほうが良いです。)
中心から張ると両サイドの幅がそろってきれいに仕上がります。
最後は回りぶちをまわして出来上がりです。
板野縁の代わりに5.5mm位のベニアを捨て張りする方法もあります。
参考URLのRシリーズ・拭天シリーズ・しずか400シリーズが適当ではと思いますが写真があまり鮮明ではないのでデザインがよく見えないようです。
近くに材木店等の販売店があればカタログで確かめられると思います。施工法もたずねられたら良いと思います。
このページのアドレスはしずか400シリーズです。
施工法はアドレスの最後の数字(0455)を0699に変えると施工法の図解ページにジャンプします。
書くと長いので難しそうですが大きなボードと違って一人で手軽にでき意外と簡単です。
ちなみに値段はしずかで3000円前後、板野ぶち1本300円弱、4m×45mm角(米松)600円前後です。
ベニア類はともかく木材は材木店のほうがホームセンターよりだんぜん安いです。
http://www.com-et.com/online_cat/d00410_pdf/0455.pdf

参考URL:http://www.daiken.jp/b/tenjyo.html

No1さんのほかのもう一つの方法として
いわゆる吸音板(きゅうおんばん)を張るという手があります。
1尺×2尺(303mm×606mm)の天井板で「いち・に の天井」とか「いち・に のテックス」と呼んだりします。
野縁(のぶち)の下に板野縁(4m×15mm×50mm位で いたどうぶち・ヌキのふたつわりとも言う)を
約150mm間隔でうちつけ 1×2の天井板をさしこむ感覚で張って行きます。
(これから先張り替えないのなら 念のためボンドも使ったほうが良いです。)
中心から張ると両サイドの幅がそ...続きを読む

Q天井プリントベニヤの貼り方

30年前の家屋(台所)で、天井のしみを隠すつもりで
水性塗料を塗りましたが、翌日には剥がれてしまいました。

使用材質に問題あると考え直し、この上から厚さ2.5mmの
920mm x 600mm のプリントベニア板16枚を購入し、
接着剤とクギで貼付けようと考えております。

貼る面積は、最大2170mm(縦)x3475mm(横)なのですが・・・
正確な四角形ではなく、それぞれ縦で1cm、横で2cmの
上下・左右の歪みがあります。

ここでベニヤ板の貼り方で迷っております。
考えておりますのは、次ぎの2点です。
1.プリントベニア板を部分修正した4つのサイズで購入し、
 端から貼っていく。(恐らくこれでも修正が必要になる)
2.最大面積の1/16相当の単一サイズでプリントベニア板を
 購入し、中央部分辺りから貼り始め端でサイズ修正する。

これ以外でも、何か良い方法がございましたらご教示ください。

Aベストアンサー

すでに目的のベニヤが決まってるのでしたら、1の貼り方がベストだと思います。
それと水性塗料が剥がれてしまうのでしたら、接着剤の効果もあまり期待できませんので、釘をしっかりと下地の有るところに打ち込んだ方が良いと思います。
予算に余裕が有るのでしたら、釘では無く、大きなホチキスのような物が有るので、釘より目立たないし天井はそれのほうが良いと思います。
釘でやるのでしたら、ホームセンターなどに下地を探すセンサーが2000円くらいで売ってるのであると便利です。

Q和室の天井材の貼り方(方向)について

 よろしくお願いします。
 新築中です。和室(6畳)の天井材が部屋の短い辺に平行にはられています。これは、一般的なものなのでしょうか。長辺に平行にはるものではないのでしょうか。
 和室は家の南西角にあり、その東側にリビングがあります。和室の向きは南北に長く北面に床の間と押入がついています。窓は南面に掃き出し窓と西面に腰窓があります。入り口(リビングからの)は和室の東面北寄りです。
 あえて理由を想像すると、部屋に入った時の向き(入ったときの天井の見え方)に関係あるのかな、つまり、現状の方が奥行きがあるように見えるから、と思うのですが・・・・
 ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

「床の間」がない場合は、おっしゃるように部屋の長辺方向に流す場合が多いですが、「床の間」がある場合は、「床の間」に向けて天井の目地(継ぎ目)が突き刺さる方向は「床刺し」と読んで忌み嫌われます。

Q壁、床、天井をはる順序

夏用(別荘)の住宅の内装セルリフォームを始めました(水周りのみ業者を入れます)。
築30年くらいの床面積13坪程度の小さな平屋です。

現状の壁、床、天井を全て撤去し、新しくします。
解体は完了しましたので、これから断熱材を入れて張りなおすのですが、
どこからはじめたらよいのでしょうか?

解体したときの感じでは、先ず壁をはり、その後に床、天井の順かなぁと素人考えで思ったのですが、どうでしょうか。

自分なりにいろいろ調べましたが、
フローリングの張り方など部分部分のやり方は書籍やサイトでも見つかったのですが、
その順序に関しては分かりませんでした。
セルフビルドも含め、セルフリフォーム関連の詳しいサイトや書籍など
ご存知でしたら、あわせて教えていただけると助かります。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

安全な工事を行なう場合は、足元の安全の確保が大事です。
最初に床を行い、傷が付かない様に薄いベニヤや養生紙で養生します。
それから、壁と天井を張ります。
順番は、どちらでもかまいません。
次に天井廻り縁と巾木を取り付けます。
塗装をおこなう場所は、この時点で行ないます。
また電気器具の取り付けもこの時点で行ないましょう。
最後に養生を取り払い、掃除して完成ですね。
ご参考まで


人気Q&Aランキング