AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

この時期もあってか、集団面接は自分一人でした。集団面接は学生3人で30分の予定でしたが、自分一人で30分となりました。なんとか、そこは突破したのですが、次にグループワークがあるのです。

この場合、グループワークは一人でやることになると思うのですが、一人となると自分で与えられた情報を分析して、考察し、発表することになるのでしょうか? グループワークは経験したことあるのですが、一人でというのは初めてで。

会社側は一人の場合、何を見極めようとしてるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

グループワークと言われたのでしたら、グループでやるのでしょう。


面接は確かにお一人だったかも知れませんが、それは日程的に人数が揃えられなかったためかも知れません。グループワークではそのような人たちが集められて行われるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒業ができるか不安です…

現在、文学部4年生の大学生です。
先日無事に内定をいただけてほっとした矢先に気づいたことがありました。
私は卒業できるほど単位をとっていませんでした。
私が卒業するためにはあと16単位が必要です。
そして卒論とゼミで8単位はあるので残る8単位をとらなければなりませんでした。
しかし前期はどう考えても最大4単位しかとれません。
登録の時は就職活動が不安すぎて単位のことを甘く見ており、今は後悔の念で苦しんでいます。
後期に4単位残ってしまうことが不安すぎて最近眠れなくなっている状態です。
ちなみに後期の登録授業はゼミを抜いて8単位分です。
自業自得なのですが、不安で不安でたまりません。
後期に追加登録ができる授業があればあと4コマは授業を入れようと思っています。

この状態に似た状態で卒業できた方はいらっしゃいますか?
またはそういう方は周りにいらっしゃいましたか?

今更すぎる不安なのですが、教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元大学教員です。

他の方のご回答にもありますが、暢気な方でいらっしゃるのか、あるいはそれほど就職に精一杯だったのか、その両方だったのかわかりませんが、今の時期に気づいてよかったですね。
というのも、まだいろいろと対処策を講ずることが可能ですから。

まずは、No1の先生がおっしゃるように、単位を落とすことも考えに入れて、受講する授業の科目数を多めに登録し、なおかつ、卒論のゼミもあって大変だとは思いますが、マジメに出席して、担当教員の印象にも残るように、時々は質問をするなどしましょう。

そして、何よりも、試験には遅刻などせず、もちろんきちんと準備して、合格点をクリアできるように頑張りましょう。

私が経験した例では、1年留年して、5年目の学生なのに、私の担当していた教養科目を受講していた学生がありました。
その学生は、出席回数も最低ギリギリで、期末試験は、1回目では合格せず、再試験にしました。

ところが、再試験が行われる授業時間を間違えたとかで、大遅刻してきました(何時間目というのを勘違いしたというのが、本人の自己申告でした)。
本来なら、即アウトでしたが、その場で(他の再試験該当者もいる前で)土下座して、卒業がかかっているし、就職も決まっていると言い始めたのです。

「卒業がかかっている」とか、「就職も決まっている」という事情は、こちらからいえば、個人的なものですから、フォーマルには関知したことではありませんが、それでも、事前に伝えてくれれば、それなりの配慮はします。

結局、いろいろとやりとりしたあげく、「残り20分でよいなら受験だけは認める」ことにしました。
結局は、他の受検者が退室したあとも続け、当人だけ、15分ほど延長しました。

しかし、おそらくまったく試験の準備をしてこなかったのでしょう。
そのまま採点すればせいぜい15~20点くらいしか取れません。
これでは(再試験に遅刻したあげく、とても合格点にはほど遠い)、悪しき前例になりますし、本人の将来にもよくないと判断し、不合格としました。

その後、その学生の所属する学部の教務から問い合わせがありましたが、事情を説明したところ、「それではやむを得ない」ということになり、卒業認定はされませんでした。

さらに、担任教員や、母親からも直訴がありましたが、事情を説明したところ、学生に非があるのは明らかでしたから、先方も引き下がらざるを得ないという状態でした。
しかしながら、当事者である学生本人は、再試が受けられた=合格と勝手に決めたのか、どうも「卒業旅行」に出かけてしまい、連絡が取れなくなっていました。
どこへ行ったのか、Eメールでの連絡も満足に取れないところに出かけたようでした。

長々と体験例を書きましたが、こういう教員や、大学、世の中を舐めたようなやり方をすると、酷い目に遭う、誰も援助の手をさしのべてくれないということです。

あとで担任に確認したところ、普段からゼミにも出席しておらず、担任教員がかなり濃密に関わってようやく、卒論も提出させたという学生だったようです。

社会に出てからのトレーニングという意味合いもありますから、まずはルールにきちんと則って対応し、自分自身の力で何とかなるように努力するという、当たり前のことが大切だと思います。
「卒業がかかっている、就職は決まっている」という事情は、事前に、あくまでも内々に授業担当教員にお願いおねがいすることでしょう。

ご健闘を祈ります。

元大学教員です。

他の方のご回答にもありますが、暢気な方でいらっしゃるのか、あるいはそれほど就職に精一杯だったのか、その両方だったのかわかりませんが、今の時期に気づいてよかったですね。
というのも、まだいろいろと対処策を講ずることが可能ですから。

まずは、No1の先生がおっしゃるように、単位を落とすことも考えに入れて、受講する授業の科目数を多めに登録し、なおかつ、卒論のゼミもあって大変だとは思いますが、マジメに出席して、担当教員の印象にも残るように、時々は質問をするなどしまし...続きを読む


人気Q&Aランキング